ゴルフクラブ試打日記

ゴルフクラブ試打日記TOP > カテゴリー [その他 ]
2018年01月01日

新年のごあいさつ

明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。
今年も試打を楽しみたいと思います。

今年一年が、皆様方にとって良い年でありますように。


golfdaisuki

テーマ : ごあいさつ - ジャンル : ブログ

2017年12月31日

年末のごあいさつ

今年一年、お世話になりました。

たくさんのコメントを頂戴し、励みになりました。

その中で記事に関して、試打をする前に、そのクラブのことをカタログなどで見て知っていて欲しいというコメントを頂戴したことがあります。

そのコメントを拝読し、確かにその通りだな・・・。いつもそのクラブに対して何も知らないまま試打しているので、不勉強だな・・・。と思うことがよくあります。

私の記事を読んでくださった方から、そのクラブやメーカーについて教えていただくことも少なくなく、その都度勉強になるな・・・。ありがたいな・・・。と思うのですが、それと同時にあまりにも無知な為、恥ずかしくなることも多いです。

そのクラブを紹介するのであれば、試打する前にもっと情報量を入れておいたほうがいいのかもしれません。
そうすれば、もっと色々なことが伝えられるのかもしれません。

そのようにしようかな・・・。と思ったのですが、やはりこれまで通り、何も知らないまま先入観をもたないで試打することにしました。

そのクラブに対して、色々なことを知って紹介する方法もあると思いますが、逆に出来るだけ知らないまま試打する方法もあると思います。

そのほうが、メーカーの宣伝文句などに左右されることもないですし、感じたままを記事にすることができるように思うからです。

そして何より、知らないまま試打するほうが楽しいので、これまで通り、何も知らないまま正直な感想を書かせていただきたいと思います。

私は普段から計画的に試打をしているのではなく、あくまでも『行き当たりばったり』的に試打しています。

今日はこのクラブを試打しよう。次回はこれを・・・。というのではありません。
無計画です。

練習場に行って、ニュークラブにたまたま出会ったり、知人などから借りて試打しているだけです。

なので時々、○○のクラブを試打して欲しいというリクエストを頂戴することもあるのですが、それがなかなか実現できず、申し訳ないと共に私自身も残念に思っております。

試打することができれば、すぐに記事に書かせていただきたいと思っているのですが、なかなか思うようにはいきません。

特に今年は練習場へ行く時間がなかなかとれず、いつもよりも試打した回数が少ないです。
試打をしても、記事に書かないことも正直あります。

今年は思うような試打ができませんでしたが、来年はもっとたくさんのクラブを試打して楽しみたいと思います。

今年一年、私の拙いブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。
来年もよろしかったらお付き合いくださいませ。

良いお年をお迎えください。


golfdaisuki

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 趣味・実用

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション

2017年04月14日

熊本地震

熊本で地震が起きて、ちょうど1年が経ちました。
とても早く感じますが、被災された方は長く感じておられるのかもしれません。

TVを見て、そのあまりの被害の大きさに言葉を失いました。
私自身、どうすればいいのか分かりませんでした。

今年に入って、熊本へ行くことができました。

今行けば迷惑になるのでは?と思っていたのですが、かなり復旧が進んでいるし、逆に熊本を訪れることが地域の活性化にもつながるのだと説明を受け、行くことを決断しました。

熊本に住んでいる私の親戚の元気な顔を見て、嬉しくなりました。

熊本城や阿蘇神社に行って、改めて被害の大きさを痛感しました。

しかし、復旧作業を進めておられる方や地域の方々の明るい表情を見ることができて、嬉しくなりました。
やはり九州の方はとても強いな・・・。と思いました。

熊本城や阿蘇神社には観光の方もたくさんおられました。

道路は通行止めのところがいくつもあって、大きく迂回しなければならないところもありましたが、交通誘導してくださっている方が親切に道を教えてくださり、感謝しております。

完全復興まではまだまだ年月がかかると思いますし、今も避難生活をしておられる方もいらっしゃいます。
苦しい状況はもうしばらく続くかもしれませんが、日々前進していければいいな・・・。と思っております。

愛する熊本の早い復興を願っております。

golfdaisuki

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 趣味・実用

2017年01月01日

年始のごあいさつ

明けましておめでとうございます。

今年一年が皆様方にとって、素晴らしい年になりますように。



golfdaisuki


テーマ : 日記だよ - ジャンル : 趣味・実用

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション 年始のごあいさつ

2016年12月31日

年末のごあいさつ

今年一年、大変お世話になりました。


おかげさまで、今年も記事を書き続けることができました。


いつまで書き続けるのだろう?と自問自答することもありますが、ゴルフが好きで好きでたまらない私はおそらくずっと試打をし続けると思いますし、出来るだけ記事を書かせていただきたいと思っています。


今年は色々なことがありました。


リオオリンピックでの日本人選手の活躍もありましたが、やはり私は震災が一番強く心に残りました。


とても辛い一年でした。


熊本大分を中心とした地震もありましたし、鳥取県や茨城県などでも大きな地震がありました。


被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。


来年は穏やかないい年になることを願っております。


今年一年お世話になりました。


皆様、よいお年をお迎えくださいませ。



golfdaisuki

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション 年末のご挨拶

2016年09月24日

ご無沙汰しておりました

記事の更新が滞ってしまいました。

急な遠方への出張や、その他いろいろなことが私の周りであって、記事を更新することができませんでした。

今日、久し振りに自宅のパソコンの前に座ることができました。

最初の予定では、長くて一週間の出張だったのですが、色々なことが重なって、ようやく帰ることができました。

出張の間、クラブを握れない日もありましたが、私は空き時間を見つけては、素振りやストレッチ・腕立てや腹筋・背筋・スクワット・ジョギングなどをして、体がなまらないようにしていました。

