ゴルフクラブ試打日記

ゴルフクラブ試打日記TOP > カテゴリー [プロギア ]
2017年08月16日

プロギア egg アイアン PC

プロギア egg アイアン PC
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
PRGR egg アイアン PC の7番 です。



エッグアイアンオリジナル シャフト
シャフトは エッグアイアンオリジナル シャフト です。

ロフトは25度、クラブ長さは38.25インチ、シャフトフレックスはM-37、クラブ総重量は340gです。



正面
プロギアエッグシリーズのニューモデルです。


最近エッグシリーズは、暑い時期に出会うイメージがあるので、今年もそろそろだと思っていたのですが、今日出会うことができました。


ニューモデルに出会うときのワクワク感はたまりません。


試打をしていて、とても楽しい時間です。


実際に球を打つ前から既に楽しんでしまっています。


このニューモデルは、カラフルさはなく、落ち着いた感じのデザインになっていました。



側面
エッグシリーズらしく、大型で丸っこい感じのアイアンです。


この丸っこさがエッグという名前の由来なのでしょうか?



彫りの深さ
彫りの深さも充分過ぎるほどあります。


エッグらしい特徴です。


普通のポケキャビタイプのアイアンとは比べものにならないほどの大きさがあります。


よく見てみると、アンダーカットがありました。



トップライン
トップラインはやや厚めですが、それほど気にならない感じがしました。



ソール幅
エッグらしい、かなりのワイドソールです。


これは初期の頃から変わっていません。


初めて見たときは驚きましたが、今ではすっかり見慣れました。


このソール幅を見ていると、アイアンというよりはユーティリティのほうが近いのではないか?と思えてくるのですが、ユーティリティという名前はありませんでした。


アイアンとユーティリティの線引きも難しいのかもしれません。



ネック長さ
ネックは短いです。


かなり『頭でっかち』に見えます。


これもeggシリーズの特徴といいますか、個性といっていいように思います。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。


見慣れた感じのフェース面です。


ピカピカに磨き上げられているというよりは、少し粗仕上げのような感じでした。



オリジナルグリップ
オリジナルグリップはちょっと変わったタイプでした。


色々な工夫が見られ、機能性を感じさせるグリップです。


このグリップのパターンにも、メーカーの深い研究があるのではないでしょうか?



振り感
素振りをしてみた感じはまずまずでした。


それほど重量感はないですが、難しく感じることはありませんでした。


エッグシリーズらしい振り感だと思いました。


カーボンシャフトが装着されているということもあり、私はアイアンというよりはユーティリティに近い感覚をもちました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、バックフェースの膨らみがちょっと見えたので、エッグらしいな・・・。と思いました。


私は無いほうが好きなのですが、これもエッグではお馴染みといいますか、予想はしていました。


ただ、初期の頃のモデルよりも、格段に構えやすくなったような感じがします。


初期のモデルはもっと膨らみが見えていましたし、グースもきつかったように思います。


このクラブもグースは多少効いていますが、それが極端ではなくシュッとしているところが気に入りました。


バックフェースの膨らみが見えますが、『前の部分(フェース寄り)』は、いい感じでした。


『後ろ(バックフェースの膨らみ)』を見るのではなく、『前(フェース寄り)』を見ていこう・・・。と思いました。


構えながら、だんだんとバックフェースの存在を消していました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はしっかりといいますか、かなり硬く感じました。


普段慣れ親しんでいる軟鉄タイプとは大きく違ったフィーリングでした。


衝撃も強くて、少し残りました。


特に右手の中指に衝撃が残りました。


このままでは、それほど球数を打てないな・・・。と思いました。


もっと厚めにソールを使って滑らせる感じで打ったほうがいいように感じました。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。


エッグシリーズの長所といっていいところです。


極端にいえば、フェースがボールをコンタクトするだけで、自然とあげてくれる感じです。


『あげる為の技術』とか、『コンタクトの仕方』などはあまり考えず、『ただ当てるだけ』でボールが自然にあがっていく感じがしました。


今のボールは低スピン化が進んでボールがあがりにくくなった・・・。と感じておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、このクラブだとそれが解消されるのではないでしょうか?


ボールをあげる為の技術が、たくさん組み込まれているような気がします。


昔はプレイヤーがやっていたことを、今ではクラブがかなりカバーしてくれるように感じます。


細かな技術というよりは、より大胆に大きくズドーンと振っていく感じでちょうどいいのかもしれません。


プレイヤーの仕事が少なくなってきていると感じるのは私だけでしょうか?



バックフェース
『安定性』も高いです。


今のアイアンの中でもトップクラスといっていいほどの『高安定性』といいますか『ブレにくさ』がありました。


スイートエリアはかなり広く、スコアラインのあるところでヒットすれば、大きなミスにはなりにくいように感じました。


『横が広い』と感じました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、かなり優れていました。


もう完全に『7番アイアン』の範疇を超えています。


このクラブのソールに『7』の刻印があったので、『7番アイアン』という認識をもっていたのですが、実際に球を打ってみると、全く違う印象をもちました。


ユーティリティアイアンの4番くらいでしょうか?


それくらいよく飛びます。


球は浮きやすく、キャリーをしっかりと稼いでいくことができました。


『ガッツのある飛び』といったらいいでしょうか?


初速も速く、かなり弾く感じがしました。


今は『フェースに乗る』というよりは『バーンと強く弾く』感じのアイアンも増えてきましたが、ここまで強く感じたのは初めてです。


ウッド系に近いような弾き感がありました。


この弾きの良さも、高い飛距離性能の大きな要因なのではないでしょうか?


メーカーがとことん飛距離にこだわって開発しているように感じます。


こういった『とことんさ』といいますか、極端にできるところも、プロギアの大きな強みだと思います。


中途半端な感じはしません。


個性があり、その個性にはしっかりとした裏付けがあるように思います。



操作性
『操作性』という点では、なかなか大きく曲げられず苦戦してしまいました。


構えたときはアイアンに近い印象をもっていたので、もっと曲げられるかな?と思いましたが、クラブのもつ大らかさがどうしても勝ってしまいました。


オートマチックに、かなり真っ直ぐに近い感じで打っていきたいクラブだと思いました。


私は細工をして遊びたくなるので、この『大らかさ』はちょっと退屈といいますか、いい意味で『つまらない』感じもするのですが、それが長所でもあるのだと思います。


飛距離系のアイアンは高い安定性も同時に求められています。



ヒール側
エッグシリーズらしいところは充分感じられましたが、新たな工夫も充分見られました。


これまで色々なクラブに出会ってきて、デザインは少し変えているけど、中身は殆ど変わっていない・・・。と思えるメーカーのクラブはたくさんありました。


変えようが無いというところもあるのかもしれないですし、厳しいルールの中で、アイデアが枯渇してしまったのかな?と思えることもあります。



PRGR egg アイアン PC
しかし、このPRGRのクラブは違いました。


明らかに違っていました。


その違いが『進化』ととらえていいのか、それとも単に『変化』ととらえていいのか、判断が分かれるところではありますが、今回は『進化』といっていいように思います。



PRGR egg アイアン PC
一番大きく変わったのは、その『弾き感』『弾きの強さ』です。


打感もそうですし、球の弾き感が印象に強く残りました。


メーカーも、おそらくここに一番力を入れているのではないでしょうか?



PRGR egg アイアン PC
落ち着いた感じのデザインですし、少し大人しい感じのニューモデルなのかな?と思っていましたが、全然そんなことはありませんでした。


すごく『主張』するクラブだと思いました。


言い換えれば、少し『アク』があるといってもいいのかもしれません。


ヒッタータイプの方には合いづらいような気もします。


確かによく飛びますが、少し感覚に合わない飛びのような気がします。


構えたときの感じは好感がもてて、いい変化だな・・・。と思いました。


ソール幅やネックの長さを見ていると、アイアンというよりはユーティリティに思えてくるのですが、実際に構えてみると、かなりアイアンに近い印象をもちました。


アイアンに近い構え感をもったユーティリティといった印象をもちました。


ここにも好感がもてました。


メーカーの工夫が感じられます。



PRGR egg アイアン PC
対してあまり変わっていないな・・・。といいますか、しっかりと継承されているな・・・。と思ったところは、『あがりやすさ』と『高安定性』です。


かなりのイージー系で、オートマチックタイプのクラブです。


このクラブのもつイージーさに魅力を感じられる方も多いのではないでしょうか?


ソールには『7』の刻印がありますが、完全に『7番アイアン』の性能ではなく、『7番ユーティリティ』といったほうがいいのではないかな?という思いもありました。


今は多くの方がアイアンの数を少なくして、その分をFWやUTが占めるようになりました。


3番4番はもとより、5番や6番も抜いて『7番から』というセッティングも見かけることが多くなりました。


このクラブは、構えたときにはアイアンに近い感じもしましたが、実際に打ってみるとUTに近いといいますか、殆どUTといったほうがいいように感じました。


アイアンよりもFWやUTを好まれる方にも、合いやすいのではないでしょうか?



PRGR egg アイアン PC
メーカーによってはブランド毎のコンセプトといいますか、性能などが曖昧な場合があったりしますが、PRGRははっきりしているのでいいと思いました。


最初からターゲットとなるゴルファーが明確で、そこにひたすら新しいアイデアと高い技術を注ぎ込んでいるように感じられます。


今年のモデルのRSドライバーはとても魅力的ですが、このエッグシリーズもプロギアのいいところがしっかり出ているな・・・。と思いました。


プロギアの他のモデルにも期待していきたいです。


















プロギア egg アイアン PC(2017)4本セット(#7〜#9,PW)

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション プロギア PRGR egg アイアン

2017年06月29日

プロギア RS 2017 ドライバー & RS-F 2017 ドライバー

プロギア RS 2017 ドライバー & RS-F 2017 ドライバー
今日は、この2本のプロギアドライバーを試打しました。

試打したドライバーは
プロギア RS 2017 ドライバープロギア RS-F 2017 ドライバー です。



RS&RSF

<上>RS-F  <下>RS





<左>RS-F 2017 ドライバー のスペック

シャフトは RSF です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は55g、トルクは4.6、バランスはD2.5、クラブ総重量は307gです。





<右> RS 2017 ドライバー のスペック

シャフトは RS です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は55g、トルクは5.2、バランスはD2、クラブ総重量は307gです。






正面

プロギアの誇る、高性能ドライバーです。


どちらも先日試打したばかりですが、今日は両方とも試打する機会に恵まれたので、打ち比べてみることにしました。



側面

別々で試打したときは、デザインがすごく似ているな・・・。と思っていたのですが、こうして見比べてみると、結構違うことに気づきました。


ラージサイズでシャロータイプなのは同じです。



ネック長さ

<左>RS-F  <右>RS

ネックの長さは同じでした。



フェース面のデザイン

<左>RS-F  <右>RS

この独特なフェース面のデザインも同じです


姉妹モデルらしく、同じコンセプトで設計されているのだと思います。



顔

<左>RS-F  <右>RS

顔も個性的です。


大顔タイプで、シャロー感も強いです。


どちらもヘッド後方の伸びが目立ちますが、右のRSのほうが強調されているように見えました。


正直、好みの顔とは違うのですが、あえていうならば、私は左のRS-Fのほうが好きです。


RSはちょっと違和感があります。



オリジナルグリップ

オリジナルグリップは同じでした。


ソフトで好感がもてます。



振り感

素振りをしてみても、どちらも『ライトスペック』といったらいいでしょうか?


ハードさはなく、親しみやすい感じになっています。


ずっしりくる感じではなく、軽い感じです。


ヘッドの主張よりは、シャフトの主張は大きくないように感じます。



RS

RS


RS-F

RS-F

ボールを前にして構えてみると、どちらも同じようなタイプであることが分かりますが、やはりRS-Fのほうが構えやすい感じがしました。


RSはクセが強く感じられました。


しかし、どちらも試打していますし、そのいい印象が今でも強く残っているので、特に不安に感じるところはありませんでした。


大らかさそうな印象を受けます。




試打を開始しました。

フェース面

<左>RS-F  <右>RS

『打感』は大きな違いは感じられず、ほぼ同じでした。



打球音

『音』にも、違いはありませんでした。


好感のもてる金属音です。



トゥ側

『球のあがりやすさ』という点では、どちらも高弾道タイプでタフな感じは全くしませんが、あえていうならRS-Fのほうがあがりやすいかな?と思いました。


大きな違いではありませんでした。



バックフェース

『安定性』はどちらも高く、優劣をつけることができませんでした。


人によって、好みの球筋で選ぶのがいいのかな?と思いました。


『初球勝負』という感じで、どちらも一球目を重視して打ってみたのですが、私はRSのほうが易しいといいますか、私の好みにあっていると感じました。


顔の好みではRS-Fなのですが、弾道の好みはRSでした。



ヒール側

『飛距離性能』という点では、かなり高いレベルでの争いとなってしまいましたが、私にはRSのほうが合いやすいかな?と思いました。


どちらも『受け皿』の大きいタイプなので、この2本でほとんどのゴルファーをカバーできているような気がします。


ディープタイプしか使わないという方には合いづらいところがあるかもしれませんが、それを気にされない方には、多くの方に合いやすく、高いパフォーマンスを期待できるのではないでしょうか?


強く叩いていかなくても、ヘッドがしっかり飛ばしてくれる『イージードライバー』という感じがします。



PRGR RS 2017 ドライバー & RS-F 2017 ドライバー

『操作性』という点では、どちらも操るタイプではないと思うのですが、あえていうならRSだと思いました。


細工をせずに、ヘッドの性能を信じて気持ち良く振り抜いていくのが一番だと思いました。



PRGR RS 2017 ドライバー & RS-F 2017 ドライバー

どちらも飛距離に特化したモデルですが、決して性格が尖っていなくて、親しみやすさのある高性能ドライバーです。


ティショットで飛ばすよりも曲げたくないと思っておられる方は多いのではないでしょうか?


この2つのドライバーはその思いにしっかりと応えています。


曲がりにくさがありながら飛びも優れている、多くの日本人ゴルファーの好みに合ったドライバーといっていいと思います。




















プロギア ゴルフ RS 2017ドライバー

PRGR プロギア RS-F 2017 ドライバー

プロギア ゴルフ PRCB-171 キャディバッグ

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション プロギア RS 2017 ドライバー RS-F

2017年06月17日

プロギア RS 2017 ドライバー

プロギア RS 2017 ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア RS 2017 ドライバー です。



RS
シャフトは RS です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は55g、トルクは5.2、バランスはD2、クラブ総重量は307gです。



正面
プロギアRSシリーズのニュードライバーです。


先日、RS-Fを試打しましたが、今日はRSです。


メーカーによっては『三兄弟』のところもありますが、このモデルは二兄弟のようです。


昨年試打したモデルの後継機種ということでいいと思うのですが、新たな工夫がされているのでしょうか?


先日試打したRS-Fは前のモデルがルール不適合ということで、適合モデルにしたのは分かるのですが、前のモデルのRSは違反ではないと私は理解しています。


RS-Fのリニューアルに合わせてデザインを変えてきているのでしょうか?


それとも、さらなる性能アップが図られているのでしょうか?



側面
かなり大きなヘッドです。


シャロー感も強いです。


このドライバーのヘッド体積はルールの上限である460ccということですが、一口に460ccといっても、色々なタイプがあることが分かります。


このドライバーはとても大きく見えます。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されていました。


これは前のモデルと変わりません。



RS
試打するのは、この『RS』のポジションです。



▲
他には『▲』がありました。



ウェイトが2つ
ソールにはウェイトが2つありました。


RS-Fと違う位置にあるので、重心距離が少し短くなっているのかな?と思いました。



バックフェース寄りのウェイト
バックフェース寄りのウェイトには『8』の数字がありました。



フェース寄りのウェイト
フェース寄りのウェイトには『3』の数字がありました。


これがノーマルなポジションなのでしょうか?



ネック長さ
ネックの長さは短めです。



フェース面のスコアライン&かなりのディープフェース
フェース面のデザインも個性的です。


先日試打したRS-Fと同じく、ヒッティングエリアは溝になっていませんでした。


これは強度が関係しているのではないでしょうか?



シャローヘッド
シャロータイプのヘッドです。


これまでのモデルと共通するところです。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップはソフトなフィーリングで好感がもてます。



顔
かなり個性的な顔をしています。


もちろん、初めて見る顔ではないのですが、少し『ギョッと』しました。


前のモデルのRSも、こんな顔だったかな・・・。と思いました。


正直、好みの顔ではありませんでした。


この顔よりは、先日試打したRS-Fのほうが、まだ親しみやすい顔をしていたんじゃないかな?と思いました。


今度機会があれば、見比べてみたいと思います。


ヘッド後方が、かなり伸びています。


安定性が高そうな顔ではありますが、これは好みがはっきり分かれると思います。



振り感
素振りをしてみた感じは、まずまずでした。


特にハードな印象はありませんでした。



構え感
ボールを前にして構えた感じは、まずまずでした。


まじまじと見つめてしまう・・・。というよりは、ちょっと距離をおきたくなる構え感でした。


淡々と構える感じでちょうどいいのかな?と思いました。


ヘッドの据わりは正直、それほど良くないかな?と思いました。


『どっしり感』といいますか、安定感がちょっと足りないように感じました。


やや不安定な感じの構え感でした。


こちらのイメージが強く出せる感じはあまりしなかったので、まずはこのドライバーに任せて打ってみよう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はしっかりめでした。


ソフトというよりは、少し硬い感がしましたが苦手な打感ではありませんでした。


インパクトの衝撃が、しっかりと伝わってきました。



打球音
『音』はとても良いです。


心地良い金属音です。



トゥ側
『球のあがりやすさ』は良いです。


打ち出しが高く、キャリーで飛ばしていけるタイプです。


最初は低く抑えて・・・。ということはしづらいドライバーだと思いました。


打った瞬間から既に高くあがっていく感じです。


最初は低めに出て、途中からグーンと高くあがっていくタイプではなく、最初から高さを出していけるタイプのドライバーだと思いました。


9.5度のロフトとは思えないほどの高弾道です。


最近は『二桁ロフト』もよく見かけるようになりましたし、普段使っているロフトよりも1度くらいは寝かせた物を使うことも多くなってきたように思います。


それは主に『浅重心タイプ』のドライバーであることが多いと思うのですが、このドライバーは『そのまま』でいいように感じました。


まずは『同じ表示ロフト』で試してみるのがいいのではないかな?と思いました。


タフな感じは全くしませんでした。


高弾道タイプのドライバーです。



バックフェース
『安定性』は高いです。


曲がる気配を見せません。


スイートエリアも広めで、シビアさは全く感じませんでした。


イメージしたラインから外れにくい感じがしました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、かなり高いです。


今のドライバーの中でも、間違いなくトップクラスにあると思います。


昨年試打したモデルがかなり良かったので、このニューモデルにも期待していましたが、その期待通りでした。


この飛び性能はかなり優れていますし、多くの方を対象としたところも、前のモデルと変わらないような気がしました。


弾道は高く、落ち際に強いです。


ボールが急激に落ちてくる感じがしませんでした。


ボールに『エンジンの排気量』があるとすると、それはかなり高いな・・・。と、飛んでいくボールを目で追いながら思いました。



操作性
『操作性』という点では、大きく曲げやすいタイプではないのですが、球はつかまりやすいと思いました。


右にプッシュする球は出ず、しっかりつかまえてくれました。


強いスライスを打つイメージで打ってみたのですが、いい感じのフェード系のボールに収まってしまいました。


球のつかまりはいいのですが、それが極端ではなく、コントロールできる範囲だったので、コースでも安心して使えるな・・・。と思いました。



ヒール側
顔はとても個性的で、正直好みではないのですが、それ以外はとてもハイレベルなドライバーだと思いました。


この特徴的な顔を苦にされない方でしたら、かなり頼もしい相棒になってくれるのではないでしょうか?



PRGR RS 2017 DRIVER
弾道の高さ・強さが際立っていて、曲がりにくさも強調されたドライバーです。



PRGR RS 2017 DRIVER
私はもっと低い感じのライナー系の弾道を好むのですが、高弾道でありながらも弱々しくなく力強さを求めておられる方には、是非試していただきたいと思いました。



PRGR RS 2017 DRIVER
店員さんの話によると、先日試打したRS-Fよりも、このRSのほうがアスリート仕様になっているのだそうですが、実際に打ってみて、ハードな印象は全くありませんでした。


むしろ、親しみやすさのほうが勝りました。



PRGR RS 2017 DRIVER
試打するときは、その『初球』をすごく大切にしています。


最初の球で、そのクラブの印象が強く色分けされます。


このドライバーは最初からいい球を打つことができたので、とても気に入りました。


先日試打したRS-Fもすごくいいドライバーですが、どちらかというと私はこのRSのほうが易しいかな・・・。と思いました。


今度機会があれば打ち比べてみたいと思います。


















プロギア ゴルフ RS 2017ドライバー

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア RS 2017 ドライバー

2017年06月11日

プロギア SILVER-BLADE BB SB-01 BB パター

プロギア SILVER-BLADE BB SB-01 BB パター
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブPRGR SILVER-BLADE BB パター です。



オリジナルスチールシャフト
シャフトは オリジナルスチール シャフトです。

ロフトは3度、クラブ長さは34インチ、クラブ総重量は551gです



正面
プロギアの新しいパターです。


それほど多く試打しているわけではないのですが、プロギアパターの好感度は高いです。


王道を突き進みながら、常に進化している印象があります。


ドライバーからパターまで、プロギアのクラブは高性能で使ってみたいといいますか、『使う価値があると思えるクラブ』が多いです。


私はこれまでプロギアのクラブをいくつか使ってきたのですが、とてもいい思い出があります。



側面
タイプとしては、オーソドックスなPING型です。


特に変わったところは見られません。


大きさも普通です。



ネックの長さ
ネックの長さは少し長めに見えましたが、極端ではありませんでした。


昔、スコッティキャメロンのロングネックパターが流行ったことがありますが、ルールによって禁止になり、今のような落ち着いた長さになりました。


このパターは、今あるPING型パターの中では、やや長い方に入るかもしれません。



顔
『PING顔』のパターですが、とても変わっています。



トゥ側の開口部
トゥ側


ヒール側の開口部
ヒール側

トゥ側とヒール側に大きな『開口部』があります。


これは重量配分をしていて、慣性モーメントを高めているのだろうということが安易に予想できました。


これまでも同じようなコンセプトのクラブに出会ったことがあります。



Back weight Big M.O.I.&I33
ソールには『Back weight Big M.O.I.』の文字がありました。


『M.O.I.』は確か、慣性モーメントを英語にした略だと思うのですが、定かではありません。


もし慣性モーメントという意味だとすると、『バックウェイト 大きな慣性モーメント』という意味になるのだと思います。


この開口部の工夫を表しているのだと思います。


それと『I33』の文字がありました。


I33を見て、以前試打したことのあるエポンのパターを思い出しました。



フェース面の模様

フェース面の模様
フェース面には独特の模様といいますか、パターンがありました。


これまでもよく見られた工夫です。


球の食いつきが良さそうだな・・・。と思いましたし、アルミを使っているのだということが、この質感から分かりました。


プロギアのパターはアルミのイメージも強いですし、今回も採用されています。


私は昔からアルミのパターには慣れ親しんだところがあって、初めて出会ったのはニック・プライス選手が使って人気になったボビーグレースの『ファットレディー』というパターでした。


当時では驚くような大きさで、今の『ネオマレットのはしり』といっていいかもしれません。


私はその大きさや形状が馴染めず購入することはなかったのですが、同時期に発売された姉妹モデル『キュートキッド』に出会ってすごく気に入りました。


デパートのゴルフ用品売り場にあったのですが、数球転がしただけで即決して購入しました。


アルミ独特のフィーリングと球の乗りに魅了されました。


それまではPING型をずっと使い続けていたのですが、マレット型に変えてから『オーバースピン』をイメージして球を転がすことができるようになりました。


ボールを『上から』ではなく、『後ろから』見て転がすことができるので、よりラインが鮮明になりました。


コースでも、いい思い出がたくさんあります。


昔は『カマボコ型』といわれていたこともありましたが、今ではマレット型が一般的です。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップは、オーソドックスなタイプです。


昔から採用されている馴染みあるグリップです。


PINGのパターを愛用していた頃を思い出しました。


今は『スーパーストローク』の人気も凄いですし、色々なグリップが登場しています。


しかし、このグリップはとてもオーソドックスですし、クラシカルな感じがします。


私は好きですが、スーパーストロークを好まれる方でしたら、細く感じられるかもしれません。



構え感
ボールを前にして構えてみると、いい感じでした。


『空洞部分』が目立つので、やや個性的な顔ではありますが、これまでたくさん経験してきたPING型パターと同じ感覚で構えることができました。


イメージも自然に湧いてきます。


プロギアらしい工夫が見られますが、構え感を邪魔していないのがいいと思いました。


とてもリラックスできました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は好感がもてました。


アルミらしいソフトなフィーリングと軽さがありました。


『ドッシリ』『ガツン』というよりは、ソフトでライトなフィーリングです。


『スピード感』は、まずまずでした。


結構大きめにストロークして転がしていける感じがしました。


球足が速い感じはしませんでした。



打球音
『音』は静かで控えめな感じでした。


『カツン』という響きが心地良いです。


パッティングで音は距離感を掴むのにとても重要ですが、この音はしっかり打っていくのに適した音だと思いました。


集中力を高めていける音です。



トゥ側
球の転がりはいいです。


フェース面にある、独特の模様がよく効いているのだと思います。


ボールをしっかりとキャッチしてくれ、転がしてくれました。



バックフェース
『安定性』という点では、なかなかいいと思いました。


PING型パターの中では、かなり安定性が高いほうだと思います。


『空洞分』の効果が発揮されているのは間違いないと思います。


イージーなパターだと思いました。


ただネオマレット型のような寛容さといいますか、ブレにくさは無い感じがしました。


ミスヒットに対する寛容さは、普通のパターとそれほど変わらないような気がします。


ちょっとトゥ側に外して打ってみたのですが、ボールの転がりが極端に悪くなり、距離もばらつきました。


方向性は安定していました。


以前、『かなり極端な感じの直進性が高いパター』を試打したことがあるのですが、それとは明らかに性格が違っていると思いました。


パターに寛容さを第一に求めておられる方には、難しく感じられるところがあるかもしれません。


そういう方には、違う形状のパターのほうが易しく感じられるような気がします。


ただ、普段からPING型やL字型を愛用しておられる方には、このパターの易しさは充分伝わるのではないでしょうか?



