ゴルフクラブ試打日記

ゴルフクラブ試打日記TOP > カテゴリー [キャスコ ]
2015年04月05日

キャスコ パワートルネード8 ユーティリティ

キャスコ パワートルネード8 ユーティリティ
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャスコ パワートルネード8 ユーティリティ のU3番 です。



マッハサヌキ
シャフトは マッハサヌキ です。

ロフトは19度、クラブ長さは41インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は53g、トルクは4.6、バランスはD1、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は331gです。



正面
パワートルネードのニューモデルです。


キャスコのユーティリティである、パワートルネードはとても優れていて、昔から大人気でした。


今はたくさんのユーティリティが発売されていますが、このパワートルネードは易しさと構えやすさの両立がハイレベルで出来ています。


その後継モデルを手にすることができて、とても嬉しく思いました。



側面
全体的に丸みを帯びていて、とても易しそうです。


これまでのモデルと共通するところです。


デザインは少し変わりましたが、基本的なコンセプトは変わっていないようです。



ネックの長さ
ネックの長さは、やや短めでしたが、今はこれくらいが標準といえるのかもしれません。


調整機能が付いていないので、スッキリしていて好感がもてます。


調整することよりも、見た目のすっきり感や振りやすさを重視しているように思います。



ヒールの出っ張り
ヒール側が出っ張っているのが珍しいです。


これもパワートルネードの特徴といっていいのかもしれません。


他のクラブでは、なかなか見られません。



顔
ユーティリティとして、オーソドックスで、いい顔をしています。


これまでのパワートルネードのイメージにピッタリと合います。



クラウンの模様
しかし、このクラウンの模様が気になりました。


これはどういった意味があるのでしょうか?


視覚効果を狙ったものだとは思うのですが、これがショットにどう影響するのか、興味があります。


黄色でよく目立っているので、かなり強調させたい感じがします。



FORGED SUPER HYTEN FACE
ソールのヒール側には『FORGED SUPER HYTEN FACE』と記されていました。


打感の良さと、弾きの良さを連想させます。



ソール形状
この独特なソール形状が印象的でした。


芝の上でも、よく滑ってくれそうです。



ソール形状
このように最下部が尖っているので、かなり芝の抵抗を受けにくいんだろうな・・・。と思いました。


このようなソール形状のクラブには、これまでも出会ったことがあります。



トゥ側のアクセサリー
トゥ側にあるアクセサリーがとてもオシャレです。


こういった工夫は、これまでのキャスコのクラブに見られました。



セミシャローバック
セミシャローバック形状といっていいでしょうか?


とてもオーソドックスで見慣れた厚さです。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップも、いい感じです。


適度にソフト感があって、手に馴染みやすいです。



振り感
素振りをしてみても、かなりソフトなスペックに仕上がっていると思いました。


ハードな感じはしませんでした。


これまでのパワートルネードユーザーの方にも、そのまま受け入れられそうです。


海外メーカーのクラブとは、またちょっと違う『和の易しさ』のようなものを感じました。


いい雰囲気のあるクラブだな・・・。と思いました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、いい感じです。


素直にスッと構えることができました。


いいイメージも出すことができました。


やはりクラウンにある黄色い模様が、よく目立っていました。


おそらく『ジャストミート』のイメージを出しやすくする為の模様ではないかな?と思ったのですが、あくまでも私の好みとしては無いほうがいいな・・・。と思いました。


すごく邪魔になる・・・。ということもなかったのですが、少し気持ちが分散してしまったような気がしました。


ただ、苦手意識のようなものは芽生えませんでした。


肩に力も入らず、リラックスすることができました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトでした。


あまり手応えがない感じです。


好感がもてました。



打球音
『音』は少し高めですが、キンキンする感じでもなく、むしろおとなしめでした。


すごくはっきりした・・・。というよりは、ややこもった感じの音でした。


個性的な感じもしましたが、この音にも好感がもてました。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。


敷居の低いユーティリティです。


形状は本格的でクセのない顔をしていますが、タフなタイプではないので、かなり幅広い層に対応できていると思います。



バックフェース
『安定性』は、まずまずだと思いました。


高い直進性があるという感じはしませんでしたが、普通に打っている限り、大きく暴れるようなこともありませんでした。


シビアな感じは全くしませんでした。


直進性が強すぎない・・・。という表現がピッタリなのかもしれません。



飛距離性能
『飛距離性能』も、なかなかいい感じでした。


ある程度予想していたところまで、確実にボールを運んでくれました。


性格が尖った感じはしなかったので、『飛んだり飛ばなかったり』ということが少ない印象をもちました。


『確実性のある飛距離性能』といったらいいでしょうか?


計算しやすい感じがしました。



操作性
『操作性』はまずまずでした。


クセのない形状ですし、左右に曲げるのも易しく感じました。


どちらかといえば、あまり細工をせずにドーンと大らかに打っていきたい感じがしました。


セミオートマチック的な印象をもちました。



ヒール側
優れたユーティリティを作るメーカーはたくさんありますが、キャスコもそのうちのひとつです。


パワートルネードのおかげで、ロングアイアンの距離が易しくなった・・・。という方はとても多いのではないでしょうか?


他のメーカーのユーティリティは、どちらかといえば『プロユース』的な開発のされ方をしていることも多いですが、このパワートルネードは、はっきりとアマチュアゴルファーがターゲットになっているように思います。



KASCO Power Tornado 8
もちろん、プロも使うことができますが、かなり受け皿が大きくて、幅広い層の支持を集められそうです。


球も拾いやすく、自然と高くあがっていきます。


ユーティリティで19度といえば、ある程度HSがある方が使うイメージもありますが、このクラブは敷居が高すぎないので、19度の易しいユーティリティを探しておられる方に、是非試していただきたいと思いました。



KASCO Power Tornado 8
他にも色々な番手(ロフト)が用意されているようですが、ユーティリティをあまりバッグに入れない私は、これ一本で充分だな・・・。と思いました。


あとはアイアンでカバーしていきたい・・・。と思いました。



KASCO Power Tornado 8
カッコいいクラブですが、性格が尖っている感じは全くしませんでした。


このイージーさは、コースでも大きな武器になるな・・・。と思いました。

キャスコ 晴雨兼用傘

今治スポーツタオル

今治バスタオル

KIRA smileフック掛けタオル

キャスコ ゴルフグローブ シルキーフィット GF-1425

キャスコ ゴルフグローブ クラシカルフィット GF-1517

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション キャスコ パワートルネード8 ユーティリティ

2015年03月29日

キャスコ ビッグスーパーハイテン TARO アイアン

キャスコ ビッグスーパーハイテン TARO アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャスコ ビッグスーパーハイテン TARO アイアン の7番 です。



TR-14I
シャフトは TR-14I です。

ロフトは31度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は49g、トルクは4.3、バランスはC9、キックポイントは中調子、クラブ総重量は365gです。



正面
キャスコTAROシリーズのアイアンです。


以前、ドライバーとFWを試打したのですが、今日はアイアンを試打する機会に恵まれました。


キャスコのクラブはドライバーやウェッジのイメージが強いので、アイアンは新鮮に感じられます。



側面
形状自体は、オーソドックスなフルキャビティです。


特に変わったところは見られませんでした。


今はポケットタイプのアイアンが多くなったので、このようなシンプルなキャビティアイアンは珍しい感じがします。


どちらにも一長一短あると思いますが、『掃除のしやすさ』という点では、完全に、このシンプルなキャビティアイアンに軍配が上がります。


クラブの性能とは直接関係ないですが、『掃除のしやすさ』は、私にとって重要なポイントです。



彫りの深さ
彫りも深いです。


可能なだけ大きく、くり抜かれている感じがします。



ソール幅
ソール幅は少しワイドでした。


予想していたよりも広くありませんでした。


ソールにある線は、どのような意味があるのでしょうか?


『7』の刻印と共に、オレンジ色になっています。


この色がイメージカラーなのでしょうか?



ネック長さ
ネックは短めです。


よく見かける長さです。



ソールが重そう
このソールのほぼ全てにウェイトが組み込まれていそうな感じがします。


こうして見ただけで、ソール部分が重そうな雰囲気があります。


かなり重心が低いアイアンだろう・・・。と思いました。



トップライン
トップラインはノーマルな感じでした。


ただ、白い線がありました。


トップラインに線があるのはとても珍しいです。


どのような意味があるのでしょうか?



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。


ごく普通のフェース面です。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップは、ソフトなフィーリングでいい感じです。


最近は普通にカラフルになってきました。


多くのメーカーのグリップのカラーバリエーションが増えてきました。


この赤い色のグリップを好まれる方もたくさんいらっしゃるだろうと思いました。



振り感
カーボンシャフトが装着されているということもあり、素振りをしてみても、かなり軽く感じました。


私はこの軽さに難しさ・親しみづらさを感じるのですが、これくらいがちょうといいという方もおられると思います。


オーバースイングにならないよう、コンパクトに振っていこう・・・。と意識しました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、まずまずだな・・・。と思いました。


これまでたくさん出会ってきたような感じがします。


大らかそうな雰囲気がありました。


やや面長な感じです。


私はもっと引き締まった小顔が好きですが、この大きさがちょうどいいという方も多いと思います。


グースも利いていますが、強すぎないので、苦手意識は芽生えませんでした。


トップラインにある白い線は全くといっていいほど、気になりませんでした。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、まずまずだと思いました。


ある程度予想していた通りのフィーリングでした。


大きな不満はないですが、すごく魅了されることもありませんでした。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。


弾道も高いです。


クラブ全体の軽量感を感じていたせいか、球質が少し軽い感じがしました。


風に持って行かれやすいかな?と思いました。


低く抑えていきたかったのですが、なかなか上手くいかず、どうしても高くあがってしまいました。


こういったところがDGと違うところです。



バックフェース
『安定性』は高いと思いました。


フルキャビティらしい易しいアイアンです。


見た目とても大らかそうな印象があったのですが、実際に打ってみても、その通りでした。


シビアさとは無縁のアイアンだと思いました。



飛距離性能
『飛距離性能』は高いと思いました。


今主流の『飛距離系アイアン』といっていいと思います。


そんなに強く弾く感じはしなかったのですが、距離はしっかりとでていました。


よく飛ぶので、私は『番手感覚』が合わないのですが、アイアンに飛距離性能を求めておられる方には、魅力的なアイアンといえるのではないでしょうか?



操作性
『操作性』という点では、曲げられないことはなかったのですが、大きく曲げたり、敏感に反応してくれる感じはしませんでした。


できるだけ真っ直ぐに近いイメージで運んでいけるアイアンだと思いました。


操作性よりは明らかに寛容性が勝っている感じがしました。



ヒール側
イージー系のアイアンでありながら、見た目がそれほど崩れていない感じがしました。


性能のバランスも取れていると思いました。


一カ所だけ、特に優れているというのではなく、全体的にまんべんなく優れているように感じました。



キャスコ BIG SUPER HYTEN TARO アイアン
今はたくさんの機能が詰め込まれたハイテクアイアンも多くなりましたが、このアイアンはそれらとはちょっと違う感じがしました。


もちろんたくさんの技術が、このアイアンに組み込まれていると思うのですが、それほど派手さを感じさせず、どこか落ち着いた雰囲気があるな・・・。と思いました。



キャスコ BIG SUPER HYTEN TARO アイアン
特に目新しい感じはしなかったのですが、キャスコのアイアンに触れる機会はそれほど多くないので、今日はじっくりと試打をしました。


また機会があれば試打してみたいと思いましたし、次のモデルにも期待したいと思いました。

キャスコ キャスター付きキャディバッグ

キャスコ プロモデルキャディバッグ

キャスコ プロレプリカキャディバッグ

キャスコ エナメルキャディバッグ

キャスコ ボストンバッグ

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション キャスコ ビッグスーパーハイテン TARO アイアン

2014年11月03日

キャスコ ビッグスーパーハイテン TARO フェアウェイウッド

キャスコ ビッグスーパーハイテン TARO フェアウェイウッド
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャスコ ビッグスーパーハイテン TARO フェアウェイウッド の3番 です。



TR-14F
シャフトは TR-14F です。

ロフトは15度、クラブ長さは43インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は57g、トルクは4.0、バランスはD2、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は322gです。



正面
キャスコTaroシリーズのフェアウェイウッドです。


先日ドライバーを試打しましたが、今日はFWを試打することができました。


ドライバーもそうですが、すごく高級感があります。


カッコ良くなりました。


試打する前にクラブをパッと見て、その『質感』などから、がっかりしたり興味が持てなかったりするクラブもたくさんありますが、少なくともこのクラブは惹かれるものがあります。


目で楽しむことができました。



側面
形状的にはオーソドックスな感じがします。


今はシャロー系のFWが多いですが、このFWはそれほどシャローな感じはしません。


デザイン的には、ドライバーとよく似ています。



アクセサリー
このトゥ側にあるアクセサリーのような物も、よく目立っています。


何といいますか、ひとつひとつすごく丁寧に造られている感じがします。


同じ量販品でも、流れ作業的な冷たい感じのするクラブと、何故か温かみや丁寧さを感じるクラブがあるのですが、このクラブは後者のほうです。


全体的に美しいですし、仕上げもとても綺麗です。


大切に使わなくちゃ・・・。と思わせてくれます。



BIG SUPER HYTEN Taro
ソールには『BIG SUPER HYTEN Taro』と記されていました。


ドライバーとの共通点です。


スーパーハイテンが使われているのは、他のメーカーでは見られません。


キャスコ独自な感じがします。


ひとつのクラブがヒットすれば、その流れに乗って同じようなタイプのクラブが多く登場するなかで、このように個性が感じられるクラブには興味が湧きますし、好感度も高くなります。



ネック長さ
ネックの長さは、充分過ぎるほどあります。


調整機能が付いていないで、ここまで長いのはとても珍しいです。


この長さも、メーカーの緻密な計算の結果でしょうか?