ゴルフクラブ試打日記というブログを書き続けて10年が経ちましたが、これほど長い期間記事を更新できなかったのは初めてです。

私自身、早くクラブを試打したい・・・。記事を更新したい・・・。という思いが強かったのですが、思うようにいかず、歯がゆい思いで日々を過ごしていました。

記事を更新できない間、私はとても焦っていました。

ライフワークのようになっていた記事の更新ができないこともありますし、それよりもコメントを頂戴しているのではないか?との思いがありました。

その貴重なコメントを読ませていただくこともできず、返信もできないので、コメントを寄せてくださった方にとても失礼なことをしているのではないかと思っていました。

そのことが一番胸を痛めました。

元気だけが取り柄の私は、おかげさまでずっと元気にしていたのですが、記事を更新できないこと、コメントの返信ができないことがとても苦痛でした。

今日、早速パソコンを立ち上げて確認してみると、いくつかのコメントを頂戴していましたし、それ以外のメールが数え切れないほどたくさん届いていました。

そのあまりの多さに驚きました。

頂いたコメントを拝読すると、私の体調を心配なさっておられる方がいらっしゃいました。

ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

私はとても元気にしております。

今回は私の都合により、しばらく記事を更新できなかったことを心よりお詫び申し上げます。

これからもゴルフクラブをたくさん試打していきたいと思いますし、そのときは是非記事に書かせていただきたいと思います。

ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

これからも試打道を邁進していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

golfdaisuki

テーマ : 日記 - ジャンル : ビジネス

2016年04月20日

記事の更新について

14日に地震が発生して、今日で6日が経ちました。

TVでは今でも辛いニュースが多く報道されています。

避難されている方々の大変な状況を見て、胸が痛みます。

物資が全ての方にまだ行き届いていないということですし、気温差などもあって、体調を崩される方が多いのがとても心配です。

先日の記事にも書かせていただいた通り、熊本は親戚が住んでいますし、私にとってとても縁のある県です。

熊本は私にとって、愛する場所です。

毎日辛いニュースを見ながら、自分にできることは何かないか?ということも考えましたが、ショックがあまりにも大きくて、気持ちが落ち込んでしまいました。

しかし、このブログを読んでくださっている方からの温かいコメントに勇気をいただきました。

親戚も頑張っているということですし、友人たちも電話やメールで元気づけてくれました。

このような状況で記事を更新することなど、全く考えられなかったのですが、明日からまた記事を書かせていただきたいと思っています。

命が脅かされる危険な状況で、不自由な生活をしておられる方がたくさんいらっしゃる今、ゴルフの記事を書くことはいかがなものかとお叱りを受けるかもしれません。

不謹慎かもしれません。

確かに私もそう思います。
実際、私は14日からクラブを握っていません。

握ることができません。
毎日の日課である素振りすら行えない精神状態です。

ずっとTVの前で状況を見守っています。

しかし、実際に被災された方から、記事の更新を楽しみにしているというコメントを頂戴し、書かせていただく決心をしました。

私のような拙い者が書くブログでも、楽しみにしていただいてる方がいらっしゃるのかと思うと、書かなければならない。いや書かせていただきたい・・・。と強く思いました。

被災地はまだまだ大変な状況なので、私たちが現地に向かうのは迷惑になってしまい、行くことはできませんが、できるだけのことはさせていただきたいと思いました。

愛する熊本が、そして日本全体が元気になって欲しいと思いました。

これからも、記事を書き続けていきたいと思いますので、どうかよろしくお願いします。


golfdaisuki


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2016年04月17日

熊本地震

熊本県を中心とした九州地方に地震が発生して、今日で3日経ちました。
そのあまりの被害の大きさに驚き、悲しみが堪えきれません。

熊本県は私にとって、とても縁のある県でして、親戚が暮らしています。
幸い、全員無事だという連絡をもらったのですが、寝られない日が続いているのだそうです。
今も揺れが収まらず、不安な日が続いているそうです。

私はこれまで何度も熊本の親戚を家を訪れ、楽しい思い出がいっぱいありました。
城が好きな私は熊本城にも何度か足を運びました。
阿蘇山は勿論、水前寺公園にも行きました。

こうして記事を書いている今でも、まだ信じられない気持ちでいっぱいです。

1995年の阪神淡路大震災や2011年の東日本大震災のときもそうでしたが、これは悪い夢なんだ。目が覚めたら何事も無く無事に過ごせている・・・。と、ニュースを見て思うようにしていました。
しかし、夢ではありませんでした。
今回も悪い夢であって欲しいと思ったのですが、そうではなく、この現実をまだ受け止められずにいます。

今すぐにでも熊本へ行き、親戚に会いたい気持ちが強いのですが、今は自重しなければなりません。
自衛隊や警察・消防の方々におすがりするしかありません。

これ以上被害が拡大しないことを祈ります。
そして、尊い命が失われないことを祈ります。

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

私にできることといえば、これ以上被害が拡大しないよう祈ることと、コンビニなどに設置されている義援金箱にわずかばかりのお金を入れることだけです。
歯がゆさでいっぱいです。
自分自身の無力さを呪いたい気持ちです。

ショックが大きすぎて、私も眠れない日が続いているのですが、頑張って生きようと思いました。

現地では今、雨が降っています。
二次災害が発生しないことを祈ります。
自衛隊や警察・消防の方々も大変だとは思いますが、どうかよろしくお願いします。

被災地の一日も早い復旧を願いますし、またあの素晴らしい光景を目にしたいと思います。
とても辛い日が続きますが、みんなで力を合わせ、この悲しみを乗り越えていきましょう!


golfdaisuki


テーマ : 地震・天災・自然災害 - ジャンル : ニュース

2016年01月01日

新年のごあいさつ

明けましておめでとうございます。


昨年はお世話になりました。


今年はオリンピックイヤーですし、特にゴルフに注目しています。
日本人選手の活躍に期待しています。


今年が皆様方にとって、素晴らしい年になりますように。


2015年12月31日

年末のご挨拶

今年もお世話になりました。

皆様方から温かいコメントを頂戴し、元気をいただきました。
私自身、今年はとにかく色々と時間に追われ、なかなか返信をすることができないこともありました。
申し訳ありませんでした。

練習場へ行く日も、コースでプレーする回数も、今年は少なかったように思います。

私にとって今年は、自然災害の印象が強いです。
それは今年に限ったことではないのですが、自然災害の脅威を感じずにはいられません。

来年は穏やかな年になるといいなと思っております。
皆様方、良いお年をお迎えくださいませ。


テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

2015年08月23日

初めて手にしたドライバー

今日、練習場へ行く前に自宅倉庫の片付けをしていたら、懐かしいクラブが出てきたので、思わず手にとってみました。


私がゴルフを始めるにあたって、初めて手にしたドライバーです。


king of birds

メーカー品ではなく、king of birds という名前のドライバーです。


セット売りされていた物のようです。


しかも、レディス用です。



オリジナルスチールシャフト

シャフトはオリジナルスチールです。

クラブ総重量は360gです。



正面

私が初めて購入したクラブはホンマだったのですが、初めて手にしてコースをラウンドしたのは、このドライバーです。


私がゴルフを始めるきっかけは先輩からの急な誘いでした。


それまで、ゴルフは面白そうだな・・・。とは思っていましたし、子供の頃ゴルフ番組を観ていて、いつか自分もやることになるだろう・・・。とは思っていました。


しかし、かなりお金がかかりますし、もし始めてしまったらきっとハマってしまうだろう・・・。と思っていました。


なので、できればもっと『先送り』したかったのですが、先輩の命令は『絶対』です。


よく言われることですが、先輩が「カラスは白いといえば白い・・・。」そんな世界です。


今でも先輩には頭が上がりません。



king of birds

先輩から呼ばれて、2週間後に一緒にコースに出るから練習しておけ・・・。と言われました。


私はクラブも持っていなかったですし、ボールを打ったことも無かったので、どうしようと慌てました。


先輩の誘いは断れないので、クラブをまずどうにか手に入れようと、女性用の中古のハーフセットを譲り受けました。


そのセットのドライバーがこのクラブです。


他に3W・5番アイアン・7番アイアン・9番アイアン・サンドウェッジ・キャッシュインパター(T字型)の、計7本でした。


とりあえず、このクラブで何とか先輩とのラウンドを乗り切ろう・・・。と思いました。


ゴルフはそれっきりにしよう・・・。という思いがありました。


この7本のクラブをバッグに入れて練習場に毎日通い、2週間後に初ラウンドしました。



king of birds

普通のラウンドではなく早朝の、いわゆる『日の出と共にスタート』というラウンドでした。


まだ薄暗いうちにスタートして18ホールを回り、9時前にプレーを終えるというものでした。


4人で回るのではなく、先輩と2人でのラウンドでした。


天気は良かったのですが、その早朝ラウンドは私たち2人だけで、まるで貸し切り状態でした。


山岳コースでアップダウンが激しく、どの距離を何番で打っていいのかも分かりませんでした。


スコアカードをつけることを先輩は許してくれず、ひたすらルールとマナーを厳しく叩き込まれました。



側面

今となっては、それがとても良かったように思います。


当然ながらボールは安定しないですが、18ホールのラウンド中、『2回だけマグレ』がでました。


今と違い、グリップは『テンフィンガーグリップ(いわゆるベースボールグリップ)』だったのですが、1回だけドライバーがフェアウェイをとらえ、かなり遠くに飛んでいきました。


青空に消える白球がとても美しいな・・・。と思いました。


そして、そのボールは先輩をアウトドライブしていました。


飛ばすことの快感をその時に知りました。


あの白球の美しさは今でも記憶に残っています。


『青空に吸い込まれる』というのは、このようなことをいうんだな・・・。と思ったことを覚えています。


もうひとつは『バンカーショット』です。


ガードバンカーにボールがつかまり、私は先輩に言われ、サンドウェッジを持ってバンカーに入りました。


ソールしてはいけないということを教えてもらっていたので、ソールせずにそのまま打ちました。


方向性や距離感なども分からず、夢中で振りました。


かなりアバウトに打っていきました。


いい感じでダフってくれ、ボールがピンに絡んでOKのところまで寄せることができました。


その時にバンカーは楽しいな・・・。と思いましたし、『飛ばす』とはまた違う『狙う』『寄せる』というゴルフの楽しみを知ったような気がします。


昔から、バンカーは初心者の頃のほうが易しく感じることも多い。と言われてきました。


それはダフっていいというのと、カット打ちがバンカーショットに適しているからだと思います。



king of birds

あっという間に初ラウンドが終わったのですが、ゴルフって楽しいと思いました。


お金がかかるので、ゴルフを始めるのを躊躇していましたが、やはり始めようと、このクラブをもって練習場に通うことにしました。


ほぼ毎日、このドライバー1本を持って練習場に通いました。


しかし、このクラブは女性用なので男性の私が使うのは危険が伴うということで、男性用のクラブを購入することにしました。


その先輩がいつもいい・・・。と言っていたのが、ホンマのクラブでした。


上級者用のクラブだとは先輩から聞いて知っていたのですが、私は徐々にクラブを難しくしていくのではなく、最初から最高の物を購入して、それで腕を磨いていこう・・・。という思いがありました。