転がり
『球の転がり』は、なかなかいいです、


強いといいますか、速いオーバースピンが掛かるというよりは、ややゆっくりめな感じでした。


今日の練習グリーンはちょっと荒れていたせいか、球の転がりがもうひとつのように感じられました。


綺麗に整備されたベントグリーンなら、もっといい転がりをしただろうな・・・。と思いました。



距離感
『距離感』はすぐに合いました。


球の転がりはなかなかいい感じですが、強く出過ぎないのがいいと思いました。


『優しく撫でるように』ではなく、どちらかといえばしっかりと球を乗せる感じが合っているように感じました。



操作性
『操作性』は、なかなかいい感じです。


PING型の、そして適度な大きさのパターらしい扱いやすさがありました。


大きすぎるパターだと、グリーンの傾斜によっては、かなり構えづらくなってしまうこともありますが、このパターではそういったことにはならないだろう・・・。と思いました。


私のホームコースでは『ポテトチップス』や『馬の背』グリーンがあるので、このような扱いやすいパターが活躍してくれます。



ヒール側
このパターの総重量は551gということで、PING型パターの中では結構重量があるほうだと思いますが、実際に球を転がしてみて、重さはあまり感じませんでした。


むしろ、やや軽めに感じられました。


だからしっかりと打っていけたのかもしれません。


『重すぎる』『食いつき感が合わない』パターだと『ビビるタッチ』になってしまうこともありますが、このパターではそんなことにはなりづらいように感じました。


『クラッチパット』でも、勇気を持って転がしていける感じがしました。



PRGR SILVER-BLADE BB SB-01 BB パター
私はパターの練習をよくやるのですが、昔から(といいますか、ビギナーの頃から)、何故かフックラインのほうが得意です。


逆にスライスラインはどうも苦手です。


フックラインの1.5mよりも、スライスラインの80cmのほうが緊張します。


構えていても、胸がドキドキしているのが分かります。



PRGR SILVER-BLADE BB SB-01 BB パター
どうしてそうなるのか、私にも分かりません。


フックラインだと入るイメージが湧いてくるのですが、スライスラインではそれがなかなかできません。


すごく緊張しますし、無難に置きにいってしまうこともあります。


今までのスコアカードには、パッティングの数だけでなく、『上り下り』や『フックライン・スライスライン』を記録しているのですが、成績が悪いのは圧倒的にスライスラインです。


いつも『上りのフックライン』にボールを落としていければ、もっとスコアが良くなると思うのですが、私にはそのような技術がありません。



PRGR SILVER-BLADE BB SB-01 BB パター
今日も苦手なスライスラインを重点的に練習しました。


いい感じで転がってくれるのですが、プレッシャーが掛かったときでは、きっと苦労するだろう・・・。と思いました。


それは、このパターがどうこうというよりも、私の技術の未熟さと気持ちの弱さからくるのは間違いありません。



PRGR SILVER-BLADE BB SB-01 BB パター
久し振りにPING型パターを試打して、改めていいな・・・。と思いましたし、アルミパターの魅力も感じました。


このPING型もいいと思いましたし、他にも色々な形状のパターがラインアップされているということなので、次は是非そちらも試してみたいと思いました。


















プロギア SILVER-BLADE BB パター

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 趣味・実用

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション プロギア PRGR SILVER-BLADE BB パター

2017年06月05日

プロギア RS-F 2017 ドライバー

プロギア RS-F 2017 ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア RS-F 2017 ドライバー です。



RSF
シャフトは RSF です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は55g、トルクは4.6、バランスはD2.5、クラブ総重量は307gです。



正面
PRGR RS-F ドライバーのニューモデルです。


昨年試打して、とてもいいドライバーだな・・・。と思っていました。


しかし昨年のモデルは、いわゆる『SLEルール不適合』ということで回収し、販売中止になりました。


私は早く適合モデルが発売されたらいいな・・・。と思っていたので、こうして出会うことができて、嬉しく思いました。



CONFORMING TO R&A/USGA SLE RULE
どのメーカーのドライバーにも、ルール適合モデルには必ず『CONFORMING TO R&A/USGA SLE RULE』の文字がありますが、当然ながらこのニュードライバーにもありました。


昨年のモデルにもありました。


訊くところによると昨年のモデル(RS-F)は、全てが不適合ということではなく、ルールに違反している可能性のあるクラブが出回っているおそれがあるから回収・販売中止ということになったのだそうです。


これは、大手有名メーカーの泣き所といえるような気がします。


大量のロット数を捌く為に、その品質や検品の精度がどうしても不安定になってしまうところがあるのかもしれません。


多くのメーカーは、違反クラブを出せないから、反発性能に余裕をもたせて作らざるを得ないというのは、多くのゴルファーが知るところだと思います。


こういったところは、地クラブメーカーが優位性を示すところかもしれません。


少ないロット数で勝負しているので、どうしても価格が高くなってしまいますが、その分『品質』や『精度』には高い信頼性があります。


どのメーカーも、ルールギリギリまで削っているのだと聞いたことがあります。


このPRGRのニューモデルも、『GIRIGIRI』という言葉が宣伝に使われているようです。


つまり、地クラブメーカー並みにひとつひとつ丁寧に検品し、ルールギリギリセーフなのを確認して、世に送り出しているのだと思います。


私がいつもお世話になっているクラフトマンの話によると、ゴルファーならば誰もが知っている、ある大手有名メーカーのクラブは海外でずっと生産されていて、その精度にはかなりバラつきがあるそうです。


良品も、そうでない品も全て大量にまとめて買い取っているので、その分販売価格も安くなるのだそうです。


いいクラブに出会うとすごくいいですが、そうでないクラブだと、かなりパフォーマンスが落ちるそうです。


いわゆる『当たり外れ』があるのだと聞きました。


それは外見だけでは決して区別できません。


そのメーカーの同じモデルのヘッドをいくつか取り寄せて実際に反発係数を計測してみたそうなのですが、かなりバラつきがあったそうです。


それは最近だけのことではなく、ずっと昔からそのようになっているそうです。


色々なクラブを試打していると、このメーカーは品質にこだわって作っているな・・・。と思うこともあれば、このメーカーはそうではなく、ただ作って流通させているだけだな・・・。と思うことがあります。


そういうメーカーのクラブには、あまり魅力を感じません。


今は多くのゴルフクラブが海外で作られていますが、こういったところにも難しい部分がたくさんあるのかもしれません。


もちろん、その品質など充分管理されているとは思うのですが、どうしても目の届かない部分が出てきてしまうように思います。


日本製でなければ絶対にいけないというものでもないですし、日本製でも全てが完璧というわけではありません。


海外製も素晴らしい物はたくさんあります。


ただ、日本製は高い信頼性があるのは間違いないですし、それはこれまで積み上げてきた実績がものをいうのかもしれません。


ゴルフクラブではないですが、メイドインジャパンではないのに、メイドインジャパンと表記して売られている物もあると、以前新聞で読んだことがあります。


とても残念に思います。


日本で、日本人が作る製品に魅力を感じるは私だけでしょうか?


それはゴルフクラブだけでなく、自動車などの工業製品や薬品・食料品など多くの製品に当てはまります。


品質に多少目をつぶって価格をとるか、それとも品質をとるかは難しい選択といえるのかもしれません。


ただひとついえるのは、いいクラブはずっと『色褪せない』ということです。


何年経っても、いい物はいい・・・。と、これまで数え切れないほどたくさんのクラブに出会ってきた私は思います。


このドライバーは『MADE IN JAPAN』なのかな?と思い、ヘッドをよく見てみましたが、生産国は表記されていませんでした。


表記されているクラブのほうが、圧倒的に少ないのも事実です。



側面
シャロー系の、ラージサイズのドライバーです。


こうして見る限り、デザインは多少違いますが、昨年のモデルと変わるところは無いように見えます。


フェースの反発係数だけを変えてきているのでしょうか?



ウェイトが2つ
ソールにはウェイトが2つありました。


これも、前のモデルと同じです。



バックフェース寄りのウェイト
バックフェース寄りのウェイトには『8』という数字がありました。


おそらく『8g』ということなのだと思います。



フェース寄りのウェイト
フェース寄りのウェイトには『3』の数字がありました。


『3g』なのだと思います。


こうして、それぞれが違う重さのウェイトが配置されるようになって、結構日にちが経ちました。


昔は同じ重さのウェイトを組み合わせている物もありましたが、今は色々なバリエーションがあります。


これが計算され尽くした結果なのでしょうか?


専用の工具を使えば、簡単に取り外せそうです。



ネック長さ
ネックの長さは短めです。


この長さも、前のモデルと変わらないような感じです。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されていました。



RS
試打するのは、この『RS』のポジションです。



▲
他に色々な目盛があるのかな?と思いましたが、この▲だけでした。


2種類だけの調整なのでしょうか?


ただ、調整機能は多ければ多いほどいいというものでもないと思いますし、基本性能さえしっかりしていれば、調整機能自体それほど必要性を感じていません。


今の多くのニーズに合わせて、このドライバーにも調整機能が搭載されていると思いますが、もし搭載させなければ、もっと性能や強度のアップが図れたのではないかな?と思いました。



フェース面のスコアライン
フェース面にはスコアラインが美しく刻まれていました。


弾きの良さそうなフェース面です。


スコアラインはありますが、ヒッティングエリアに溝はありませんでした。


これは強度の問題があるからではないか?と思いました。


溝にすると、フェースの強度が落ちて『割れ』や『ヒビ』などの問題が発生してしまうからなのかもしれません。


ただ、その周りの白い部分は少し溝のようになっていました。



シャローヘッド
シャロータイプのヘッドです。


これも前のモデルと変わりません。


今はディープタイプも見かけるようになりましたが、まだまだシャロータイプの人気は根強いですし、このシャロー形状を好まれる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



ヒール側の模様
ヒール側の模様も健在です。


前も見たな・・・。と思いましたが、ちょっと模様が変わっています。


これは性能云々というよりも、単なるデザイン上のことだけなのかもしれません。



nabla▼DESIGN
ヒール側には『nabla▼DESIGN』の文字がありました。


これまでのモデルから続いています。


それだけ、素晴らしいデザインなのだと思います。



クラウンの形状

クラウンの形状
独特なクラウン形状も、このRSシリーズの大きな特徴です。


この形状に飛びの大きな秘密があるのだと、以前店員さんから教えてもらいました。



ソールに溝無し
今では多く見かけるようになった、ソールの溝もクラウンの溝も、このドライバーにはありません。


こういったところがプロギアらしいと思いますし、独自性が感じられます。


プロギアの魅力のひとつでもあります。



顔
顔も個性的ですが、前のモデルと変わらないように見えます。


ヘッド後方が伸びていて、直進性の高さをうかがわせます。


曲がりにくそうな顔だな・・・。と思いました。


こういうタイプの顔は、私には頑固そうに見えてきます。


これまで同様のクラブで何度も曲げようと試みましたが、なかなか大きく曲げられず、『頑固さ』を感じたからなのかもしれません。


私の中での好みの顔とは違うところもあるのですが、これまでもたくさん経験していますし、特に気になることはありませんでした。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップはソフトなフィーリングで、とても良いです。


ベルベットタイプで、シンプルなグリップです。


今はグリップも色々なタイプが登場するようになりましたが、このドライバーにはそういうグリップは採用されていませんでした。



振り感
素振りをしてみた感じは、まずまずでした。


ハードなタイプではありませんでした。


戻りが少し遅い感じがしたので、速く下ろすというよりも、大きく振って『気持ちゆっくりめ』にしながら、『待つ感じ』がちょうどいいのかな?と思いました。


まずはタイミング重視で振っていくことにしました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、なかなかいい感じでした。


ヘッド全体的には、私の好みの顔とは違う部分もあるのですが、どこが良かったかというと、『被って見えない』ところです。


これまで、このようなタイプのドライバーの多くはフェースが被っていました。


このドライバーもそうなっているのだろう・・・。と勝手に思っていたのですが、そうではありませんでした。


『逃がし顔』というほどではないのですが、かなり『中立』に近い顔をしているな・・・。と思いました。


『ドロー』『フェード』でいうと、少しドローのイメージのほうが出やすかったのですが、左へ巻き込んでしまうようなマイナスな感じではありませんでした。


これならば方向性を気にせず、気持ち良く振り抜いていけそうだな・・・。と思いました。


球もあがりやすそうです。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は良いです。


しっかりしているのですが、硬くなく手に嫌な衝撃も残りませんでした。


『後をひく』のではなく、あっさりしていました。


かなり弾き感のあるフィーリングでした。



打球音
『音』も好感がもてました。


大きすぎず、高すぎない小気味いい音です。


インパクトを邪魔しない、好感のもてる音です。


私にとって音はとても重要で、この音ひとつで、飛びが変わってきます。


馴染めない音だと、インパクトが緩んだり詰まった感じになってしまったりすることがあります。


ベストなパフォーマンスを発揮できません。


そういった意味でも、このドライバーの音は好感がもてました。



トゥ側
球はあがりやすいです。


最初の打ち出しから高いです。


タフさは全く感じませんでした。


弾道は高いですが、頼りない感じではなく、しっかりしていました。


『一桁ロフト』でも、充分なあがりやすさがありました。



バックフェース
『安定性』は高いです。


直進性の高いドライバーです。


球のつかまりが良く、


「あっ、今のはちょっと外してしまったな・・・。右にフケてしまうかな?」


と思ったボールでも、ボールは曲がらずしっかりと真っ直ぐ飛ばしてくれました。


打ち出しの方向から外れることはありませんでした。


シビアさは全く感じませんでした。


『真っ直ぐの幅』があるドライバーだな・・・。と思いました。


『ここからここまで』の幅で打てば、ボールは真っ直ぐ飛ばしていける感じがしました。


構えたときの印象よりも球はつかまる感じがしました。


いい意味で、ある程度『アバウト』に打っていけるドライバーだと思いました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、かなり優れています。


昨年試打したモデルが、かなり高性能だったので、このドライバーにも期待していましたが、その期待通りでした。


初速が速く力強い弾道です。


弾道が高めで、なかなか落ちてきません。


いわゆる『落ち際に強い』ボールを打てるドライバーです。


昨年試打したモデルの、あの強烈な弾道は今でも強く印象に残っているのですが、その強烈な弾道と完全にダブっていました。


おそらく昨年試打したモデルも、『ルール適合』の範囲内にあったのではないかな?と、このルール適合モデルを試打して感じました。


印象に残る『強い高弾道』です。



操作性
『操作性』という点では、正直難しい感じがしました。


どうしても直進性が勝ってしまう感じがしました。


なかなか大きく曲げられません。


私がフッカーだからでしょうか?


『フック』『スライス』でいうと、フックのほうが易しく感じられました。


昔の、このようなラージサイズのドライバーは球のつかまりが弱いものが多かったのですが、こうったところは完全に改善されていると思います。


私としては、かなり極端にカットして打ったつもりだったのですが、ボールは右に曲がらず、ひたすら真っ直ぐ進んでいき、イメージと実際の軌道とのギャップの大きさに不思議さを感じずにはいられませんでした。


『曲がらなすぎ』だな・・・。と、弾道を目で追いながら思っていました。



ヒール側
フックフェースということではありませんが、かなり球のつかまりがいいドライバーです。


スライサーの方でも、実はフックフェースが嫌い。できればニュートラルに近い感じのドライバーを使っていきたい・・・。という方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?


スライサーの方にも、心強い存在になってくれそうです。


やっぱり『頑固』なドライバーだな・・・。と思いました。


この曲がりにくさ(右に行きにくさ)は、頑固としかいえないような気がしました。



PRGR RS-F 2017 ドライバー
昨年から続く、この不適合問題は、メーカーにとっては大きな打撃だったかもしれません。


しかし、それを厳正に受け止め、すぐに改善策を講じることができるのが、クラブメーカーに限らず、日本のメーカーのいいところだと思います。


すぐに代替ヘッドを用意するなど、常にユーザー(ラストユーザー)の身になって対応してくれました。


だから日本国内だけでなく、海外からも信頼性が高いのだと思います。


もちろん、問題ない製品を作り続けていくのがベストですが、もしそうなったときにどう対処するかが問われるのだと思います。


製品は、ただ売れればいいというのではなく、その国の信頼性やイメージというものを担っているように思います。



PRGR RS-F 2017 DRIVER
こういった問題(ルール不適合)は、これまで全く無かったわけではなくて、いくつかありました。


それはクラブよりも、ボールのほうが多かったような気がします。


いわゆる『初速違反』です。


発売されてしばらく経ってから、あのメーカーの『A』というボールは競技で使えなくなり、回収されるようになった・・・。というのは珍しいことではありませんでした。


それはゴルフ場や練習場にも、ポスターに張られていたこともありました。


競技の時は、スタート前に必ず使用するボールの確認をしますが、そのメーカーのその銘柄のボールを使っていないかというチェックもありました。


発売されてしばらくといいますか、かなり月日が経ってからの回収というのは珍しくなかったのですが、それは今よりももっと厳密ではなかったのかな?と思うところもあります。


のんびりしていた時代だったのかもしれません。


そのボールを実際に使ってみて、驚くほどよく飛んだ・・・。という実感は無かったのですが、ルールには従わなくてはなりません。



PRGR RS-F 2017 DRIVER
ゴルフクラブには様々なルールによる規制があります。


それはゴルフというスポーツの根幹を変えない為にも、ある程度の規制は必要だと思います。


全てのゴルファーが公平にプレーするには欠かせないことだと思います。


『ワンルール』であるべきだと思います。


ただ、これ以上規制が厳しくならないで欲しいという思いもあります。



PRGR RS-F 2017 DRIVER
このドライバーはかなりスグレモノだと思いました。


プロギアの高い技術力が感じられます。


この適合モデルを発売するまでには、かなり大変だったこともあると思いますが、メーカーとしての底力を見せつけてくれたような気がします。


飛びが最大のウリですが、その他にも『曲がりにくさ』『あがりやすさ』があります。


今のニーズに合った、優等生ドライバーといってもいいのではないでしょうか?


優等生といっても、決して細くて弱々しいタイプではなく、骨太でしっかりとした『芯』をもった優等生といった印象をもちました。


PRGRファンの方だけでなく、多くのゴルファーを魅了するのではないでしょうか?


















PRGR プロギア RS-F 2017 ドライバー

プロギア ゴルフ PRCB-171 キャディバッグ

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア RS-F 2017 ドライバー

2017年05月22日

プロギア SUPER egg ドライバー LONG-SPEC

プロギア SUPER egg ドライバー LONG-SPEC
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブプロギア SUPER egg ドライバー LONG-SPEC です。



M-37
シャフトは M-37 です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは46.75インチ、シャフトフレックスはR、トルクは6.7、クラブ総重量は281gです。



正面
プロギアエッグシリーズのドライバーです。


以前スーパーエッグを試打したことがあるのですが、このドライバーは長尺仕様だと聞きました。


それと高反発仕様だということも聞きました。


長尺と高反発。


飛ばしの為の二大要素が、このドライバーには採用されています。


長さはルール適合ですが、反発力はルール適合外という組み合わせです。


ルールでは、48インチを超えてはならないということなので、このドライバーは1インチちょっと余裕があります。


最初からルール適合外モデルを作っているのだから、長さもルール適合外なのかな?と思いましたが、そうではないようです。


ただ、長くなりすぎてしまうと、バッグに入りきらないこともありますし、他の番手とのバランスが崩れてしまうこともあります。


そして、何より練習場で危険を生じてしまうかもしれません。


打席と打席との距離がしっかりと確保されていたり、高さもしっかりとある練習場であればいいのですが、長尺に対応している練習場は、それほど多くないように感じます。


特に昔からの古い練習場は窮屈に感じるところも多いです。



側面
大型でシャロー感の強いヘッドです。


ウェイトや溝などは見られませんが、たくさんの工夫が組み込まれているのだと思います。



ネック長さ
ネックは短いです。


調整機能は搭載されていませんでした。



顔
顔はちょっと個性的でした。


昔のキャロウェイのドライバーで見た顔に似ているな・・・。と思いました。


ヘッド後方の膨らみが目立っています。



クラウンの突起部分
このクラウンの突起部分も目立っていました。


これは、以前試打したモデルにも見られました。



シャローヘッド
かなりシャローなヘッドです。


重心が低そうですし、直進性も高そうです。


目的がはっきりしている感じがして、好感がもてます。



フェース面のデザイン
このフェース面のデザインも独特な感じがします。


弾きが良さそうです。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップも、なかなかいい感じです。


ラバータイプの柔らかさがありながら、適度なグリップ力もありました。


耐久性はそれほど高くないような気もしましたが、それは仕方ないことだと思いました。


使わなくても劣化していくのは、ラバーの宿命といえるのかもしれません。



PRGR SUPER egg ドライバー LONG-SPEC
素振りをしてみると、かなり軽量感があったのですが、これまでもたくさん経験しているので、特に気になることはありませんでした。


少し長さをもてあましてしまっている感じはありましたが、ビュンビュン振っていきました。


シャフトが、かなりしなりました。



構え感
ボールを前にして構えてみた感じは、まずまずでした。


ヘッドの大きさとバックフェースの膨らみがよく目立っていたので、大らかさと曲がりにくさを感じました。


ややつかまえ系の顔に見えました。


長尺だからでしょうか?