たぶん、ロフト角のことだと思うのですが、縦に『15』という数字が記されていて、珍しいな・・・。と思いました。



セミディープ
セミディープ形状といっていいでしょうか?


私の中では、ディープというよりも、どちらかといえばシャローな感じもするのですが、今のFWの中では、ディープなほうだと思います。


この曲線がとても美しいです。



フェース面のデザイン
フェース面のデザインもとてもいい感じです。


オーソドックスで美しいです。


今はフェース面のデザインにも色々な物が見られるようになりましたが、このような美しいデザインには好感がもてます。


ドライバーのフェース面は独特な感じがしましたが、このFWは見慣れた感じがします。


やはり、ドライバーとFWでは、大きく変わっているのかな?と思いました。



顔
とてもいい顔をしています。


先日試打したドライバーの印象とは大きく異なります。


ドライバーはちょっとクセのある顔をしていましたが、このFWの顔はクセのない美顔です。


ドライバーの印象がまだ残っていたので、この顔の良さは、ちょっと意外でした。


大きさも、今のFWの中でも小顔なほうだと思います。


ティアップして打つこともありますが、直打ちすることも多いFWは、やはりある程度の大きさで収まっていたほうが易しそうな感じがします。


このクラブは適正な大きさだな・・・。と思いました。



振り感
素振りをしてみても、なかなかいい感じです。


しっかりとした印象です。


ぐらつく感じがないので、タイミングも取りやすいです。



構え感
ボールを前にして構えてみても、とてもいい感じでした。


すごく構えやすいです。


ドライバーとは『別物』といっていいほどの構えやすさでした。


ソールのデザインは似ていましたが、顔の形状は大きく異なります。


私は断然、こちらのほうが好きです。


今はドライバーとFWの『流れ』が合っているように感じるクラブが多いのですが、このTaroシリーズにおいては、それぞれが別の存在感を主張しているように感じました。


あくまでも『構え感』という点で、私の中では、『このFWの圧勝』でした。


見慣れている感じに、安心感をもつことができました。


いいイメージも出せました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、なかなかいい感じです。


手にズシリと球の重さを感じることができました。


『ホールド感』があり、インパクトから押し込んでいける感じがしました。



打球音
『音』は、少し『はっきりめ』な音なのですが、全く問題ないと思いました。


むしろ、好感のもてる音です。


同じシリーズのドライバーと3Wで、こうもフィーリングが違うのは珍しいと思いました。


私はドライバーの音には馴染めなかったのですが、このFWの音は全く逆の印象で、好感がもてました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、今のFWの中ではタフなほうかもしれません。


もちろん、ティアップして打てばそれなりに上がってくれると思うのですが、今日はマットの上からの『直打ち』で試してみたので、少し弾道も低めでした。


ある程度のHSがないと球は浮きづらいかもしれません。


高弾道系ではなく、やや抑えられた感じです。


明らかにヒッター向けのFWです。



バックフェース
『安定性』という点では、結構シビアだと思いました。


正直なタイプです。


寛容さが強く感じられるタイプではなく、ショットの成否がはっきりと出やすいです。


ごまかしが利かないので、難しく感じられる方もいらっしゃるかもしれません。


今はドライバーに限らず、FWでも易しさが求められているように思いますが、このFWはその流れには乗っていない感じがします。


『球のあがりやすさ』といい、この『正直さ』といい、幅広い層に対応しているとはいえないのかもしれません。



飛距離性能
『飛距離性能』はまずまずだな・・・。と思いました。


決して飛距離性能が劣っているとは思いませんが、今はFWもかなり飛び性能がアップしているので、それらと比べると特別秀でているようには感じませんでした。


むしろ優れている部分もありますが、敷居が高い分、このクラブの恩恵を受けられる方は、結構絞られてくるかな?と思いました。


今の高性能FWの中では、標準的といった感じでしょうか?


しっかりとしたスペックになっているので、人によってかなり好みが分かれると思います。


球が浮ききらずに、キャリーを稼げずドロップしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。



操作性
『操作性』は高いと思いました。


左右どちらにも大きく曲げることができました。


FWには操作性よりも高い直進性を求めておられる方には、合いづらいところがあるかもしれません。


球がつかまり過ぎないタイプなので、日頃からスライスに悩んでおられる方には難しく感じられるかもしれません。



ヒール側
見た目通りの性能をもったFWだと思いました。


すごくカッコ良くてオーソドックスな感じがしますが、『易しさ』とはちょっと縁遠い感じもしました。


敷居も低いとは思いませんでした。



KASCO BIG SUPER HYTEN Taro FW
『ソフトスペック』が多い、今の日本市場向けクラブの中で、明らかに『異質』な感じがしました。


『骨太』なタイプです。



KASCO BIG SUPER HYTEN Taro フェアウェイウッド
今のFWの中では、明らかにユーザー層を絞っている感じがしますが、考えてみれば、これくらいのハードさをもったクラブは昔からたくさんありました。


上級者の方に限らず、中級者、ビギナーの方も、昔は結構シビアなクラブを使っていたように思います。


今のように『易しさ』がそれほど追求されていない時代でした。



KASCO BIG SUPER HYTEN Taro フェアウェイウッド
なので、このクラブは正直なタイプであり、懐かしい感じもしました。


『スーパーハイテン』という、他のメーカーでは見られないところがありますが、全体的な印象としては親しみやすい感じがしました。


先ほども書きましたが、ドライバーよりは断然、こちらのFWのほうが気に入りました。



KASCO BIG SUPER HYTEN Taro フェアウェイウッド
『さぬき』といえば、うどんが有名ですが、私はうどん以外にもキャスコのことを思い出します。


特にグローブは傑作といっていいほど優れた物がたくさんあります。


私もずっと愛用してきましたが、キャスコのグローブを着けるのは贅沢な感じがしますし、気持ちも引き締まります。


『練習用』『試合用』『雨の日のラウンド用』といった具合にタイプの異なるグローブを使い分けています。


独特の『しっとり感』がたまりません。


今日もキャスコのグローブを装着しての試打でしたが、やはりいいフィーリングだな・・・。と思いました。


このFWを、より楽しめたような気がします。


また機会があれば、何度でもこのクラブを試打してみたいと思いました。

キャスコ プロモデルキャディバッグ KS-074

キャスコ プロレプリカキャディバッグ KS-075

キャスコ エナメルキャディバッグ KS-073

キャスコ キャスター付きキャディーバッグ KS-076

キャスコ 傘

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション KASCO BIG SUPER HYTEN キャスコ ビッグスーパーハイテン

2014年09月27日

キャスコ ビッグスーパーハイテン TARO ドライバー

キャスコ ビッグスーパーハイテン TARO ドライバー 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャスコ ビッグスーパーハイテン TARO ドライバー です。



ATTAS×TARO
シャフトは ATTAS×TARO です。

ロフトは9度、クラブ長さは44.75インチ、シャフトフレックスは6S、シャフト重量は65g、トルクは3.8、バランスはD3、キックポイントは中調子、クラブ総重量は322gです。



正面
久しぶりに出会った、キャスコのドライバーです。


最近はウェッジのイメージが強いのですが、ドライバーも個性的な物が多いように思います。


ただ、これまでのドライバーよりも、さらに強い個性が感じられます。



ピンクのシャフト
シャフトがピンクなので、ババ・ワトソン選手を思い出しました。


今はシャフトもすごくカラフルになってきましたが、あまり見かけない色です。


私はオーソドックスな黒やグレー系統の色が好きなのですが、このようなカラフルな色も面白いな・・・。と思いました。


柔らかい印象を与えてくれます。



Taro
『Taro』というネーミングに少し驚きました。


ゴルフクラブは昔から色々な名前がつけられていますが、Taroというのはとても珍しいです。


人名の『太郎』のことなのでしょうか?


もし、そうだとしたら、さすがは日本メーカーだな・・・。と思いました。


次のモデルは『次郎』かな?と思ってしまいました。


または、レディスモデルで『花子』が登場してくるのかな?と思いました。


いずれにせよ、とてもインパクトのあるネーミングです。


ゴルフクラブの名前には、英語が使われることが圧倒的に多いですが、何も全て英語にしなくても、『和名』といいますか、日本の名前でもいいと思っています。



丸いアクセサリー
ソールにある、この丸いものはどのような効果が期待できるのでしょうか?


ウェイトの役目を果たしているのでしょうか?


それとも、単なるアクセサリーに過ぎないのでしょうか?


デザインも、すごく個性的です。


今はあまり個性が強くないクラブが多いので、このドライバーはすごくインパクトがあるように見えます。



側面
こうして見ると、ディープ感よりはシャロー感のほうが感じるのですが、ソールの丸みがとても綺麗だな・・・。と思いました。


チープな感じは一切しません。


高級感もありますし、丁寧に作られているのが、よく解ります。


すごく『繊細』といいますか、『澄んだ』感じがしていたので、日本製なのかな?と思い、尋ねてみたら、やはりその通りでした。


今は日本のメーカーでも、海外生産が圧倒的に多いので、珍しく感じます。


『Assembled in Japan』が多くなりました。


『Made in Japan』は少なくなりました。


つまり海外で生産された物を日本で組み立てているということになるのだと思います。


品質や性能がきちんとクリアできていれば、どこで作られていてもいいと思いますが、やはり日本製は特別です。


今は海外生産でも、昔ほど安価ではなくなってきたこともあるので、無理に海外で作らなくてもいいのでは?と思うこともあります。



ネック長さ
かなりのショートネックです。


ヘッドも大きく見えます。


今ではポピュラーになった『調整機能』も付いていません。



テトラポッドのような模様
ソールのほぼ全面に、『テトラポッド』のような模様がありました。


これには、どんな意味があるのでしょうか?


単なるデザインに過ぎないのでしょうか?


細かいところまで、すごく丁寧にデザインされている感じがします。



Heart Beat golf
バックフェースには『Heart Beat golf』という文字が記されていました。


つまり、そのまま訳して『心の鼓動 ゴルフ』ということでいいのでしょうか?


メーカーの熱い思いが伝わってきそうです。


キャスコはドライバーのイメージはあまり無いですが、このドライバーにすごく気合いが込められているように思います。



独特なフェース面
この独特なフェース面のデザインにも、目が行きました。


全くといっていいほど見たことがないデザインです。


この模様にも、キャスコ独自の高い技術が組み込まれているのではないでしょうか?



セミシャロー
セミシャロー形状といっていいと思います。


今はシャロー系のヘッドが多いので、それらと比べると、多少厚みもありますが、やはり全体的にはシャローな感じがします。


球がよくあがりそうです。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップは、いい感じでした。


ソフトさがありながらも、滑りにくい感じがします。


手にフィットしやすいタイプのグリップです。



顔
顔は、やや特徴的でした。


トゥ側が『たんこぶ』のように膨らんでいます。


この顔は強い個性が感じられます。


私はオーソドックスな顔が好きですが、この形状にもメーカーの意図があるのだろうと思います。


見とれるような男前だとは思いませんでしたが、強い違和感などはありませんでした。



振り感
素振りをしてみると、いい感じでした。


最近の『Sシャフト』の中では、すごくしっかりとした印象をもちました。


日本市場向けの『Sシャフト』は『軟らかい』というのが、もはや常識のようになっていますが、このシャフトは違います。


色もピンクですし、ハードそうな印象はなかったのですが、実際はすごくしっかりしています。


とても硬くて、また重くて振り切れない・・・。という感じは全くしませんでしたが、この『しっかり感』は『希少価値』ともいえるほど珍しいと思いました。


『本当のS(スティッフ)』だな・・・。と思いました。


このシャフトが純正だったとしたら、メーカーはかなりユーザー層を絞り込んでいるのではないでしょうか?