途中で何度も買い替えるのは不経済だし、ひとつの物を永く使っていこう・・・。と思っていました。


そして、すぐにホンマのクラブを購入しました。


クラブだけでなく、スパイクやゴルフグローブ、キャップなどホンマで揃えました。


モグラのマークと『ヒロホンマ』の文字を誇らしげにいつも見ていました。


私は自分が大人の仲間入りをしたな・・・。と思えたのはいくつかあって、ひとつは運転免許証を取得したとき。


2つめは成人式に出席したとき。


そして、パスポートを取得したとき。


それと、ホンマのクラブを購入したときです。


残念ながら、そのホンマのクラブは全て人に譲ってしまったのですが、このクラブはずっと手元に置いています。


初心を忘れない為、あの頃の感動を忘れないようにする為です。


今日はとても懐かしく思いましたし、昔の思い出が蘇ってきます。


やはり、ゴルファーはクラブと一緒に時を過ごしているんだな・・・。という思いになりました。



ネック長さ

今のドライバーとは比べものにならないほどのロングネックです。


昔は今のように『重心設計』ということは、無かったように思います。


多少の違いはあれど、今のクラブのような多彩さは無かったように思います。


だいたい同じような形が多かったように思います。


パーシモンからチタンになって、設計自由度が大きく上がっているのは間違いありません。



顔

見慣れた大きさではありますが、今となってはかなりの小顔です。


今の5Wよりも、ちょっと小さいかな?と思えるほどの大きさです。


私は『大顔タイプ』よりも、どちらかといえば『小顔タイプ』が好きなのですが、ゴルフを始めたときから、このような大きさに慣れているせいなのかもしれません。


クラブだけでなく、ボールも大きさや構造が大きく変わりました。


昔はロイヤルマックスフライという糸巻きボールを使っていましたが、今はタイトリストのPRO V1Xを使っています。



今のエースドライバーとの比較

練習場には今の私のエースドライバーであるCRZ435も持ってきていたので、大きさを見比べてみることにしました。


こうして見ても、かなりの違いです。



今のエースドライバーとの比較

CRZ435はディープなタイプですし、ヘッド体積も460ccではないので、大型ヘッドということはないと思うのですが、こうして見比べてみると大きさの違いは一目瞭然です。


この大きさの違いが歴史の流れ、技術の進化といえるのではないでしょうか?



今のエースドライバーとの比較

親亀と子亀というよりは、孫亀くらいの大きさの違いかな?と思えるほど、大きさが違います。


同じドライバーとは思えません。



今のエースドライバーとの比較

共通しているのは、『厚みの美しさ』といいますか、適度なディープ感が気持ちを和ませてくれますし、奮い立たせてくれます。


昔はドライバーもアイアンのようにダウンブローで打っていたので、適度な厚みがあったほうが易しく感じられます。


上から潰して打って、ボールにスピンが掛かり、吹き上がるような弾道でした。


いわゆる『二段ロケット』といわれるような弾道でした。


パーシモンからメタルになって、弾道は落ち着きましたが、当時は今では考えられないほどの弾道の高さでした。



オリジナルグリップ

このオリジナルグリップも、当時のままです。


久しぶりに見て、懐かしいな・・・。と思いました。



長さの違い

当然ながら長さも大きく違います。


私の今のエースドライバーは45.25インチなのですが、パーシモンはそれよりもさらに数インチ短いです。



シンプルなフェース面

とてもシンプルなフェース面です。


今はフェース面にも、かなり凝ったものが多くありますが、昔はとてもシンプルでした。



ヒール側

このドライバーは塗装がかなり厚く塗られていたのか、あまり見えませんが、パーシモンの良さは『木目の美しさ』にもありました。


同じメーカーの、同じモデルのドライバーでも、1本1本『木目の模様』は違っていました。


ドライバーを買うとき、私は木目の美しさも重視していました。


ショップに行って、気に入った木目のドライバーやスプーンを購入していました。


今は金属が使われるようにになって均一性が高まり、そのようなことは無くなりましたが『木のもつ温かみ』をいつも感じていたように思います。


目で、そして肌でゴルフクラブの美しさを楽しむことができました。



バックル

木なので当然、湿気には気を遣いました。


雨の日のラウンドは特に神経質になりました。


ラウンド後、すぐに清掃するのは勿論、ヘッドカバーには海苔やお菓子などに付いてくる乾燥剤を入れて保管していました。


チタンドライバーになって、そのようなことは無くなりましたが、昔は今よりもかなり気を遣っていました。


木は伸縮性があるので、手入れが悪いと、ソールのビスやバックルが浮いて使えなくなるようなこともありました。


手入れが悪くて割れてしまっているドライバーを見かけることも、普通にありました。



ディープヘッド

このドライバーにはしていませんが、フェース面をヤスリで削ることも、たまにやっていました。


私はゴルフを始めて間もない頃は当然ながら、ひどいスライサーだったのですが、それでも被って見えるよりは多少開いて見えるほうが好きだったので、少し逃がし気味に削ることもありました。


トゥ側が主張し過ぎているのは昔から苦手でした。


メタルやチタンになり、中は空洞なので、そのように削ることはできなくなりましたが、昔は普通に多くのゴルファーが自分自身の好みの顔に削っていました。


自分の好みの顔にするというのも、パーシモンの楽しみだったように思います。



ON THE SCREW

フェース面真ん中の、この小さな○(ドットといったほうがいいのかもしれません)でヒットすることを、いつも心がけて練習していました


これが、いわゆる『ON THE SCREW』ということになるのでしょうか?


ヘッドの芯でボールの芯を打ち抜く・・・。という感覚を、パーシモンドライバーのおかげで養えたような気がします。


当時は『スイートスポット』と言われていましたが、今は比べものにならないくらいほど大きくなっているので、スイートスポットというよりは『スイートエリア』『ワイドスイートエリア』『超ワイドスイートエリア』という表現のほうが正しいように思います。


今は芯で芯を打ち抜くというよりも、フェースの面でボールを弾き飛ばすという感覚のほうが適正のような気がします。


面で運ぶ感覚といったらいいでしょうか?



芯の大きさ 五円玉との比較

この小さな○でボールを上手くヒットできたときの打感は最高でした。


いわゆる『くっつくような打感』です。


このくっつくような打感を味わいたくて練習場に通っていたように思いますし、今でもずっとゴルフに夢中でいられるのは、この感触を体感できたからだと思います。


打点が安定しないので、そう何度も味わえない、希少な打感でした。


大きさは五円玉の穴よりも、ほんの少し大きいだけです。


今は『500円球何枚分の広さ』という表現が適切な気がします。


『寛容さ』という点でも、昔では考えられないほど今は大きく進化しています。



物品税証

シャフトには物品税が掛けられている証のようなシールが貼られています。


これはドライバーに限らず、アイアンでもパターでも1本1本貼られていました。


今の消費税が施行されたのは、確か1989年頃だったと思うのですが、それ以前は物品税がゴルフクラブには掛けられていました。


宝石や高級外車、ゴルフクラブなどは『奢侈(しゃし)性』が高い。


つまり贅沢品ということで、高い税率が掛けられていました。


私の記憶が正しければ確か15%くらいの税率だったように思います。


今でこそゴルフはスポーツというカテゴリーに入れられると思うのですが、当時はお金持ちの贅沢な遊びという風潮が強くありました。


ゴルフクラブもそうですし、ラウンド代などでも確かにお金がかかりますが、これほど老若男女が同時に楽しめるスポーツはあまり見られないので、とても残念なことです。


物品税が廃止され、消費税が導入されて税率が3%に下がるので、これは実質的な減税になるのだという記事を目にしたことがあるのですが、どの商品にも課税されるということで、これは明らかに増税だな・・・。と思ったことを覚えています。