自分とボールとの『距離感』を少し感じました。


ちょっと遠くに感じましたがラージサイズヘッドのおかげで、不安を感じさせないようになっているのかもしれません。




試打を開始しました。

PRGR SUPER egg DRIVER LONG-SPEC
初球から、いきなりダフってしまいました。


しかも、最近では記憶にないくらい、大きくダフってしまいました。


このクラブのスペックを考慮しないまま、振りすぎてしまったようです。


何あせってんだよ。もっとゆっくり振っていこう・・・。と自分自身に言い聞かせました。


一旦打席を外して深呼吸をし、『ゆったり感』を出していこう・・・。と思いました。


最初からフルスイングするのではなく、まずは150ヤードの看板を狙うように、大きくゆったりした感じで振っていくことにしました。


タイミングを整え、再び試打を開始しました。



フェース面
『打感』は、しっかりしていましたが、硬すぎないので好感がもてました。



打球音
『音』も、いい感じでした。


こういうスペックのドライバーは、今でも甲高い音のイメージが強いのですが、最近のドライバーは必ずしもそうとはいえません。


むしろ、落ち着いた感じの音が多くなりました。


このドライバーもそうでした。


はっきりしていますが、大きすぎず高すぎず好感がもてました。



トゥ側
球はとてもよくあがってくれました。


あがりすぎな感じもしましたが、それもこのドライバーの特徴だと思います。


高弾道タイプで、スピンも結構あるように感じました。


低スピン系のあの力強い弾道とは違いますが、キャリーをしっかり稼いでいけるので頼もしく感じられる方も多いのではないでしょうか?



バックフェース
『安定性』という点では、ヘッド自体の寛容さは感じたのですが、このシャフトのスペック(長さ・軟らかさ・軽さ)に、なかなか慣れることができず、少し苦戦しました。


しかし、決してシビアなドライバーではないと思います。


スイートエリアも広そうです。


球も右に逃げず、しっかりつかまえてくれました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、このスペックが合う方には、かなり有利に働くと思いました。


長尺と高反発の相乗効果はとても大きいと思います。


最初からルール適合外のモデルを目指して作っているので、適合モデルにはできないことを、このドライバーにギュッと凝縮して詰め込んでいる感じがします。


『ルールにとらわれない飛び』といっていいでしょうか?


高反発モデルらしく、かなり弾きがいいですし、初速も速いです。


今のルール適合モデルも、かなりルールギリギリに作っているものが多いので、極端な反発性能を感じることはなかったのですが、この弾きの良さはアドバンテージだな・・・。と思いました。



操作性
『操作性』という点では、少し苦労しました。


あまり操作するタイプではないと思います。


細工をすると、大きなミスになってしまう感じがしたので、自重しました。


こちらの意思がなかなか伝わりづらい感じがしましたが、クラブに任せて振っていけばいいのだと思いました。



ヒール側
メーカーがターゲットにするゴルファー層がはっきりしているのがいいと思いました。


調整機能を付けて、一本のクラブでなるべく多くのゴルファーに対応していけるのも素晴らしいと思いますが、このドライバーのようにはっきりした性格も魅力的です。



PRGR SUPER egg DRIVER LONG-SPEC
ターゲットを絞り込んでいるからこそ、それに合った思い切った設計ができると思います。


高反発仕様ということもありますし、目的が『飛び一本』に絞っている感じがします。


高反発仕様なので、競技に使うことはできませんが、競技に出場しない一般アマチュアゴルファーで、ある程度年齢を重ねた方には、頼もしい存在になってくれるのではないでしょうか?


競技ゴルフも素晴らしいですが、エンジョイゴルフも素晴らしいです。


ゴルフは難しいですし緊張もしますが、とても楽しいスポーツです。



PRGR SUPER egg DRIVER LONG-SPEC
飛ばしに特化している部分はありますが、顔など変なクセも見られなかったですし、いい設計がされているな・・・。と思いました。



















プロギア SUPER egg LONG-SPEC ドライバー ルール適合外モデル PRGR スーパー エッグ ロングスペック 金

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア SUPER egg ドライバー LONG-SPEC

2017年02月01日

プロギア RS ユーティリティ

プロギア RS ユーティリティ
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア RS ユーティリティ の3番です。



M-43
シャフトは M-43 です。

ロフトは19度、クラブ長さは40インチ、シャフトフレックスはM-43、シャフト重量は58g、トルクは4.0、バランスはD1.5、クラブ総重量は349gです。



正面
プロギアのシンプルでカッコいいユーティリティです。


プロギアは何といっても、ユーティリティブームを作ったメーカーですし、これまでも優れた製品を世に送り出しているので、ユーティリティのトップメーカーといっていいと思います。


勿論、ドライバーやFWなど、他の番手のクラブも、名器を多く生み出しているメーカーです。


先日試打したドライバーFWもすごくいいですし、このユーティリティを手にすることができて、とても嬉しく思いました。



側面
全体的にはとてもシンプルな形状です。


色々なパーツが付け加えられていたり、調整機能なども見られません。


シンプルですが、このシンプルなところに、メーカーの深い研究があるのだと思います。


おそらく、見えないところにたくさんの工夫がされているのだと思います。



ネック長さ
ネックの長さは平均的です。


特に変わった感じはしませんでした。


すごくシンプルだけど、プロギアのニューモデルだから、おそらくこれまでに無い工夫がされているのだろう・・・。と思いました。


そう思わせてくれる魅力が、プロギアにはあります。


私はこれまで、プロギアの素晴らしいクラブにたくさん出会ってきました。



ヒール側の溝
ヒール側

トゥ側の溝
トゥ側

ヒール側とトゥ側には、溝のようなものが見られます。


これは以前試打したドライバーやFWにも見られました。


同じシリーズということもありますし、番手が違っても採用されているということは、それなりの理由があるのだと思います。



セミシャロー
セミシャローといっていいでしょうか?


よく見かける形状です。


今のUTの多くが、このような形状だと思います。



オリジナルグリップ
シンプルなグリップです。


FWなどと同じだと思います。



顔
いい顔をしていました。


ストレートではなく、多少オフセットになっていて、やや出っ歯タイプです。


今のUTの『標準顔』といったところでしょうか?



振り感
素振りをしてみた感じは、まずまずでした。


結構ソフトスペックに仕上がっていました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、好感がもてました。


球を拾いやすそうですし、ラインもイメージできました。


このまま真っ直ぐ振り抜いていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、ややしっかりめでした。


ソフトというよりは、しっかりという印象をもちました。


結構手応えがありました。



打球音
『音』は高めでした。


これまでもよく耳にしてきた金属音です。


高くて、やや大きめの音でしたが、インパクトが邪魔されることはなく、しっかりと振り抜いていくことができました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』は、まずまずでした。


こうして見ると結構ディープな感じもしますが、決してあがりづらいタイプではなく、しっかりと浮かせてくれました。


ソールを上手く滑らせて球を拾っていく感じがちょうどいいような気がしました。


ボールの前後を上手く使っていけるので、見た目以上に易しい感じがしました。


高めの弾道というよりは、中高弾道というほうが合っているように思いました。



バックフェース
『安定性』は、平均的だと思います。


特別易しさが秀でているようには感じませんでしたが、ラインも出しやすかったですし、シビアに感じるところはありませんでした。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れていました。


とてもシンプルなUTですが、よく飛ぶな・・・。と思いながら、球を目で追っていました。


ゴチャゴチャしたところはなく、スッキリしていますが、色々な工夫がされているのだろうと思いました。


さすがはUTのトップメーカーでもあるPRGRだな・・・。と思いました。



操作性
『操作性』は、なかなかいい感じでした。


球離れが速い感じがしますが、左右にも曲げることができました。


右左、どちらにも同じように反応してくれました。


適度な球のつかまりやすさがあると思います。



ヒール側
落ち着いたデザインと、飛距離性能に長けたユーティリティです。


















テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア RS ユーティリティ

2016年12月17日

プロギア RS ドライバー

プロギア RS ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア RS ドライバー です。



FUJIKURA SHAFT Speeder EVOLUTION III
シャフトは Speeder 661 EVOLUTION III です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.25インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は66.5g、トルクは3.8、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は311g です。



正面
プロギアの新しいドライバーです。


先日、RS ドライバー Fというドライバーを試打したのですが、今日はまた違うモデルです。


同じRSシリーズということもあり、デザインがよく似ています。



側面
シャロータイプのヘッドです。


Fと同じです。


ただ単にシャローということではなく、立体的なところもあります。


単純ではない、複雑さがあります。


この形状も、プロギアの深い研究によるものではないでしょうか?


設計にアバウトさはなく、緻密さが感じられます。



ネックの調整システム&ウェイト
ネックには調整システムが搭載されていました。


Fと同じです。


ウェイトもありました。


『3』という数字があったので、3gということでいいのでしょうか?



RS
試打するのは、このRSのポジションです。


この位置がノーマルなのだと思います。


調整機能が搭載されていますが、あまり調整をしてみたいとは思いませんでした。


この位置がおそらくベストなのだと思います。



トゥ側の凹み
Fと同じく、トゥ側に凹みが見られました。


これはどういう意味があるのでしょうか?



ウェイト
バックフェース付近にウェイトがありました。


8という数字がありました。


ウェイト近くの模様で、このウェイトが交換できるタイプなのだということが分かりました。


今は色々な重さのウェイトを交換できるドライバーが多くなりました。



シャローヘッド
シャローバックタイプです。


大らかさと球のあがりやすさを感じさせます。


ディープタイプを好まれない方もいらっしゃると思いますが、このようなシャローだと親しみをもたれやすいのではないでしょうか?


『シャロー=頼りない』という時代は過ぎ去りました。



フェース面のデザイン
綺麗なフェース面です。


弾きが良さそうです。


指で触れてみたのですが、浅い溝がありました。


最近は溝のないドライバーも多いですし、こういったところは色々あって面白いです。


強度だけで考えると溝が無いほうがいいのかな?と思いますが、雨の日のラウンドでは、溝があったほうがいいのかな?と思います。



クラウンの凹み
クラウンが凹んでいました。


Fがそうだったので、このドライバーもそうなっているのではないかな?と思っていたのですが、やはりそうでした。


ここの部分が、他のドライバーと大きく違うところです。


ここに秘密があるのでしょうか?



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップは、ソフトなフィーリングで好感がもてます。


今のグリップは、かなり機能的なデザインの物が増えてきましたが、このグリップはシンプルです。


グリップも多様化してきました。


ソフトなフィーリングは維持しつつも、雨の日でも滑りにくいグリップが好きです。


そして耐久性が高ければなおさらいいです。



顔
投影面積が大きい個性的な顔をしています。


Fと同じような顔です。


今度、機会があれば見比べてみたいと思いました。


逃がすというよりは、つかまりやすそうな顔をしていました。



振り感
素振りをしてみても、いい感じです。


こういったラージサイズのヘッドと、走り系のシャフトの相性はいいように思います。


昔のラージサイズドライバーはつかまりにくい物が多かったように思いますが、最近は改善されています。


ヘッドもそうですし、シャフトが進化して大型のデメリットが解消されつつあるように思います。


タイミングもすぐに合いました。



構え感
ボールを前にして構えてみた感じは、まずまずでした。


フェードというよりはドローのイメージが色濃く浮かんできました。


クラウンの凹みも目立っていました。


ヘッド後方が、かなり膨らんでいます。


初めて見たときはとても驚きましたが、何年も経って見慣れました。


見とれるようなことは無かったのですが、特に苦手意識も芽生えませんでした。


大らかそうな顔をしているな・・・。と思いました。


まずは細工をせず、そのまま振り切ってみよう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

飛距離性能
まず感じたのが、その飛距離性能の高さです。


かなり高いです。


はっきりしています。


先日Fを試打したときも感じていたのですが、このドライバーもかなり高性能です。


弾きが良くて、初速の速さが際立っています。


ピンポン球のように飛んでいきました。


キャリーをしっかりと稼ぐことができましたし、『ボールの落ち際』が緩やかです。


相撲でいうところの『粘り腰』といったらいいでしょうか?


簡単に土俵は割らない感じです。


そろそろ落ちてくるかな?と思っても、そこからさらに『堪えて』といいますか『粘る』感じがします。


落ち際が緩やかです。


急速に落ちる感じはしません。


最近はハイレベルなドライバーが多いですが、ここまで感じるドライバーはあまり見当たらないような気がします。


これは凄いな・・・。どういう工夫がされているんだろう?と思いました。


先日試打したFも凄いですが、こちらのほうが、高さが少し抑えられていて弾道が強い感じがしました。


Fもかなりいいですが、私はこちらのほうが好きです。


これは人によって、好みが分かれるところだと思います。



フェース面
『打感』は、ややしっかりめですが、硬すぎることなく、程良い感じでした。


『球の重さ』を、はっきりと感じとることができました。



打球音
『音』はとても良いです。


耳に優しい心地いい音です。


いいインパクトを感じとることができました。


いい音を発するドライバーは、自然にスイングが整い、距離も伸びやすくなります。



トゥ側
球もあがりやすくて、いい感じでした。


深重心らしい『お尻の重いあがりやすさ』といったらいいでしょうか?


途中から浮き上がるのではなく、最初から高さを出していける感じです。


弾道も高めです。


『一桁ロフト』の高さではないと思いました。


フェースが自然に上を向きやすい感じがしました。


アッパーに振り抜いていきたい方にも合いやすのではないでしょうか?



バックフェース
『安定性』は高いと思いました。


シビアな感じはしませんでした。


スイートエリアも広めです。


いい意味で『だましながら打てる』感じがしました。


少々のミスヒットには寛大なところがあるな・・・。と思いました。


球はつかまりやすいです。


ヘッド自体もそうですし、装着されているシャフトもつかまりやすいので、その2つの相乗効果でさらにつかまりやすくなっていると思いました。


私にはややつかまり過ぎなところもあったので、少し逃がす感じで打っていくか、右からちょっと回す感じがちょうどいいかな?と思いました。


シャフトの先がもう少し堪えてくれるタイプを使ってみるのもいいと思いましたし、ウェイトを替えるとどのように球筋が変わっていくのか興味があります。



操作性
『操作性』という点では、あまり敏感に反応するタイプではないと思いましたが、左右にも曲げることはできました。


私はフック系のほうが易しく感じましたが、日頃球のつかまりが弱いと感じておられる方には、ちょうどいいように感じられるかもしれません。


ヒッター向けのドライバーであることは間違いないのですが、コスり気味の球が多くでてしまう・・・。とか、もうちょっとつかまりのいい球を打ちたいな・・・。真っ直ぐというよりはドローを持ち球にしたいな・・・。という方は、試してみられる価値が大きいのではないでしょうか?


インテンショナルなショットを打ち分けるというよりは、『安定したひとつの球筋』といったらいいでしょうか?


持ち球を限定してコースを攻めていきたい方に合いやすいように思います。


いい意味でのワンパターンで攻めていくほうが、ゴルフがよりシンプルになるような気がします。



ヒール側
コースでプレーしていて怖いと感じることはいくつかありますが、その最たるものといえば『逆球』かもしれません。


ドローをイメージして右から回していこうと思ったのに、ドローが掛からずにそのまま林に突っ込んでしまった・・・。とか、フェードをイメージして左から攻めたのにフェードが掛からずに深いラフにつかまってしまった・・・。などです。


OBやロストボールの危険性も高まります。


そういった意味では、このドライバーは逆球にはなりにくいと思いました。


それくらい、個性がはっきりしていました。


先ほども書きましたが、かなり球のつかまりがいいので、右に抜けていくことにはなりにくいと思いました。


勿論、無理やり右に曲げていけば曲がらないことはないのですが、大きく右に逸れていかないので、トラブルを避けやすいように思います。


私はフッカーなので、つかまりやすく感じたのかもしれません。


装着されている赤いスピーダーも、このヘッドと合っていると思いましたが、私はもう少しつかまりを弱くしたいと思いました。


そのほうが方向性を出しやすいように感じました。


狙った方向にきちんとライン出しできれば、そこから大きく曲がりにくいので、狭いホールのティショットでも使えそうだな・・・。と思いました。



PRGR RS DRIVER
総合力がかなり高いドライバーです。


顔は特徴的ですが、これが気にならない方には、心強いパートナーになってくれるのではないでしょうか?


日頃あまり感じない『ピカイチ』のドライバーだと思いました。


私は調整機能を重視していないですが、重視しておられる方もたくさんいらっしゃると思いますし、このドライバーはそういった方々にも対応できています。


しかし、それ以上に感じたのが『基本性能の高さ』です。


特に飛びの性能が高いです。


プロギアらしいレベルの高い飛びです。


他のメーカーがやっていないプロギア独自の工夫があるとするならば、後追いをするメーカーも出てくるのではないかな?と思いました。



PRGR RS DRIVER
飛距離性能だけでなく、フィーリングも邪魔されていないのがいいと思いました。


打感や音にも配慮されていると思いました。


今はオートマチック系ドライバーが殆どですが、それらの中でも、トップクラスの性能をもっていると思いました。


このドライバーはもちろん適合モデルということですし、まだまだアイデア次第で飛距離を伸ばしていけるんだな・・・。と思いました。


もし私が購入するとするならば、もう少し球のつかまりを弱くしたいと思いましたが、購買意欲を強く刺激されました。


12月も半ばになって、そろそろ今年の『ドライバー・オブ・ザ・イヤー』を絞り込んでいかなくてはならない時期になりました。


私の中では、『あのドライバー』に決まりではないかな?と思っていたのですが、それからいくつかライバルが登場してきて、ここにきてまた強力なライバルが現れました。


今年、あと何本試打できるか分かりませんが、どのような結果になるのか、今からとても楽しみです。

















プロギア RS ドライバー

テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア RS ドライバー

2016年12月03日

プロギア RS ドライバー F

プロギア RS ドライバー F
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは プロギア RS ドライバー F です。



M-43
シャフトは M-43 です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.25インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は55g、トルクは4.6、バランスはD2.5、クラブ総重量は307gです。



正面
プロギアのニュードライバーです。


先日、フェアウェイウッドを試打しましたが、今日はドライバーを試打する機会に恵まれました。


フェアウェイウッドと、デザインの統一がとれているように見えます。



側面
ラージサイズのドライバーです。


シャロータイプです。


プロギアの新しい技術がギュッとつまっているように見えます。



ネック長さ
ネックは短めです。



ネックの調整システム
ネックには調整機能が搭載されていました。



ネックのポジション
試打するのは、この『RS』のポジションです。


おそらく、このポジションが『スタンダード』なのだと思います。


調整機能は搭載されていますが、とてもシンプルです。


一時期はどんどん複雑化していったように思うのですが、今は多くのメーカーが搭載していないか、シンプル化しています。


かなり浸透してきたシステムですが、それほど必要性を感じない方も多いと思いますし、調整機能よりも、本来のヘッドの性能を高めていくことに重きを置いているのではないでしょうか?



nabla▽DESIGN
ヒール側には『nabla▽DESIGN』の文字がありました。


プロギアではお馴染みです。



トゥ側のウェイト
トゥ側にはウェイトが配置されていました。



バックフェースのウェイト
バックフェース付近にもウェイトがありました。



シャローヘッド
シャローバックタイプです。


今のドライバーの主流といえる形です。


シャローヘッドにも色々とありますが、このドライバーはパワフルな感じがします。


『骨太』なタイプだと思いました。



トゥ側の凹み
トゥ側が少し凹んでいました。


これにはどんな意味があるのでしょうか?



ヒール側の凹み
ヒール側にある、この凹みも目立っています。


FWにも見られましたが、どんな効果が期待できるのでしょうか?


おそらく何らかの意味があるのだと思います。



クラウンの盛り上がり
クラウンが平坦な感じではなく、盛り上がっています。


シャロータイプのヘッドではありますが、ディープフェースタイプです。


最近よく見かけますし、このようなタイプはボールの弾きがとても強い印象があります。


昔のディープフェースタイプのドライバーはタフな物が多かったですが、今はあがりやすい物が多くなりました。


『フェースの高低』を使っていきたい方は、ディープフェースのほうが好感を持ちやすいのではないでしょうか?


シャローフェースだと、私は少しプレッシャーを感じます。


アゴ(フェースの下部分)で打ちたくなるときもあるからです。


私が愛用しているドライバーは下めで打っても、すごくいい感じで球を飛ばしてくれます。


『無機質な感じ』といったらいいでしょうか?


風に強い球が打てます。



フェース面のデザイン
フェース面はシンプルで美しいデザインです。



顔
やや個性的な顔をしています。


ラージサイズでつかまえ顔のドライバーです。


これが『ナブラ』たる所以でしょうか?


ヘッド後方の膨らみも目立っていました。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップはソフトなフィーリングで良いです。


シンプルなタイプです。



振り感
素振りをしてみた感じは、まずまずでした。


軽量タイプではありますが、今はこれくらいがスタンダードといえるのかもしれません。


300gちょっとくらいが一番ポピュラーなのかもしれません。


これまでもたくさん出会ってきましたし、難しく感じるところはありませんでした。


310gを超えると重くなるし、かといって300gを切ってしまうと軽すぎる・・・。という方も多いのではないでしょうか?


シャフトも全体にしなる感じでした。



構え感
ボールを前にして構えてみて、「あれっ?』と思いました。



クラウンの凹み
ヘッドの形状はこれまでも見たことがあるのですが、クラウンのフェース寄りが凹んでいるのが目立っていました。


これは珍しいな・・・。と思いました。


しかし、構え感を邪魔することもなかったですし、違和感も特に無かったので、気にせずこのまま打つことにしました。




試打を開始しました。

飛距離性能
まず感じたのが、そのずば抜けた飛距離性能です。


これは凄いな・・・。と思いました。


今年試打したドライバーの中でも、ピカイチの性能だと思いました。


フェースの弾きも良く、ボールが勢いよく飛び出していきました。


一球目から、かなり強い球を打つことができました。


球に粘りもあります。


ボールが最高到達地点にいっても、そこから急速に落ちることなく、緩やかです。


これはいいな・・・。と思いました。


ちょっと大袈裟な表現かもしれませんが、『ボールに羽が生えている』ような印象をもちました。


弾道は高いのですが、頼りない高さではなく、しっかりと前に進んでくれる頼もしさがありました。


スピンを抑えてくれている感じがしました。



フェース面
『打感』は良いです。


しっかりとした重さがあるというよりは、やや軽めな感じでした。


『球の抵抗感』は少し薄めでした。


しっかりと乗るというよりは『球離れ』が速い感じです。



打球音
『音』も好感がもてました。


はっきりとした音なのですが、大きすぎず心地いい金属音です。


インパクトを邪魔しないので、どんどん弾道が強くなっていく感じがしました。


ブレーキを掛けるのではなく、ずっとアクセルを踏み続ける感じ・・・。といったらいいでしょうか?



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。


このドライバーのロフト角は9.5度ということですが、それを感じさせない高さがありました。


途中からグーンと高くなっていくのではなく、最初の打ち出しからぐっと高くなっていく感じです。


タフな印象は全くないです。


普段、『10~11度』のドライバーを使っておられる方も、まずはこの9.5度を試されてはいかがでしょうか?



バックフェース
『安定性』も、いい感じでした。


大らかさがありました。


第一印象通りの易しさを感じました。


シビアな感じはありませんでした。


球のつかまりも良く、右に抜けにくいです。


自然に、ちょっとつかまり気味の球が打てる感じ・・・。といったらいいでしょうか?


ニュートラルを『0』、フックを『2』、スライスを『マイナス2』とするならば、このドライバーは自然に『1』くらいが自然に出てしまう感じがしました。



操作性
『操作性』という点では、直線性が高いので、大きく左右に曲げるのは難しく感じました。


いい意味で、それほど反応の速くないドライバーだと思いました。


私がフッカーだからなのかもしれませんが、どちらかといえばフック系のほうが易しく感じました。


かなりカット目にも打ってみたのですが、球はそれほど大きく右に曲がりませんでした。


オートマチックタイプのドライバーだと思いました。


左へのプレッシャーを感じることなく、楽な気分で振り抜くことができました。



ヒール側
このドライバーの重心は深いほうだと思います。


いわゆるお尻の重たいドライバーのもつ安定感と打ち出しの高さがありました。


浅い重心のドライバーも人気がありますが、改めて深い重心のドライバーの有利性も感じました。


以前も書きましたが、私たち日本人には深い重心のほうが合いやすいという方のほうが多いのではないでしょうか?