今、市場に出回っている『標準的な』ドライバーとは、明らかにスペックが違うので、素振りをしてみて、敬遠される方もいらっしゃるかもしれません。


もっと軟らかいタイプを求められるかもしれません。


人によって、かなり好みが分かれるところだと思います。



構え感
構え感は、まずまずでした。


見とれてしまうようなことはなかったですし、いいイメージが強く出せた・・・。ということはなかったのですが、特に苦手意識は芽生えませんでした。


『何となく』なのですが、ボールを左に巻いてしまいそうな感じがしたので、『気持ち』逃がし気味に打っていかなければいけないような気がしました。


なかなかナチュラルには振らせてもらえないような感じがして、少し緊張しました。


大きなミスにはつながりにくそうだったのですが、自分がこれから打つ球筋のイメージがもうひとつはっきりとせずに、少しモヤモヤした気分になりました。


ひとつ深く呼吸をして、集中力を高めていくことにしました。




試打を開始しました。


打球音
まずは、この『甲高い音』が耳に入ってきました。


正直、ちょっと馴染めない音でした。


結構大きい音なので、周りにもはっきりと伝わります。


私にとって大きすぎる音なので、インパクトを調整したくなりました。


このドライバーはスペック的にも、『叩ける要素』がいっぱい詰まっていますが、『音』は違うな・・・。と思いました。


『叩ける音』ではないと思いました。


実際に球を打つ前までは、このような音がするとは思っていなかったので、ちょっとだけ驚きました。


私はもっとおとなしめの音のほうが好きなのですが、これくらい大きい音のほうが飛んでる気がして好きだ・・・。という方もいらっしゃるかもしれません。


これだけ叩ける要素がありながら、この音だけはバランス的に合っていないような気がしました。


違うメーカーのボールでも試してみたのですが、やはり同じでした。


このドライバーの『基本スペック』に対する『音のズレ』を感じました。



フェース面
『打感』は、ややしっかりめでした。


すごく硬いというほどでもなかったのですが、インパクトの衝撃はしっかり手に残りました。


普段、チタンドライバーのソフトな打感に慣れているのか、このドライバーの打感はいつもと違うな・・・。と思いました。


これが『スーパーハイテン』の打感なのでしょうか?



トゥ側
『球のあがりやすさ』は、標準的でした。


シャフトが結構しっかりしているので、やや低めの弾道が出やすいのかな?と思っていたのですが、実際はそれほどでもありませんでした。


『中高弾道』といったところでしょうか?


しっかりとキャリーを稼ぐこともできました。


ヘッド形状(シャロー)の印象通りの高さでした。



飛距離性能
『飛距離性能』は、まずまずでした。


ボール初速が速くて、弾道も力強いです。


すごく高いポテンシャルがあると思うのですが、今は他のメーカーのドライバーも、かなりのハイレベルなので、特別抜きん出ている感じはしませんでした。


『音』がいいと、もっといいインパクトが迎えられたような気がします。


球数をこなしていっても、いっこうに慣れませんでした。


それよりも構えただけで、『音に対する不安』を感じるようになってしまいました。


インパクトが緩んでしまい、いいイメージを出すことができませんでした。



操作性
『操作性』という点では、球のつかまりが思っていたよりも良かったので、私はフック系のほうが打ちやすく感じられました。


イメージよりも大きく左に曲がりました。


スライス系の球にも挑戦してみましたが、思っていたよりも小さい曲がり幅でした。



Kasco BIG SUPER HYTEN Taro DRIVER
今日は音にちょっとひるんでしまったので、少し合わせにいきすぎてしまったところもあったのですが、全体的に大きなマイナス要素はありませんでした。


外観の良さ(特に仕上げの丁寧さ)が、印象的でした。



Kasco BIG SUPER HYTEN Taro DRIVER
他のメーカーではなかなか出会うことが無い、『しっかりとしたスペック』であるのも、魅力的でした。


フレックスはSですが、結構しっかりとしているので、人によっては『SX』か『X』くらいに感じられるかもしれません。


ピンクのシャフトの印象とは大きく異なるスペックでした。



Kasco BIG SUPER HYTEN Taro DRIVER
ピンクのシャフトもいいですが、同じスペックで違うカラーが用意されているのかな?と思い、尋ねてみたのですが、このピンクだけとのことでした。


黒いヘッドとピンクのシャフトの組み合わせが、とても新鮮でした。



Kasco BIG SUPER HYTEN Taro DRIVER
今はヘッド素材の殆どがチタンですが、このドライバーは違っているのも魅力的でした。


他のメーカーと違うことをする・・・。ということは、私たちユーザーにとって、とても魅力的なことです。


そういったクラブの中から、これからのゴルフライフを共にするような相棒に出会えるような気がします。


このドライバーはフィーリングなどが、私にはちょっと合いづらかったのですが、こういったタイプのドライバーをこれからも発表し続けて欲しいと思いました。



Kasco BIG SUPER HYTEN Taro DRIVER
これだけ丁寧に作られていて、メーカーの深い研究もあると思いますし、おまけに日本製なので、かなり高価なんだろうな・・・。と思っていたのですが、やはりその通りでした。


その値段に見合う風格をもったドライバーだと思いました。


球を打つ前に、そのクラブに対しての興味がどんどん無くなってしまうこともありますが、今日はそんなことはありませんでした。



Kasco BIG SUPER HYTEN Taro DRIVER 
購買意欲が刺激されることは無かったのですが、これからもキャスコのクラブには期待していきたいと思いました。


キャスコ ゴルフグローブ シルキーフィット GF-1425

キャスコ ゴルフグローブ ヒートキャスコ SF-1435W

キャスコ ゴルフグローブ パームフィット SF-1416

キャスコ ゴルフグローブ プレミアムフィット GR-1350

キャスコ ゴルフグローブ クロスブレッド SF-1318

キャスコ キャップ

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション Kasco BIG SUPER HYTEN キャスコ ビッグスーパーハイテン

2014年03月09日

キャスコ ドルフィンウェッジ ブラック

キャスコ ドルフィンウェッジ ブラック 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャスコ ドルフィンウェッジ ブラック です。



ダイナミックゴールド

シャフトは
ダイナミックゴールド です。

ロフトは58度、クラブ長さは35インチ、シャフトフレックスはS400、シャフト重量は117g、トルクは1.4、キックポイントは手元調子、バランスはD5、クラブ総重量は467gです。



正面

とても個性的なキャスコのニューウェッジです。


昨年、同じドルフィンを試打したのですが、今回は『ブラックバージョン』です。


黒い色というのは、本当によく締まって見えるのでいいです。


こういった黒染めやノーメッキタイプは、いかにもスピンが利きそうな印象をもちます。



側面

全体的に丸みを帯びていて、それほどシャープな感じはしませんが、不格好ではないですし、適度に形も整っています。


今日は試打している間、ずっと天気が良かったのですが、太陽の光を反射しなくて眩しくないのが、とても好印象でした。


今でもミラー仕上げのアイアンやウェッジはたくさんありますが、時間帯や太陽の位置などによって、眩しくて構えづらく感じることがあります。


黒染めがすごくいいですが、無理に黒染めでなくてもいいから、せめて『艶消しタイプ』であって欲しいと思っています。



キャスコ ドルフィンウェッジ ブラック

こうして見ても、昨年のモデル同様、『フィン』が、かなり目立っています。



フィン


フィン

近くで見ても、その大きさには強い個性が感じられます。


他のメーカーのウェッジでも、なかなかここまで大きい物は見当たりません。


フィン(ひれ)というよりも『牙』といった感じもします。



ソール幅

ソール幅はかなりワイドで丸みがあります。


形状自体も独特で、いい仕事をしてくれそうなソールです。


『滑り』も良さそうです。



ネック長さ

ネックの長さも適度にあるので、安心感があります。


以前試打しましたが、前回とはロフトも違いますし、色の印象で違った印象も受けます。



ミーリングあり

前回同様、フェース面にはミーリングがしっかりと刻まれていました。


指で触ってみても、かなりザラザラ感があります。


ミーリングにも色々とあって、中には『滑る』ようなミーリングもあるのですが、このウェッジのミーリングはしっかりとキャッチしてくれそうです。



オリジナルグリップ

このキャスコオリジナルグリップも、いい感じです。


微妙なフィーリングを伝えたいウェッジでは、このようなソフトなグリップが欠かせません。


今はたくさんのカラフルなグリップがありますが、私はこの黒が一番好きです。



構え感

ボールを前にして構えてみても、好感がもてます。


クセがなくて構えやすいです。


やや出っ歯タイプで球を拾いやすそうです。


黒なので、締まって見えるのがとてもいいです。


これがもし、白などの膨張色だったら、少しイメージがボヤけてしまうかな?と思いました。


こうして構えてみただけでも、リーディングエッジが鋭いのがよく解ります。


最近は『削り』の入っているウェッジが多いですが、このウェッジは違います。


私はこういったタイプのウェッジは大好きです。


ボールに下を上手く、くぐらせていけそうに感じるウェッジには魅力を感じます。


リーディングエッジが浮かずに、時には『だるま落とし』まで出来そうに感じるウェッジには親しみやすさを感じます。



まずまず開きやすい

ヒール側にあるフィンが気になりますが、開いて構えてみても、なかなかの『据わり感』です。


ただ、これ以上開いてしまうと、途端にフィンが邪魔に感じました。


できれば無いほうがいいな・・・。と思ったのですが、このウェッジを『バンカー専用』という使い方をするのであれば充分『アリ』なのかもしれません。


私はこれよりも、もっと極端に開いてロブを打つこともあるので、このウェッジだとそれがちょっと難しいように感じました。


最初はあまり極端なことをせずに打っていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』はソフトで、とてもいいです。


フェース面の食いつきがいいです。


しっかりと『歯(スコアライン&ミーリング)』で捕まえてくれる感じです。



スピン性能

スピン性能も、かなり高いです。


食いつき感が強く感じられます。


『摩擦力』を感じさせます。


『止め性能』がとても高いです。



トゥ側

球もあがりやすくて、すごくいいです。


出っ歯タイプなので、多少沈んでいても拾いやすいです。


グースがきついタイプではないので、開いても拾いやすいところがメリットだと思うのですが、先ほども書きました通り、フィンが邪魔に感じるときもありました。



バックフェース

『安定性』という点でも、特にシビアに感じることはなく、標準的な感じかな?と思いました。


ラインも出しやすいです。



距離感

『距離感』も合いやすいと感じました。


あまり細工をし過ぎないで、ノーマルに打っていくのが一番いいと思いました。


黒いヘッドが集中力を高めてくれているのか、狙いを絞り込みやすく感じました。



操作性

『操作性』という点では、まずまずかな?と思いました。


ソールのフィンが高機能なぶんだけ、少し邪魔をしている感じもするのですが、これは好みによるところも大きいのかもしれません。


すごく考えられて付け加えられたフィンだと思いますが、ウェッジ好きの私としては、できれば無いほうがいいな・・・。と思いました。


しかし、やはり『バンカー専用』ということで考えると、大きな威力を発揮するのだろうと思います。



バンカー

早速、バンカーでも試してみました。


フィンが大活躍してくれている・・・。という感じがします。


バンカーショットが苦手だ・・・。という方には、とても心強いパートナーとなってくれるのではないでしょうか?


こういったウェッジを経験することによって、バンカーショットは『ソール(バンス)が主役』だということを感じ取りやすくなるのではないでしょうか?


バンカーが苦手な方がバンカーショットを打つ前のイメージとして、リーディングエッジでボールを拾っていく・・・。というイメージをもっておられる方が多いように思います。


しかし、そういったイメージではなかなか上手くいきません。


通常のショットとは全く別に考えて、ソールでただ砂を弾いてしまえばいい・・・。というシンプルなイメージをもたれるとバンカーショットはすごく易しくて楽しくなるように思います。



ヒール側

そのときのライやピンまでの距離などによって、爆発のさせかたが変わったりしますが、それは練習を積んで感覚を磨いていくよりありません。


あくまでも『ソールが主役』『ソールに仕事をしてもらう』という感覚が大切なのではないでしょうか?


バンカーショットの練習は通常とは大きく異なりますし、一度ハマってしまえば楽しくて仕方ありません。


ラウンドしていても、バンカーがあまり気にならなくなりますし、バンカーにボールがつかまっても、それほど落胆しなくなります。


バンカーショットは通常よりもフェースを開いて打つショットですが、どうしても開いて構えるのが難しい・・・。という方に、このウェッジは力を貸してくれそうです。



キャスコ ドルフィンウェッジ ブラック

ただ、おそらくなのですが、ある程度バンカーの練習を積まれ、経験値が上がってくると、このヒールにあるフィンの必要性をあまり感じなくなるのではないでしょうか?