今のゴルフクラブには、このようなシールは見当たらず、懐かしく思いました。


今シャフトには、安全な製品を示す『SGマーク』が表示されています。



構え感

ボールを前にして構えてみると、このような感じです。


やはりクリークを構えているように感じます。


しかし、曲げるイメージがすごく出せます。


曲げるというよりは『曲がってしまう』というほうがいいのかもしれません。


昔は『曲がって当たり前』というのが常識でしたが、今はこのように曲がるドライバーは全く売れないと思います。


このまま球を打ってしまうと破損する恐れもあるので、こうして構えるだけにしました。


予備の無い、このドライバーは使うことは無くても、私にとって特別な存在です。


こうして構えているだけで、初心の頃に戻れるような気がします。


あの頃は今のようにワンストロークに胃を痛めるほど神経質にならず、もっと大らかで伸び伸びと楽しんでいたように思います。



振り感

私はゴルフ雑誌などを読まないので、今でもこのような表現が使われているか分からないのですが、昔は『リストターン』という言葉をよく耳にしました。


スチールシャフトをしならせる感覚を磨いていたように思います。


それにはリストターンが必要でした。


パーシモンからメタルになって、『ボディターン』という言葉が大流行し、私も取り入れてみようと思いましたが、どうも言葉のニュアンスと自分の感覚が合いづらいような感じがして、あまり意識しないようにしました。


ダイナミックゴールドは今ではアイアンやウェッジ専用のスチールシャフトということになっていますが、昔は普通にドライバーやスプーンなど『ウッド』にも挿されていました。


全てダイナミックゴールドということも珍しくありませんでした。


そういえば、タイガー・ウッズ選手もプロ入り直後はドライバーにダイナミックゴールドを挿していたように思います。


ダイナミックゴールドを挿して、楽に300ヤードオーバーしてくるのだから凄いな・・・。と友人たちと話していたことを思い出しました。



フェース面

今のチタンドライバーはフィーリングの良い物が増えてきました。


メタルからチタンになって、明らかにフィーリングが良くなりました。


しかし、私はこのパーシモンの打感が体に染みついていて、いつもその打感を新しいクラブを試打する度に探しているような気がします。


ヘッド素材がパーシモンからチタンに。


ボールも糸巻きからツーピースやスリーピースを経て色々なタイプがあり、今ではウレタンカバーが主流になりました。


なので、単純に昔と今の打感を比較することはできないのですが、昔のあの独特な『くっついて打ち抜く(乗せて運ぶ)』イメージが残っているからこそ、今でもゴルフに夢中になれているような気がします。


あの打感は今ではもう味わえません。



打球音

音もカチッという独特の音でした。


木らしい音といったらいいでしょうか?


今では甲高いような金属音も普通になってきましたが、この音という点でも、大きな違いがありました。



トゥ側

長さなども違うので単純な比較はできませんが、昔のクラブは今よりもかなり重量がありました。


このドライバーは女性用ですが、それでも360gあります。


300g以上のドライバーを重いと認識しておられる方は多いように思います。


300gと290gの2つがボーダーラインのような気がします。


このクラブはかなり短いので振り切りやすいですが、それでも適度な重さを感じます。


今のクラブが明らかに『長尺化』して『軽量化』したのだと思います。


飛距離が大きく伸びました。



バックフェース

ボールはかなり大きく曲がりました。


真っ直ぐ飛ばすほうが不自然と思えるほど、『曲がって当たり前』でした。


なので、みんな自分の持ち球を磨いていったように思います。


ゴルフはボールを曲げる(曲がる)スポーツだという思いを多くのゴルファーがもっていたように思います。


なので、スピンに対する意識も高まっていったような気がします。


今は多くのことをクラブが自動的に行ってくれるので、私たちゴルファーはそれに合わせていく感じがちょうどいいのかもしれません。



操作性

最初の頃は、このドライバーでたくさんスライスを打っていたな・・・。と思い出しました。


数えきれないほどのOBやロストボールを打ってしまいました。


しかし、ゴルフが楽しくてたまりませんでした。


先ほども書きましたが、もうこのドライバーで球を打つことはありません。


あくまで『保管用』です。


しかし、これからもずっと大切に手元に置いておきたいと思っています。



飛距離性能

今日はいつもと違って、昔の懐かしいクラブの記事になってしまいましたが、次回から通常の記事に戻りたいと思います。

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : 初めて手にしたドライバー

2015年01月01日

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

昨年はお世話になりました。

今年も楽しく試打したいと思っています。

今年が皆様方にとって、良い年でありますように。

golfdaisuki

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

2014年12月31日

年末のご挨拶

今年も一年、大変お世話になりました。

皆様から頂くコメントを読ませていただき、すごく元気がでました。
記事を書き続けるモチベーションを持ち続けることができました。

なかなか時間が思うようにとれず、返信が遅れてしまったこともあり、申し訳ありませんでした。

今年一年は、大きな自然災害があり、改めてその恐ろしさを再認識した年でもありました。

私も個人的に辛い一年でした。
来年は良い年にしたいと思っています。

どうか、良いお年をお迎えくださいませ。

golfdaisuki

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2014年01月01日

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

昨年はたいへんお世話になりました。

今年も色々なクラブに出会っていけたら・・・。と思っております。

その時は、また記事に書かせていただきたいと思います。

今年が皆様方にとって、いい一年でありますように。


golfdaisuki



テーマ : 写真ブログ - ジャンル : ブログ

2013年12月31日

年末のご挨拶

今年一年、たいへんお世話になりました。
おかげさまで、今年も楽しく記事を書き続けることができました。

皆様方から頂いたコメントを拝読するのが、私の一番の楽しみです。

記事を書くことは、ある意味孤独な作業ですが、パソコン画面の向こうに、私の記事を読んでくださってる方々がいらっしゃるのかと思うと、気合いも入ります。

皆様から寄せられたあたたかいコメントが私の記事を書くことへの大きなモチベーションとなりました。

なのに、返信が遅れることがたびたびあり、申し訳ありませんでした。

この場をお借りしてお詫びいたします。

私事なのですが、ずっと時間や様々な用事に追われ、なかなか自分の時間を作ることができませんでした。

返信をしたいのに、それができなくて、すごく歯がゆい思いを何度もしました。

練習場に行けずに、記事を書けなかったこともたくさんありました。

精神的にもかなり追い詰められたときに、皆様から寄せられたコメントがとても大きな力になりました。

心より感謝申し上げます。

来年も記事を書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

皆様。どうか、良いお年をお迎えくださいませ。


golfdaisuki


テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

2013年03月09日

マイアイアン

今日は、いつもとちょっと様子を変えまして、先日私が購入したアイアンをご紹介させていただきたいと思います。


私はずっと、ミズノのMP-67というアイアンを使い続けていて、すごく気に入っていたのですが、『新溝規制』に適合したアイアンをそろそろ買い替えなければいけない・・・。と思っていました。


もう、できればルールがこれ以上変更にならないで欲しいと思っています。


私たちアマチュアゴルファーには、もう少し時間の猶予があったものの、アイアンセットを買い替えることはとても大きな出費です。


永年使い続けてきた新溝規制に適合していないアイアンが、今の新溝規制に適合したアイアンよりも、確実にスピン性能が高いかはどうか疑問ではありますが、ルールなので仕方ありません。


それと、私はこれまでたくさんの素晴らしいアイアンに出会ってきたので、候補が多くありました。


それでも、ある程度候補を絞っていました。


そこで、私が今回新たな相棒に迎えたのが、



ヤマハ インプレスX V FORGED TOURMODEL アイアン

ヤマハ インプレスX V FORGED TOURMODEL アイアン です。


一昨年、私は
前のモデルのアイアンに出会い、そのあまりに美しさに一目惚れしてしまったのですが、お金が貯まる前に廃番になってしまったので、すごく悔しい思いをしていました。


また次のモデルが良ければ、それを買おう・・・。と思っていました。


色々なメーカーのアイアンがありますが、やはり『軟鉄鍛造』『スチールシャフト』『顔の良さ』『打感の良さ』『操作性の良さ』は譲れないところです。



YAMAHA inpresX V FORGED TOURMODEL アイアン

私は最初に購入したアイアンもマッスルバックだったですし、ミズノのマッスルバックも長く使い続けてきたので、今回はちょっとキャビティにしてみようかな?と思っていたのですが、またマッスルバックになってしまいました。