PRGR RS ドライバー F
色々なドライバーを試打していると、空気の『抵抗感』といいますか『摩擦力』に負けてしまっているな・・・。と感じることがあるのですが、このドライバーにはそれをあまり感じませんでした。


とにかく前に進む力が強いです。


インパクト直後に、ボールが空気に吸い込まれていく感じ・・・。といったらいいでしょうか?


ポテンシャルの高さを感じました。



PRGR RS DRIVER F
プロギアは元々、高性能なクラブを作るメーカーですし、これまでも素晴らしい物をたくさん世に送り続けてきました。


他のメーカーには無い『独自性』があり、常に流行を作るメーカーだと思っています。


流行に『乗る』のではなく、『作る』メーカーだと思っています。


他のメーカーが後から追ってくるということが、これまでもありました。



PRGR RS DRIVER F
古くはZOOMを発表して『ユーティリティブーム』が起きましたし、TR DUOの登場によってクラウンのカーボンコンポジットが流行りました。


私はTR DUOを数年間愛用していましたし、『銀チタン』にもお世話になりました。


PRGRのクラブにはずっといい印象をもっていますが、このドライバーは凄いポテンシャルがあるな・・・。と思いました。


これはヒットだな・・・。と思いました。



PRGR RS DRIVER F
軽量タイプで安定性もあるので、イージー系のドライバーといっていいと思いますが、頼りなさのようなものはありませんでした。


シャフトを変えれば、もっと強い球を打てそうだな・・・。と思いました。


飛距離性能がかなり優れているドライバーですが、特に気に入ったのは『球の粘り』です。


ボールの落下角度が緩やかで伸びのあるところが気に入りました。


キャリーを充分稼げるのですが、この落下角度だとランもかなり稼げそうです。


ヘッドのポテンシャルはかなり高いので、スインガーの方からヒッタータイプの方まで幅広い層に支持されるのではないでしょうか?


プロギアの深い研究を感じました。
















テーマ : 写真日記 - ジャンル : 写真

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション プロギア RS ドライバー F

2016年10月03日

プロギア RED TITAN FACE アイアン

プロギア RED TITAN FACE アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブPRGR RED TITAN FACE アイアン の7番です。



M-37
シャフトは M-37 です。

ロフトは28度、クラブ長さは37.5インチ です。



正面
プロギアREDシリーズの新しいアイアンです。


機能性を感じさせながらも、シンプルなデザインがとてもいい感じです。


REDという名前ですが、赤ではなくオーソドックスな色です。



側面
ラージサイズのアイアンですが、ボテッとしていないのがいいです。


それほどシャープな感じはしませんが、違和感をもたせないような配慮がなされているんだろうな・・・。と思いました。



彫りの深さ
彫りの深さはしっかりとあります。


重心の深そうなアイアンです。



ソール幅
ソール幅は、ややワイドといった感じです。


広すぎないところに好感がもてました。


広すぎると私は苦手に感じることもあるのですが、これくらいであれば普通に打っていけそうだな・・・。と思いました。


ソールもそうですし、リーディングエッジやトレーリングエッジも丸みを帯びていました。


全体的に丸みがあります。


抜けの良さにもこだわっているようです。


最近のアイアンの特徴といっていいと思います。



ネック長さ
ネックは少し短めに見えましたが、今のアイアンの中では標準的なほうだと思います。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。


名前通り、いかにもチタンフェースといった感じがします。


ワンピースタイプのアイアンではなく、後からフェース面を貼り付けているような感じです。


昔からチタンフェースのアイアンはたくさんありました。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップは、まずまずでした。


シンプルなデザインです。


それほどしっとりした感じはしませんが、適度な柔らかさはありました。



振り感
素振りをしてみても、軽く感じます。


最近はカーボンシャフト装着モデルが増えてきました。


昔に比べ、カーボンシャフトがすごく進化しているので、これからもっと増えると思います。


私はずっとスチールを使っているのですが、カーボンしか使わないという方も多いのではないでしょうか?


昔のカーボンは強度が不足していたり、物足りなかったりする物が多くありましたが、今はかなり改善されています。


カーボンでもスチールのような重量感としっかり感のあるシャフトの数も増えてきました。



構え感
ボールを前にして構えた感じは、まずまずでした。


私の中のストライクゾーンとはちょっと違うのですが、特に違和感は無かったですし、強い苦手意識のようなものも芽生えませんでした。


ラージサイズでグースも利いていました。


トップラインはカーブを描いているので、易しく包み込むイメージをもたれる方も多いのではないでしょうか?


機能性アイアンらしい構え感をもったアイアンです。


今はこういうタイプのニーズが高まっていると思います。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はしっかりという感じでした。


柔らかいというフィーリングとはちょっと違っていました。


球がしっかりと乗るというよりは、バーンと弾く感じです。



トゥ側
球はあがりやすくて、イージーなタイプです。


幅広い層に受け入れられそうです。



バックフェース
『安定性』は高いです。


スイートエリアも、かなり広く感じました。


少々の打点のブレには目をつむってくれるタイプのアイアンです。


大らかさを活かして攻めていける感じがします。



飛距離性能
『飛距離性能』も、優れていました。


今のディスタンス系アイアンと全く遜色ない、レベルの高い飛びです。


何が何でも飛距離を最優先というタイプでもないと思ったのですが、飛距離をアイアンにも求めたい方に、試していただきたいと思いました。


今のアイアンに多いですが、『番手感覚』を無くしてしまいそうな感じがします。



操作性
『操作性』は、まずまずでした。


大らかさが勝ってしまうところもありましたが、左右へも曲げることができました。


大きく曲げるのは難しく感じましたが、『直進一辺倒』というタイプではないと思いました。


易しさを活かしながら、自分なりのちょっとした味付けを楽しめるアイアンだと思いました。



ヒール側
PRGR REDシリーズらしい、高い機能性をもったアイアンです。


フィーリングよりも、まずは『易しさ』を求めていきたい・・・。という方には是非試していただきたいと思いました。



プロギア RED TITAN FACE アイアン
正直、私が求めるフィーリング性能ではなかったのですが、最初からこのようなタイプをずっと使い続けていれば、こういうタイプが最高になるのかな?という思いもありました。


ゴルフはキャリアの最初のうちに出会ったクラブが、そのゴルファーの今後を大きく左右するのは間違いないと思います。


まだ真っ白な状態のときに、どのようなクラブに出会ったか?ということはとても重要だと思います。


そういう意味でも、私はとてもラッキーだったと思います。


ビギナーの頃から、素晴らしいクラブにたくさん出会うことができたと自信を持って言えます。



PRGR RED TITAN FACE アイアン
今は色々なタイプのクラブがあって、選ぶのに迷ってしまうところもありますが、いいクラブに出会うことができれば、その人のゴルフ人生はとても豊かになると思います。


最初は借り物やもらい物のクラブでゴルフを始められる方も多いと思います。


私はそうでした。


しかし出来れば、なるべく早い内に自分専用のマイクラブを作られるといいと思います。


そのクラブを軸にして、色々なクラブに出会うと、『自分なりの物差し』ができると思います。



PRGR RED TITAN FACE アイアン
クラブに易しさを求めたいのであれば、それもいいと思いますし、逆に易しすぎずあくまでも自分自身のスキルを上げていきたい・・・。という方もいらっしゃると思います。


どちらもいいと思いますし、その人の考え方によるところが大きいのだと思います。


ルールによる制限などもありますし、クラブの性能には『上限』が決まっています。


しかし、『プレイヤーの技量』には上限がありません。


いくら上手くなってもいいですし、いくら飛ばしても誰にも文句は言われません。


プレイヤーの可能性は無限です。


これはプロアマ問わず、言えることです。



PRGR RED TITAN FACE アイアン
ただ、ひとつだけ確かなことは、特に若い方にいえることなのですが、『最初から軽くし過ぎないほうがいい』ということです。


球があがりやすくて寛容なクラブを使うことはとてもいいと思いますが、軽すぎるクラブを使うのはずっと先にとっておいたほうがいいと思います。


年齢を重ねて、どうしても重くて振り切れなくなったと感じたときに初めて少しずつ軽くしていけばいいと思います。


最初から軽くし過ぎてしまうと、もうそれ以上はなくなってしまいます。


適度な重量はスイングの安定をもたらしてくれますし、ゴルフがシンプルになります。



PRGR RED TITAN FACE アイアン
この軽量アイアンを試打しながら、そんなことを考えていました。


このアイアンは高い機能性があってハイテクタイプですが、かなり軽いので若い方にはあまりお勧めはできないかな?と思いました。


しかし聞くところによると、このアイアンはスチールもラインアップされているそうなので、そちらは是非試していただきたいと思いました。


その人に合った重量と、このアイアンのハイテクさが上手く合致すれば高いパフォーマンスが期待できそうだな・・・。と思いました。
















プロギア RED TITAN FACE アイアン

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア RED TITAN FACE アイアン

2016年08月25日

プロギア RED ドライバー

プロギア RED ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは プロギア RED ドライバー です。



M-37
シャフトは M-37 です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは46インチ、シャフトフレックスはM-37、シャフト重量は40g、クラブ総重量は267gです。



正面
プロギアREDシリーズのニュードライバーです。


プロギアには色々なブランドがありますが、このREDシリーズも人気が高いです。


私の周りにも愛用者がいます。


REDシリーズは、プロギアの技術がふんだんに盛り込まれたハイテククラブという印象があります。



側面
ラージサイズでシャロー感も強いです。


この黒い色が存在感を高めています。


REDシリーズは、そのスペックなどから、エグゼクティブゴルファー向けといいますか、ベテランゴルファーの方に合いやすいように作られている印象があるのですが、ゴールドではなくブラックです。


全体的に光沢感のあるブラックです。



ネック長さ
ネックは短めですが、見慣れた長さです。


かなり重心が低そうです。



アクセサリー
バックフェース付近にある、このアクセサリーのような物が目立っていました。


この位置にあるということはウェイトでしょうか?


真ん中に三つの丸い穴があります。


専用の工具を使えば交換できそうですが、何となく交換できないだろうな・・・。と思いました。


そんな雰囲気がありました。



矢印のような模様
ヒール側にある、この矢印のような模様も大きな存在感を放っていました。


これには、どのような意味があるのでしょうか?


PRGRのやることなので、決して無意味ではなく、何か特別な意味があるのだと思います。


このように、分からないまま試打をするというのが楽しくてたまりません。


このクラブの特性を全部感じ取れたらいいな・・・。と思いました。



ヒール側の凹み
ヒール側

トゥ側の凹み
トゥ側

ヒール側とトゥ側には小さな凹みがありました。


赤く塗られているということもあり、よく目立っています。


これは適正な重量配分によるものでしょうか?


トゥ側とヒール側にはウェイトが配置されている物も少なくないですが、このドライバーはウェイトの代わりに『凹み』でした。


すっきりして見えます。



スコアライン 溝無し
フェース面のデザインは、見慣れた感じがします。


フェース面の真ん中付近を指でなぞってみたのですが、溝はありませんでした。


スリクソンのドライバーを思い出しました。


スコアラインのような見た目にはしているけど、強度の関係で溝にしなかったのかな?と思いました。


見るからに、『弾き』にこだわっているように感じられます。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップはシンプルでした。


特に変わったところは見られません。



シャローヘッド
シャロータイプのヘッドです。


重心が低そうですし、それ以上に深そうな感じがします。


浅重心タイプのドライバーとは雰囲気が全く違っていました。



顔
顔は好感がもてました。


これまでの感覚だと、このようなタイプのドライバーは、かなりの『つかまえ顔』だったり、オフセットがきつめだったりすることが多かったのですが、このドライバーにはそのようなことはありませんでした。


すっきりしていました。


ヘッド後方が少し伸びていましたが、よく見られることですし、気になるほどではありませんでした。


物理的な性能だけでなく、プレイヤーの感覚にも配慮されて作られているんだろうな・・・。と思いました。


さすがはPRGRだな・・・。と思いました。



振り感
素振りをしてみたら、かなりの軽量で軟らかいタイプでした。


ヘッドだけ見ると、結構重量感がありそうですが、振ってみるとそんなことは全くありませんでした。


ベテランゴルファーの方をターゲットにしたクラブなんだな・・・。と改めて思いました。


何回か素振りを繰り返していって、タイミングが整ってきました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、好感がもてました。


フェースが被っているようには見えなかったのですが、つかまりが良さそうな感じが強く出ていました。


少しアップライトに感じられました。


振り抜けば自動的に球がつかまり、真っ直ぐからやや左へ飛びそうなイメージが浮かんできました。


私は左へのミスがとても怖いのですが、このドライバーの構え感は苦手なタイプではありませんでした。


しっかりと対処できるタイプに感じられました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、いい感じです。


ずっしりとした重量感というよりは、やや軽めの打感ですが、はっきりしていてボヤけた感じがしません。


しっかりとインパクトを感じとることができました。


はっきりした打感ですが、硬すぎず、いい感じでした。



打球音
『音』も好感がもてました。


大きすぎず、爽快感のある音です。


しっかりと振り抜くことができました。


音によって、そのクラブに対する印象が大きく変わってくることも多いですが、このクラブの音は好感がもてました。



トゥ側
球はあがりやすいです。


かなり高弾道なタイプです。


ロフト(10.5度)ということもありますが、もっと低く抑えていきたい・・・。というほどでした。


球も浮きやすいですし、タフな要素は全く感じられませんでした。



バックフェース
『安定性』も高いです。


私にはかなり軽量でシャフトも軟らかいので、最初の数球はあまりいいところでヒットできないかもしれない・・・。と思っていました。


しかし、一球目からとてもいいところでヒットすることができました。


フェースの真ん中よりも、ちょっと上のところに当たりました。


それから続けて打ってみたのですが、ほぼ同じところにマークが残っていました。


打つ前に素振りを繰り返したということも、この好結果につながっていると思うのですが、思いの外まとめやすいのが印象的でした。


球も曲がる要素があまりなく、同じような軌道を描いていました。


リストを利かせて、ボールの横っ面をビンタするような感覚といったらいいでしょうか?


シャフトは軟らかいですが、遅れずついてきてくれたので、合わせに行かず振っていくことができました。



飛距離性能
『飛距離性能』も、いい感じでした。


このスペックのドライバーの中では、間違いなくトップレベルにあるといっても過言ではないような気がしました。


フェース面を見たときに感じていた通り、かなり弾き力が強いです。


弾道がパワフルであっという間に飛び去っていきました。


今は高反発モデルが増えてきているので、このドライバーもひょっとしたらそうなのかな?と思ったのですが、バックフェースにはSLEルール適合だという文字がありました。


ルールギリギリまで、『ミリ単位』で反発力を高めているのではないでしょうか?


フェース面もそうですが、ヘッド全体でボールを弾き飛ばしているように感じられました。



操作性
『操作性』という点では、あまり操作するタイプではないと思いましたが、曲げることもできました。


最初つかまりそうだな・・・。と思ったからなのか、私はフックボールのほうが打ちやすく感じられました。


フェースは被っているように見えませんでしたが、球は逃げずしっかりとつかまった球が打ちやすいクラブだと思いました。


一時期よく見られた『スライス撲滅』『センターから左専用』・・・。といったタイプとはまたちょっと違うような気がしますが、大型ヘッドのウィークポイントである『つかまりの弱さ』をあまり感じないドライバーだと思いました。



ヒール側
高い機能性を感じさせるドライバーですが、それが嫌みになっていないのがいいと思いました。


均整の取れたデザインといったらいいでしょうか?


外見だけで無く、隠されたところにもプロギアの工夫がギュッと詰め込まれているように思います。



PRGR RED DRIVER
このドライバーの一番の特長は、何といっても弾きの強さです。


構えやすさや打感の良さなどもありますが、このパワフルな弾道が強く印象に残りました。


弾道は高めですが、弱々しい感じではなく、しっかりと『意思を持った』といいますか、『意味のある高さ』だと思いました。



PRGR RED ドライバー
今の主流といってもいい『低スピン性能』が秀でているとはあまり思わなかったのですが、この弾きの強さで飛ばしていくのはアリだと思いました。


『タイプの違う飛び』があることで、私たちユーザーは選択肢が増えるので嬉しいことです。



PRGR RED ドライバー
ドライバーには調整システムがないと嫌だ・・・。という方には、あまりお勧めできないような気もしますが、基本性能はかなりしっかりしているので、多くの方に試していただきたいドライバーです。
















プロギア RED ドライバー

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア RED ドライバー

2016年08月01日

プロギア RS TITAN FACE アイアン

20160731153749
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア RS TITAN FACE アイアン の7番です。



N.S.PRO
シャフトは N.S.PRO です。

ロフトは30度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはM-40 SR、シャフト重量は84g です。



正面
機能性を感じさせながらも、とても美しい仕上がりになっています。


易しそうな印象がありますが、それが強調されていないのがいいです。



側面
オーソドックスな形のポケキャビといったところでしょうか?


奇をてらったところは見られません。



彫りの深さ
彫りの深さはまずまずです。


バックフェース部分がプクッと膨れていないところがとてもいいです。



ソール幅
ソール幅はノーマルな感じです。


ワイドという感じはしませんでした。



ソールのウェイト
しかし、ソールにウェイトが配置されているのが分かりました。


ソールを広くし過ぎず、ウェイトを組み込むことによって、低重心が実現できているのだと思います。


メーカーの心遣いが感じられます。



リーディングエッジ&トレーリングエッジ
リーディングエッジとトレーリングエッジの丸みが強調されていました。


抜けの良さにもこだわっているようです。


最近は、このようなタイプのアイアンが多くなりました。



ネック長さ
ネックはやや短めです。


細いというよりは、やや太めで『寸胴タイプ』に近いです。


グースの効きが分かりましたが、それほどきつくないので好感がもてました。



トップライン
トップラインは少し厚めでしたが、気になるほどではありませんでした。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。


名前の通り、チタンフェースなのだということが、こうして見ているだけで分かります。


これまで同様のアイアンにたくさん出会ってきました。


アイアンのボディにチタンを貼り付けたような感じです。


アイアンはワンピース構造が理想ではあるのですが、機能性をもたせるには異材をコンポジットする方法が有効なのだと思います。


昔は大雑把なタイプもありましたが、今ではかなり見た目も良くなってきています。



構え感
ボールを前にして構えてみると、予想していたよりもいい印象をもちました。


これまでの経験から、少しクセのある感じかと思っていましたが、それほどでもありませんでした。


普通に構えることができました。


やや大きめのサイズでオフセットも少し利いていますが、苦手意識のようなものは芽生えてきませんでした。


この顔よりも軽量感を警戒しないといけないな・・・。と思いました。


マニュアルタイプではなく、オートマチックタイプの顔をしているので、色々なイメージが色濃く浮かんでくるということはなかったのですが、不安に感じるところはありませんでした。


暴れることなく、無難に打っていけそうな予感がしました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、まずまずでした。


ソフトというよりは、少し『しっかりめ』でしたが、特に問題ないと思いました。


『球の乗り』がいいということはなく、どちらかというとバーンと弾く感じですが、これまでもたくさん経験していますし、このフィーリングはある程度予想していました。



トゥ側
球はあがりやすいです。


タフな感じは全くしません。


ソールのウェイトもよく効いているのでしょうか?


自然に球が浮き上がっていくような印象をもちました。


アイアンをレベルに近いイメージで打っていきたい・・・。という方には、とても易しく感じられるアイアンといえるのではないでしょうか?



バックフェース
『安定性』も高いです。


船でいうと『大船タイプ』といったところでしょうか?


少々の時化には動じない感じがしました。


打点のブレにも寛容で、ほぼ自動的に球を目的地まで運んでくれるタイプです。



飛距離性能
『飛距離性能』も優れています。


易しく飛ばしていけるタイプです。


性格が尖っていて、飛んだり飛ばなかったり・・・。ということにはなりにくく、確実に飛ばしてくれる感じがしました。


易しさと飛距離のバランスが取れていると思いました。


あまりゴチャゴチャした感じはなく、すっきりしていますが、見えないところにメーカーの工夫がたくさん組み込まれているのだと思います。



操作性
『操作性』は、まずまずでした。


オートマチック感のほうが勝ってしまうので、微妙なコントロールはしづらい感じもしましたが、左右にも同じように対応してくれました。


やや大顔タイプに見えましたが、球が右にすっぽ抜けることもなく、しっかりとつかまえてくれました。


イージー系アイアンの短所を上手く消しているような印象をもちました。



ヒール側
プロギアらしい、機能性と感性のバランスが取れたアイアンだと思いました。


いくら物理的に易しいアイアンでも、構えづらかったり、フィーリングが合わなかったりすると難易度はグッと上がってしまいますが、このアイアンにはそういったことを感じませんでした。


易しいタイプのアイアンですが、感性も犠牲になっていないと思いました。



プロギア RS TITAN FACE アイアン
プロギアは昔から、このようなタイプのアイアンが多いように思います。


『易しさ』とは色々な要素が絡み合っていると思うのですが、その中でも特に重要な『プレイヤーの感性』を大切にしているような気がします。



PRGR RS TITAN FACE アイアン
いくら親しみやすいタイプのアイアンでも、構えづらかったりフィーリングが良くなかったりすると、すぐに球を打つのを止めてしまうこともあるのですが、今日は予定の球数を打ちました。



プロギア RS チタンフェース アイアン
私がこだわる『アイアンはこれでないと』というところに、このアイアンは外れているので、購入することはないですが、とても面白いアイアンだと思いました。



PRGR RS チタンフェース アイアン
アイアンは軟鉄にこだわらない方。


軟鉄以外の素材でもいいし、とにかく易しくて変なクセのないアイアンが欲しい・・・。という方には是非試して頂きたいと思いました。


















プロギア RS TITAN FACE アイアン

プロギア プロモデルキャディバッグ PRCB-161

プロギア プロ仕様コンパクトキャディバッグ PRCB-162

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア RS TITAN FACE アイアン

2016年07月25日

プロギア RS フェアウェイウッド

プロギア RS フェアウェイウッド
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブプロギア RS フェアウェイウッド の3番です。



M-43
シャフトは M-43 です。

ロフトは15度、クラブ長さは42.5インチ、シャフトフレックスはM-43、シャフト重量は58g、トルクは4.1、バランスはD1.5、クラブ総重量は326gです。



正面
プロギアRSシリーズのFWです。


プロギアのニューモデルなので、おそらくたくさんの技術や工夫が組み込まれていると思うのですが、こうして見る限り、とてもシンプルです。


見えないところに、たくさんの新たな技術や工夫が組み込まれているのではないでしょうか?



側面
シャロー感の強いFWです。


こういったところは、今のFWらしい感じがします。



ネック長さ
ネックは短めでした。


何といいますか、独特な雰囲気がありました。


ヘッドとシャフトを無造作に組み込んでいるように見えました。


こういった『裏』といえるところに、色々なものが見えるように思います。


何となくですが、海外製っぽい雰囲気が感じられました。


これまで、メーカーは違っていても、同じような雰囲気のするクラブにたくさん出会ってきました。



ヒール側の溝のようなもの
ヒール側

トゥ側の溝のようなもの
トゥ側

ヒール側とトゥ側には、それぞれ4本ずつ、溝のようなものがありました。


これにはどんな意味があるのでしょうか?


PRGRのやることなので、おそらく何らかの大きな意味があるのだと思います。


無駄な細工はしないイメージが、PRGRにはあります。



nabla DESIGN
バックフェースには『nabla DESIGN』という文字がありました。


名前はRSとなっていますが、ナブラの後継モデルなのだということが分かりました。



シャローバック
かなりのシャローバックです。


今は、こういうタイプがとても多くなりました。


昔はここまでシャローだと構えづらい物も多かったのですが、今はそういったことは解消されているクラブのほうが多いように思います。


なので、このシャローバックを見ても、違和感などはありません。



溝なし
フェース面のヒッティング部分には溝が入っていませんでした。


ギリギリの強度を保つ為でしょうか?