ソール(バンス)を使う感覚が身につくようになると、ここまでの工夫は必要では無くなるような気がしました。


まずは、こういった高機能のウェッジでバンカーショットに慣れていって、次第にノーマルウェッジに移行していってもいいんじゃないかな?と思いました。



キャスコ ドルフィンウェッジ ブラック

私はバンカーショットのとき、なるべく『切る』イメージで打っていきたいですし、ヘッドの入射角が緩やかなほうだと思います。


ライなどにもよりますが、あまり『上からドスン』ということはしません。


だからでしょうか?


バンスのきついタイプは苦手に感じることもあります。


なので、このウェッジのフィンは無いほうが親しみやすいだろうな・・・。と思いました。



KASCO DOLPHIN WEDGE

バンカーショットは『カット打ち』がとても有効です。


だからビギナーの方が意外と上手くいくことが多いと昔から言われてきました。


経験を積んで球をつかまえられるようになると、バンカーが苦手に感じる方が多くなるのはそのせいかもしれません。


なので、日頃の練習が欠かせないのだと思います。



KASCO DOLPHIN WEDGE

あくまでも私の好みとしては、このフィンが無いほうがいいと思いましたが、エクスプロージョンが苦手で、どうしてもウェッジが深く入ってしまって球がバンカーから出ない・・・。という方には頼もしい相棒になってくれるのかもしれません。


こういったタイプのウェッジを経験していくことにより、バンカーショットが好きになる方もいらっしゃるのではないでしょうか?



キャスコ ドルフィンウェッジ ブラック
 
昨年試打したノーマルモデルも好感がもてましたが、このブラックモデルは締まって見えて、さらにいい印象をもちました。


ノーマルモデル同様、とても構えやすいですし、スピンの利きも良くて、バンカーでは大きな威力を発揮してくれます。


『バンカーこそが、このウェッジの居場所』といってもいいのかもしれません。


極端に開いたりしなければ、フェアウェイやラフなどにも充分対応してくれると思います。


ノーマルモデル同様、『あまり開く必要のないウェッジ』といっていいのかもしれません。


開いて構えるのが苦手だという方はたくさんいらっしゃるように思います。


このウェッジは、そういった方々の為に開発されたウェッジといってもいいのではないでしょうか?


昨年から大人気なのが解るような気がします。


私にとって『ど真ん中』といえるウェッジではありませんでしたが、とてもよく考えて作られているウェッジだな・・・。と思いました。


色々なアイデアが、さらなるヒット商品を生むのだと思います。

キャスコ プロモデルキャディバッグ KS-074

キャスコ アスリートモデルキャディバッグ KS-075

キャスコ ゴルフグローブ プレミアムフィット GR-1350

キャスコ ゴルフグローブ シルキーフィット GF-10251

キャスコ ゴルフグローブ ヘキサロック GF-1120

キャスコ ゴルフグローブ パームフィット SF-1416

キャスコ ゴルフグローブ クロスブレッド SF-1318

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション KASCO DOLPHIN WEDGE キャスコ ドルフィンウェッジ ブラック

2013年09月14日

キャスコ ドルフィンウェッジ

キャスコ ドルフィンウェッジ 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャスコ ドルフィンウェッジ です。



N.S. PRO 950GH

シャフトは
N.S. PRO 950GH です。

ロフトは60度、クラブ長さは34.75インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は98g、トルクは1.9、キックポイントは中調子、バランスはD3、クラブ総重量は453gです。



正面

とても珍しい、キャスコのウェッジです。


キャスコにはグローブやボールのイメージが強く、ウェッジのイメージは殆どありません。


しかし今、このウェッジは大人気なのだそうで、品薄状態がしばらく続いていたのだと店員さんから聞きました。


今日はマットの上ではなく、練習場に併設されているアプローチグリーンやバンカーで試してみることができたので、早速外に出ました。


また少し暑さが、ぶり返したような気もしますが、芝の緑を見ているだけで、いい目の保養ができます。



側面

全体的な形状はまずまずですが、あまりシャープで尖った印象はありません。


むしろ丸っこくて曲線的なイメージのほうが強いです。


ウェッジのリーディングエッジは特に鋭くてナイフのような切れ味を連想させる物が好きですが、このウェッジにはそういった印象はありません。



ヒールのフィンのような物


ヒールのフィンのような物


ヒールのフィンのような物


ヒールのフィンのような物

ヒール側にある、このフィン(ひれ)のような物がとても特徴的です。


フォーティーンのウェッジなどを経験しているので、このフィンのような物の役目は大よそ見当がつくのですが、それにしても、かなり思い切った設計になっています。


このフィンのような物がイルカのヒレを連想させるから『ドルフィンウェッジ』という名前になったのでしょうか?


バンカーで威力を発揮しそうな匂いがプンプンしてきました。



ソール幅

かなりのワイドソールです。


こうして見ても、このフィンのような物がとてもよく目立ちます。


ウェッジ(特にサンドウェッジ)では、ここの形状によって性能が大きく変わってきます。


正直、私は「ここまでしなくても・・・。」という思いがありましたが、こうすることによって大きな威力を発揮しているのだと思いますし、人気になっている理由のひとつなのだと思います。



ネック長さ

ネックの長さは、しっかりとキープされていました。


スピンが掛かりやすそうです。


スピンもそうですし、ヘッドの落としどころを正確にするには、ある程度の長さがあったほうが理にかなっているように思います。


スイング中、先端部分が『へたる』感じもしないので、易しく感じます。



ミーリング

フェース面には細かなミーリングが刻まれていました。


今のウェッジらしいところだと思います。



オリジナルグリップ

このラバー系のオリジナルグリップも、とてもいい感じです。


繊細な距離感もそうですし、ヘッドの落としどころがシビアなバンカーショットを多用するサンドウェッジには、こういったグッドフィーリングのグリップが欠かせません。


耐久性はやや劣るものの、このグリップのフィーリングの出しやすさはとても優れています。


今はたくさんの優れたグリップが発売されていますし、カラフルな物も増えてきました。


しかし、それでも私はこういったツアーベルベット系が手放せません。


このウェッジに装着されているグリップのおかげで、すごく好感度がアップしました。



構え感

ボールを前にして構えてみると、はっきりとした『出っ歯系』です。


球を拾いやすそうです。


昔はよくありましたが、最近ではここまではっきりとした出っ歯形状は珍しいように思います。


グースネックを好まれる方には、やや難しそうな印象をもたれるかもしれません。


美顔だとは思わなかったのですが、構えやすい部類のウェッジだと思いました。


悪いイメージは全く出ませんでした。


ただ、こうして構えたときに、先ほどのヒールの『出っ張り』が、ちょっと邪魔になっているように感じられました。


もし、私が実戦で使うのであれば、間違いなく『削り』を入れるだろうと思います。


今日は天気が良かったというのもあるのですが、構えたときに『光の反射』が気になりました。


眩しさを感じました。


そういう意味では、やはり『黒染め』がいいのかな?と思いました。


ちなみに、このドルフィンウェッジに『黒染めモデル』があるか、店員さんに尋ねてみたのですが、このメッキタイプひとつだけなのだそうです。


ヒールの出っ張りが気になるものの、このまま試打を始めることにしました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』はソフトな感じで良いと思いました。


すごくボールに喰いつく・・・。という感じはあまりしなかったのですが、なかなかの『乗っかり感』です。


ロフトが寝ているということもあると思うのですが、ホールドしていきやすいです。


この打感には好感をもてました。



スピン性能

スピン性能はいい感じでした。


ミーリング効果でしょうか?


ボールを止めやすいです。



トゥ側

球は拾いやすく、いい感じであがってくれます。


これくらい高さがでれば『スピン』と同時に『高さ』というダブルパンチでボールを止められそうです。


私のホームコースでは砲台グリーンが多いので、こういった止めやすいウェッジには魅力を感じます。



バックフェース

『安定性』という点では、標準的だと思いましたが、私はどうしてもヒール側のフィンのような物が気になりました。


この部分をかなり意識して打っていかなければならないように感じました。


ちょっと、いつもの感覚とは違う感じで打っていかなければなりませんでした。


『普段通り』というよりは、明らかに『よそ行き感覚』で打っていました。


ちょっとかしこまっちゃっているかな・・・?と思いました。



距離感

距離感は出しやすく、実戦的なウェッジだと思いました。


初対面であっても、ある程度『縦の距離感』を絞り込んでいくことができました。



操作性

『操作性』という点では、いい感じではあるのですが、どちらかといえばオートマチック的な感じがしました。


私はフェースの開閉を積極的に使っていきたいタイプですし、できればちょっとだけ開いてウェッジを使いたいタイプです。


そういったことが、このウェッジだとちょっと難しいように感じました。


開閉を極力抑えて、できるだけ『スクエア』にフェース面を使っていったほうがいいのではないかな?と思いました。



バンカー内

アプローチグリーンで20球ほど試してみた後、私の大好きなバンカー練習場に行きました。


私はいつも通り、フェースを開いて打っていったのですが、何球か打ってみて、このウェッジはあえて『開く必要の無い』ウェッジなのだと思いました。


ノーマルショットと同じように構えて打つのが適しているのではないかな?と思いました。


ヒール側のフィンが、かなり仕事をしてくれています。


ただ、私はクロスバンカーならともかく、ガードバンカーではフェースを開かずに構えることに、とても抵抗を感じます。


ピンが近いガードバンカーでは、フェースを開いて短く持ち、重心を落として、『最初から飛ばない構え』をしないと、気持ちよく振りきっていけません。


飛ばない構えをしているからこそ、思い切って砂をカットしたり爆発させたりする勇気が出ます。


バンカーショットで怖いのは『ザックリ』よりも、むしろ『ホームラン』を打ってOBになることです。


しかし、バンカーショットが上手くなるには、絶対にホームランを怖がってはいけないのだとビギナー時代、私の師匠でもあるレッスンプロから何度も言われました。


飛び過ぎるのを怖がって『ザックリ』ばかり繰り返すよりも、ホームランを打っていたほうが、バンカー上達の近道になるのだと教わりました。


ちょっと話は横道に逸れてしまいましたが、ガードバンカーでスクエアに構えてしまうと、どうしても大切な勇気が削がれてしまうような気がしてなりません。


普段はSWだけでなるべく対応するようにしていますが、距離のあるガードバンカーではAWやPW、場合によっては9Iを使うこともあります。


そういったときでも、私は必ずフェースを開きます。


ただ、バンカーでフェースを開くのが苦手な方も少なからずいらっしゃるのだと思います。


このウェッジは、そういった方の為に開発されたのだと思います。


真っ直ぐ構えて、ソールのフィンを使って砂を弾き飛ばしてバンカーから脱出しやすくなるよう設計されているのだと思います。


バンカーショットでは易しく、ノーマルショットでは、やや難しいイメージが残りました。



キャスコ ドルフィンウェッジ

グリーン周りのアプローチでも威力を発揮してくれそうですが、それよりもバンカーで能力を発揮しやすいウェッジといえるのではないでしょうか?