しかし、このアイアンは、マッスルバックというよりは『ハーフキャビティ』といった印象のほうが強いです。


今は多くのメーカーがマッスルバックを発売していますが、おそらくこのヤマハのツアーモデルが一番易しいモデルなんじゃないかな?と思っています。


球もあがりやすいですし、タフな感じはしません。


今回も3番アイアンから購入したのですが、いい感じで球を上げてくれています。


ここ数年、私の中での『アイアン・オブ・ザ・イヤー』で、ヤマハが一番多くMVPを獲得しています。


なるべく早く、ヤマハのアイアンを購入したい・・・。という思いも強くありました。


他にも三浦技研やエポン、ミズノ(MP)、BUCHI、スリクソン、プロギア、ツアーステージ・・・。など素晴らしいメーカーのアイアンが候補に挙がっていたのですが、今回は、このヤマハのアイアンとのご縁があったように思います。


私の心の中にくすぶっていた、『心残り』を解消するには、このアイアンを買うしかない・・・。と思っていました。


時々、読者の方から、どのアイアンを選べばいいか・・・?というご質問を頂戴することがあるのですが、私はクラブ選びで迷ったり、人に相談したりしたことはありません。


自分が『これだ』と思えるクラブを選んでいます。


『インスピレーション』を大事にしていますし、ゴルファーとクラブとの『縁』がすごく重要だと思っています。


今だけでなく、数年後の自分を予想し、その中にその選んだクラブが存在しているか?ということも考えています。


そういった点でも、このヤマハの軟鉄アイアンは、私に素晴らしいインスピレーションを与えてくれました。


勿論ライ角などやシャフトの振動数、バランスなどの微調整は既に終わっています。


シャフトは全てリシャフトしました。


中古品は勿論ですが、新品のアイアンセットでも、シャフトが全て真っ直ぐなことは殆どないので、調べる価値は充分あると思っています。


スパイン(向き)などもそうですが、私が日頃お世話になっているクラフトマンが完璧に仕上げてくれました。


彼の手にかかったクラブならば、信頼性がすごく増します。


彼は私の大切なゴルフ仲間でもありますし、私のスイングをよく知っているので、彼に任せておけば安心です。


私から、あまり細かい注文をすることは殆どありません。


あくまでも、彼の頭の中にある『イメージ』と『私のスイングデータ』でクラブが出来上がっているように思います。


ただ、今、少しロフトを寝かせようか、どうしようか?と考えています。


例えば私の中で、7番アイアンは『34度まで』という線引きがあるので、このアイアンはギリギリセーフなのですが、できればもう1度くらい寝かせようか?と考えています。


ロフトやライ角なども、カタログ値を100%信用するのではなく、厳密に計測してもらっています。



ミーリング

それともうひとつ決定打となったのが、このミーリングです。


このミーリングはいわゆる『フライヤー』を軽減してくれる効果があるということで、前のモデルを試打した時から興味津々でした。


練習場でしか試打していなかったので、今度是非実際のコースで試してみたい・・・。と思っていました。


私はこれまで、フライヤーにすごく泣かされてきました。


普通に打てばパーオンして、上手くいけばバーディが狙える・・・。という状況で、ラフにあるボールを打ってフライヤーになって、グリーンを大きくオーバーしてしまい、下りの難しい寄せが残り、ボギーどころかダブルボギーもたくさん叩いてきました。


なので、フライヤー対策は私にとって、とても重要なポイントです。


時にはフライヤーしそうに見えても、実際はそうでもなかったり・・・。といった具合に、ライの判断も大切になってきます。


『飛ぶ』とか『曲がらない』というよりも、『フライヤーにならない』クラブのほうが、私にとっての『魔法の杖』といえます。


そういった点で、私はこのアイアンを選びました。


一目惚れした次のモデルを手にすることができて、すごく嬉しく思っています。


先日、コースでこのアイアンを試してみたのですが、ラフに対する効果は、正直よく解りませんでした。


夏の深いラフでじっくりと検証してみたいと思っています。



そして、今回はアイアン以外のセッティングもご紹介させていただきたいと思います。




ちなみに、今日練習場に持ってきたセッティングは以下の通りです。


ラウンドするコースや、その時の調子などによって、クラブが若干変わることもありますが、これが今の私の標準的なクラブセッティングです。



ドライバー CRAZY CRZ435 ロフト9.5度 

 シャフト CRAZY CB50W フレックス8.2




3W  SYB VESPO FC-714 ロフト15度 

 シャフト PROFORCE VTS BLACK8  フレックスX




UT  ロイヤルコレクション BBD’s TRC ロフト18度

 シャフト BBD’s FW フレックスS




アイアン 3~PW ヤマハ インプレスX V フォージド ツアーモデル アイアン

 シャフト ダイナミックゴールドX100




ウェッジ 51度&58度 スリーラック SDJ PRO GROOVE D-TOUR TB WEDGE

 シャフト ダイナミックゴールドX100




パター ベティナルディ 360MB ALUMINUM




これら全てのクラブに共通しているのは


1.顔の良さ

2.打感の良さ

に加え、『融通が利く』ということです。


ドライバーは高い球や低い球、『ちょいスラ』『ちょいフック』がすごく打ちやすいですし、3Wも同様です。


このSYBのFWをすごく気に入っているので、できれば5Wも購入したいと考えているのですが、予算の関係でなかなか購入できずにいます。


しかし、この3Wは、いわゆる『直打ち』でも球があがりやすいですし、かなり短く持って5Wの距離を刻むこともできます。


すごく融通が利くので、14本のクラブが18~20本くらいの本数に感じられることもあります。



UTも、初めて出会ったのは数年前ですが、すごく気に入っていました。


UTを買うなら、これだな・・・。という思いがずっとありました。


シャフトが購入したままのオリジナルシャフトで、少し合っていない感じなので、できればリシャフトしたいな・・・。と考えているのですが、予算の都合上、もう少し先のことになりそうです。


このロイコレのUTは『顔』『打感』『球のあがりやすさ』が秀逸で、すごく気に入っています。


なかなか他のUTに目が行きません。



ウェッジはスリーラックのウェッジにしました。


このウェッジの顔の良さ、打感の良さはすごくいいですし、スピン性能がとても高いです。


スピンが効きすぎる感じもするので、ちょっと縦の距離感が合いづらいところもあるのですが、練習で何とか克服していこうと考えています。


フェースも開きやすいですし、色々なショットを可能にしてくれます。


今はウェッジも『オートマチック系』が増えてきましたが、私はこのように融通の利く『マニュアル系』のほうが安心できます。



そして、パターはベティナルディの 360MB ALUMINUM です。


このパターはもう何年も使っていて、まさに『長年の友』といったところです。


毎日、自宅のカーペットの上で2mちょっとの距離を、このパターで転がしています。


構えたときに、すごくいいイメージが湧きますし、コースでも転がるラインが色濃く浮かんできます。


距離感も合いやすく、まさに『頼れる存在』となっています。


私はこのパターにたくさん救われてきました。


ボギー覚悟のホールで『嬉しいパー』をたくさん拾うことができました。


バーディを獲ることもすごく嬉しいですが、ボギーになりそうなところをパーで収めることができたときは、その嬉しさは何倍にもなります。


いつも私に勇気を与えてくれるパターです。


オデッセイのように『樹脂系』のインサートのパターも打感が柔らかくて素晴らしいと思うのですが、私はこの『削り出し』のパターのソフトな打感がすごく気に入っています。


他のパターも色々と試してみたのですが、このパターが私には一番しっくりきます。


以上が今の私のクラブセッティングです。


ウッド系が少なくて、アイアンが多いと感じられた方もいらっしゃると思います。


今は5番、あるいは6番からアイアンを入れておられる方も多くいらっしゃいますが、私はウッドやユーティリティよりもアイアンやウェッジのほうが好きなので、どうしてもアイアンの本数が増えてしまいます。