これまでも違うメーカーで何度か見てきました。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップは、ラバータイプらしく、手に馴染みやすいので好感がもてます。


比較的シンプルなグリップです。



顔
丸っこい顔をしています。


ヘッド後方が少し伸びているように見えましたが、気になるほどではありませんでした。



振り感
素振りをしてみた感じは、まずまずでした。


全体的に、ソフトスペックに仕上がっています。


ヘッドもそうでしたし、装着されているシャフトも、ハードな印象は全くありませんでした。



構え感
ボールを前にして構えてみると、なかなかいい感じでした。


スプーンというよりは、バフィを構えているような感覚がありました。


そういえば、最近はバフィをあまり見なくなったな・・・。と思いました。


バフィの役目をクリークがやったり、逆にスプーンがやったりするように感じることは常にあります。


『14本以内』というルールがあるので、メーカーも様々な工夫をしているのだと思います。


フェース面がよく見えましたし、ボールがあがりやすそうです。


ライナー系のイメージは全く出ませんでした。


高弾道のイメージしか浮かんできませんでした。


このクラブのロフトは『15度』ということですが、おそらくといいますか、かなりの自信を持って


「違うな・・・。もっと寝ているな・・・。」


と思いました。


直打ちのままでも充分上がってくれそうだったので、そのままティアップせずに打つことにしました。


ヘッドは大きすぎないですが、シャロー感があって、大らかさが感じられました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は良い感じでした。


しっかりしていますが硬すぎず、伝わるものがはっきりしているので、好感がもてました。


すごくソフトというよりは、どちらかというと『しっかり系』の打感でした。



打球音
『音』は、はっきりとした金属音でした。


高すぎず、大きすぎず、好感のもてる音でした。



トゥ側
球はとてもよくあがりました。


構えたときに、バフィに近い感じがしていたのですが、実際に球を打ってみても、バフィのような弾道の高さでした。


ボールがしっかりと浮いてくれました。


見た目とても硬派っぽい感じもしますが、全然タフなタイプではなく、親しみやすさがありました。



バックフェース
『安定性』は、なかなかいい感じでした。


ラインも出しやすいです。


寛容さも結構あるように感じました。


フェース面の半分以上は、おそらくスイートエリアではないかな?と思えるくらい、易しさを感じました。


『大らか』という言葉が合うな・・・。と思いました。



飛距離性能
『飛距離性能』という点では、PRGRらしいレベルの高さを感じました。


高いレベルを安定して維持し続けてくれそうだな・・・。と思いました。


PRGRのFWは昔から飛距離性能に長けたものが多く、私が愛用していたDUO HITなどもありますし、最近では3年前に試打した『NEW egg SPOON』のことが忘れられません。


クラウン部分がくり抜かれているタイプで独特な感じがしますが、飛距離性能は本当に素晴らしかったです。


今も高性能なFWがたくさん登場してきていますが、それでもNEW egg SPOONの印象が薄まることはありません。


もう生産が中止されているモデルではありますが、中古ショップなどで見つけることができたら、ラッキーといっていいように思います。


このRSフェアウェイウッドもいい感じなので、今度もし実現することができたら、NEW egg SPOONと打ち比べてみたいと思いました。


最新モデルの良さを感じながら、改めてNEW egg SPOONの良さを再認識するような気がします。


それくらい、いいFWです。


PRGRは本当にFWを作るのが上手いメーカーだと思います。



操作性
『操作性』は、まずまずでした。


左右にも対応してくれましたが、どちらかというとあまり細工をせずに自然に振り抜いていきたいタイプだな・・・。と思いました。


大きく曲げるのはちょっと難しいように感じました。



ヒール側
構えたときにバフィのように見えたこともありますし、バフィのような浮きやすさ・あがりやすさがありました。


それでいて飛距離性能はバフィーではなく、立派にスプーンの距離を出しているので、『スーパースプーン』といった感じかな?と思いました。



PRGR RS FW
見た目はとてもすっきりしていてシンプルな作りになっていますが、やはり色々な工夫が組み込まれているのは間違いないと思いました。


ゴチャゴチャしていないので、イメージや空気感が他に持って行かれないところも好感がもてました。


優れたメーカーは、シンプルさを出しながらも、バランスの取れた高性能なクラブを作るという印象があります。


プロギアはまさに、その代表格といっていいと思います。


時代を作った、変えたメーカーのひとつであると思います。



PRGR RS フェアウェイウッド
ソールの丸みが絶妙だな・・・。と思いました。


今日はマットの上からなので分かりませんが、実際の芝の上でも高いパフォーマンスを発揮してくれそうです。



PRGR RS フェアウェイウッド
正統派っぽいといいますか、いかにもアスリートモデルらしいデザインではありますが、『易しさ』という点でも優れているので、多くの方に試していただきたいと思います。


ソールがいい仕事をしてくれるので、少々手前から入ったとしても、上手く滑ってくれボールを上げてくれるFWです。


親しみやすさがありましたし、この易しさは実戦向きだと思いました。


何と言っていいのか、よく解りませんが、『内容の濃いFW』だと思いました。


色々と考えさせてくれ、また感じることも多かったクラブです。



















PRGR RS フェアウェイウッド

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション プロギア RS フェアウェイウッド

2016年07月20日

プロギア RS FORGED アイアン

プロギア RS FORGED アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブプロギア RS FORGED アイアン の7番です。



N.S.PRO
シャフトは N.S.PRO です。

ロフトは32度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはM-43 S、シャフト重量は94g、トルクは1.9、バランスはD1、クラブ総重量は420gです。



正面
PRGRのニューアイアンです。


ニューモデルが登場するのを、ずっと待っていました。


PRGRは、いつも気になっているメーカーのひとつです。


これまでPRGRのクラブを愛用してきて、いい思い出がたくさんあるということもありますし、PRGRは『意味のあるクラブ造り』をしているという印象があるからです。


私の中でのメーカーの『信頼度』や『貢献度』というものがあるのですが、プロギアはとても高いです。


プロギアのクラブは優れた物が多いですし、PRGRによってクラブが進化していったのは事実だと思います。


『先進性』をもったメーカーだと思います。


時代を造ったところもあると思います。



側面
形状はオーソドックスな感じです。


最初、マッスルバックかな?と思いましたが、少し膨らんでいるように見えたので、中空かな?と思いました。


これまでたくさん中空タイプのアイアンやユーティリティを試打してきているので、それと似た雰囲気がありました。



彫りの深さ
彫りは浅く、マッスルバックのような形状ですが、こうして見てもやはり『中空感』がありました。


アイアンの形状をキープしながら、ユーティリティのようなあがりやすさを追求しているのかな?と思いました。



ソール幅
ソール幅は少し広く見えましたが、今ではノーマルといえるのかもしれません。


トゥからヒールにかけて微妙にカーブしているので、包み込むイメージが出せるのではないかな?と思いました。



リーディングエッジ
リーディングエッジには削りが入っていました。



トレーリングエッジ
トレーリングエッジは、それ以上に削りが目立っていました。


最近は、こういうタイプのアイアンが増えてきました。


今のトレンドは『抜けの良さ』でしょうか?


多くのメーカーの共通点といっていいと思います。


昔のアイアンには見られなかった工夫です。



ネック長さ
ネックは、やや短めでした。


もっと長いと予想していたのですが、そうではありませんでした。


低重心を感じさせます。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。


ノーマルなフェース面です。



トップライン
トップラインは、やや厚めでしたが、目立つほどではなく、適度な範囲に収まっています。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップは、なかなかいい感じです。


最近は色々なパターンのグリップが増えてきていますが、このグリップはシンプルです。



構え感
ボールを前にして構えてみると、なかなかいい感じでした。


整った形ですが、それほどシャープさはなく、むしろマイルドな感じの構え感でした。


グースがきついのかな?と思っていたのですが、そうではありませんでした。


逃がすイメージも出しやすいです。


小顔というタイプではないですが、大顔ではないので、ボールとの大きさの相性もいいと思いました。


リラックスして構えることができました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、なかなかいい感じでした。


適度なソフト感がありました。


しかし、実際に球を打ってみて、やはり中空ではないかな?と思いました。


『無垢』といいますか、中味がギュッと詰まってはいないように感じられました。


マッスルバックやハーフキャビティの『詰まったフィーリング』とは、ちょっと違うな・・・。と思いました。


『厚みで押していける』タイプではないと思いました。


これまでの経験から、そのように感じました。


何といったらいいでしょうか?


独特の『振動数』だな・・・。と思いました。


『フェースの振動数』を感じました。


普通、振動数というと、シャフトの硬さを表す目安となるものですが、ヘッド(フェース)にもインパクトの時の振動数があると思っています。


マッスルバックやハーフキャビティのような厚みのあるアイアンだと、その振動の幅が小さいといいますか、きめ細かくて速い感じがします。


対して、薄いタイプのアイアンはペチャッとした打感が多いですし、振動といいますか、揺れの幅が大きいように感じることがあります。


このアイアンは、それに近い打感でした。


それはあくまでも私の感覚的なことに過ぎないのですが・・・。


最初に予想していた打感とは違いますが、好感がもてました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』は、なかなかいい感じでした。


見た目より、あがりやすいアイアンだな・・・。と思いました。


こういったところが、プロギアのクラブのいいところだと思います。


見た目の良さを維持しつつも、易しさも兼ね備えているという感じがしました。



バックフェース
『安定性』という点では、どちらかといえば正直なタイプだと思います。


寛容さは、それほど大きくないと思いました。


見た目の印象と、ある程度同じでした。



飛距離性能
『飛距離性能』は、それほど飛びを求めているタイプではないと思いました。


標準的という感じがしますが、今は飛び系アイアンが多いので、飛ばないほうといえるのかもしれません。


アスリートモデルらしい見た目ですが、その見た目通りの飛距離性能だと思いました。


『飛びすぎない易しさ』といったらいいでしょうか?


まとめやすい感じがしました。



操作性
『操作性』は良いです。


左右に、いい感じで対応してくれました。


クセのようなものは無く、ニュートラルな印象をもちました。



ヒール側
カッコ良さと易しさのバランスが取れているアイアンだと思いました。


球もあがりやすく、タフな印象はありませんでした。



PRGR RS FORGED アイアン
試打しながらずっと、『アイアン9割・ユーティリティ1割』という印象をもっていました。


そういった意味での『ハイブリッド』的なところを感じました。



PRGR RS FORGED アイアン
もちろん、実際はアイアンの要素が圧倒的に強いのですが、そう感じるくらい、このアイアンが見た目以上に易しく仕上がっていると思いました。


マッスルバックのような外見でありながら難しすぎず、親しみやすさも兼ね備えていると思いました。



PRGR RS FORGED アイアン
PRGRは同時に複数のモデルを発表してくるので、他のクラブもどのようなタイプなのか、とても楽しみです。


見とれてしまうようなマッスルバックやハーフキャビティも登場するのでしょうか?



PRGR RS FORGED アイアン
プロギアは、アイアンよりはドライバーやFW・UTが得意という印象がありますが、このアイアンはカッコ良さと易しさのバランスが取れているのでいいな・・・。と思いました。


見た目は難しそうに見えるかもしれませんが、実際は易しさも充分兼ね備えているので、敬遠すべきアイアンではないと思いました。



PRGR RS FORGED アイアン
フルキャビティやポケットタイプのアイアンではなく、マッスルバックやハーフキャビティのような外観の美しさをもちながら、神経質なタイプではなく、大らかさも持っていて欲しい・・・。という方には、是非試していただきたいと思いました。


見た目の印象以上に易しいな・・・。と感じられる方も、結構いらっしゃるのではないでしょうか?



PRGR RS FORGED アイアン
シンプルな外見ですが、見えないところにメーカーの様々な工夫がされているのだと思います。


こういった細かいところまで技術が行き届いているのも、日本メーカーの特長だと思いました。


今年もプロギアから、いいクラブがたくさん出てくるような予感がしました。


このアイアンは好感がもてたので、また何度でも試打してみたいです。



















プロギア RS FORGED アイアン

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア RS FORGED アイアン

2016年04月21日

プロギア SUPER egg スプーン

PRGR SUPER egg SPOON
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
PRGR SUPER egg SPOON です。



M-40

シャフトは M-40 です。

ロフトは16度、クラブ長さは43インチ、シャフトフレックスはM-40、トルクは6.2、クラブ総重量は304gです。



正面

プロギアエッグシリーズのFWです。


プロギアはドライバーやFWに名器がたくさんあります。


アイアンやウェッジもいいですが、ウッド系が特に得意なメーカーだという印象があります。


その中でも、エッグシリーズは『易しさ』に特化して実用性の高いクラブが多いように思います。


特に数年前に出会った、エッグスプーンはとてもよく出来ていたので、印象が強いです。



側面

シャロー感があって、これまでのエッグスプーンと同じような形状です。



ネック長さ

ネックも短くて、エッグらしいです。



ソールの溝

しかし、ソールに溝があって、少し驚きました。


テーラーメイドがブームの火付け役になった、ソールの溝がプロギアのクラブにも採用されています。


プロギアは『後追い』ではなく、『先行型』のイメージが強いので意外でしたが、それだけ、この溝の効果は絶大なのでしょうか?



ソールの溝

深さも結構あります。



16

スプーンでロフトが16度というのは珍しいな・・・。と思いました。


16度だとスプーンというよりは、バフィのイメージが強くなりますが、ロフトを寝かせることによるメリットが大きいのだと思います。


いつか、プロギアエッグバフィとか、プロギアエッグクリークが発売されるのかな?と思いましたが、それらはひとまとめにFWで発売されるのだろう・・・。と思いました。



溝無し

美しいフェース面ですが、ヒッティング部分に溝がありませんでした。


最近、こういうタイプをよく見かけるようになりました。


スリクソンのクラブを思い出しました。


溝が無いのは、強度の関係なのかな?と思いました。



シャローヘッド

エッグらしい、シャローヘッドです。


このシャローヘッドに親近感をもたれる方も多いのではないでしょうか?


とてもあがりやすそうな形状です。


少々薄めに当たっても、そのまま浮かせてくれそうです。



顔

なかなかいい顔をしています。


一目見て、以前試打したロッディオのFWを思い出しました。


よく似ているな・・・。と思いました。



クラウンの凹凸

クラウンに凹凸がありました。


ここの部分がよく目立っているので、ロッディオのクラブを思い出したのですが、ロッディオは溝だったのに対して、このクラブは出っ張った感じになっています。


『凹凸』でいえば、全く逆ではありますが、これにも大きな理由があるのだと思います。



NON-CONFORMING TO R&A/USGA RULES

ソールには『NON-CONFORMING TO R&A/USGA RULES』の文字がありました。


高反発モデルなのだと分かりました。


ドライバーではお馴染みですが、FWでは珍しいように思います。


以前、高反発のアイアンも試打しましたが、今度は高反発のFWです。


エッグシリーズは、これからも高反発モデルを主力モデルとしていくのでしょうか?


競技ゴルファーではなく、あくまでもエンジョイゴルファーの為のクラブなのだと思います。


以前も書きましたが、競技に出場している方よりも、出場しないエンジョイゴルファーの方のほうが圧倒的に多いと思うので、そういう方をターゲットにしたクラブが作られるのも自然なことだと思います。



振り感

素振りをしてみると、かなり軽く感じますが、これまでも経験しているので、特に苦手意識はありませんでした。


あまり振りすぎず、タイミング重視で振っていくことにしました。


あくまでもクラブの機嫌を伺う感じで振っていこう・・・。と思いました。


そうでないと、少し暴れる感じがしました。



構え感

構えやすいです。


奇をてらった感じはなく、ごく自然な構え感です。


かなりつかまえ顔なのかな?と、最初は思っていたのですが、そうではありませんでした。


ラインも出しやすそうですし、リラックスして構えることができました。


シャロー感もあったので、球がすごくあがりやすそうな印象を受けました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』は、ややしっかりめでした。


硬いということはなく、手に嫌な衝撃が残ることがなかったので、良いと思いました。



打球音

『音』は、はっきりしていました。


これまでのエッグスプーンも、このような感じの音だったかな?と思いました。


はっきりしていますが、嫌な感じの音ではなく、インパクトが緩むこともありませんでした。



バックフェース

『安定性』は、なかなかいい感じでした。


上下左右に対しての寛容さもありました。


『曲がりにくい』というタイプではありませんが、大らかな印象が残りました。


イージー系といっていいと思います。



トゥ側

球はとてもあがりやすいです。


ソールに溝があるので、RBZのような少しタフなタイプなのかな?と思いましたが、そうではありませんでした。


充分過ぎるほど球がよくあがりました。


ヒッタータイプの方よりも、スインガータイプの方に合いやすいのではないでしょうか?



飛距離性能

『飛距離性能』も、なかなかいい感じだな・・・。と思いました。


高反発モデルなので、驚くような圧倒的な飛距離なのかな?と思いましたが、そう驚くという感じはしませんでした。


強く打つというよりも、易しく振り抜いていく感じで距離が出やすい印象をもちました。


直打ちでも充分上がってくれましたし、距離が稼げるので、ティショットだけでなく、パー5のセカンドでも使っていけそうです。



操作性

『操作性』という点では、できればあまり細工をしたくないタイプでした。


真っ直ぐ素直に振り抜いていく感じがちょうどいいな・・・。と思いました。


一応左右に曲げてみましたが、コースでは少し勇気が必要になってくるように感じました。



ヒール側

プロギアらしい、高性能なFWです。


今はまだ高反発モデルのFWは多くないですが、これからどんどん増えてくるのではないでしょうか?


ドライバーだけ高反発ではなく、FWもUTもアイアンも全て高反発を使いたい・・・。という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



プロギア SUPER egg スプーン

ゴルフを競技として発展させることも大切ですが、それ以上に『ゴルファー人口の減少を食い止める』。


もっといえば、『ゴルファー人口を増やす』ということが大きな課題だと思います。


それには、ゴルファーそれぞれのニーズに合ったクラブが必要になってきます。


ゴルファーはアスリート系の方もいらっしゃれば、ビギナーやアベレージの方もいらっしゃいますし、年齢を重ねたベテランゴルファーの方もいらっしゃいます。



プロギア スーパーエッグ スプーン

偏った年齢層ではなく、幅広い層にゴルフというスポーツが受け入れられるべきではないでしょうか?


年齢や性別、HDCPも関係なく、同じフィールドで楽しむことができるゴルフはとても素晴らしいスポーツです。


日頃歩くことが億劫だという方も、ゴルフでは全く苦にならないという方も多いのではないでしょうか?


ゴルフの最大の欠点は『面白すぎること』だと、誰かが言っていましたが、全くその通りだと思います。



PRGR SUPER egg SPOON

プロギアは『先駆者』のイメージがありますし、実用性の高いクラブを作るのがとても上手いメーカーだと思います。


私も一時期プロギアで揃えていましたし、プロギアは『間違いない』というイメージが今でも残っています。


このクラブは高反発モデルなので、私は購入することはないですが、競技ではなく、プライベートで楽しまれる方は、試してみられる価値があるのではないでしょうか?












PRGR SILVER-BLADE HV

PRGR ゴルフグローブ PG-116PRO

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション プロギアPRGR SUPER egg SPOON

2015年09月01日

プロギア SUPER egg ドライバー

プロギア SUPER egg ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア SUPER egg ドライバー です。



M-37
シャフトは M-37 です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.75インチ、シャフトフレックスはM-37、トルクは6.8、クラブ総重量は283gです。



正面
つい先日、エッグシリーズの新しいドライバーを試打したばかりなのですが、今日はまた違うタイプのドライバーに出会うことができました。


SUPERという名前が付いているので、何か特別な工夫が施されているのかな?と思いました。


限定モデルかと思ったのですが、そうでもないようです。


高反発モデルなのだと訊きました。


先日、高反発モデルのアイアンを試打したので、ドライバーもラインアップされているだろうと思っていたのですが、やはりその通りでした。


ソールが黒く塗装されていて、先日試打したモデルよりは質感が多少良くなっているな・・・。と思いました。



側面
エッグシリーズらしく、かなりシャローなタイプです。


NEW egg ドライバーと大きな違いは無いようです。



ネック長さ
ネックは短いです。


最近は調整機能が付いていないニューモデルも、よく見かけるようになりました。



シャローヘッド
シャローバックタイプです。


見慣れた形状です。



トゥ側のアクセサリー
トゥ側には『egg』の文字が記されたアクセサリーのような物があります。


これにも、おそらく何らかの意味があるのだと思います。



クラウンの盛り上がり
クラウンの盛り上がりも、よく目立っていました。


NEW egg ドライバーと同じです。


かなり共通点が多いです。


このドライバーは高反発モデルということなので、フェースの厚さを変えているのかな?それ以外は全て同じコンセプトで作られているのかな?と思いました。



顔
顔も独特です。


やはり、NEW egg ドライバーと似ているな・・・。と思いました。


ヘッド後方の伸びがよく目立ちます。


最近は少なくなったような気もしますが、一時期、このようなタイプのドライバーはたくさんありました。


少しつかまえ顔に見えました。


大型ヘッドではあるのですが、フェースがターンしやすそうだな・・・。と思いました。


プル角が効いているように見えました。



振り感
全体的な重量も軽めで、シャフトも軟らかいです。


このようなスペックに仕上げているということは、ベテランゴルファーの方を対象にしているのかな?と思いました。


高反発モデルは一概にベテランゴルファー専用とはいえないところもあり、まだ若い方でも競技に出場しないので、高反発を使ってみたい・・・。という方もいらっしゃると思います。


しかし、このドライバーの軽さ・軟らかさは、明らかにある程度年齢を重ねた方をターゲットにしているように思いました。



構え感
独特な構え感です。


つい先日、同じような構え感のドライバーに出会ったばかりなので、印象も強いです。


かなりオートマチック的な印象をもちました。


自在に曲げるイメージは出せませんでした。


私はそれほど得意なタイプではないのですが、このような顔のドライバーを好まれる方は多いような気もします。


右に逃げるイメージは出づらいので、スライサーの方は安心しやすいのではないでしょうか?




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトというよりは、しっかりとした感じですが、硬すぎないので、まずまずだと思いました。


NEW egg ドライバーと同じようなフィーリングです。



打球音
音は想像していたのと違って、落ち着いた感じでした。


高反発モデルというと、どうしても昔の甲高いタイプを思い出してしまうのですが、このドライバーはそんなことはなく、しっかりとしていました。


高反発ですが、抑えた感じで好感のもてる音でした。


インパクトが緩むこともありませんでした。



トゥ側
球はかなりあがりやすいです。


見た目通りの性能でした。


高反発モデルですが、適合モデルとの大きな違いは見られませんでした。


やはり、かなり似通った性格のドライバーなのだと思いました。


今は低スピン系のドライバーがたくさんありますが、このドライバーは低スピンという感じはしませんでした。


メーカーも、ある程度のスピン量を計算しているのではないでしょうか?


球がドロップすることはなく、やや吹き上がり気味の弾道でした。



バックフェース
『安定性』は高いと思いました。


ヘッドの形状から想像できていましたが、スイートエリアも広くて、打点のブレにもかなり寛容な感じがします。


オートマチックタイプのドライバーといっていいと思います。



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなかだな・・・。と思いました。


高反発モデルということですが、弾きの良さは感じるものの、圧倒的という印象はあまりありませんでした。


グーンと強く振っていくというよりは、軽めにフェースに乗せて運ぶイメージのほうが、このドライバーの特性を活かせるのではないかな?と思いました。


あまり叩く感じは出せませんでした。


弾道も高く、曲がり幅が小さくて弾きがいい・・・。


この3つの作用がお互いの長所を、より高めているように思いました。



操作性
『操作性』を求めていくタイプのドライバーではないと思いました。


なかなか思うようには曲げづらいです。


私は少しつかまり過ぎる感じがしましたが、このつかまりの良さも、このドライバーの特長といえるのかもしれません。


球のつかまりがいいドライバーが欲しいけど、強いフックフェースは苦手だ・・・。マニュアルタイプよりもオートマチックタイプを使いたい・・・。という方には合いやすいのではないでしょうか?