『バンカー専用』とは言い切れないのかもしれませんが、バンカーショットが苦手な方にはとても親しみやすいウェッジといえるのかもしれません。



Kasco  DOLPHIN WEDGE

『クラブセッティング』が、今はかなり多様化していて、人によって大きく違っています。


私がゴルフを始めた頃は、だいたい同じようなセッティングになっていることが多かったのですが、今はとてもバラエティーに富んでいます。


ウッド系が多い方。


アイアンやウェッジが多い方。


ウェッジを4本入れておられる方。


ドライバーを2本入れておられる方、または1本も入れない方。


SWを2本入れておられる方。


など、様々です。


そういった意味でいうと、このウェッジをバンカーにボールがつかまったときの為の専用のクラブとして使っていくのも有効なのかもしれません。



キャスコ  DOLPHIN WEDGE

バンカーショットが苦手だという方はとても多いと思いますが、その大きな理由は、やはり『練習場所が近くにない』ということになるのかもしれません。


幸い、私は近くにバンカーを練習できるところがいくつかあって、恵まれていると思うのですが、なかなか練習できない・・・。という方はたくさんいらっしゃるのだと思います。


そういった方々には、このウェッジはとても心強い味方になってくれるように思います。


ただ、バンカーショットをたくさん練習することができて、『得意』とまではいかなくても『好き』だと思えるようになると、このウェッジのような機能は、正直いってあまり必要でなくなるんじゃないかな?と思いました。


私ならば、このまま使うことはありません。


しかし、それでもこの個性的な設計には魅力を感じます。



ヒール側

キャスコはウェッジのイメージは無いですが、このように独自の工夫を施して、それが優れていれば人気は爆発するのだと改めて感じました。


クラブには独創性・独自性が求められます。


このドルフィンウェッジはそれが感じられます。


タイトリストやフォーティーンなど、素晴らしいウェッジメーカーはたくさんありますが、このウェッジのような『ニューウェーブ』が登場したことにより、もっと活性化しそうです。



キャスコ DOLPHIN WEDGE
 
このウェッジはとても面白いと思いましたが、正直、私にはやや合いづらい部分がありましたし、今愛用しているウェッジのほうが易しく感じました。


このウェッジのように、かなり個性的だと、合う方にはかなり魅力的だと思いますが、そうでない方にはデメリットに感じられるのかもしれません。


私はこのウェッジを購入したいとは思いませんでしたが、バンカーショットがどうしても苦手でスコアを落としやすい・・・。という方には是非試していただきたいと思いました。


『ほぼ自動的』といっていいくらい、エクスプロージョンがしやすいウェッジだと思います。


ボールの手前を、ただダフるだけでいい・・・。というシンプルな発想になれます。


私にはやや扱いづらい部分もあったのですが、これからもキャスコには、このような独創性のあるクラブ作りをして欲しいと思いました。


色々なクラブを試打していて、似たような感じだな・・・。と思うことはたくさんありますが、今日はとても個性的で素晴らしいウェッジに出会うことができた有意義な一日でした。

キャスコ ゴルフシューズ KMSS-1111

キャスコ 今治スポーツタオル

キャスコ 今治バスタオル

キャスコ フェイスタオル TW-018

キャスコ バスタオル TW-15

キャスコ KIRA smileフック掛けタオル

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ WEDGE 試打 感想 インプレッション キャスコ ドルフィンウェッジ

2013年04月07日

キャスコ パワートルネード7 アイティリティ

キャスコ パワートルネード7  アイティリティ 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャスコ パワートルネード7 アイティリティ の05番 です。



ELASTER-U5600

シャフトは ELASTER-U5600 です。

ロフトは24度、クラブ長さは38.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は58g、トルクは4.5、キックポイントは中調子、バランスはD1、クラブ総重量は360gです。



正面

久しぶりに出会った、キャスコのユーティリティです。


しかし店員さんから、このクラブは『アイティリティ』という名前なのだということを教えてもらいました。


ユーティリティのアイアン型なのかな?と思いました。



側面

これまでのキャスコのユーティリティの流れを汲んでいるように感じます。


球がとてもよくあがりそうです。



ソール中央部

ソールの中央部分が少し盛り上がっていました。


これはウェイトの役目を果たしているのでしょうか?


『FORGED SH FACE』と記されていました。


FORGED FACEは解るのですが、『SH』って何だろう?と思いました。



ソールが尖がっている

ソール尖がっているのが、とてもよく目に付きました。


いわゆる『トライアングルソール』といったらいいでしょうか?


とても抜けが良さそうです。


練習場の人口マットの上でなく、是非実際のコースで試してみたくなります。



トゥ側のウェイト

トゥ側にウェイトが見られました。


よく見ると、交換できそうです。


色々なウェイトが用意されているのでしょうか?



スルーボアのよう

ここの部分を見て、すごく懐かしく感じました。


キャロウェイの代名詞とも呼べる『スルーボア』を思い出します。


昔はよく見かけていましたが、今は殆ど見かけなくなりました。


このユーティリティクラブは、キャロウェイのスルーボアを採用しているのでしょうか?



顔

顔もなかなか個性的です。


球をよく上げてくれそうな雰囲気があります。


見惚れてしまうような顔ではありませんが、よく見かけるタイプの顔です。



振り感

素振りをしてみても、かなり軽く感じますし、シャフトも軟らかいですが、キャスコらしい敷居の低さを感じます。


キャスコはずっとこういったスペックのクラブが多いので、特に驚くようなこともありません。


最初から、こういったもんだ・・・。という思いがあるので、そこに自分を馴染ませていくことにしました。


キャスコはグローブがあまりにも有名ですが、クラブではやはりUTの人気がとても高いです。


こういった素晴らしいUTがたくさん登場してくれたことによって、ゴルフが易しくなったように思いますし、よりアグレッシブになったような気もします。



構え感

ボールを前にして構えてみた感じは、まずまずだと思いました。


あらかじめ予想していた通りの構え感です。


出っ歯形状で、球も拾いやすそうな感じがします。


ライン出しも、比較的容易に感じられました。


あまり強く振っていくことはできなさそうですが、とりあえず気持ちよく振りきっていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』はソフトで、好感が持てました。


こういった打感だと、方向性や距離感も合わせやすくなります。



打球音

『音』も小気味よく大き過ぎない感じで好感がもてます。


こちらの邪魔をしません。



トゥ側

『球のあがりやすさ』という点でも秀逸です。


これまでのキャスコらしい、高弾道タイプのUTです。


球も浮きやすくて、すごく易しい感じがします。


このUTはロフトが24度ということで、私の感覚でいえば『4番アイアン』くらいになるのですが、4番アイアンという感じの弾道の高さではありません。


7番アイアンくらい球が易しく上がっていきます。


私は普段から4番アイアンを愛用していますし、このロフトのUTやFWを使う予定は今のところありませんが、これくらいの番手のUTを使っておられる方は、とても親しみやすく感じられるのではないでしょうか?



バックフェース

『安定性』という点でも、良いと思いました。


かなり寛容性が感じられます。


他のメーカーの同等のUTと比べても、かなり易しいほうではないでしょうか?


シビアな感じは全くしませんでした。



飛距離性能

『飛距離性能』という点でも、スインガータイプの方にとてもマッチしているように思います。


特にベテランゴルファーの方には、頼れる味方となってくれるのではないでしょうか?


PRGRのZOOMがユーティリティブームの火付け役だと思いますが、UTが進化して『200ヤード前後』の距離がすごく易しくなりました。


ドライバーによる『最長飛距離』やウェッジによる『精密な距離感』も大切ですが、『中間的な距離』を制することが、今のゴルフには欠かせないことだと思います。


そういった意味でも、このような高性能なユーティリティだと、安心して攻めていけます。



操作性

『操作性』という点では、あまり色々な球で遊ぶ感じは持てなかったのですが、とりあえずトライしてみました。


シャフトが私にはやや難しく感じられ、少し扱いづらい感じもしたので、あまり細工をせずに素直に振り切っていきたいと思いました。


このクラブはスチールシャフトもラインアップされているそうなので、今度もし機会があればそちらも試してみたいと思いました。



ヒール側

キャスコらしい、易しさ満点のユーティリティだと思いました。


やや『ソフトスペック』なので、使う人も限定されるのかもしれませんが、敷居の低いユーティリティを探しておられる方は、是非一度試してみられるのもいいのではないでしょうか?



キャスコ パワートルネード7  アイティリティ
 
キャスコらしい、とても親しみやすくて高性能なユーティリティだと思いました。

キャスコ ドルフィンソールウェッジ DW113

キャスコ キャディバッグ

キャスコ ボストンバッグ

キャスコ クラブケース

キャスコ シューズケース

キャスコ ゴルフグローブ

キャスコ KIRA ゴルフボール

AX

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ ユーティリティ 試打 感想 インプレッション キャスコ パワートルネード7 アイティリティ

2011年11月13日

キャスコ D-MAX AR ドライバー

キャスコ D-MAX AR ドライバー 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャスコ D-MAX AR ドライバー です。



D-MAX Premium Light D-111

シャフトは D-MAX Premium Light D-111 です。

ロフトは9度、クラブ長さは46.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は42g、トルクは4.8、バランスはD1、キックポイントは先調子、クラブ総重量は254gです。



正面

キャスコの新しいドライバーです。


以前『PYRA』というドライバーを試打したのですが、今回の『AR』のほうが、何となく引き締まって見えます。


ヘッド全体に大きさは感じますが、全体のラインが直線的でシャープな感じがしました。



側面

これまでのキャスコのドライバーもそうですが、今回のドライバーも、すごくシンプルなデザインになっています。


写真ではちょっと見えづらいのですが、『D-MAX』の上に、『AIR DRIVE CONCEPT DESIGN』と表示されていました。


つまり、このシャープでシンプルなデザインは空気力学をもとに設計されているのでしょうか?


私のこれまでの経験上、シンプルなヘッドはよく飛ぶ・・・。という印象があるので、このドライバーにはすごく期待感がふくらんできました。



顔

この美しいブルーがとても印象的でした。


ブリヂストンの『ViQ』を何となく思い出しました。


『青』という色は、落ち着きを与えてくれる色ですし、この色を見ているだけで、自然と呼吸が整うような気がします。


青いヘッドのドライバーには、いい思い出がたくさんあるので、このドライバーの好感度もアップしていきました。



ネック長さ

ネックもしっかりとついていますし、ここの角度から見ると、これまで出会ってきた、たくさんの他のメーカーのドライバーとあまり変わらないような気がします。



KASCO D-MAX AR DRIVER シャロー感

はっきりと『シャロー系』のドライバーであることを認識しました。


私はどちらかというとヘッドにはある程度の『厚み』を求めたいのですが、最近のシャローヘッドドライバーには優れたものが多いので、このドライバーもそうなのではないかな?と思いながら見つめていました。



振り感

素振りをしてみると、予想よりもかなり軽いドライバーで、少し驚きました。


これまでも軽量ドライバーにはたくさん出会ってきているのですが、このドライバーはそれらの中でもトップクラスといっていいくらい軽さが目立つドライバーです。


ただ、これまでの同様の軽量ドライバーよりも『しっかり感』があるところに好感を持ちました。


シャフトがだらしない感じがしません。


それほど遅れる感じがしなかったので、シャープに小気味よく振っていくことができました。


重量感が足りないと、どうしてもオーバースイングになってしまうところが私にはあるのですが、そこに気を付けて振っていこう・・・。と思いました。


あとは決して上体だけで打たないよう、しっかりと下半身も使っていこうと思いました。



構え感

ボールを前にして構えてみると、ヘッド後方が少し伸びていて、直進性が高そうな印象を受けましたが、特に違和感は感じませんでした。


球もつかまりやすそうでしたが、引っかかりそうな感じはしませんでした。


ただ、ひとつ変わっているのが『クラウンマーク』の位置でした。


クラウンマーク
 
ドライバーにはクラウンマークのある物と無い物の二種類に分かれると思うのですが、このドライバーにはクラウンマークがしっかりとありました。


ただ、その位置がややトゥ寄りでした。


普通、真ん中にあるものが多いと思うのですが、このドライバーは何度見てもトゥ寄りに見えました。


ここの位置でヒットせよ・・・。ということなのでしょうか?


私はどちらかというと真ん中か、ややヒール寄りにセットしていきたいほうなので、このポジションは少し珍しく感じました。


ただ、それで違和感を感じたり、構えづらいという印象はありませんでした。


クラウンマークの位置はどこであれ、自分の普段の感覚で振っていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』は、わりと『しっかり目』だと思いました。


柔らかいとは思いませんでしたが、特に嫌な感じはしませんでした。


何球打ってもストレスは感じませんでした。



打球音

『音』は少し大きめではありましたが、苦手意識を感じるほどではありませんでした。


私はどのようなドライバーでも叩いていきたいタイプなので、自然と音が大きくなりやすいと思うのですが、スインガータイプの方には、ちょうどいい感じの音なのかもしれません。



トゥ側

『球のあがりやすさ』という点では、このシャロー感からくる独特の『球の浮きやすさ』と『弾道の高さ』を感じました。


タフなドライバーではありません。


球を楽にあげたい方には、すごく頼れる存在となってくれるのではないでしょうか?


ただ、これまでの同様のタイプのドライバーよりも『しっかり感』を感じたからでしょうか?


球が高~くあがりすぎて大きく距離をロスする感じが少なく感じました。


今回試打した、このドライバーのロフトは『9度』ですが、ひょっとしたら、このドライバーをタフに感じられる方もいらっしゃるかもしれません。


もっとロフトが寝ているタイプのほうが合いやすいという方も多いかもしれません。


そういった意味でも、このドライバーは、これまでのドライバーとはちょっと違う感じがしました。


いい意味で、とても個性的だと思いました。



バックフェース

ただ、その個性が『安定性』という点で、大きな魅力に感じられました。


クラブ自体は軽いので、少しタイミングが取りづらい部分もあったのですが、シャフトの頼りなさによる『打点のブレ』や『ボールの暴れ感』があまり感じられませんでした。


スイートエリアも広く感じられましたし、すごくまとめやすい感じがしました。


これまでの大きなマイナスに感じられてきたところが、このドライバーにはあまり感じられません。


すごく不思議な感じがしました。


重いドライバーは振りきれなくなったけど、あまりソフトスペック過ぎるドライバーは使いたくない・・・。という方は、是非このドライバーを試してみられてはいかがでしょうか?