FWは球が高くあがりやすくて、高さで止めやすくなりますが、どうしても『狙う』という感覚になれないのです。


グリーンを、そしてピンを狙うのであれば、やはりアイアンの形状のほうが、私には易しく感じられます。


『ラインの幅』も決めやすいですし、いわゆる『保険』も掛けやすいです。


ミスをしたとしても、それがどの範囲で収まってくれているのか?といったことも、だいたい想像できます。


今は3番アイアンを殆ど見かけなくなりましたが、このヤマハのアイアンは3番でも、結構あがりやすいのでタフな感じはしません。


先日もコースで大活躍してくれました。


早くも信頼感が増しています。


練習場と違い、失敗が許されないコースでは、アイアンをどうしても握りたくなります。


ただ、裏を返せば私がFWやUTを使いこなせていない・・・。ということになるのですが・・・。


日に日に温かくなってきて、いよいよ本格的なゴルフシーズンの開幕か・・・。といったところですが、毎年花粉症に悩まされる私には、この季節が一年で一番辛いです。


目のかゆみとくしゃみがなかなか治まりません。


目薬と点鼻薬を常に携帯しています。


もうしばらくは、この花粉に耐えなければならないのですが、ゴルフはいつも楽しいですし、このニューセッティングで、もっといいゴルフを追求していきたいと考えています。

AX

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : マイセッティング

2013年01月01日

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。


昨年はたいへんお世話になりました。


今年も色々なクラブに出会っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。


今年は明るく笑える一年でありますように。




golfdaisuki

AX

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

Tag : 新年のごあいさつ

2012年12月31日

年末のご挨拶

ゴルフクラブ試打日記を読んでくださっている方々へ。


今年一年、お世話になりました。


昨年発生した震災の悲しみが癒えていないこともありますし、私のまわりでも色々なことがあり、心が折れそうになったこともあるのですが、皆様方からのあたたかいコメントを読ませていただき、たくさんの元気をいただきました。


心が熱くなりました。


記事を書いていくことがとても楽しい一年でした。


本当にどうもありがとうございました。


そして、頂いたコメントの返信が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。


心よりお詫びします。


来年も記事を書き続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします。


どうか良いお年をお迎えください。



golfdaisuki

AX

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : 年末のごあいさつ

2012年03月11日

3月11日

3月11日です。
あの悲劇から、ちょうど一年が経ちました。

すごく早く感じますし、長くも感じられます。
あの深い悲しみが起きたときに、私自身何も力になれなかったことに対して、すごく憤りを感じております。

昨日と今日の二日間は、練習場やコースに行かず、地元の追悼イベントに参加したり、有志の仲間たちと地域で独りで住んでおられるお年寄りのお宅を訪問させていただいたり、連絡網の確認などをしておりました。

地震は人の力では防ぐことができないのかもしれませんが、もしその被害に遭ったときに、お互いが助け合えるようになれば・・・。と思います。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
また被災地の復興が少しでも早くなるよう、私もできることをさせていただきたいと思っております。

今年はオリンピックイヤーですし、日本人選手の活躍を期待したいところですが、まずは平穏無事で穏やかに過ごせるのが一番だと思っております。

3月11日という日。そして2011年という年は、私たち日本人にとっては忘れられないものとなりました。

深い悲しみは決して消えることは無いですが、前を向いていかなければならないのだと思いました。
被災された方に「頑張って。」と、ただ言うのではなく、私自身がこれからも頑張って生きていこうと思いました。


golfdaisuki




AX

テーマ : 東日本大震災 - ジャンル : 日記

2012年01月01日

新年のご挨拶

新年のご挨拶を申し上げます。

昨年は悲しい出来事がたくさんありましたが、今年こそ平穏無事に過ごせますように。

また被災地の復興が一日でも早くなりますように、願っております。

今年一年が皆様方にとって、良い年でありますように。



golfdaisuki






AX

テーマ : 年末年始、お正月 - ジャンル : ライフ

2011年12月31日

年末のご挨拶

今年一年、ゴルフクラブ試打日記を読んでくださった皆様。
お世話になりました。


また、たくさんのあたたかいコメントを寄せてくださった皆様。
ほんとうにありがとうございました。


2011年という年は、私たち日本人にとって辛く悲しい年になりました。
そういったなかで、ゴルフができる幸せを今年はとても強く感じました。


復興への道のりはまだまだ遠いかもしれませんが、私も微力ながらお力になれればと思っております。

皆様、良いお年をお迎えくださいませ。


golfdaisuki




AX

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

2011年03月16日

今できること

しばらく更新が滞っておりました。


地震発生の日から今まで、私は大きなショックを受け、とてもゴルフクラブを握る気持ちにはなれませんでした。
練習場に行く気分にもなれませんでした。


私も過去に地震や台風で被災した経験があるのですが、今回の地震は想像を絶するものでした。

亡くなった方や行方不明の方が1万人を超すという未曽有の事態にあって、今、自分に何ができるのかをずっと考えていました。


避難しておられる方々には、水や食料品などは勿論、毛布やおむつなどが不足しているということは、これまでの経験で分かっていますし、できることならばすぐにでもお送りしたいところではありますが、一個人がそういった物資を送ると却ってご迷惑になるので、義援金を募る募金箱に僅かばかりのお金を入れることしかできません。


できればもっとたくさんの力が被災地の方々に届けば・・・。と思うのですが、一個人の力には限界がありますし、逆にご迷惑になることは避けなければなりません。

自衛隊や消防・警察の方々、ボランティアの方々におすがりするよりありません。


宮城県には、私が学生時代たいへんお世話になった恩師が住んでおられ、ずっと連絡がとれず不安な日が続いていましたが、昨日ようやくご家族と共に無事が確認できました。

私はなんとか励ましの言葉をかけようとしたのですが、逆に私が励まされてしまいました。

恩師の力強い声を聞くことができ、私自身勇気をいただきました。


これからは一人でも多くの命が助かることと、これ以上被害が拡大しないことを祈るのみです。
また避難されておられる方に、少しでも早く、またたくさんの救援物資が届くことを願っております。


この数日間、私にとってはかなり長く、また不安な日が続きましたが、今、自分自身に何ができるかを考え、前向きに生きたいと思っています。


また、多くの尊い命が失われ、日常生活に支障がきたしておられる方がたくさんいらっしゃるなかで、ゴルフクラブの記事を更新することは、いささか不謹慎かもしれませんが、明日から記事を更新させていただきたいと考えております。

よろしければ、またお付き合いいただければと存じます。

この苦しいときをみんなで力を合わせて乗り越えていきましょう!


golfdaisuki




AX

テーマ : 地震 - ジャンル : 日記

2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震

昨日発生した地震で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

また一日も早い復興を祈っております。


golfdaisuki


AX

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

2011年02月26日

マイドライバーのご紹介

今日はいつもとちょっと趣向を変えまして、先日私が購入したドライバーをご紹介させていただきたいと思います。


この『ゴルフクラブ試打日記』というブログは、日々出会った新しいゴルフクラブを試打して、その感想をまとめることが本来の姿なのだと思うのですが、私の記事を読んでくださっている数名の方々から、私が購入したドライバーを知りたい・・・。とのコメントを頂戴しておりましたので、ここでご紹介させていただくことにしました。


私程度の者が使用するクラブを紹介させていただくのは、いささか恥ずかしく感じる部分が多分にあるのですが、今日は敢えて発表させていただきたいと思います。


興味のない方が殆どだと思いますので、どうか読み飛ばしていただければと思います。


私が先日購入したドライバーは、



マイドライバー クレイジー CRZ 435 ドライバー

CRAZY CRZ435 ドライバー です。



CRAZY CB50(W)

シャフトは CRAZY BLACK 50(W)です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.25インチ、シャフトフレックスは8.2(X)、シャフト重量は74g、トルクは3.1、キックポイントは中調子、バランスはD3、クラブ総重量は327gです。



正面

このドライバーに初めて出会ったのは、昨年なのですが、その時に何となく長く付き合っていきそうな予感がしていました。


その時は違うシャフトだったですが、この『CB50(W)』というシャフトも、別のドライバーで体験済みで、このヘッドとシャフトが合わさったら素晴らしいコラボになることは皮膚感覚で分かっていました。


一昨年の12月に『jBEAM FX BM-435』というドライバーに出会い、すっかり魅了され、同形ヘッドなのでそちらでも良かったのですが、今回はクレイジーヘッドにしてみました。


当然、すぐに私が日頃お世話になっているクラフトマンにフィッティングをしてもらい、本当はもう少し重量を増やそうかと思ったのですが、昨年私は故障をしているので、今回はこれくらいにして、様子をみながら少しずつ調整をしていこうかと考えております。



側面

私はここ数年、『ロイヤルコレクション CVPRO』と『SRIXON ZR-30』という2つのドライバーを併用してきていて、どちらにもすごく信頼を寄せていて、他のドライバーがあまり目に入りませんでした。