ヒール側
最近のドライバーは、色々なアクセサリーが付いていたり、調整機能も複雑化したりして、どこかゴチャゴチャした感じのする物も少なくありません。


しかし、このドライバーはとてもシンプルです。


機能性を重視しておられる方には、やや物足りないところがあるかもしれません。


特に調整機能の有り無しで、ドライバーを決めておられる方には、このドライバーは候補に挙がりにくいところがあるかもしれません。



PRGR SUPER egg DRIVER
しかし、基本性能はとてもしっかりしていると思いました。


基本性能がしっかりしているからこそ、敢えてあまり色々な物を付け加えなかったのではないかな?と思いました。


振り感を邪魔しない自然な感じで、ヘッドの高性能を楽しむ・・・。といったところでしょうか?



プロギア スーパーエッグ ドライバー
このドライバーは高反発モデルということで、今度機会があれば、先日試打した適合モデルと打ち比べてみたいと思いました。


PRGR キャップ

PRGR ゴルフグローブ

PRGR ヘッドカバー

PRGR ソックス

PRGR ボストンバッグ

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション プロギア SUPER egg ドライバー

2015年08月26日

プロギア NEW SUPER egg アイアン

プロギア NEW SUPER egg アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア NEW SUPER egg アイアン の7番 です。



M-37
シャフトは M-37 です。

ロフトは27度、クラブ長さは38.25インチ、シャフトフレックスはM-37、クラブ総重量は342gです。



正面
プロギアエッグシリーズのニューモデルです。


先日ニューモデルを試打したばかりなのですが、このモデルはまた違ったコンセプトによって作り出されているようです。


『SUPER』が名前に付いているので、特別な感じがします。



側面
かなり分厚くて、あまり見ないタイプのクラブです。


エッグシリーズは元々、このようなタイプが多いと思いますが、このクラブは特別な感じがします。


他のメーカーでは、なかなかここまで徹底した作りにはなっていないように思います。


さすがPRGRといったところでしょうか?



彫りの深さ
かなり彫りが深くて、えぐれています。


史上最大級のポケットキャビティといってもいいのではないでしょうか?



バックフェースのアクセサリー
バックフェースにはウェイトのような物が見られました。


これは、先日試打したモデルにも見られました。



ソール幅
かなりのワイドソールです。


先日試打したモデルもワイドでしたが、比べものにならないほど、このモデルは広いです。


『ワンピース的な広さ』というよりは、『後から付け足したような広さ』に見えます。


アイアンのソールを見ているという感じはせず、ハイブリッドを見ているようでした。



ネック長さ
ネックは短めでした。


これまでのモデルと共通するところだと思います。



NON CONFORMING TO R&A/USGA RULES
ホーゼルには『NON CONFORMING TO R&A/USGA RULES』と記されていました。


アイアンには珍しい表記です。


高反発なのかな?それとも角溝なのかな?と思っていましたが、訊くところによると、高反発モデルなのだそうです。


『高反発』というと、普通ドライバーを連想しますが、そもそも最初は『ロフト15度以下のクラブ』がルールの対象になっていて、後からパターを除く全てのクラブが対象になったということを訊いたことがあります。


今はルール適合モデルのほうが圧倒的に多いですが、それでも高反発モデルは少しずつ見かけるようになりました。


しかし、アイアンで高反発モデルに出会うのはとても珍しいです。


といいますか、初めてのような気がします。


こういった思い切ったところが、PRGRらしい感じがします。


他のメーカーではやらない先駆け的なイメージがあります。


新たな流れを作る、歴史を変えるというのは昔から変わりません。


クラブ業界に一石を投じるメーカーだと思います。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはあるかな?と思い、近くでよく見てみましたが、見られませんでした。


少しフェース面の仕上げが雑に見えました。


軟鉄の雰囲気ではなく、『特別加工』された感じがします。


それが、この独特な感じを作り出しているのかもしれない・・・。と思いました。



下あご
『下あご』が出ているように見えます。


このように見えるアイアンもなかなかありません。


『超』という言葉がいくつも付くほどの低重心設計なのでしょうか?


ダウンブローよりも、ボールの手前からソールを滑らせていくイメージのほうが易しく感じられます。



振り感
素振りをしてみると、かなりの軽さとシャフトの軟らかさを感じますが、先日試打したモデルとの大きな違いは無いように感じました。


エッグシリーズらしいところだと思います。



構え感
ボールを前にして構えてみると、正直かなり違和感がありました。


バックフェースの膨らみが、かなり目立っていました。


このクラブは『アイアン』というカテゴリに入っていますが、アイアンを構えているようには思えませんでした。


アイアンとユーティリティの中間的な感覚。


もっと言えば『新種』といったほうが近いかもしれない・・・。と思いました。


エッグシリーズなので、この膨らみはある程度予想できていたことですが、先日試打したモデルはもっと抑えられていたので、今日は少しビックリしました。


なかなかイメージが湧かず、どのように打っていいのかが分かりませんでした。


なるべくいいところといいますか、親しみやすそうなところを探そうと思い、グースタイプではないところがいいな・・・。と思いました。


アイアンには見えないし、かといってユーティリティでもないな・・・。と思いながら見ていました。


これまでに無い、新しい種類のクラブに出会うことができたんだ・・・。と思いました。


頭の中にモヤモヤした感じが残りましたが、呼吸を整えテークバックのタイミングを計りました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はまずまずでした。


すごくソフトでフェースに乗っかる感じはなく、バーンと弾く感じですが、硬すぎないので好感がもてました。


なかなかこちらのイメージを伝えづらく、またクラブからの返答も感じとりにくかったのですが、このようなタイプのアイアンはこれくらいがスタンダードなのだと思いました。



音
『音』ははっきりしていて、好感がもてました。


予想していた音でした。



トゥ側
球はかなりあがりやすくて、上下にも寛容だと思いました。


滑らせるイメージのほうが強かったのですが、敢えて上からぶつけてみても良かったですし、ダフらせ気味でも上手くボールを拾ってくれました。


タフさとは全く無縁のアイアンだと思いましたが、やはりアイアンというよりはユーティリティを打っていると思ったほうが合いやすいのかな?と思いました。



バックフェース
『安定性』もかなり高く、今のアイアンの中でも間違いなくトップクラスに入るほどの寛容さを感じました。


オートマチックで、ブレにくいタイプです。


フェース面のスコアラインの殆どがスイートエリアをいえるのではないかな?と思えるほど易しく感じます。


最初から結構打点がブレてしまったのですが、それが球筋には表れにくいタイプです。



飛距離性能
『飛距離性能』がとても優れていました。


この飛距離性能が一番のメーカーの狙いだったのではないでしょうか?


『高反発モデル』という利点を思いっきり活かしているように感じます。


球もあがりやすいですし、安定性も高いですが、それも全て飛距離性能につなげる為の工夫に過ぎないように思います。


『番手感覚』が全くもてませんでした。


この『7番アイアン』をユーティリティ代わりに使ってみるのもいいのではないかな?と思いました。


7番でこれだけ飛ぶのだから、もっと上の番手だと、どれくらい飛んでしまうのだろう?と思いました。


訊くところによると、このアイアンセットは『5番から』ということですが、それが正解かもしれませんし、今の流れに沿っているように思います。


2番・3番はもちろん、今は4番アイアンも少なくなりました。



操作性
操作性という点では、難しく感じました。


なかなか大きく曲げることができず、思うようにいきませんでした。


ここまで『頑固』なまでのアイアンも珍しいように思いますが、構えたときに苦手意識が先行してしまい、イメージが出せなかったのも、曲げづらく感じた要因のような気がします。


このようなタイプは操作性よりも高い直進性を活かしていったほうがいいように思います。




ヒール側
7番アイアンでこれだけ飛ぶのだから、もっと上の番手よりも『下の番手』を充実させたほうが、スコアメイクが易しくなるような気がしました。


この7番アイアンで強烈な飛距離性能があるので、9番やピッチングなども、おそらく凄いんだろうな・・・。と思いました。


訊くところによるとSWもラインアップされているそうなので、おそらくそれも凄い飛びなのだろうと思いました。


SWの数を増やすとか、LWを入れてみるといった対応が必要になってくることもあるかもしれない・・・。と思いました。


『飛ばないクラブ』を入れておくと、スコアメイクが楽になります。



プロギア NEW SUPER egg アイアン
飛距離性能がかなり優れているのですが、何となく球質が軽いような感じがして、風にはどれくらい対応力があるのかな?というのが少し気になりました。


コースで風を計算できず、少しアバウト的に打ってしまうようになるのかな?と思いました。


何とか球を打つことはできましたが、グリーンに乗せるイメージは出せませんでした。



PRGR NEW SUPER egg アイアン
私が求めたいタイプのアイアンとは正反対な感じがしますが、こういった自由な発想も面白いな・・・。と思いました。


色々なクラブが登場するからこそ、それがクラブの発展につながるような気がします。


今はたくさんの飛び系アイアンがありますが、このアイアンはそれらの中でも間違いなくトップクラスに位置すると思います。


『高反発』という言葉が独り歩きするほど、弾き感を強く感じることはなかったのですが、飛距離性能が優れていることは明らかです。


アイアンの顔はあまり重視せず、軽量で飛距離性能に優れたアイアンを求めておられる方は、是非試してみられてはいかがでしょうか?


どちらかといえば、ヤングゴルファーよりも、ベテランゴルファーの方のニーズにピッタリ合いそうです。



プロギア NEW SUPER egg アイアン
『ルール適合外モデル』なので、私がこのクラブをコースで使うことはありませんが、以前も書きました通り、このような高反発モデルがあっても私はいいと思っています。


R&AやUSGAの作ったルールが全てではないと思っています。


競技ゴルフではなく、プライベートで楽しむのであれば、全く問題ないと私は思います。


ゴルフの本質を失ってはいけないので、ある程度の『ルールによる縛り』は必要だと思いますが、それがあまり度を超してしまうと、ゴルフの楽しみも失われるのではないかな?と思います。


このようなタイプのアイアンは珍しいですが、おそらく他のメーカーからも同様に高反発アイアンが登場してくるのではないでしょうか?

PRGR NEW egg DISTANCE BALL

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア NEW SUPER egg アイアン

2015年08月18日

プロギア NEW egg ドライバー

PRGR NEW egg ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア NEW egg ドライバー です。



M-40
シャフトは M-40 です。

ロフトは10度、クラブ長さは45インチ、シャフトフレックスはM-40、トルクは6.5、クラブ総重量は297gです。



正面
プロギアエッグシリーズのドライバーです。


これまで、アイアンとスプーンを試打したのですが、ようやくドライバーを試打する機会に恵まれました。


プロギアのクラブなので、おそらくかなりの技術が組み込まれているだろうと思うのですが、こうして見る限りとてもシンプルです。


ネックの調整機能も無ければ、ウェイトのような物も見当たりません。


シンプルなデザインはいいのですが、少しチープに見えてしまいました。


あまり高級な感じはしませんでしたが、この質感がエッグシリーズらしいところなのかもしれません。


美しいクラブだと見とれてしまうこともあるのですが、今日はそういったことはなく、淡々と見ていました。



側面
こうして見ても、シンプルさは変わりません。


シャローな感じで、今一番見られるタイプだと思います。



ネック長さ
ネックは短めです。


こういったところもエッグシリーズらしい感じがします。



かなりのディープフェース
しかし、かなりのディープフェースでした。


エッグシリーズはもともとフェース高が高いイメージがあったのですが、ここまでだったかな?と思いました。


今度機会があれば前のモデルと見比べてみたいと思いますが、このクラブのディープっぷりは群を抜いている感じがします。



クラウンの盛り上がり
中央付近が、かなり盛り上がっています。


深い研究によって生み出されるプロギアのクラブなので、この盛り上がりにも、大きな理由があるのだと思います。


シャローフェースだと縦の打点が限定されてしまいますが、このようにディープだと上下に使っていける感じがするので、好感がもてます。


フェースの弾きも高まりそうな印象を受けます。



クラウンフェース寄りの突起
この突起にも目が行きました。


タイプは異なりますが、以前試打したロッディオのFWを思い出しました。


ロッディオのFWはかなり飛距離性能に長けていて、今年の私の中での『フェアウェイウッド・オブ・ザ・イヤー』の候補のひとつになっています。


アダムスのFWなどもクラウンに溝があり、このドライバーとはまるで逆の形になっているのですが、どちらも飛距離の為の工夫なのでしょうか?


色々な違うタイプのクラブに出会えるのは、とても幸せなことです。


こちらの想像をかきたててくれるクラブは魅力的です。


打つ前に、色々と推理するのも面白いです。



シャローバック
かなりのディープフェースですが、シャローバックになっています。


このようなシャローなところは、エッグシリーズらしいと思います。


ディープフェース&シャローバックのコンビネーションは、これまでもたくさん見られました。



顔
結構なつかまえ顔に見えました。


トゥ側も主張していました。


左へ引っかけそうな感じがします。


ヘッド後方の伸びも目立っていました。


正直、私が好きなタイプの顔ではありませんが、このような顔にするのも、それなりの理由があるからなのだと思います。



振り感
素振りをしてみると、かなり軟らかく感じましたが、これは予想していました。


何といいますか、『体重を乗せづらいタイプ』のシャフトだな・・・。と思いました。


私はどちらかというと、ややしっかりとしたタイプのシャフトが好きで、自分の体重をぶつけながら振る感覚があります。


そのほうがパワーが伝わり、エネルギーロスが少なくなるように感じます。


気持ち良く振り抜いていくことができるので、結果的に曲がりも小さくなるような気がします。


しかし、今日はそんな感じで振ることができなかったので、あくまでもおとなしめで振っていくことにしました。


いつもは『体中心』の感覚で振っているのですが、今日は『手』特に肘から先の感覚を大切に振っていこう・・・。と思いました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、あまりいいイメージが出ませんでした。


私の中での『左注意報』が発令されました。


左に巻いてしまうイメージばかりがでたので、大きく右から回してみるか、いつもよりもカット目に振っていくか、どちらかだな・・・。と思いました。


いつも通り、センターに構えるのは少し難しく感じました。


最初は右を向いて構えることにしました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は結構しっかりめですが、硬すぎず好感がもてました。


インパクトがはっきりと伝わってきました。


フェースの素材などもあると思うのですが、『つかまえ顔』なところも関係しているように思いました。


フェースに『グッと乗る感覚』というよりは『バンと弾く感じ』でした。



打球音
『音』も、はっきりとしていました。


少し大きめですが、全く問題ありません。


インパクトが緩むこともなく、自然に振っていくことができました。



トゥ側
球はあがりやすいタイプですが、今のドライバーの中では比較的標準的なタイプだな・・・。と思いました。


ソールに翼のような模様がありますが、まさにボールに翼が生えて飛んでいくイメージ・・・。といったらいいでしょうか?


キャリーもしっかり稼いでいくことができました。


最近は10度のロフトでも、結構タフなドライバーもありますが、このドライバーは違うと思いました。


スインガータイプの方にも、イージーに感じられるのではないでしょうか?



バックフェース
『安定性』という点では、ヘッド自体の寛容さを感じながらも、最初の数球は少し曲がってしまいました。


左へ巻いてしまいました。


しばらく打ち続けながら調整をして、ようやくまとめることができました。


しかし、これは私がフッカーだからそうなるのであって、そうでない方には、ちょうどいい球のつかまりやすさなのかもしれません。


このようなタイプのドライバーは『つかまり』を良くする必要があるような気もします。


シャフトが少し遅れて、逃げる感じもありました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、なかなかいい感じでしたが、これまでエッグシリーズを試打しているので、大きく進化しているようには、正直感じませんでした。


弾きが良くて、高さもしっかり出していけるタイプです。


あまり振りにいってしまうと、暴れる感じがしたので、抑え気味で打っていきました。



操作性
『操作性』は少し難しく感じましたが、左だけしか飛ばないというタイプでもないと思いました。


何球か打ち続けて右へ曲げることもできました。


しかし、本来はあまり細工をするタイプではないと思います。



ヒール側
また機会があれば、試打してみたいと思いました。

PRGR ゴルフアンブレラ PRUM-130

PRGR バスタオル PRT-121

PRGR やわらかつば ツアーキャップ PRCAP-151

PRGR ステッチキャップ CAP-152

PRGR やわらかつば メッシュワークキャップ CAP-154

PRGR クーリングキャップ CAP-155

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア NEW egg ドライバー

2015年08月14日

プロギア NEW egg スプーン

プロギア NEW egg スプーン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア NEW egg スプーン です。



M-40
シャフトは M-40 です。

ロフトは15度、クラブ長さは43インチ、シャフトフレックスはM-40、トルクは5.6、クラブ総重量は305gです。



正面
プロギアの新しいエッグスプーンです。


最近はFWも調整機能やウェイトや溝などが付いたりして複雑化していますが、このクラブはシンプルな構造になっています。


PRGRのFWの特徴といえると思うのですが、とても滑りが良さそうなソール形状です。


一瞬でスパッと抜けてくれそうな印象を与えてくれます。


キレの良さを感じさせます。



側面
これ以上はできないというほどの薄さです。


これまでのエッグシリーズと共通しています。



ネック長さ
ネックは、やや短めです。


低重心タイプの特長といっていいと思います。



クラウンの凹み

クラウンの凹み

クラウンの凹み
クラウンに大きな凹みがあるのが、このエッグシリーズFWの一番の特徴だと思います。


前のモデルにも見られました。


かなり個性的ではありますが、前のモデルを試打したときに、その性能の高さを実感しているので、好感がもてます。


小さな文字で『SHEET MOLDING COMPOUND』と記されていました。


SHEET=シート


MOLDING=成形


COMPOUND=合成物


シートを成形した合成物ということでいいのでしょうか?


よく意味が解りませんが、何やらまた新たな技術が組み込まれていそうです。


前のモデルには、この文字はありませんでした。



シャローヘッド
かなりのシャローヘッドです。


このシャローさは直打ちで勇気を与えてくれるのではないでしょうか?


ティアップしても、もちろん打てそうですが、ここまで薄くしているということは、メーカーも直打ちを想定して開発しているのではないでしょうか?


ティショットよりも、ロングの2打目に使って欲しい・・・。という思いが伝わってきます。


ここまではっきりした性格のクラブを作ることができるのがPRGRの強みのような気がします。


ブレないといいますか、曖昧さがありません。



顔
顔はちょっと『つかまえ系』かな?と思いました。


私は左へ引っかけるのが嫌なのですが、このクラブには苦手意識はありませんでした。


結構見慣れた感じもします。


クラウンの凹みがよく目立ちますが、全体的なシルエットとしてはオーソドックスな印象を受けます。


『異型タイプ』ではありません。


クラウンの凹みの存在を消して構えることができれば、かなり有利になるのではないかな?と思いました。


『キャビティソール』という言葉がありますが、このクラブの場合は『キャビティクラウン』ということでいいのでしょうか?


ナイキのFWとは上下が全くの逆です。


構えやすさでいえば、クラウンに細工をしないほうがいいと思うのですが、性能的には似通ったところがあるのかもしれません。


クラウンをくり抜いたほうが、より低重心にはなるのかもしれません。



振り感
素振りをしてみた感じは、これまで同様ソフトなスペックになっています。


シャフトもよくしなります。


もう少ししっかりしていてもいいのでは?と思ったのですが、これが標準スペックといえるのかもしれません。



構え感
ボールを前にして構えた感じは、まずまずでした。


前のモデルを経験しているので、このような感じは予想していました。


クラウンの凹みが目立つせいか、意識がフェース寄りにあるように感じました。


『浅重心タイプ』の感覚です。


ヘッド全体をぶつけていく・・・。というよりも、ヘッドの左半分(フェース寄り)に仕事をさせるイメージが湧きました。


できれば、もっとナチュラルなイメージをもちたかったのですが、特に苦手意識はありませんでした。


やはり『いい記憶』があるからなのかもしれません。


曲線というよりは、ひたすら直線に近いイメージが浮かんできました。


そのまま真っ直ぐ振り抜いていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は結構しっかりとしていました。


ソフトというよりは、しっかりめです。


ボヤけた感じはなく、しっかりとインパクトを感じとることができました。



打球音
『音』は高めで少し大きめでしたが、好感のもてる音でした。


シャープに振ることを後押ししてくれそうな音だと思いました。


もう少し小さめでもいいかな?という思いもありましたが、この音でも全く問題なかったですし、これくらいはっきりしていたほうがいい・・・。という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



トゥ側
球のあがりやすさはまずまずでした。


今日は直打ちで試してみたのですが、ちょうどいい感じで球を浮かせてくれました。


浮きすぎるほどの高弾道ではなく、ややライナー系に近い感じの力強い中弾道です。


スプーンということもあるのかもしれません。


他の番手ではもっと高くなると思いますが、この高さは『武器になる高さ』だと思いました。


『浮きやすくて上がりすぎない高さ』といったらいいでしょうか?



バックフェース
『安定性』もいい感じでした。


前のモデル同様、シビアさは感じません。


シャフトがもっとしっかりしていれば、さらに安定性は増すように思います。


タイミングに気を遣いました。


少しつかまえ顔に見えたのですが、左が気になることはありませんでした。



飛距離性能
『飛距離性能』は高いと思いました。


前のモデルのイメージが残っているので、このクラブにも期待しましたが、その期待を裏切ることはありませんでした。


かなりシャローなタイプですし、シャフトも軟らかめですが、ヒッタータイプの方にも合いやすいのではないでしょうか?


もちろん、シャフトを替えればさらに高いパフォーマンスが期待できると思います。


弾道の速さを感じました。


『出球』の力強さがあって、ポテンシャルの高いFWだと思いました。


見た目よりも実は『パワー系』のFWといっていいのではないかな?と思いました。



操作性
『操作性』という点では、少し難しく感じました。


構えたときにあまり曲げるイメージが出せなかったということもあるのですが、実際に曲げようと思っても、なかなか思うようにはいきませんでした。


もちろん、左右に曲げることはできましたが、実戦ではかなりリスクがあるように感じました。


あまりインテンショナルなショットは適さないタイプだと思いました。


細工をせずに、自然に振り抜いていく感じがちょうどいいように感じられました。



PRGR NEW egg SPOON
今は飛び系FWのレベルが高いですが、このクラブもまさにそのタイプに入ると思います。


しかも、『日本人ゴルファーに合わせている』というのがとてもいいのではないかな?と思いました。


飛距離性能は優れていますが、決してハード過ぎない設計になっています。


球がドロップすることはありませんでした。



PRGR NEW egg SPOON
海外メーカーのクラブの多くは、日本人ゴルファーを対象にして開発はされていないように思います。(もちろん、日本市場向けのモデルもありますが)。


多くは、ヘッドはほぼ同じでも、シャフトだけを軽く軟らかくしているように思います。


しかし、このクラブは全てのパーツを日本のゴルファーの為に開発されているように思います。


こういったところが日本メーカーの良さといえるのかもしれません。



PRGR NEW egg SPOON
クラウンの凹みがあるので、購買意欲が刺激されないという方もいらっしゃると思います。


しかし、この凹みが大きな武器になっているのは間違いないと思います。


プラスであり、マイナス的なところもあるのかもしれません。



PRGR NEW egg SPOON
見た目は個性的ですが、決して奇をてらったところはなく、『理由のある個性』だと思いました。


人によって好みが分かれるところだとは思いますが、ポテンシャルの高さは充分もっているFWだと思います。

PRGR ドライバー用ヘッドカバー PRHC-151

PRGR フェアウェイウッド用ヘッドカバー PRHC-152F

PRGR ユーティリティ用ヘッドカバー PRHC-153U

PRGR アイアン用ヘッドカバー PRIC-151

PRGR パター用ヘッドカバー PRPC-151

PRGR マレットパター用ヘッドカバー PRPC-151M

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア NEW egg スプーン

2015年08月11日

プロギア NEW egg アイアン

プロギア NEW egg アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア NEW egg アイアン の7番 です。



M-37
シャフトは M-37 です。

ロフトは27度、クラブ長さは38インチ、シャフトフレックスはM-37、クラブ総重量は347gです。



正面
プロギアエッグシリーズのニューモデルです。


プロギアは昔から馴染み深いメーカーですが、エッグシリーズは試打することはあっても、まだ試合で試したことがありません。


初めて見たときは強烈なインパクトがありましたが、シリーズを重ねるうちに見慣れてきましたし、存在感も増しています。


試打する機会も多くはないですが、いくつかは思い出深い物もあります。



側面
エッグシリーズらしく、大きめで膨らんだ形状になっています。


これまでのモデルよりも少しシャープになったかな?という印象もありましたが、基本的なところは変わっていないように思います。



彫りの深さ
彫りの深さも、充分過ぎるほどあります。


エッグシリーズに限らず、今は多くのメーカーで、このようなタイプのアイアンが発売されるようになりました。


それだけ、このような形状が優れているということなのだと思います。



ソール幅
この超ワイドソールも、エッグシリーズならではといったところです。


アイアンというよりは、完全にユーティリティ(ハイブリッド)といった印象をもってしまいますが、アイアンとユーティリティとの間(はざま)にある、まさにハイブリッド(混血)的なクラブなのだと思います。


ここまで思い切った設計にできるところが、PRGRの優れたところだと思います。


PRGRの斬新なクラブが、これまでいくつもブームを作ってきたように思います。


以前も書きましたが、『先駆者』のイメージがあります。


PRGRの功績は大きいです。



ネック長さ
ネックはかなり短めです。


こういったところも、エッグシリーズらしい感じがします。


かなり低重心・深重心にこだわって作られているのだと思います。


『ブレない』設計といったらいいでしょうか?