きっとこのドライバーの魅力に惹かれるのではないでしょうか?



飛距離性能

『飛距離性能』という点では、軽量ドライバーの中では、かなり優れているほうだと思います。


私には必ずしも『ベストマッチ』とはいえないので、このドライバーの長所を最大限に引き出してあげることが難しく感じられた部分もあったのですが、基本的な性能はとても優れていると思います。


球をまとめやすいので、『最大飛距離』と『ミスヒットの飛距離』の差を小さくできるような気がします。


これまでミスになっていたものが、ミスでなくなるようなドライバーだと思います。


キャリーもじゅうぶんに稼いでいくこともできましたし、直進性の高さとの相乗効果で、かなりの飛距離を期待できそうな予感がしました。



操作性

『操作性』という点では、少し難しい感じがしました。


いろいろと操作してみようと思ったのですが、とんでもないミスが出たりしました。


やはり『あるがまま』で打つのが一番だと思いましたし、ある程度『操作性』を求めていくには、『しっかり感』もそうですが、適度な『重量感』が欲しいと思いました。



ヒール側

私には合いづらいところもありましたが、全体的にいって、とても『上質』なドライバーだと思いました。


ソフトスペックなドライバーであることは間違いないと思うのですが、貧弱な感じは全くしませんでした。


むしろ『精悍さ』が感じられたカッコいいドライバーでした。



KASCO D-MAX AR DRIVER

キャスコのドライバーは、これまで何本か試打したことがあるのですが、私にはやや難しく感じられる部分があり、このドライバーもスペック的に合いづらい感じがしました。


しかし、このドライバーの基本的性能はとても高いと思います。


先ほども書きましたが、軽量感をドライバーに求めながら、『しっかり感』があって、タイミング良く振っていきたい方には、とてもマッチしているように思います。


『軽量』=『弱弱しい』『貧弱だ』という図式は必ずしも成り立たないのだと、このドライバーを試打して強く感じました。


軽いドライバーでも、このようなしっかりとしたドライバーが作れるんだ・・・。と思いましたし、なぜこれまでも他のメーカーから発売されなかったのかな?と思いました。

キャスコ D-MAX AR フェアウェイウッド

キャスコ D-MAX AR アイアン

キャスコ ゴルフグローブ シルキーフィット

AX

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション キャスコ D-MAX AR ドライバー

2011年07月15日

キャスコ パワートルネード ユーティリティ

キャスコ パワートルネード ユーティリティ 
今日はこのゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャスコ パワートルネード ユーティリティ の44番 です。



ELASTER POWER TORNADO U5500

シャフトは ELASTER U5500 です。

ロフトは19度、クラブ長さは40.75インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は58g、トルクは4.9、バランスはD0、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は332gです。



正面

久しぶりに出会った、キャスコの新しいパワートルネードです。


初代モデルに出会ったときはとても衝撃的でしたし、当時すごく人気が高かったですが、今回のこのモデルも既にすごい人気なのだそうです。


このモデルは6代目のパワートルネードなのだそうですが、これまで同様、すごく打ちやすそうな感じがします。


キャスコはドライバーよりも、ユーティリティや、ボール・グローブのほうが有名といっていいかもしれません。



側面

これまでと多少デザインは異なる感じもしますが、今回のモデルもすごく美しいと思いました。


形状自体はすごくシンプルな感じですが、易しさがギュっと詰まっているようです。


目に見えないところに、様々な工夫が施されている感じがします。



キャスコ パワートルネード ユーティリティ

店員さんから、このクラブがいわゆる『スルーボア』設計になっていることを聞き、なるほど・・・。と思ったと同時に、懐かしいな・・・。と思いました。


スルーボアといえば、やはりキャロウェイがすぐに思い出されますし、『ビッグバーサ』は一世を風靡しました。


球があがりやすくなったのは、紛れもない事実だと思います。


ただ『操作性』という点で考えてみると、スルーボアでないほうがいいようにも思うので、必ずしも易しくなったとは思えないところもあるのかもしれません。


『球のあがりやすさ』=『易しさ』と捉えておられる方には、かなりメリットがあるのかもしれません。



シャローヘッド

こうして見ても、やはりかなり『シャロー』なヘッドだと思いました。


球が浮きやすいんだろうな・・・。と思いました。



顔

これまでのパワートルネード同様、とてもいい顔をしています。


いわゆる『卵型』といっていいでしょうか?



青い線

よく見ると、何やら青い線があります。


どういった狙いがあるのでしょうか?


よく解りませんが、違和感などは全く感じませんでした。



振り感

素振りをしてみた感じは、かなり軽くシャフトも軟らかくて、これは苦戦しそうだぞ・・・。と思いました。


違うスペックの試打クラブを探してみたのですが、あいにくこのモデルしか無かったので、今回は諦めることにしました。


なかなか難しいことだとは思いますが、試打クラブのスペックがもっと色々とあるといいな・・・。と、いつも思います。


すると、もっと充実した試打ができるような気がします。


しかし、いつも無計画で『行き当たりばったり』で私は試打をしているので、仕方のないことかもしれません。


また違ったスペックがあれば、是非試打してみたいと思いました。



構え感

ボールを前にして構えてみても、予想通り、かなり構えやすく感じました。


先ほどの青い線も、全くといっていいほど気になりませんでした。


とても美しい顔で、自然とセットアップが決まってきます。


最近のユーティリティは、いわゆる『グース型』が多いような気がするのですが、このクラブはすごく『ノーマル』な感じがします。


私はどちらかというと、こういったノーマルな感じが構えやすく感じるので、とても好感がもてました。


引っかかりそうな感じもしなかったですし、球を拾いやすく、またよく上がってくれそうな感じがしました。





試打を開始しました。


フェース面

『打感』は、なかなかいい感じだと思いました。


かなり柔らかい感じがしました。


このヘッドの素材は『スーパーハイテン』なのだそうで、昔からのイメージだと、やや硬そうな印象があるのですが、最近はそういった感じがしません。


このクラブもそうですが、最近のスーパーハイテンは、とてもいい感触を楽しむことができます。


昔からの、私の単なる『重い過ごし』なのかもしれない・・・。と思いました。



打球音

『音』も、なかなかいい感じだと思いました。


『程よい金属音』といったらいいでしょうか?


球を『弾いている』というのを強く感じることができます。



トゥ側

『球のあがりやすさ』という点では、『超』という言葉が付くくらい、かなり秀でています。


正直私には上がり過ぎだと思いました。


見た目はとてもシンプルで、いかにも叩いていけそうですが、実際は叩いていくと、なかなかいい球は出にくいと思いました。


ヒッタータイプの方よりは、明らかにスインガータイプの方にメリットが大きいクラブだと思います。


打ち込む必要もないですし、『横からはらう』イメージで打っていきたい方にも、すごく易しく感じられるのではないでしょうか?


球も拾いやすいと思いましたし、とてもイージーなクラブだと思いました。


これまでのパワートルネードも、すごく易しかった印象がありますが、今回のこの『6代目』はそれらの『トップレベル』といっていいくらい敷居が低くなって、易しくなっているのではないでしょうか?


こうやって球を打ちながら、『浮かない球』を打つほうが難しい・・・。と思えるほど、自然とよく上がっていきました。



バックフェース

『安定性』という点では、打出し方向を上手く取れれば、途中から大きく曲がる感じはしなかったですし、かなり『直進性』も高いような気がします。


しかし、私にはスペック的に難しく感じる部分があり、タイミングが取りづらくて、球筋がやや乱れてしまいました。


こういったクラブほど、全身で打っていかなくては・・・。と思うのですが、なかなか『足の感覚』を使っていくことができませんでした。


打ち込んでいくと、どうしてもタイミングがブレてしまい、それが球にも表れてしまっている感じがしました。



飛距離性能

『飛距離性能』という点でも、私にはやや難しく感じる部分があったのですが、本来の性能は、かなり優れていると思いました。


昔から『スーパーハイテン』=『飛び』という印象が強いですが、今日もそのイメージ通りの高い飛距離性能を垣間見ることができました。


『ロフト19度』といえば、私の感覚では『2番アイアン』くらいなのですが、比べものにならないほど敷居も低くて打ちやすく、高弾道で飛距離を稼いでいきやすいクラブだと思いました。


昔からロングアイアンが苦手で、実戦でもレイアップを余儀なくされた方、易しく『200ヤード圏内』にボールを運んでいきたい方には、かなり心強い相棒となってくれるのではないでしょうか?


今回のスペックだと、どちらかというとベテランゴルファーの方にマッチしやすいところもあると思いますが、スペックを選べばより幅広い層に対応してくれる心強いクラブだと思います。



操作性

『操作性』という点では、なかなか『曲げよう』という発想には、正直なれませんでした。


このような、かなりのソフトスペックなクラブでは、あまり『冒険』はしたくないと思いました。


タイミングも取りづらかったですし、暴れないようにするだけで、今日は精いっぱいでした。


また違ったスペックに出会うことがあれば、是非試打してみたいと思いました。



ヒール側

何年振りかに出会った『パワートルネード』ですが、やはりいいクラブだな・・・。と思いました。


こういったユーティリティに出会うと、昔、一世を風靡した『リョービ ビガロスメディア』などを思い出します。


『ユーティリティ専用』といいますか、ユーティリティに特化したメーカーというのは、とても印象に残っています。


キャスコはユーティリティだけでなく、ドライバーやアイアンなどもありますが、やはりユーティリティの知名度は抜群だと思います。



kasco POWER TORNADO Utility

こういったカッコいいクラブだと、いかにも敷居が高そう・・・。と感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際は決してそんなことはなく、かなり親しみやすいクラブだと思います。


先ほども書きましたが、ヒッタータイプの方には、合いづらいところもあると思いますが、スインガータイプの方には、かなり頼もしく感じられるクラブといっていいのではないでしょうか?


こういったクラブがキャディバッグに入っていると、ゴルフがすごく楽になるような気がします。


苦手をひとつ克服できるように思います。



キャスコ パワートルネード ユーティリティ

ルールギリギリの大きさを持ち、ルールに定められた慣性モーメントギリギリのドライバーや、『ポケットキャビティ』『アンダーカットキャビティ』など、ドライバーやアイアンの『易しさ』はかなり進化しているのに対し、ユーティリティはどちらかというと、それほど進化していないような気もします。


しかし、昔から易しいユーティティが無かったわけでなくて、むしろたくさんあったような気もします。


ドライバーのように驚くようなクラブに出会うことは少ないですが、一昔前のユーティリティブームの頃を考えると、今は多少沈静化しているのかもしれません。


ただ、こういったクラブが火付け役となって、またユーティリティブームがやってくるのかもしれません。


まさに『歴史は繰り返す』といったところでしょうか?



キャスコ パワートルネード ユーティリティ

ユーティリティを使いこなせるようになると、これまでの『空白の距離』をカバーできるので、余計なレイアップがなくなり、スコアメイクにおいて有利になることは間違いないと思います。


易しいユーティリティを使いたいけど、『顔の美しさ』や『抜けの良さ』を求めていきたい方にも、かなり魅力的に感じられるのではないでしょうか?


