ゴルフクラブ試打日記

ゴルフクラブ試打日記TOP
2014年09月22日

ダンロップ スリクソン Z H45 TOURハイブリッド

ダンロップ スリクソン Z H45 TOURハイブリッド 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
ダンロップ スリクソン Z H45 TOURハイブリッド の3番 です。



ダイナミックゴールド D.S.T.
シャフトは ダイナミックゴールド D.S.T. です。

ロフトは19度、クラブ長さは39.5インチ、シャフトフレックスはS200、シャフト重量は112g、トルクは2.1、バランスはD2、キックポイントは中手元調子 です。



正面
スリクソンのとてもカッコいいハイブリッドです。


先日フェアウェイウッドを試打したばかりですが、すごく雰囲気が似ています。


デザインがきちんと統一されていますし、クラブによって適正な形になっているので、クラブセットとして一緒に使っていけそうです。


14本のクラブには、それぞれに『つながり』といいますか、『統一感』が欲しいですが、新しいスリクソンのクラブには、それらが感じられます。


今はいいクラブがたくさんあって、すごく贅沢な時代なのかもしれませんが、全てスリクソンで揃えてみるのもいいな・・・。と思いました。



側面
黒くて立体感のあるヘッドです。


とてもシブいです。


スリクソンのイメージに合う、カッコ良さと骨太感があります。


昔、ハイブリッド(ユーティリティ)が登場してきた頃は、どことなく『お助けクラブ』的な要素もありましたが、今はすっかり認知され、定着してきました。


ハイブリッドにおける重要性がすごく増しているように思います。


私の周りでも、アイアンの本数を減らしてハイブリッドやFWを多く入れておられる方をよく見かけます。



ネック長さ
ロングネックです。


ある程度、重心の高さもキープされているのでしょうか?


全体的な形状からも、低重心さをあまり感じませんでした。


ある程度の球のあがりやすさを維持しながらも、コントロール性を高めているのかな?と思いました。



ディープヘッド
かなりのディープヘッドです。


最近のハイブリッドの中でも、かなり厚みがあります。



塊感
角度を変えて見ても、やはりかなりディープです。


パッと見て、『瘤(こぶ)』といいますか、『塊(かたまり)感』があるな・・・。と思いました。


『男臭さ』といいますか、『骨太さ』を感じました。


挑戦意欲を掻き立てられるディープさです。


ここしばらく、シャロー系のヘッドばかり出会ってきたので、このディープさは、ある意味新鮮でした。



顔
オフセットも利いていますし、よく見かける顔です。


低い球をイメージしやすいですし、アイアンのように上からつぶしていけそうな感じがしました。



オリジナルグリップ
このベルベットタイプのオリジナルグリップも、すごくいいです。


しっとりとしていて、手に馴染みやすいです。


アイアンやウェッジのように微妙なフィーリングを感じ取りたいクラブには、欠かせないグリップです。



振り感
素振りをしてみても、いい感じです。


DG(D.S.T. )が挿してあったというのもあると思うのですが、かなり『アイアン感覚』で振っていくことができました。


ハイブリッドクラブは、ドライバーとアイアンのちょうど中間のような位置にあり、イメージを限定させづらい時もあるのですが、今日はアイアン感覚を出しながら試打していこう・・・。と思いました。


そのほうが、いい内容の試打ができそうな予感がしました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、いい印象をもちました。


ハイブリッドクラブとして、『ど真ん中の構え感』というわけではないのですが、苦手意識は全くありませんでした。


むしろ、構えやすいです。


大きすぎず適度に小顔なので、曖昧なイメージが出にくいところがいいな・・・。と思いました。


ハイブリッドではありますが、アイアンのようにかなりターゲットを絞り込んでいくことができました。


集中力が増していきました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はとても良いです。


ソフトな打感です。


これまでのスリクソンニューZシリーズに共通する、グッドフィーリングです。



打球音
音も、いい感じでした。


大きすぎず、はっきりした音がすごく心地いいです。


何といいますか、『ナイスショットを呼び込んでくれる音』だと思いました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、今のハイブリッドの中では、明らかにタフなほうだと思いました。


見た目通りの性能です。


球が浮きやすいタイプではなく、ある程度のHSは必要だと思いました。


しかし、このクラブにはDG以外にも、カーボンシャフトもラインアップされているそうなので、そちらを試してみたら、またちょっと違う印象になるのかもしれない・・・。と思いました。


しかし、基本的にはヒッター向けのクラブだと思いますし、ある程度の『敷居の高さ』のようなものは確実にあると思います。



バックフェース
『安定性』という点では、かなり『正直なタイプ』だと思いました。


ショットの成否をシビアに確認しやすいクラブです。


『イージー系』ではありません。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れていると思いました。


押しの効いた力強い球が打てる感じがしました。


無駄に高く上がりすぎないので、距離も計算できそうだな・・・。と思いました。



操作性
『操作性』も、いい感じでした。


左右どちらにも反応してくれました。


フッカーの私には、フック系の球が打ちやすい感じがしました。



ヒール側
見た目の印象通り、敷居はやや高めな感じがしました。


メーカーは最初から幅広い層をターゲットにはしていないのかもしれません。


ある程度絞り込んでいるような気がしました。



ダンロップ スリクソン Z H45 TOUR ハイブリッド
しかし、その当てはまるゾーンにおられる方にとっては、魅力的なクラブといえるのではないでしょうか?


フィーリングの良さに加え、かなりコントロール性が高いです。


弾道も高くなりすぎないので、計算しやすいように思います。



DUNLOP SRIXON Z H45 TOUR HYBRID
ハイブリッドクラブには、『ウッド系のクラブを好まれる方に合いやすいタイプ』と、逆に『アイアン・ウェッジ系のクラブを好まれる方に合いやすいタイプ』があるように思います。


このクラブは明らかに後者のほうだと思いました。


アイアンの感覚で打っていったほうが易しく感じられました。



DUNLOP SRIXON Z H45 TOUR HYBRID
上から、しっかりボールを押さえていったほうが、いい感じの球が出やすいと感じました。


『アイアンの延長』として使っていけるハイブリッドクラブだと思いました。


ロングアイアンよりも打ちやすく、アイアンの操作性に近い反応の良さを兼ね備えているように感じました。


イメージよりも大きく外れていかなかったことも、魅力的でした。



DUNLOP SRIXON Z H45 TOUR HYBRID 
ドライバーに限らず、今はFW、ハイブリッドでも、イージー系クラブが目立っているなかで、このようなタフな感じのクラブは珍しい感じがします。


しかし、そこがまた魅力的なのだと思いました。


スリクソンというブランドイメージを見事に守っている感じがします。


もちろん、易しいクラブもいいですが、『易しすぎない』ところがいいのだと思います。


今のハイブリッドの中では、明らかに敷居が高いほうだとは思いますが、昔ハイブリッドが出始めた頃と比べると、格段に易しくなっていると思います。


このクラブには『TOUR』という文字が使われていますし、アスリート仕様であることは間違いないと思うのですが、かなり性能がアップしていますし、親しみやすくなっています。


FW感覚ではなく、あくまでもアイアン感覚のほうが合いやすいと感じました。

スリクソン キャスターバッグ GGF-00448

スリクソン アンブレラ GGP-S003

スリクソン インテリアキャディバッグ GGF-80193

スリクソン スポーツバッグ GGB-S086

スリクソン スイングパートナー GGF-60168

スリクソン トランクロッカー GGF-50339

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション DUNLOP SRIXON ダンロップ スリクソン Z H45

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示リンク(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記



























MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約
ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