ミーリングなし
フェース面にミーリングはありませんでした。


これまでのeggシリーズのフェース面と同じような感じがします。


斬新なアイデアと、深い研究によって作られるPRGRのアイアンにミーリングが無いのは、やはりそれほど効果が期待できないからではないかな?と思いました。


これまでたくさんアイアンを試打してきて、ミーリングがあるほうが圧倒的に少ないです。


とはいっても、いずれPRGRからミーリングのあるアイアンが登場するかもしれません。



バックフェースのアクセサリー
バックフェースにはウェイトのような物が見られました。


これは、これまで出会ったモデルにもありました。



リーディングエッジの削り
リーディングエッジの削りも、結構目立っていました。


ソールの幅や形状などもそうですし、かなり抜けにこだわって作られているように感じます。


上からガツンとぶつけるよりも、ボール手前から滑らせるイメージで打って欲しい・・・。というメーカーからのメッセージが感じられます。


ダフりにも強いアイアンといえるのではないかな?と思いましたが、今日は練習場のマットの上からなので、実際の芝で試してみないと詳しいことは分かりません。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップも、なかなか特徴的でした。


今のグリップの中ではやや太めに感じました。


ラバーらしい柔らかさはありましたが、しっとりというよりは滑りにくいタイプのグリップだと思いました。


やや太めのグリップですが、『厚み』はそれほど感じませんでした。



振り感
素振りをしてみると、これまでのエッグシリーズらしく、かなり軽量で軟らかいスペックに仕上がっていました。


M-37というシャフトは、私にはやや合いづらい感じがしたので、できれば違うスペックを・・・。と思ったのですが、この一本しかなかったので、このままで試打することにしました。


普通に振ると、やや暴れる感じがしたので、コンパクトにタイミング重視で振っていくことにしました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、意外でした。


予想していたよりはずっといいな・・・。と思いました。


もっとクセのある構えづらいタイプなのかと思っていたのですが、それほどでもありませでした。


これまで出会ってきた同様のクラブはグースがきつかったり、バックフェースの膨らみが大きすぎたりして、なかなか『アイアン』という感覚で構えることができなかったのですが、このアイアンはそんなマイナス的なところは感じませんでした。


少しバックフェースの膨らみが見えてしまうので、完全にアイアンの感覚で構えることはできなかったのですが、強い苦手意識は芽生えてきませんでした。


やや大きめのヘッドではありますが、黒い色が功を奏しているのか、ギュッと引き締まった感じがします。


あまり『大顔感』がありません。


ボールとの『大きさの相性』も、いい感じです。


かなりアイアンに近い『ハイブリッド』だと、構えながら思っていました。


普段のアイアンに対する感覚ではイメージしづらかったので、今自分はハイブリッドを構えているんだ・・・。と思うようにしました。


私はアイアンの感覚で構えることはできませんでしたが、これくらいであれば普通のアイアンの感覚で構えることができる・・・。という方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?


このニューモデルはメーカーが、かなりアイアンに近い感覚で構えられるようにこだわっているように感じました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はまずまずだと思いました。


柔らかいというよりは、ややしっかりめの打感でした。


手に嫌な衝撃が残ることはありませんでした。


これまで、もっとソフトなフィーリングのエッグアイアンに出会ってきているので、このアイアンもそんな感じではないか?と最初は思っていたのですが、そうではありませんでした。


私がアイアンに求める打感とは大きく違っていますが、このような打感もアリなのだと思います。


そして、やはりこのクラブがアイアンではなく、『ハイブリッド』に限りなく近いクラブなのだと思いました。


軟鉄アイアンの、あの独特の『くっつき感』などは感じられず、強くバーンと弾く感じ・・・。といったらいいでしょうか?


あのくっつき感・乗っかり感があるからこそ、操作性がアップするように思うのですが、このクラブは違った印象をもちました。


『ハイブリッド』という認識を強くもちました。


7番アイアンではなく、『7番ユーティリティ』です。


昔に比べ、今はアイアンの本数が減ってきているように思うこともあります。


2~3本くらいしかバッグに入っていない、あとはドライバーとパター以外全てFWとUT・ウェッジで埋め尽くされている・・・。という方もいらっしゃいます。


ボールとの相性などもあると思うのですが、これから先アイアンは本数が減ってしまうか、形状がどんどん変化してしまうのかもしれない・・・。と思ったこともあります。



音
音は大きすぎず、小気味いい感じで好感がもてました。


こもった感じはなく、はっきりとした感じの音です。



トゥ側
球はあがりやすいです。


こういったタイプの特長だと思いますが、かなりダフり気味にソールが入っても、上手く拾ってくれます。


上下のブレにも強いように思いました。


インパクトの前後が点ではなく、完全に線といいますか、『前後の幅』を広くしていける感じがしました。


私はこのようなタイプのクラブはアプローチで使いたくなります。


逆目のライからの、ランニングアプローチでも威力を発揮するように思います。



バックフェース
『安定性』という点では、スペック的に私にはやや合いづらいタイプだったせいか、最初の数球は打点がブレてしまいました。


しかし、それほど大きな弾道の乱れにはつながりませんでした。


これまでのモデル同様、かなりの寛容さがあります。


自分ではミスをしたのが解っているのですが、それを『覆い隠してくれる寛容さ』といったらいいでしょうか?


このイージーさは、今のイージー系アイアンの中でもトップクラスではないかな?と思いました。


『大顔系クラブのもつ難しさ』も感じられませんでした。



飛距離性能
『飛距離性能』も、かなり優れていました。


構えたときもそうでしたが、実際にこの飛びを見ると、やはり『番手感覚』がもちづらいです。


やはり『ユーティリティの感覚』をもっていたほうが、距離のイメージが合いやすいように思いました。


このクラブはあくまでも『アイアン』のカテゴリーの中にいますが、確実に『2番手以上』の飛びを期待できると思いました。


アイアンに飛距離を求めておられる方に、PRGRが満を持して発表したクラブといえるのではないでしょうか?


エッグシリーズは飛距離性能に優れたものばかりですが、こういった思い切ったところがまたいいのだと思います。


ユーザーが迷わず手にすることができます。



操作性
『操作性』という点では、やや難しく感じました。


なかなか曲げにくいタイプです。


極端にやってみたりしたのですが、なかなか思うような球筋が描けませんでした。


ボールが曲がりにくく、直線に近い印象をもちました。


曲がりの大きさ(半径の小ささ)で勝負できる感じはしませんでした。


曲げることにはあまり適さない感じもしますが、ここがまた長所といえるのではないでしょうか?


この曲がりにくさに魅力を感じられる方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



ヒール側
プロギアのエッグシリーズらしいクラブだな・・・。と思いました。


これまでのエッグシリーズと、それほど大きな変化は正直感じなかったのですが、一番強く印象に残ったのは『打感』でした。


ややしっかりめでバーンと弾く感じの打感が印象的でした。


『ボールの高速運転』という感じだな・・・。と、弾道を目で追いながら思っていました。


電車でいうところの『普通電車』ではなく、『快足』か『急行』といったところかな?と思いました。



PRGR NEW egg IRON
『球のあがりやすさ』や『寛容さ』『飛距離性能』などは、さすがエッグシリーズといっていいと思います。


これまでのエッグユーザーの方も、違和感なく使っていけるのではないでしょうか?



PRGR NEW egg アイアン
構えやすさも上がっているので、あくまでもアイアンに近い感覚で構えて大きく飛距離を伸ばしていきたい・・・。という方にも魅力的なクラブといえるのではないでしょうか?


ここまで飛ばしに秀でたクラブなので、なかなか距離感がだせず、アバウトに私ならなってしまうと思いますが、このようなタイプでもしっかりと距離を刻んでいける方もいらっしゃるのだと思います。



PRGR NEW egg アイアン
以前、一緒にラウンドした方の中に、このような超飛距離系アイアンで上手くグリーンに乗せておられる方がいらっしゃいました。


難しいグリーンでも、よく乗せておられました。


私ならばおそらくかなり前後のミスが出てしまうだろうと思うのですが、その方は上手に使いこなしておられました。


こういったクラブは、いわゆる『イージー系』と呼ばれると思うのですが、このようなオートマチック系クラブを使いこなしておられる方のほうが実は高い技術をもっておられるのではないか・・・。と思いました。


私はオーソドックスなタイプのアイアンを使っていて、それほど『易しさ』に特化した部分はないかもしれません。


打感と操作性の良い、マニュアルタイプのアイアンです。


上手くいったときも、ミスしたときも、それを正直に伝えてくれるタイプです。


しかしその分、こちらのイメージが伝わりやすいですし、微妙なフィーリングが出せるので却って易しいと私は感じています。


私はずっと手放せないでいるのですが、このエッグアイアンのような『伝えづらいクラブ』を上手く使いこなしておられる方は高い技術と鋭い感性があり、かなりたくさん練習を積まれたのだと思いました。



PRGR NEW egg アイアン
今は昔に比べ、クラブのバリエーションが増えてきました。


どのクラブでなければならない・・・。というのではなく、あくまでも『自分に合ったクラブ』がやはりベストなのだと思います。


私はこのようなタイプのアイアンを購入することはないですが、人気が高いですし、これからも進化し続けていくのではないでしょうか?


スコアカードには打数だけ記入し、どのようなクラブを使ったかは関係ないので、自分に合ったクラブを使うべきなのだと思います。


エッグシリーズを私はあまり手にすることはありませんが、これからもPRGRには期待していきたいです。


『クラブ改革の先駆者』としての地位をもっともっと高めていって欲しいと思いました。

PRGR キャディバッグ PRCB-153

PRGR キャディバッグ EGCB-151

PRGR パター SILVER-BLADE FF-B

PRGR NEW RED EYES POCKET

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 PRGR プロギア NEW egg アイアン

2015年03月26日

プロギア NEW iD nabla RED TITAN FACE アイアン

プロギア NEW iD nabla RED TITAN FACE アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブプロギア NEW iD nabla RED TITAN FACE アイアン の7番です。



nabla REDカーボン
シャフトは nabla REDカーボン です。

ロフトは28度、クラブ長さは37.5インチ、シャフトフレックスはM-40、クラブ総重量は351g です。



正面
プロギアの美しいニューアイアンです。


全体的にゴールド仕様で、高級感があります。


エグゼクティブゴルファー向けのアイアンかな?と思いました。


私はオーソドックスなタイプが好きですが、このゴールド仕様を好まれる方も多いのではないでしょうか?



側面
機能性を感じさせるアイアンなので、もっと腫れぼったい感じなのかと思っていましたが、そうでもありませんでした。


適度な厚さで抑えられています。


やや面長なタイプに見えました。



彫りの深さ
彫りの深さは、しっかりとあります。


重心深度も深そうです。



ソール幅
ソール幅は少しワイドに見えましたが、広すぎないのがいいと思いました。



ソールに異材
ソールに異材がコンポジットされていました。


これまでもたくさん見られたところです。


この異材のおかげで、ソール幅を広くし過ぎなくて良くなったのかな?と思いました。


今は単一素材のアイアンも見直されているように思いますし、このアイアンのように複数の素材で組み合わされたアイアンも多く見かけます。


『二極化』が進んでいるのかもしれません。



ネック長さ
ショートネックです。


これは予め予想していた通りでした。



バックフェースのアクセサリー
バックフェースには逆三角形のパーツがありました。


これは以前試打した、RS TITAN FACE アイアン にも見られました。


打感を良くするための、『ショックアブソーバー』のような役目を果たしているのかな?と思いました。


プロギアの深い研究によるものだと思います。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップも、いい感じです。


グリップの模様がちょっと変わっていますが、なかなかいいフィーリングです。



トップラインの厚さ
トップラインは、やや厚めでした。


今、よく見かける厚さです。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは見られませんでした。


見慣れた感じの、ごく普通のフェース面です。



振り感
素振りをしてみても、かなり軽さを感じます。


カーボンシャフトが装着されていることもあり、この軽さは予想していました。


私はカーボンシャフトが装着されたアイアンを購入したことはないのですが、今はカーボンシャフトもすごく進化しているので、試してみる価値は充分あると思っています。


ただ、私はおそらくスチールシャフトのままで、ゴルフキャリアを終えるだろう・・・。と思っています。


DGに始まり、DGで終わるのではないかな?と思っています。


『フナに始まり、フナに終わる』という釣りの言葉を思い出しました。



構え感
ボールを前にして構えてみると、意外なほど構えやすくて、少しびっくりしました。


もっと厚ぼったい感じで大味なタイプだろう・・・。と思っていました。


しかし、実際は違っていました。


強いクセはなく、構えやすいです。


面長な感じと、グースの利きも多少目立ちますが、強い苦手意識が芽生えるほどではありませんでした。


あくまでも私の好みでいえば、もっと小顔で引き締まったほうがいいですが、この大きさがちょうどいい・・・。という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?


一番下のスコアラインが白いのも、よく目立っていました。


このようなオートマチックタイプのアイアンでは欠かせない工夫なのかな?と思いました。


私はマニュアルタイプのアイアンを好むせいか、この白いラインは無いほうが構えやすいです。


左右に色々曲げるイメージよりも、真っ直ぐに近いイメージが出せたので、そのイメージに球を乗せていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで、好感がもてました。


大味でもなく、強い衝撃が残ることもなく、ソフトでした。


メーカーが、かなり打感にもこだわっているんだろう・・・。と思いました。


昔は『易しさ重視』で、打感がないがしろにされたようなアイアンもたくさんありましたが、このアイアンは違うな・・・。と思いました。


打感にも配慮されていると思いました。


私が好む軟鉄のフィーリングとは違いますし、厚みで押していけるタイプではありませんが、この打感は好印象でした。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。


高~くあがっていきました。


どうしてもあがってしまう感じで、なかなか低く抑えることができませんでした。


スインガータイプの方にも、かなり易しく感じられるのではないでしょうか?



バックフェース
『安定性の高さ』もハイレベルでした。


このような形状のアイアンなので、ある程度は予測していたのですが、やはりその通りでした。


打点のブレにも、かなり寛容な感じがします。


私はクラブが軽すぎたり面長感を感じたりすると、打点がブレやすくなってしまうこともあり、今日もちょっと左右に散らばってしまったのですが、このアイアンはそれを易しく見過ごしてくれているように感じました。


大らかさのあるアイアンです。



飛距離性能
『飛距離性能』も優れていると思いました。


軽く振って大きなキャリーを稼いでいけるタイプのアイアンです。


アイアンにも飛距離を求めていきたい・・・。という方には、かなり魅力的なアイアンといえるのではないでしょうか?



操作性
『操作性』は最初少し苦戦しましたが、球数をこなしていって、ある程度は曲げることもできました。


しかし、やはり細工をするタイプのアイアンではないと思いました。


このアイアンのもつ大らかさを活かしていったほうがいいように思いました。


『大船の推進力』といったらいいでしょうか?


強く前に突き進み、少々のことでは横にブレない安定感を感じました。


船に例えるならば、時化(しけ)にも強い大型船といったところでしょうか?



ヒール側
高級感があって、とても美しいアイアンだと思いました。


見た目の良さもありました。



PRGR NEW iD nabla RED TITAN FACE アイアン
外見だけでなく、フィーリングの良いところが、印象に残りました。


先ほども書きましたが、ちょっと前までは、このような機能性のあるアイアンはフィーリングが良くないことも多々ありましたが、このアイアンはそれが改善されていると思いました。


プロギアのクラブは今『iD』がメインですが、まさに『i』と『D』の両立が出来ているように思いました。



PRGR NEW iD nabla RED TITAN FACE IRON
大顔過ぎず構えやすかったのも、易しさを感じた大きな要因だと思いました。


アイアンにはあがりやすさや飛距離を追求したいけど、構えづらい物や打感の良くない物は使いたくない・・・。という方もたくさんいらっしゃると思います。


このアイアンは、そういった方にお勧めしたいと思いました。



PRGR NEW iD nabla RED TITAN FACE IRON
私が使っているタイプのアイアンとは異なるので、購入することはありませんが、よく研究されているアイアンだな・・・。と思いました。


今の多くのニーズに応えていると思いました。

PRGR ツアーモデルキャディバッグ PRCB-151

PRGR キャディバッグ PRCB-152

PRGR ボストンバッグ PRBB-151

PRGR バスタオル PRT-121

PRGR スポーツタオル PRT-122

PRGR ハンドタオル PRT-123

PRGR アンブレラ PRUM-130

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア NEW iD nabla RED

2014年12月19日

プロギア iD nabla RS DRIVER 01 & iD nabla RS DRIVER 02 ドライバー

プロギア iD nabla RS DRIVER 01 & iD nabla RS DRIVER 02 ドライバー
<左>02  <右>01

今日は、この2本のPRGRのニュードライバーを打ち比べてみました。

試打したクラブは、iD nabla RS DRIVER 01iD nabla RS DRIVER 02 ドライバー です。



M43
<下>02  <上>01





<左>iD nabla RS DRIVER 02 のスペック

シャフトは M-43 です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.25インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は53g、トルクは5.1、バランスはD1.5、キックポイントは中調子、クラブ総重量は305gです。




<右> iD nabla RS DRIVER 01 のスペック

シャフトは M-43 です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.25インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は56g、トルクは4.2、バランスはD1.5、キックポイントは中調子、クラブ総重量は308gです。




正面
<左>02  <右>01

どちらも、プロギアらしい高性能なドライバーです。


基本性能も高いですが、フィーリングもすごく良くなっています。


どちらも以前試打したことがあるので、機会があれば打ち比べてみたいと思っていました。


約2ヶ月ぶりに再び出会いましたが、やはり美しいドライバーだな・・・。と思いました。



側面
<左>02  <右>01

どちらも『今風(いまふう)のドライバーだと思います。


ディープ感よりも、シャロー感があります。


数年前はシャロー系のドライバーは馴染みにくいものが多かったのですが、今のシャロー系ドライバーはすごく洗練されている感じがします。


この2つのドライバーもそんな感じのするグッドライバーたちです。



ネック長さ
<左>02  <右>01

ネックの長さは、ほぼ同じです。


特に違いは見られませんでした。


調整システムの『N』の文字が、よく目立っています。



顔
<左>02  <右>01

どちらも顔も、なかなかいい感じです。


プロギアらしく、品質の高さを感じさせます。


チープな感じは一切しません。


両方とも似た顔をしていますが、02のほうがヘッド後方が伸びていて、投影面積も大きく見えました。


私の中での『ど真ん中の顔』ではないのですが、どちらも好感のもてる顔をしています。



バックフェースの出っ張り
<左>01  <右>02

バックフェースのウェイトがあるところの出っ張り具合が以前別々に試打したときに気になっていたので、今日は見比べてみたのですが、02のほうが少し出っ張っています。


これには何か理由があるのでしょうか?


02のほうが重心深度が深くなっているのでしょうか?


あまり気にする必要はないと思ったのですが、少し気になりました。



02 構え感
02

01 構え感
01

ボールを前にして構えた感じは、どちらかというと私は01のほうが好感がもてました。


両方とも球があがりやすそうな感じがしますが、ラインが出しやすいのは01のほうだな・・・。と思いました。


マニュアル系ではなく、オートマチック系の構え感をもった2つのドライバーですが、これが今の主流といえるのかもしれません。


イメージをある程度固定しておいて、そこに送り出していこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
<左>02  <右>01

『打感』はどちらもかなりのハイレベルで互角でした。



打球音
<左>02  <右>01

『音』も、とてもいい感じで、甲乙つけられません。


好感のもてる音です。



トゥ側
<左>02  <右>01

『球のあがりやすさ』という点では、どちらもあがりやすいドライバーだと思うのですが、こうして打ち比べてみると、02のほうが少し弾道が高いな・・・。と思いました。


02のほうが、少しお尻が重たいタイプなのかな?と思いました。



バックフェース
<左>02  <右>01

『安定性』という点では、ほとんど差は見られないのですが、あえていうなら02のほうかな?と思いました。


しかし、『シャフトのグラつき感』が大きい分だけ、少し神経を使いました。


両方とも『アスリートモデル』といっていいドライバーだと思いますが、敷居の高さを感じさせない親しみやすさがあるな・・・。と思いました。


シビアな感じはしませんでした。


『球のつかまりやすさ』を求めておられる方には、02のほうが合いやすいのかな?と思いましたが、調整機能を使えば性能も変わってくるので、あまり考えないでいいのかな?という思いもありました。



ヒール側
<左>02  <右>01

『飛距離性能』は、ほぼ互角だと思いました。


今日は違いをはっきりと確認することができませんでした。


私には01のほうが合いやすいように感じましたが、これは人によって好みが分かれるところかもしれません。



PRGR iD nabla RS DRIVER 01 & iD nabla RS DRIVER 02 DRIVER
<左>02  <右>01

『操作性』という点では、01だと思いました。


01のほうがクセが無い感じがしました。



PRGR iD nabla RS DRIVER 01 & iD nabla RS DRIVER 02 DRIVER
<左>02  <右>01

今は各メーカーのニュードライバーで、『三兄弟』のところもあれば、『二兄弟』のところもあります。


このPRGRのドライバーは『二兄弟』なので、性格が大きく違っているのかな?と思いましたが、似ている部分が多いと思いました。


つかまりの良さは02だと思いますが、それ以外はすごく似ていると思いました。


大きく変えすぎていないところがいいのかな?と思いました。


両方にいえるのは、飛びや球のあがりやすさなどの基本性能がしっかりしていながらも、フィーリングがすごくいいということです。


爽快感の味わえるドライバーたちです。


今年出会った多くのドライバーの中でも、間違いなく『秀作』といえる2つのドライバーたちです。

PRGR ゴルフグローブ ドライハンド DH-143

PRGR ゴルフグローブ PRG-35N

PRGR ゴルフグローブ PRG-111

PRGR ゴルフグローブ PRG-132

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア iD nabla RS DRIVER

2014年12月11日

プロギア iD nabla RS フェアウェイウッド & DUO HIT フェアウェイウッド

プロギア iD nabla RS フェアウェイウッド & DUO HIT フェアウェイウッド
<左>DUO HIT <右>iD nabla RS

今日は、この2本のPRGRのフェアウェイウッドを打ち比べてみました。


打ち比べたクラブは、iD nabla RS フェアウェイウッド と DUO HIT フェアウェイウッド です。



オリジナルカーボンシャフト
<上>DUO HIT <下>iD nabla RS

シャフトはどちらも、オリジナルカーボンシャフトです。




<左>DUO HIT のスペック

ロフトは13度、クラブ長さは42.5インチ、クラブ総重量は326gです。





<右>iD nabla RS のスペック

ロフトは15度、クラブ長さは42.5インチ、クラブ総重量は323gです。






正面
<左>DUO HIT <右>iD nabla RS

先日、iD nabla RS フェアウェイウッドを試打して、とても好感がもてたので、また試打することがあれば、DUO HITと打ち比べてみたいと思っていました。


クラウンのカーボンコンポジットが共通しています。


今もそうですが、PRGRは昔から素晴らしいFWをたくさん発売しています。


DUO HITはクラブ史に残る名器といって過言ではないと思っています。


これまでの優れたFWを思い出すときに、DUO HITを思い出される方も多いのではないでしょうか?