今日の私はなかなか使いこなすことができませんでしたが、また機会があれば、再びチャレンジしてみたいと思いました。

キャスコ パワートルネード 斬

キャスコ ゴルフボール KIRA KLENOT

キャスコ ゴルフボール KIRA★STAR

キャスコ ゴルフボール DUAL MODE TOUR X

キャスコ ゴルフボール DUAL MODE TOUR S

キャスコ ゴルフボール KIRA Distant & Spin

キャスコ ゴルフボール KIRA Soft&Distant

キャスコ 夏用ゴルフグローブ クールキャスコ CF-1117

キャスコ ゴルフグローブ 3D ベルフォース

AX

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション キャスコ パワートルネード ユーティリティ

2010年03月11日

キャスコ D-MAX PYRA ドライバー

キャスコ D-MAX PYRA ドライバー
今日はこのゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャスコ D-MAX PYRA ドライバーです。



ELASTER D5400
シャフトは ELASTER D5400です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は48g、トルクは4.2、バランスはD0、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は290gです。



kasco NEW DRIVER
キャスコの新しいドライバーです。


あまり派手さはないですが、とても印象に残りやすく、センスのあるデザインだと思いました。


光沢があって、高級感を感じました。



D-MAX PYRA
角張ったソール形状が特徴的です。


店員さんの説明によると、このソール形状は『ダイヤカットシェイプ』というのだそうで、ソールを多面体化することによって、ヘッドの剛性を高めているのだそうです。


それによって、高い飛距離性能が実現されているのだそうです。


クラウン部分が角ばっていたら構えづらくなってしまいますが、このドライバーのようにソール部分だと構えた時に目に入らないので、こういった工夫はどんどんやって欲しいと思います。


『ヘッドの剛性を高める』ということは、ずいぶん昔から行われてきたことでした。


キャスコは、ずいぶん前から強度の強い『スーパーハイテン』を使ってきました。


メタル時代から、とても人気がありました。


すごくよく飛ぶ・・・。と評判になっていました。


『高反発』とか『トランポリン効果』を競う前は、『ヘッドの強度』とか『ヘッドの剛性』で競われていたことがありました。


ヘッドが硬いほうが、よく飛ぶのだろう・・・。と思っていた私は、そういったドライバーを次から次へと試していたことがあります。



パイラ
クラウン部分を見ても品があり、落ち着いた感じのするヘッドです。


とてもシンプルなデザインです。


クラウンマークも特徴的で、センスの良さを感じました。



キャスコ ドライバー
素振りをしてみると、見た目とはちょっと違っていて、かなり軽い感じがしました。


このセンスの良い外見から、もっとしっかりとした印象を持っていたのですが、意外とそうでもないのだと思いました。


軽さと軟らかさを強く感じました。


私にはやや合いづらいドライバーだと思ったので、念入りに素振りを繰り返しました。



ゴルフクラブ
ボールを前にして構えてみると、かなり構えづらい感じがしました。


はっきりとフェースが左を向いています。


これくらい左を向いていると、私ではどうすることもできない感じがするのですが、何とかチャレンジしてみよう・・・。と思いました。


『安堵感』を持って構えることが出来なくて、どちらかというと少し『焦り』を感じていました。


呼吸が浅くなっているのが解りました。


いいイメージを描いていくことが出来ずにワッグルの回数だけが増えていきました。


ヘッドがなかなか『据わらない』ので、自分のスタンスもとりづらく感じてしまいました。


アドレスを開始して時間が経てば経つほど、『ミスショット』の確率が増えてくることが経験上解っているので、体が硬直しないうちになるべく早く打とう・・・。と思いました。




左へ飛んでいくことを覚悟しながら、試打を開始しました。


04
『球のあがりやすさ』という点では、かなり高く球があがります。


このヘッド形状もそうですし、シャフトがよくしなってくれ、自然とボールを高く打ち出していくことが出来ました。


高くあがり過ぎる感じがしたのですが、これはスペックが私に合っていないのだから仕方ないことだと思いました。


聞くところによると、このドライバーは40m/s前後のヘッドスピードの方を対象としているのだそうで、そういった方々には、とてもいい感じで上がっていくのではないでしょうか?


よく見られる『高弾道ドライバー』だと思います。


キャリーがとてもよく伸びます。


滞空時間の長い球を打っていくことが出来ました。



03
『打感』は、まずまず・・・。といった感じがしました。


なかなかタイミングが合わず、打点もブレてしまったのですが、それでもそんなに嫌な感触は残りませんでした。


夢中になるような打感ではありませんでしたが、それほど大きな不満を感じることはありませんでした。



07
『音』は少し大きく感じられました。


もう少し抑え気味の音でもいいような気がしましたが、おそらくこういったタイプのドライバーを求めておられる方には、これくらいのほうが心地良く耳に届くのではないでしょうか?


大きめの音ではありますが、決して品のない音だとは思いませんでした。


スインガータイプの方には、とてもいい感じで打っていくことが出来るような気がします。



05
『安定性』という点では、ある意味とても高い・・・。と思いました。


私では『左方向一辺倒』の打球しか打つことが出来なかったのですが、その『曲がり幅』や『方向性』は比較的安定している感じがしました。


スライス系の球が出やすい方は、かなりいい感じでラインを出していかれるのではないでしょうか?


こういった『フックフェース』のドライバーが今でもたくさん発表されているところを見ると、やはり球をつかまえるには、こういった工夫が必要になってくるのだろうと思います。


フェースがかなり左を向いてはいますが、このほうが構えやすい・・・。と感じておられる方もたくさんいらっしゃると思います。


私はなかなか真っ直ぐなラインを描いていくことは出来なかったのですが、もっと練習を重ね、色々なタイプのドライバーに対応できる『懐の深さ』を身につけたいと思いました。



14
『操作性』という点では、なかなか難しく感じてしまいました。


やはりこういったタイプのドライバーは、あまり『操作性』を求めるべきではないのかもしれません。


勿論、決して低いとは思いませんでしたが、私はやや苦手に感じてしまいました。


右へ打ち出そうとすると、どうしても無意識に変な動作をしてしまい、『プッシュ系』の球も何球か出てしまいました。


なかなか思い通りにはいかない感じがしました。



15
『飛距離性能』という点でも、このヘッド形状やデザイン、シャフトのしなりの強さ・・・。などを見ても、本来はかなり優れていると思います。


私ではなかなかこのドライバーのいいところを引き出すことが出来なかったのですが、かなり多くの方にメリットをもたらしてくれる高性能ドライバーといっていいと思います。


昨年、私は『 D-MAX M.o.I 』というドライバーを試打して、あまりにもふがいない内容だったのをよく覚えています。


なので、今日はそのイメージを少しでも良くしようと思ったのですが、あまりいい結果は得られませんでした。


しかし、このドライバーが劣っているとは全く思いませんでした。


私がこのドライバーの性能の高さを上手く引き出せなかったのが、その大きな要因です。


違うスペックに出会うことがあれば、またチャレンジしてみたいと思いました。



06
キャスコといえば、やはり『パワートルネード』がとても有名ですし、最初に発売されてかなり月日が経ちますが、昔からとても人気が高いです。


非常に優れているユーティリティクラブです。


ドライバーには少し苦手意識も持っていますが、ユーティリティはとても打ちやすくて気に入っています。


この『PYRA』というドライバーは、見た目のカッコ良さから、もっと打ちやすい感じを予想していましたが、やや難しい印象が残りました。



08
キャスコのクラブとは他のメーカーと比べ、あまりお付き合いが無いのですが、『グローブ』だけは別で、昔から憧れの存在であり、何枚か大切に保管しています。


どのラウンドも大切ですが、特にいい結果を残したい試合などでは、『願掛け』の意味も込めて『キャスコ』のグローブを使うことがあります。


これまで、たくさんの嬉しい思い出があります。


どういうわけかキャスコのグローブを使うと、ラウンド中も大きなミスが出にくかったり、例え出たとしてもそれほど悪い結果にはつながらなかったり・・・・。といったいい思い出がたくさんあります。


『幸運』を引き寄せてくれているような気がします。


おそらく『ジンクス』のようなものだと思うのですが、キャスコのグローブを左手に付けると身が締まる思いがします。


今日はあまりいい内容の試打が出来なかったのですが、また違ったクラブも試してみたいと思いました。

キャスコ D-MAX PYRA フェアウェイウッド

キャスコ D-MAX PYRA アイアン

キャスコ POWER TORNADO ユーティリティ

キャスコ ゴルフボール KIRA

キャスコ ゴルフボール DUAL MODE TOUR X

キャスコ ゴルフグローブ THE SAIZ

AX

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 感想 キャスコ D-MAX PYRA ドライバー

2009年07月12日

LEIOS ドライバー

09071201.jpg
今日はこのゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
LEIOS ドライバー です。



09071208.jpg
シャフトはELASTER D4200です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は44g、トルクは5.7、バランスはD0、キックポイントは中調子、クラブ総重量は291gです。



09071202.jpg
初めて手にする『LEIOS』のクラブです。


以前から存在だけは知っていたのですが、こうして実際に手にするのは初めてです。


新興メーカーのクラブなのかと思っていたのですが、『キャスコ』から発売されているのだそうです。


『LEIOS』とは、どんな意味なのだろう・・・・?と思い、辞書で調べてみたのですが載っていなくて

L・・・・LUXURIOUS (形容詞  贅沢な)
E・・・・ELEGANT (形容詞  上品、エレガント)
I ・・・・INTELLIGENT (形容詞  賢い)
O・・・・ONLY (形容詞  唯一、~のみ)
S・・・・SEXY (形容詞  セクシー、色っぽい)


という意味を組み合わせた『造語』なのだそうです。
すごく上手い言葉の組み合わせだと思いました。


『艶消し』な感じの『ソール』がたまりません。
今は、かなりきらびやかで、光沢のあるドライバーが多いですが、私はどちらかというと、こういった『艶消しタイプ』にいい思い出が多いせいか、しっくりきます。



09071207.jpg
素振りをしてみると、なかなかの『軽量感』です。


見た目はオーソドックスで、しっかりとした感じもあったのですが、『アスリートモデル』というよりは、やはりこのネーミングからもわかるように『富裕層』『エグゼクティブ世代』の方を対象としたドライバーなのだと思いました。


シャフトもよくしなりますし、ヘッドがよく走る感じがします。


私にはかなり軽いドライバーではありますが、気持ちよく振っていくことができました。



09071209.jpg
ボールを前にして構えてみると、かなり構えやすく感じました。


フェースも被っているようには見えませんでしたし、ヘッドが大きすぎないところがいいです。


このドライバーのヘッド体積は『410㎤』なのだそうで、最近のドライバーにしては、かなりの『小顔』です。


『460㎤』が今でも一番多いのだと思いますし、『440㎤』や『425㎤』もよく見かけるようになってきましたが、それでも『410㎤』というのは、かなり希(まれ)な部類だと思います。


この美しいブルーも、その『構えやすさ』を演出しているような気がします。


『マリンブルー』といいますか、南国の海の美しさを思い出しました。


これまでの『富裕層向け』のドライバーというのは、どちらかというとやや構えづらいものが多かったように思うのですが、このドライバーはとても構えやすいです。


このクラブのイメージ通り、『構えやすさ』という点でも『上品』な感じがします。


性能を追い過ぎるあまり、そのクラブのもつ『美しさ』を犠牲にしてしまっているクラブもよく見かけますが、このドライバーにはやはり『美しさの性能のうち』ということを教えてくれているような気がします。



試打を開始しました。



09071206.jpg
まず感じたのが、その『球のあがりやすさ』です。


最初に想像していたよりも、かなりボールがよく上がります。


『シャローヘッド全盛』ともいえる、最近の傾向においては、どちらかというと『ディープ・ヘッド』といえると思うのですが、それを感じさせない上がりやすさを持ったドライバーです。


勿論、『ロフト10.5度』ということもあるのだと思いますし、このシャフトがよくしなってくれ、球を押し上げてくれているような感じがしました。


1球目から、打った時に打球を目で追っていたのですが、どこに飛んでいったのか解らないくらいによく上がっていました。


最初がボールがよく見えなかったので、左右に大きく曲がってしまったのかな・・・・?と思っていたのですが、そうではなくて真っ直ぐ飛び、自分の予想以上の高弾道で飛んでいきました。


よく見かける『超低重心』『超シャローヘッド』『超深重心』ドライバーと、何ら変わらない弾道の高さです。


ボールを高く上げたいけど、薄っぺらいヘッドは嫌だ・・・・。もっと厚みのあるヘッドで飛ばしていきたい・・・・。と感じておられる方も多いと思いますので、このドライバーはそういった方々にすごくマッチしているのではないでしょうか?



09071203.jpg
『打感』という点でも、このクラブの上品なイメージに合う、とても品のある感触だと思いました。


『吸い付くような』とか『フェース面に球が乗っかる』という感じの病み付きになりそうな打感ではないのですが、嫌な衝撃がなく、適度な『柔らかさ』と『弾き感』を持っていて、変なクセのない打感だと思いました。


とても気持ちよく打っていくことができました。



09071213.jpg
このドライバーは『スーパーハイテン』が使われているのだそうで、その名前を聞くと、とても懐かしく感じてしまいます。


『SLEルール』が適用される、ちょっと前まで『高反発』がもてはやされていて、それは『フェースの厚み』を極力薄くして『トランポリン効果』を狙ったものでした。


『フェースが柔らかい方が飛ぶ』といった幻想まで持つようになってきました。


しかし、その『高反発』がもてはやされる前は、この『スーパーハイテン』がもてはやされていました。


その発想は全く逆で、『フェースの硬さ・強度』で飛ばすといったことがよく言われていました。


その頃、私も何度か試してみたことがあって、その頃は確かに手応えはあるし、飛距離もいいけど、もう少し柔らかい感じの方がいいな・・・・・。と思っていたことをよく覚えています。


寒い日で、調子が悪い日などは手首も痛めてしまいそうな時もありました。


しかし今日試打した、このドライバーはそのような嫌な感じが全くしませんでした。


ちょっと前までは、どのメーカーも『飛距離至上主義』といいますか、1ミリでも遠くへ飛ばすことばかりと競ってきたと思うのですが、『ルールの縛り』もあり、それもそろそろ限界点に近づきつつある昨今、こういった『フィーリング』という点も重視して開発を進めているのではないでしょうか?