しかし、一昨年の秋に『エポン AF-101』という極上なドライバーに出会い、その衝撃度の大きさはとても凄まじく、私の心を揺さぶり続けました。


夜もなかなか寝付けないほど、毎日このドライバーのことを考えていました。


すごく購買意欲が刺激されてしまったのですが、その価格がネックとなり、なかなか購入することができずにいました。


毎月の少ない小遣いを何とかやりくりしながら、お金を貯めてできるだけ早くに『AF-101』を購入しようと思っていました。


そうしている中で、『JBEAM』のドライバーに出会い、こちらにも興味が惹かれ、その後も次々と素晴らしいドライバーたちに出会いました。



CRAZY CRZ435
 
昨年だけでも『P-tune』『PRGR』『テーラーメイド』『ロイヤルコレクション』『ツアーステージ』『スリクソン』『エポン』『JBEAM』『バルド』『タイトリスト』『MIRAI』『ミステリー』『CRAZY』『PROCEED』『ロマロ』『ヤマハ』・・・。といった素晴らしいドライバーに出会い、どれも購買意欲が強く刺激されました。


今回は『CRAZY 435』というドライバーを購入しましたが、もし違った選択しをし、これらのドライバーを買ったとしても、私はすごく気に入っていたんじゃないかな?と思います。



バックフェース

では、どこでこのドライバーに決めたか?ということですが、決定的になったのは、


『球筋が一番強く印象に残った』


ということです。


初めて試打して以来、このドライバーから放たれる球筋がずっと記憶に深く刻まれていました。


直進性もある程度高いドライバーだと思いますが、どちらかというと『ちょいスラ』『ちょいフック』が打ちやすく、そこにすごく親しみやすさを感じました。


この『球筋の美しさ』は、私の心をえぐりました。


一昨年からたくさんの素晴らしいドライバーに出会ってきましたが、このドライバー『CRZ 435(jBEAM FX BM-435)』が一番心に残っていました。



『顔』

この丸っこい顔にも、すごく好印象を持ちました。



フェース面

打感もすごくしっかりとしていて、それでいながら硬すぎない感じがすごくいいです。


何度でもこの感触を味わっていたくなります。



トゥ側

『球のあがりやすさ』という点でも、私にとってかなりの『ストライクゾーン』です。


私はこれまで『ロイコレ CVPRO』も『スリクソン ZR-30』もロフト8.5度のモデルをずっと愛用してきて、このドライバーも当然8.5度のモデルを探してみましたが、『9.5度から』ということでした。


しかし、私は全く抵抗なく受け入れることができました。


いわゆる『リアルロフト』なので、すごく信頼性がありますし、以前試打したときにいい印象を持っていたので、迷わず9.5度にしました。


一般的には『タフ』な部類に属するドライバーかもしれないですし、球が浮きづらいと感じられる方も多いかもしれません。


そういった意味ではいわゆる『一般受け』はしづらいドライバーなのかもしれませんが、私は球が浮き過ぎるドライバーは難しく感じるので、これくらいのほうが合いやすく感じます。


こういったフィーリングは、人それぞれなので、色々な好みがあると思います。



CRAZY BLACK 50(W)

このCB50(W)というシャフトも、変なクセがなくて、すごくフィーリングが合いやすいです。


以前試打したときと同じく、『手の延長』として使っていくことができます。


シャフトが余計な動きをしないので、こちらが気を使いすぎることがありません。


むしろ、こちらのイメージに球を乗せていきやすいので、球を打っていてもすごく楽しくなってきます。


60g台のシャフト『CB50』も、いいシャフトだと思いましたが、もし私が使うとするならば、もう少し重量感が欲しいと思っていましたし、クラフトマンとも相談して、こちらの70g台のシャフトにしました。


それが結果的に大正解だったような気がします。


重量感も結構ありますし、シャフトフレックスも『X』ではありますが、ヘッドもよく効いていて、振っていてもそれほど硬いとは感じません。


むしろ余計な動きをしないので、すごく安心して振っていけます。


本当ならば『45インチ』で注文しようかと思っていたのですが、0.25インチ長くなっても、打ちやすいように調整してくれる・・・。というクラフトマンの言葉を信じて少し長くしました。


これも結果的に大正解だったと思います。


やはり私のスイングなどを日頃から熟知してくれている彼の言葉は絶大だな・・・。


と思いましたし、信頼できる友がいる幸せを感じずにはいられませんでした。



構え感

この何ともいえない構え感がたまりません。


『初対面』ではなく、何度か見ている『顔』ではありますが、何度見てもいいインスピレーションを私に与えてくれます。


左右どちらにも対応してくれる顔をしています。



操作性

先ほども書きましたが、『ちょいスラ』『ちょいフック』がすごく打ちやすくて、とても易しく感じます。


普通に打っていく感じでは、決して暴れる感じはしないので、安心して攻めていけます。


以前も書きましたが、私はフッカーでありながらドライバーにせよアイアンにせよ、『重心距離』が長めな物よりも、短めな物が好きなので、そういった意味でも、このドライバーはすごく扱いやすく感じます。


『ドローヒッター』だけでなく、『フェードヒッター』にも対応してくれるドライバーですし、スペックさえ合えば、使い手を選ばないドライバーだと思います。


私は日頃『フェードボール』の練習をよくやっているのですが、このドライバーだとすごく楽しく行うことができます。


弾道の高さも、高すぎず『吹き上がり』を気にしなくていいので、遠慮なく叩いていけます。


ボールと一緒に日頃のストレスもどこかへ飛んで行ってしまいます。


精神衛生的にも、すごく私に優しいドライバーだと思います。


いわゆる『気分がノッていける』ドライバーです。



飛距離性能

『飛距離性能』が高いのは、いうまでもありません。


これまでも試打してきた印象のまま、かなりのハイレベルで、全く不満がありません。


『グーン』と力強く伸びてくれる弾道には、『頼もしさ』を感じずにはいられません。


スインガータイプの方には、合いづらいドライバーかもしれませんが、ヒッタータイプの方には、かなり有利に働いてくれるドライバーといえるのではないでしょうか?



ヒール側

一昨年の秋から、エポンのドライバーが欲しくて、毎月コツコツ貯金をしていて、結局未だに『エポンユーザー』にはなれませんでしたが、これは私の経済的な事情なので仕方ありません。


今でも『AF-101』が購入できるのであれば、再びお金を貯めて是非購入したいと考えております。


『AF-102』も、すごくいいのですが、今の私の中で存在感を増しているのは、どちらかというと『AF-101』のほうです。


他にも『jBEAM FX BMα-440』や『jBEAM FX TOUR-425』『ロイヤルコレクション BBD’s Tour VS ドライバー』や『ロマロ Ray DRIVER 435LX』『MIRAI』『PROCEED』などにもすごく興味を持ち、購入したいと考えていましたが、予算が限られているので、今回は自重せざるを得ませんでした。


一時期に素晴らしいドライバーたちがたくさん誕生し過ぎな感じがしました。


とても贅沢なことだと思います。


今回購入し、私の新たな相棒に加わってくれた、この『CRZ 435』をこれから大切に使っていこうと思いました。


そして、これまで私に付き合ってくれた『CVPRO』と『ZR-30』には、少し休暇をあげてゆっくり休ませてあげようと思いました。


これから始まる本格的なゴルフシーズンは、このCRZ 435と共に私はスタートしていくのですが、この素晴らしいドライバーに笑われないよう、毎日練習をして少しでも自分自身のスキル向上を目指していきたいと思いました。

AX

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : マイドライバー CRAZY CRZ 435 ドライバー

2011年01月01日

2011年 新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

今年も、色々なゴルフクラブに出会っていきたいと思います。


今年一年が皆様方にとっていい一年でありますように。


AX

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

Tag : 2011年 新年のご挨拶

2010年12月31日

2010年 年末のご挨拶

本年も皆様方には、大変お世話になりました。

今年は私にとって、かなり苦しい時期もありましたが、体調が戻ってからは順調にゴルフを楽しんでおります。

自分自身の自己管理の甘さを痛感しましたし、来年こそは今年のようにはならないようにしたいと思っております。


温かいコメントを寄せて下さった方々には、本当に感謝しております。

とても勇気づけられましたし、モチベーションも維持することができました。


今年は反省することもたくさんありましたが、来年一年間を無事に過ごせれば・・・。と思っております。


今年一年、私の稚拙な記事にお付き合い下さいまして、本当にありがとうございました。

来年も新しいクラブに出会えた時は、また記事を書かせて頂きたいと思いますので、どうかよろしくお願いします。


よいお年をお迎え下さいませ。


AX

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

Tag : 2010年 年末のご挨拶

2010年06月21日

あたたかいコメントを寄せて下さいましてありがとうございました

この度は私のような者の為に、お忙しい中たくさんのコメントを寄せて下さいまして、本当にありがとうございました。


まさか、このようなたくさんのあたたかいコメントが頂けるとは思ってもおらず、少し驚くと共に、感謝の気持ちでいっぱいです。


今回頂いたコメントは、毎日のように読ませて頂いており、その都度、心が温かくなると同時に、勇気を頂いております。


いつも試打をして、日記を書くことは孤独な作業であり、ややもすれば『自分の殻』に閉じこもってしまいそうにもなるのですが、決して独りではないんだと思うと、とても嬉しく感じました。