『硬い』という感じは全くしませんでした。



09071212.jpg
『音』という点でも、この『ミラーフェース』なのに、とても落ち着いた音だと思いました。


決して甲高かったり、耳に響きそうな『爆音』はしません。


すごく品の良い音だと思います。


高い実力はもっていながらも決して出しゃばらない、『奥ゆかしさ』のようなものを感じます。


昔は『音で周りを圧倒する』といった風潮も多少あったのですが、逆に私は自分が大きな音を発してしまうと萎縮してしまい、周りに迷惑がかかっていないか心配になってしまいます。


練習どころではありません。


すぐにクラブをバックに入れて、他のクラブの練習をしたくなります。


しかし、このドライバーは全く周りが気にならず、自分のペースでしっかりと練習できる感じがしました。



09071205.jpg
『安定性』という点では、このスペックにしては、かなり高いものを感じました。


もう少し暴れる感じも予想していたのですが、思いの外ボールがまとまってくれ、途中から曲がり出すこともありませんでした。


『打ち出し方向』に沿って球は、真っ直ぐ飛んでいってくれる感じです。


見た目以上に『直進性』も高いのではないでしょうか?


私が『フッカー』で、しかも強く叩いていきたいタイプですので、そういった感じで無理に強く叩きすぎてしまうと、やはりボールはつかまりすぎたり、吹き上がり気味にも感じたのですが、これはスペックを変えればいいことだ・・・・。と思いました。


残念ながら、今日はこのスペックしか見あたらなかったのですが、今度もし別のスペックを見かけることがあればまた試してみたい・・・・。と思いました。



09071210.jpg
『操作性』という点でも、なかなかいい感じがしました。


『フック』『スライス』どちらも、とてもいい感じで打っていくことができました。


先ほども書きましたが、このドライバーは『フックフェース』ではないように見えたのですが、それでもすごく球がつかまりやすい印象を受けました。


右へすっぽ抜けたり、左へ引っかかりすぎたり・・・・。といった感じもしませんでした。


自分が精度の高いスイングをすれば、それに応じてくれるドライバーだと思いました。


『操作性』が高く、いわゆる『扱いやすいドライバー』だといえると思うのですが、最近の『ミスを容認し過ぎるドライバー』ではないと思いました。


かなり易しいドライバーではあるのですが、決して易しすぎず、自分のミスを気づかせてくれる感じに私は好感を持てました。



09071211.jpg
『飛距離性能』という点では、この『高弾道』『弾きの強さ』から、とても高いものを持ったドライバーだと思います。


この軽量感ではありますが、気持ちよく振り切っていくことができましたし、それが『飛距離』や『方向性』にもつながっているような気がします。


最近では『45インチ』も、少し『短尺』と感じてしまうほど、今では45インチオーバー』がまかり通っている『軽量ドライバー』ですが、このドライバーはきちんと『45インチ』を維持しているのがとてもいいと思いました。


このスペックでは、正直いいまして私にはいささか難しく感じる部分もあったのですが、それでも全く嫌な感じはしません。


このドライバーはヘッドスピード『35m/s』以上から対応しているそうなので、その範囲におられる方々には、とても大きな恩恵をもたらしてくれるドライバーだといってもいいのではないでしょうか?



09071204.jpg
全体的にこのドライバーは、とてもバランスのとれた高性能ドライバーだと思いました。


派手すぎず、かといって地味でもない、このセンスの良いデザインに好感をもてましたし、メーカーの自信の表れなのだと思います。


『メイドインジャパン』なのだそうで、国産ドライバーの美しさや信頼性を感じることができます。


パワーを持て余している『ハードヒッター』の方や、『ヤングゴルファー』の方には、この『軽さ』『シャフトの軟らかさ・トルク量』などから、ちょっと合いにくいかもしれませんが、上品で高い技術をもった『エグゼクティブゴルファー』の方には、まさにピッタリだと思いました。


今日、このドライバーを試打していて、以前試打したこともある『TOURSTAGE EXE』を思い出したのですが、同じような匂いをもったドライバーなのだと思いました。


『基本性能の高さ』はもとより、クラブに『美しさ』を求めておられる方にはとてもいいのではないでしょうか?


『スーパーハイテン』とは『キャスコ』の得意とするところだと思いますが、これまでのキャスコのイメージとはまた違った、とても雰囲気の違うドライバーだと思いました。


キャスコは『パワートルネード』があまりにも有名ですが、こうした素晴らしいドライバーを作ってくれると、これまで以上にファンが増えていくだろう・・・・。と思いました。


LEIOS フェアウェイウッド

LEIOS ユーティリティ

LEIOS アイアン

LEIOS キャディバッグ

LEIOS ゴルフボール


AX

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 感想 LEIOS ドライバー

2009年06月05日

キャスコ D-MAX M.o.I ドライバー

DSC00073_convert_20090529020648.jpg
今日はこのゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャスコ D-MAX M.o.I ドライバー です。



DSC00085_convert_20090529023132.jpg
シャフトはELASTER D4100です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45インチ、シャフトフレックスはR、シャフト重量は45g、トルクは5.9、バランスはD0、キックポイントは中調子、クラブ総重量は291gです。



DSC00075_convert_20090529020838.jpg
ずいぶんと久し振りの『キャスコ』のドライバーです。


『キャスコ』といえば、『グローブの素晴らしさ』と『パワートルネード』が、あまりにも有名ですが、ドライバーでも以前『D-MAX』というドライバーを試打したことがあり、その好印象は今でもはっきりと覚えています。


あまり出会うチャンスが多くないメーカーですが、今日は久し振りに出会うことができて、とても嬉しく思いました。



DSC00097_convert_20090529023611.jpg
素振りをしてみると、その『軽さ』『シャフトの軟らかさ』が『特異』に感じられるほど、『異色の存在』という感じがしました。


正直、私にはかなり難しいドライバーのように感じられました。


なかなかタイミングが合わず、スイングがバラついてしまう感じがしました。


素振りをしながら、背中に冷や汗をかいている感じがしました。



DSC00087_convert_20090529023232.jpg
ボールを前にして構えた感じは、最近よく見られる形のヘッドだと思ったのと、このカラーリングが『パーシモンヘッド』を思い出させてくれ、とてもいい感じがしました。


『フックフェース』が、かなり目にはつきましたが、これも最近半ば『常識』となりつつある中で、慣れていくしかない・・・・・。と思いました。


形でいえば、それほど美しい感じはしませんでしたが、この『色』は、やはりかなり美しいと思いました。


私は自分が使うドライバーヘッドの色は、今ではほとんどが『黒』なのですが、このような色も大好きです。


昔のいい頃の記憶が蘇ってくるようでした。


ただ、やはりこのような形状と、振った感じから、いい弾道のイメージは湧いてきませんでした。




試打を開始しました。


DSC00080_convert_20090529021343.jpg
このような『大型ヘッド』なので、『慣性モーメント』が大きく、『安定性』が高い・・・・・。と書きたかったのですが、私は1球目からミスショットを連発してしまいました。


それも少々のミスではなく、かなり大きなミスショットばかりです。


このようなタイプのドライバーなので、かなり『易しく』作られているとは思うのですが、素振りをした時の印象そのまま、やはり私にとってはかなり難しいドライバーだと思いました。



DSC00079_convert_20090529021145.jpg
『球のあがりやすさ』という点でも、本当はかなり上がりやすい設計になっているのは、容易に想像できたのですが、1球目から『地を這うような低いライナー』になってしまいました。


まるで予想とは違う弾道になってしまいました。


構えた時に、色の美しさは感じながらも、いい弾道のイメージが描けなかったので、何とか気を取り直していいイメージで打とうと、何度も試みたのですが、それが全くできませんでした。


高く上がったり、低く『ドロップ』してしまったり・・・・・。と、かなりバラついてしまいました。



DSC00078_convert_20090529021033.jpg
『打感』という点でも、本来はもっといいのだろうと思うのですが、いかんせんこのミスショットばかりのせいか、その良さを全く感じることができませんでした。


私は色々な試打クラブと出会ってきて、その『打感の良さ』をよく楽しんでいるのですが、今日はそんな余裕が全くありませんでした。


何とかまずは、『普通の当たり』でも打とうとしたのですが、なかなか思うようにはいきませんでした。


かなり難しいドライバーだと思いました。


背中に流れる冷や汗の量が多くなっているような気がしました。



DSC00082_convert_20090529022845.jpg
『音』という点でも、決して嫌な感じはせず、好感を持てる感じだと思ったのですが、それほど強く感じている余裕がありませんでした。


『ナイスショット』が打てていないせいか、それほど『音』にも魅力を感じることがありませんでした。



DSC00088_convert_20090529023323.jpg
『操作性』という点でも、私はかなり苦戦してしまいました。


『フック』や『スライス』を打ち分けたり、『高低』をつける余裕が全くありませんでした。


むしろ、今はこの『ミスショット』を直していくことの方が先決だと思いました。


その後も、球数をこなしていったのですが、なかなか思い描いている球を打つことができませんでした。


大抵、苦手なタイプのドライバーでも、ある程度球数をこなしていけば、少しずつ慣れていることができるのですが、今日は全くできませんでした。



DSC00091_convert_20090529023431.jpg
『飛距離性能』という点でも、きっと様々な工夫が施されているのだろうとは思ったのですが、残念ながら、私はそれを体感することができませんでした。


『ドロップ』したり、左右に大きく曲がったり、高く上がりすぎたり・・・・・。と、なかなか弾道を安定させることができずに、大苦戦してしまいました。


私の未熟な技術では、このドライバーの高性能を堪能することができませんでした。


たまにいい当たりが出たのですが、それは全くイメージできていないときのショットであり、『たまたま』『まぐれ』以上の何物でもないと思いました。


ミスショットばかりが続き、私は焦っていたのですが、なかなか改善することができませんでした。



DSC00081_convert_20090529021529.jpg
何とか、このドライバーに慣れて、いいところを見つけてやろう・・・・。と思い、試打を繰り返したのですが、打てば打つほど深みにはまっていく感じがしました。


素振りの時にも感じていたのですが、この『軽さ』『シャフトの軟らかさ』『ヘッドの効きの弱さ』と、もうひとつ何かが、すごく難しく感じる大きな要因だと思いました。


そのひとつが何なのかは、なかなか解らないのですが、かなり『つかみ所のない感じ』がするドライバーだと思いました。


まったく『フィーリング』が活かされませんし、自分自身のスイングにまとまりがありません。


自分のスイングの悪いところばかりが出てきているような感じがしました。


私は自分のクラブと持ち替え、打ってみたのですが、今度はいい球を打つことができました。


やはり、このドライバーは私にはかなり『ハードルが高い』ドライバーなのだと思いました。


違うスペックだったら、何とか打っていけるかもしれない・・・・・・。と思い、違うスペックのドライバーを探してみたのですが、残念ながらこれ一本しかなかったので、これ以上私の腕ではいい球を打つことができませんでしたし、それ以上にいいスイングができませんでした。



DSC00083_convert_20090529022933.jpg
恥ずかしながら、今日の私はこのドライバーの良さを全く体感できずに終わってしまいました。


自分の腕の未熟さを痛感しました。


本当はもっとこのドライバーのいいところをたくさん紹介したかったのですが、本当のことしか書きたくないので、このようなありのまま、内容の乏しい記事になってしまいました。


こうして記事を書いている今でも、とても恥ずかしい気持ちでいっぱいです。


最近、少しはこうした自分には合わないスペックのクラブでも、それなりに打てるようになってきたと思っていたのですが、それは大きな『自惚れ』であり『錯覚』でした。


今日のように、ちょっと難しいドライバーに遭うと、すぐにメッキが剥がれてしまいます。


しょせん『付け焼き刃』だったのかもしれません。


私はもっと練習を繰り返し、再びこのドライバーにトライしてみたい・・・・・。と思いました。


今日は、どうやってもこのドライバーには太刀打ちできない感じがしました。


今年、試打したドライバーの中で私にとって、もっとも『タフ』なドライバーでした。


キャスコ FD-UDEX ドライバー

キャスコ D-MAX M.o.I アイアン

キャスコ パワートルネード

キャスコ TF-106 フェアウェイウッド

テーラーメイド r7 CGB MAX ドライバー

プロギア T3 BLACK


AX

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 感想 キャスコ D-MAX M.o.I ドライバー

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ オンワード・クローゼット MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