皆様のあたたかいコメントが、私にとって何よりの『万能薬』だったような気がします。


おかげさまで、腰の治りも早いようです。


せきやクシャミをしても、腰に響かなくなりましたし、普通に歩けるようになりました。


今回は突然の激しい腰痛に襲われ、気分的にかなり落ち込んでいたのですが、皆様のおかげで、とても明るい気持ちになれました。


もう通院しなくても良くなりました。


今回、皆様から頂いたコメントは、私にとってはとても大切な『宝物』です。


一本、何十万円もするようなクラブよりも、遙かに価値があります。


本来ならば、おひとりおひとりにお礼を申し上げなければと思うのですが、なにぶん長い間座っていると、少し腰に負担がかかるようなので、この場でお礼申し上げる無礼をどうかお許し下さいませ。


ryuta様、所長代理様、masayuki様、イチ読者様、平塚まーも様、mizo様、ガジャ2様、SHU様、タイ在住ゴルファー様、dimple様、大阪koji様、健太郎様、Take様、WATANABE様、クライン様、夏風良太様、小阪様、one2one様、maruhira様、北の武器商人様。


本当にどうもありがとうございました。


私もこれからはもっと自分の体を大切にしていこうと思いますし、皆様がどうかくれぐれも私のようにならないことを切に願います。



また他に私の記事を読んで下さっている方の中にも、ご心配をおかけしていたとしたら、大変申し訳なく思っております。


おかげさまでもうすぐのところまで『トンネルの出口』が見えております。


ケガをしたことは不運でしたが、皆様の暖かいお気持ちに触れることが出来たのは、とてもありがたいことだと思っております。


私はこれからもゴルフをエンジョイしていきたいと思いますので、皆様も充実したゴルフライフを歩んで頂きたいと思います。


『エンジョイゴルフ』が一番です!


皆様、本当にどうもありがとうございました。





golfdaisuki





AX

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2010年06月18日

しばらくご無沙汰しておりました

しばらく日記の更新が滞ってしまいました。

実は先週の火曜日に原因は分からないのですが、突然腰を痛めてしまい、数日間ほぼ寝たきりの生活を送っていました。


おかげ様で、現在は快方に向かっており、痛みもだいぶ和らいできましたが、まだ完全には癒えていません。

せきやクシャミをしただけでも、腰に響いてしまいます。

長時間、パソコンの前に座っていることさえも、苦痛に感じてしまいます。

なので、せっかくコメントを寄せて下さっても、なかなかお返事できずに申し訳ありませんでした。

この場をお借りしてお詫びいたします。


今回のこの腰痛は、私自身全く心当たりが無く、突然襲ってきました。

これまでも軽い腰痛は何度も経験しているのですが、今回のように歩くことさえ満足に出来ないような激痛は初めてです。

なので、当然クラブも振っていません。

特に私は『腰で振るタイプ』なので、全く振れる状態ではありませんでした。

これまでのゴルフ歴の中で、これほど長い間クラブに触れていなかった時期はありません。


腰痛は突然襲ってきますので、みなさんもどうかくれぐれもお身体にはご注意下さいませ。

こんな苦しみを味わうのは私一人で充分です。

そして私も二度とこのような苦痛は味わいたくありません。


整形外科に行ったり、鍼治療をしたり、整体に通ったりして、だいぶ良くなってきているので、近いうちにまた試打を再開できると思います。


約10日間、私はゴルフから遠ざかっていたわけですが、この期間ほどゴルフを愛おしく感じたことは無かったかもしれません。

今は、とにかくクラブを振ることに非常に飢えています。


私は普段、一人で生きているつもりでしたし、自分のことは自分でやれる・・・・。と思っていましたが、今回ほど家族や周りの人達の暖かい支えをありがたく感じたことはありません。

毎日、涙が止まりませんでした。いくら感謝してもしきれないほどです。


普段健康な時は、この健康のありがたみを忘れがちになってしまいますが、今はとてもありがたいことだと思っております。

健康なことは、決して当たり前のことではないんだと痛感しました。


これからは、これまで以上に体のケアにも努めていきたいと思いますし、体の状態と相談しながら、また新しいクラブに出会っていきたいと思いますので、これからもどうかよろしくお願い致します。

golfdaisuki







AX

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2010年01月01日

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

今年が皆様方にとって素晴らしい一年になりますようお祈り申し上げます。

そしてゴルフライフを今年もエンジョイしていきましょう!


今年一年も記事を書いていきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。








AX

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : 新年のご挨拶

2009年12月31日

年末のご挨拶

今年一年、私の記事を読んで下さった方々、またコメントを寄せて下さった方々。


本当にありがとうございました。


お世話になりました。


今年一年は私にとっても、色々なことがあり、あっという間に過ぎた一年でした。


ゴルフの成績のほうはまずまず・・・。だったのですが、今年もゴルフを通じて新たな友人を作ることができました。


私はこれまでずっとゴルフをしてきて、一番大切だと感じているのは、試合で貰った賞品や盾などではなくて、友人です。


ゴルフをしていなかったら、決して知り合うことのできなかった方々と、たくさん友人にならせて頂きました。


そんな友人達が私にとって一番大切です。


年齢や性別、社会的な立場や地位など、全く関係なく平等にゴルフを楽しんで参りました。


私はそんな方達と心からゴルフを楽しんでいます。


『スコア』も勿論大切なのですが、私の最大の目標は、キャディさんも含めて、私たちのパーティが18ホールを笑顔でホールアウトできることです。


それが出来れば、スコアや勝敗は『二の次』だと思っています。


仲間達の楽しそうな顔を見ていると、こちらまで嬉しくなってきます。


そんな素晴らしいスポーツである、ゴルフに出会えたことは私の人生の中でもとても有意義なことだと思っています。


もし、ゴルフというスポーツを知らなかったら、私の人生はかなり味気ないものになっていたような気がします。


仕事で嫌なことがあっても、ゴルフをすれば忘れられます。


打ったボールがストレスまで運び去ってくれるような気がします。


そんなふうにゴルフを楽しみながら、私はこのような記事を数年前から少しずつ書いていました。


ゴルフクラブを試打するということは、ゴルフを始めた頃の私のもうひとつの趣味であり、大きな楽しみです。


これまで数え切れないほどのクラブに接してきました。


そんな体験を何とか記録に残せないかな・・・?と思い、始めたのが、この『ゴルフクラブ試打日記』です。


私はこれまで、こんな私の拙い記事を読んで下さる方は殆どいらっしゃらないだろう・・・。と思い、好き勝手に書いてきたのですが、今年の春頃から次第に頂くコメントも増えてきて、それを読ませて頂くことが私自身の大きな励みになりました。


心あたたかい、皆様からのコメントにどれだけ勇気づけられ、またパワーを頂けたことか・・・・。


私自身、大きな『モチベーション』にもつながりました。


おそらく、今年これほどのあたたかいコメントを頂いていなかったら、記事の更新が滞るどころか、止めていたかもしれません。


皆様方からの優しい言葉が私の心を奮い立たせてくれました。


本当にありがとうございました。


私の記事を読んで下さってる方々には失礼かもしれませんが、私は皆様のことを友人と思わせて頂きたいと思っております。


実際にお会いしたり、プレーを共にすることは出来ませんが、私のかけがえのない友人にさせて頂きたいと思っております。


ネット上でのお付き合いとなってしまいますが、これからも私の拙い記事にお付き合い頂ければ・・・・。と存じます。


ノートパソコンの調子も、もうひとつなのですが、来年も出来るだけ記事を更新していきたいと思います。


クラブを買う前に、まずパソコンを買い換えないといけないのかもしれません・・・。


今年一年、誠にありがとうございました。


良いお年をお迎え下さい。


AX

 

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

Tag : 年末のご挨拶

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
new balance プーマオンラインストア
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