今は『飛び系FW』がたくさん発売されていますが、DUO HITこそが『元祖』といえるのではないでしょうか?



側面
<左>DUO HIT <右>iD nabla RS

このDUO HITは私が数年間愛用していたクラブです。


自宅倉庫から取り出してきました。


TR DUOドライバーを愛用していたときに一緒に使っていたのですが、TR DUOが、いわゆる『高反発モデル』で使わなくなったので、FWも一新することにしました。


ドライバーの調子が悪いときには、このDUO HITがいつも大活躍してくれていました。


ティショットで使ったこともたくさんあります。


FWとは思えないほどの飛距離を、いつも稼ぎ出してくれていました。


いい思い出がたくさんあります。



ネック長さ
<左>DUO HIT <右>iD nabla RS

ネックの長さは、ほぼ同じで、大きな差は見られません。



顔
<左>DUO HIT <右>iD nabla RS

顔の印象は大きく異なります。


投影面積が大きく丸っこくて易しそうな雰囲気がある iD nabla RS に比べ、精悍な感じのDUO HITといったところでしょうか?


どちらもいい顔をしていますが、あえていうなら私はDUO HITの顔のほうが好きです。



カーボンコンポジット
<左>DUO HIT <右>iD nabla RS

細かすぎて写真では見えづらいのですが、クラウンの、この『カーボン模様』が特徴的です。


TR DUOがヒットして、他のメーカーがどんどん追随していきました。


『低スピン時代の幕開け』といっていいのかもしれません。


後を追わないメーカーのほうが逆に目立つようなところがありました。


ゼクシオなどは後を追いませんでした。


それだけ自社の技術に自信とプライドをもっているんだな・・・。と思い、ダンロップがますます好きになったことを、よく覚えています。


カーボンコンポジットドライバーがどんどん増えていく中で、ずっと『フルチタン』でした。


PRGRはいつも流行を作り出す『先駆者』のようなイメージがあります。


DUOシリーズ以外にも『ズーム』や『銀チタン』などもありますし、今の『iDシリーズ』もとても優れていると思います。


ゴルフクラブの進化に大きく関わっているメーカーであることは間違いないと思います。


技術も凄いですし、発想も斬新です。



iD nabla RS 構え感
iD nabla RS


DUO HIT 構え感
DUO HIT

ボールを前にして構えてみても、やはり印象が異なります。


形状もそうですし、大きさや輪郭の違いもあります。


iD nabla RS も易しそうで、いい顔をしているな・・・。と思ったのですが、久しぶりにDUO HITを構えてみて、やっぱりいいな・・・。と思いました。


いいイメージもたくさん湧きましたが、昔のいい記憶がどんどん蘇ってきました。


このクラブに、どれだけ救われてきたんだろう・・・。と思いました。


あの大会の何番ホールのティショットで・・・。とか、パー5のセカンドショットで・・・。みんながたくさん見ているときの『朝イチ』のティショットで上手くいったな・・・。などと、このクラブに助けられたことがどんどん思い出されてきました。


コースによっては練習場が無いところもあるので、そういったときの朝イチのティショットでは、このDUO HITをよく使っていたな・・・。と思いました。


方向性を重視しながらも、いつも抜群の飛距離を稼ぎ出してくれていました。


いつも思うことなのですが、ゴルフクラブは単なる球を打つ道具ではなくて、常にゴルファーのそばに寄り添っていて、記憶の中にもずっと生き続ける存在なのだと、改めて思いました。


私はこれまで素晴らしいクラブにたくさん出会うことができたので、私のゴルフ人生はとても幸運だと思っています。


クラブに対しての感謝とリスペクトの気持ちをいつも持ち合わせています。


こうして構えるだけで、どんどん気持ちが盛り上がってきました。




試打を開始しました。

フェース面
<左>DUO HIT <右>iD nabla RS

『打感』はどちらもいい感じですが、iD nabla RS のほうが少しソフトかな?と思いました。



打球音
<左>DUO HIT <右>iD nabla RS

『音』は、ほぼ互角といった感じで、大きな差はありませんでした。



トゥ側
<左>DUO HIT <右>iD nabla RS

『球のあがりやすさ』は、ロフトも違いますし、シャフトも違うので、正確な比較はできませんが、iD nabla RS だと思いました。


今日は両方ともマットの上からの直打ちで試してみたのですが、改めてiD nabla RS の易しさを感じました。



バックフェース
<左>DUO HIT <右>iD nabla RS

安定性も、iD nabla RS のほうが高いと思いました。


DUO HITも難しい印象はありませんが、こうして打ち比べてみると、多少シビアなところもあるのかな?と思いました。


しかし、神経質になるような感じでもありません。



ヒール側
<左>DUO HIT <右>iD nabla RS

『飛距離性能』はロフトが違うので正確な比較はできませんが、私はDUO HITだと思いました。


もう10年以上前のクラブですが、性能が全く色褪せていないな・・・。と思いました。


iD nabla RS も高性能ですが、DUO HITの優秀さを改めて感じました。


今発売されている、他のメーカーのFWと比べても、引けを取らないと思います。


DUO HITは飛距離性能の高さに加え、シャローヘッドで球のあがりやすさも大きな魅力でした。


シャロー系ヘッドで力強いタイプの『草分け的存在』といっていいのかもしれません。


『シャロー=頼りない』という図式が、この頃から崩れていったように思います。



プロギア iD nabla RS フェアウェイウッド & Duo HIT フェアウェイウッド
<左>DUO HIT <右>iD nabla RS

『操作性』という点でも、DUO HITだと思いました。


敏感に反応してくれます。


iD nabla RS はセダンタイプで大らかな印象があります。


今はイージー系のクラブが多く求められているので、もし同時発売されていたとしたら、おそらくiD nabla RS のほうが人気が出るんじゃないかな?と思いました。


久しぶりにDUO HITで球を打ってみて、やはりいいな・・・。と思いました。


色褪せない魅力が、このクラブにはありました。


リシャフトしてバランス調整を行い、グリップも入れ替えて、久しぶりにコースでも使ってみようかな?と思いました。


PRGRの魅力を再認識しました。

PRGR ゴルフボール iD nabla SPIN

PRGR ゴルフボール egg DISTANCE

PRGR ゴルフボール SOFT DISTANCE

PRGR やわらかつばワークキャップ WCAP-144

PRGR 耳あて付きウォームキャップ WCAP-145

PRGR スクリューニットキャップ SKC-146

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア iD nabla RS フェアウェイウッド

2014年11月25日

プロギア iD nabla RS TITAN FACE アイアン

プロギア iD nabla RS TITAN FACE IRON
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア iD nabla RS TITAN FACE アイアン の7番です。



NS PRO スペックスチールIII
シャフトは N.S. PRO スペックスチールIII です。

ロフトは30度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはM-40 SR、クラブ総重量は381gです。



正面
プロギアのハイテク感あふれるキャビティアイアンです。


プロギアの深い研究が、このアイアンにたくさん散りばめられているように見えます。


機能性も感じられますが、外見の美しさもあります。



側面
セミラージサイズといった感じがします。


結構大きさも感じますが、大きすぎないところがいいな・・・。と思いました。


シャープさはあまりなく、大らかそうな雰囲気があります。



彫りの深さ
彫りの深さも、しっかりあります。


重心深度が深くて、球があがりやすそうです。



バックフェースのアクセサリー
この逆三角形のパーツのようなものがよく目立っています。


これまでのナブラにも共通しています。


これには、どのような効果が期待できるのでしょうか?



ソール幅
やや広めのソール幅です。


それほど広すぎないので、球を拾いやすそうな印象を受けました。


全体的な輪郭も、丸っこいです。



異材
ソールに異材が組み込まれているのが解ります。


ウェイトでしょうか?



ネック長さ
ネックの長さは、今のアイアンの中では、標準的といったところでしょうか?


もっと短いのかと思っていましたが、適度に長さはキープされていました。



ミーリング無し
フェース面にはミーリングは見られませんでした。


ごく普通のフェース面といった感じです。



トップライン
トップラインは厚めです。


このようなタイプのアイアンでは、これくらいがノーマルといえるでしょうか?



オリジナルグリップ
このラバータイプのオリジナルグリップも、なかなかいい感じです。



振り感
素振りをしてみると、結構軽く感じましたが、今はこれくらいが標準のような気もします。


最近はスチールシャフトの種類も多くなりました。


カーボンシャフトが装着されていたモデルもありましたが、私は迷わずこちらのスチールシャフト装着モデルを選びました。



構え感
ボールを前にして構えた感じは、まずまずでした。


やや大顔な感じもしますが、形状的に上手くまとまっていて、違和感はありませんでした。


グースも利いていますが、苦手意識が芽生えるほどではありませんでした。


セミグースタイプのアイアンを好まれる方には、『包み込むイメージ』が出しやすいのではないでしょうか?




試打を開始しました。

プロギア iD nabla RS TITAN FACE IRON
『打感』は柔らかいというよりは、しっかりしている感じです。


球の抵抗感を感じることができました。



トゥ側
球はかなりあがりやすくて、タフな感じは全くしません。


スインガータイプの方にも、易しく感じられるのではないでしょうか?


弾道も高いです。



バックフェース
『安定性』も高く、イージーな感じがします。


打点のブレをあまり気にしなくてもいいアイアンといえるのではないでしょうか?


寛容さが大きいアイアンです。



飛距離性能
『飛距離性能』も高く、今どきのアイアンといった感じがします。


易しく高めの弾道で飛ばしていけるアイアンです。



操作性
『操作性』はまずまずでした。


意図的に曲げるイメージはあまり出なかったのですが、とりあえずトライしてみて、普通に左右に曲げることができました。


インテンショナルなショットを打つように作られたアイアンではないと思うのですが、左右にも対応してくれたので、少し親近感が湧きました。



ヒール側
いわゆる『イージー系』のアイアンで、距離も稼げるタイプです。


それでいながら、外見の美しさも両立できているな・・・。と思いました。



PRGR iD nabla RS TITAN FACE IRON
また機会があれば、試打してみたいと思いました。

PRGR NEW REDEYES POCKET

PRGR ゴルフボール iD nabla SPIN

PRGR ゴルフボール egg DISTANCE

PRGR ゴルフボール SOFT DISTANCE

PRGR スクリューニットキャップ SKC-146

PRGR 耳あて付きウォームキャップ WCAP-145


テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア iD nabla RS TITAN

2014年11月06日

プロギア iD nabla RS FORGED アイアン

プロギア iD nabla RS FORGED アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア iD nabla RS FORGED アイアン の7番です。



N.S. PRO スペックスチールIII
シャフトは N.S. PRO スペックスチールIII です。

ロフトは32度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはM-43 S、シャフト重量は94g、トルクは1.9、バランスはD1、クラブ総重量は421gです。



正面
プロギア iDナブラシリーズのフォージドアイアンです。


先日試打したドライバー 0102 の印象がとてもいいので、このアイアンにも期待感がふくらみました。


軟鉄独特の、いい風合いが感じられます。


見ているだけで安心できます。


少なくとも、フィーリングの悪いアイアンではないな・・・。という安心感です。



側面
形状的にはオードソックスな感じがしますが、全体的に少し薄い印象をもちました。


バックフェースの中央が三角になっているのは、ナブラアイアンらしいところだと思います。



彫りの深さ
彫りはそれほど深くなく、浅い感じもしますが、どことなく『易しさ』を感じさせます。


バックフェースの三角形の膨らみがよく目立っていたので、ひょっとして中空になっているのかな?と思い、尋ねてみたのですが、やはり中空構造になっているのだと聞きました。


ミズノのアイアンを思い出していました。


最近は少しずつ、中空アイアンも復活してきているように感じます。


ポケキャビよりは中空のほうが好きだ・・・。という方もいらっしゃるのではないでしょうか?



ソール幅
ソール幅は、標準的だと思いました。


全体的に丸みを帯びています。



リーディングエッジ&トレーリングエッジ
リーディングエッジとトレーリングエッジが丸く削られているが、今のアイアンらしいところだな・・・。と思いました。



ネック長さ
ネックの長さは、やや短めですが、今のアイアンの中では主流といったところかもしれません。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは見られませんでした。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップも、ソフトなフィーリングで、いい感じです。



構え感
ボールを前にして構えた感じは、ちょっと『大顔』だな・・・。と思いました。


こうして構えるまでは、このような大きい顔を予想していませんでした。


もっと小顔でシュッとした感じなのかな?と思いました。


グースも結構利いていますし、トップラインも少し厚めでした。


以前試打したモデルが、すごく構えやすかったので、このアイアンにも期待していたのですが、ちょっと違う印象をもちました。


正直、私はもっと小顔なほうが好きですが、これくらい大きさがあるほうが安心できる・・・。という方も多いのだと思います。


好みが分かれるところだと思います。


こうして構えていても、『繊細さ』のようなものは感じず、どちらかといえば『オートマチック感』がありました。


バックフェースのデザインはカッコ良くて、シャープな感じもしますが、構え感は違う印象をもちました。


見とれるようなこともなく、淡々と見つめていましたが、特に大きな不満はありませんでした。


あくまでも私の中では、前のモデルのほうが圧倒的にいいな・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで、好感がもてました。


軟鉄のフィーリングもあると思うのですが、それ以外にも『独特の凹み感』がありました。


実際はそんなことはないと思うのですが、インパクトの瞬間、フェース面がボールに押され、少し凹むような印象をもちました。


中空らしいフィーリングだな・・・。と思いました。



トゥ側
球はあがりやすくて、タフな感じは全くしません。


あがりやすくなるような工夫が施されていると思います。


見た目は本格的なアイアンですが、敷居は高くないアイアンだと思いました。



バックフェース
『安定性』という点では、まずまずだと思いました。


中空キャビティらしい寛容さはありますが、『フェース面の何処で打っても・・・』という感じではありませんでした。


ある程度打点を揃える必要があると思いました。


『イージー過ぎる』アイアンではないと思いました。



飛距離性能
『飛距離性能』は優れていますが、今のアイアンの中では普通といったところでしょうか?


このプロギアのアイアンもそうですし、他のメーカーの、いわゆる『アスリートモデル』と呼ばれるアイアンも、『スタンディングロフト化』が進んできているように思います。


私の中では7番アイアンといえば、昔から『36度』。


もっといえば『37度』というのが頭から離れないのですが、今はバリエーションも増えてきました。


私はここまで立ったロフトを今のところ求めてはいませんが、ニーズがあるのは確かだと思いますし、私たちユーザーの選択肢が増えることはいいことなのかもしれません。


今はロフトが立って、あがりやすいアイアンが多いので、飛距離が伸びるのも当然だと思いました。



操作性
『操作性』は、いい感じでした。


左右どちらにも上手く反応してくれました。


構えたときに、少し『大味』な感じがして、イメージが少しボヤけてしまったのですが、曲げることも難しくありませんでした。



ヒール側
キャビティらしい安定性もありますが、どちらかといえば少しだけ操作性が勝っているかな?と思いました。



プロギア iD nabla RS FORGED アイアン
プロギアのアスリート仕様の軟鉄アイアンを、できるだけ幅広い層のゴルファーに使って欲しい・・・。というメーカーの思いがあるように感じられました。


これまでのプロギアのフォージドアイアンは、もうちょっと敷居が高めだったと思うのですが、このアイアンはかなり下げてきているように感じます。



プロギア iD nabla RS FORGED アイアン
あくまでも私の好みとしては、前のモデルのほうが圧倒的に好きですが、前のモデルよりも、もっとイージー系のアイアンが欲しい・・・。という方には、このアイアンは合いやすいのかもしれません。


球もあがりやすいですし、シビアな感じもしません。


『大らかさ』をずっと感じていました。



プロギア iD nabla RS FORGED アイアン
構えたときに大味に感じられたことがちょっと残念でしたが、違和感があるというほどではありませんでした。


もうちょっとシュッとした感じを想像していたので、少し意外だったな・・・。というのが正直なところです。



プロギア iD nabla RS FORGED アイアン
『打感』もソフトでしたが、『ペシャッ』という感じが中空らしいな・・・。と思いました。


少なくとも、手に嫌な衝撃が残ることはありません。



プロギア iD nabla RS FORGED アイアン
今回は購買意欲が刺激されることはなかったのですが、また試打する機会があれば試打してみたいですし、次のモデルにも期待したいと思いました。


メーカーの、色々な工夫と技術が感じられるアイアンでした。

PRGR アームカバー ARM-140

PRGR サポート機能付ソックス SOCKS-200

PRGR 足底サポートクルーソックス SOCKS-101

PRGR 足底サポートアンクルソックス SOCKS-102

PRGR 足底サポート5本指ソックス SOCKS-120

PRGR キャディバッグカバー CBC-600

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア iD nabla RS FORGED

2014年10月23日

プロギア iD nabla RS フェアウェイウッド

プロギア iD nabla RS フェアウェイウッド
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア iD nabla RS フェアウェイウッド の3番です。



M-43
シャフトは M-43 です。

ロフトは15度、クラブ長さは42.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は54g、トルクは4.4、バランスはD1.5、キックポイントは中調子、クラブ総重量は323gです。



正面
プロギアナブラシリーズのフェアウェイウッドです。


ヘッド全体が丸っこくて、すごく易しそうな雰囲気があります。


フェースやソールがとても綺麗に仕上げられていて、高級感があります。


『セレブリティ用クラブ』のゴールドとは、またちょっと違った感じがします。


アスリート色の強い、美しい仕上がりです。


クラブは基本性能もすごく大切ですが、まずは試打する前に感じる『質感』がとても大切なので、そういった意味でも、このFWはいい印象をもつことができました。


ソールが綺麗なので、使い込んでいってソールに細かな傷をつけてしまうのが嫌になるだろうな・・・。と、ふと思ってしまいました。


『傷がつきにくいソールの開発』というのがあってもいいのかな?と思いました。


新品のときだけでなく、使い込んでいっても『色褪せ』しないクラブは魅力的です。



側面
ヘッド全体が、かなりシャローな感じがします。


プロギアは、これまでもこのようなシャロー系のFWをたくさん発表してきました。


得意分野だと思います。


プロギアのFWは昔から優れた物がたくさんあります。


易しくて飛距離の出るイメージが強いです。



ネック長さ
ショートネックになっています。


低重心を感じさせます。


ドライバーには搭載されていた調整機能が、見られませんでした。


FWには必要ないということなのでしょうか?


それとも、これから発売されるモデルには搭載されるのでしょうか?



シャローヘッド
かなりのシャローヘッドです。


シャローバックというだけでなく、クラウン全体が低くなっています。


フェースの上部・中部・下部のどこに当たっても、ボールは上がっていくんだろうな・・・。と思いながら見ていました。



顔
顔は、まずまずだと思いました。


丸っこくて、易しそうな感じがします。


バルジは真っ直ぐに近い感じです。


こういったところは今のFWの主流だと思います。


私はなだらかな曲線を好むのですが、この真っ直ぐさにも、不満はありません。



カーボンコンポジット
細かすぎるので写真ではよく見えないのですが、クラウンがいわゆる『カーボンコンポジット構造』になっています。


DUO HITを思い出します。


模様もよく似ています。


あの優れた構造を再び採用したのでしょうか?


まさに『温故知新』といったところでしょうか?


DUO HITは昔使っていて、まだ所有しているので、またこのクラブを試打することができたら見比べてみたいと思いました。


カーボンコンポジットも進化しているのかもしれません。



トゥ側の凹み
トゥ側には小さな凹みがあります。


これは先日試打したドライバーと共通するところです。


どういった効果が期待できるのでしょうか?



フェース面のデザイン
フェース面のデザインが変わっているな・・・。と思いました。


スイートエリアのところは溝ではなく『フラット』になっているので、強度を考えてのことなのでしょうか?


ギリギリまでフェースを薄くして、反発を高めているのかな?と思いました。



独特なソール形状
フェース面のデザインだけでなく、このソール形状も独特です。


あまり見ない形状です。


芝の抵抗を受けずに、『滑り性能』が高そうです。


FWはフェース面だけでなく、ソールも使うので、ソール性能がすごく重要になってきます。


これはプロギアの深い研究があってのことだと思います。


PRGRがやることは、いつも何らかに理由があると思っています。


『アイデアの斬新さ』や『少しでもいい物を作るこだわり』に、すごく長けたメーカーだと思います。


外見だけでなく、中身も充実したクラブを作る・・・。というイメージがあります。



振り感
素振りをしてみた感じは、ある程度予想していた通りでした。


それほどしっかりとした感じはしなかったのですが、タイミングもすぐに合わせることができました。


しっかり振っていくのではなく、まずは少しゆったりと振っていこう・・・。と思いました。



構え感
ボールを前にして構えてみて、なかなかいい感じだな・・・。と思いました。


ヘッド全体の『丸っこさ』も目立っていますし、シャロー感もかなりあります。


シャローヘッドですし、こうして構えてみても球があがりやすそうだな・・・。と思ったので、ティアップせずに、そのままマットからの直打ちで試すことにしました。


直進性も高そうだな・・・。と思いました。


あまり曲げるイメージは出ませんでした。


何といいますか、『必死に打っていく』というよりも、『朗らかに笑顔のまま打っていく』感じが合っているんだろうな・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、すごくソフトで良いです。


まったりとした感じです。


何といいますか、『角(かど)の立たない穏やかな打感』という感じがしました。


とても馴染みやすいフィーリングです。



打球音
『音』も、いい感じでした。


高くなく、そして大きすぎず、しっとりと包んでくれるような感じがしました。


次から次へと、どんどん打ちたくなります。


最近は、こういった音をあまり聞かなくなったような気がします。


先日試打したドライバーは少し高めの音でしたが、このFWの音は全く違うな・・・。と思いました。


どちらもタイプは異なりますが、好感のもてる音です。



トゥ側
球はあがりやすいです。


想像通りでした。


タフな感じは全くしません。


直打ちでも、充分過ぎるほど高さを出すことができました。


最近は15度のスプーンのあがりやすさがすごく向上していると思います。


昔、スプーンは『バッグの中の飾り』とまではいかないまでも、あまり使う頻度が多くなかったので、馴染みにくい印象もあったように思います。


それは『球のあがりづらさ』が主な原因でした。


ティアップして打つのであれば何の問題も無いと思うのですが、直打ちでは上がりづらいので、活躍の場面も少なかったのだと思います。


しかし、最近は違います。


すごく上がりやすくなりました。


ドライバーよりもフェアウェイウッドの進化のほうがスピードが早いような気もします。


このプロギアのニューFWも、そんな感じがします。


直打ちでも、これだけ上がってくれるのは、実戦でもかなり勇気をもらえそうな予感がします。


キャリーをしっかりと稼いでいくことができました。


パー5の2打目でも、大活躍してくれそうです。


敷居の高いタイプではありませんが、どちらかといえば『ヒッタータイプ』の方に合いやすいのではないかな?と思いました。



バックフェース
『安定性』も、いい感じです。


なかなかブレる感じがしません。


いつもは少し『弧』イメージしたくなることが多いのですが、このクラブは自然と『真っ直ぐ』をイメージして打ちたくなりました。


ティアップして打っていたら、おそらく『曲げにいった』と思うのですが、今日は直打ちだけにしたので素直に、この『真っ直ぐ感』を楽しもう・・・。と思いました。



飛距離性能
『飛距離性能』は高いです。


PRGRらしくハイレベルです。


やはりクラウン部分の『カーボンコンポジット』が活きているんだろうな・・・。と思いました。


懐かしい感じがしますが、決して古さを感じさせません。


先ほども書きましたが、『温故知新』という言葉を思い出しました。



操作性
『操作性』という点では、あまり曲げたい気分にはなれなかったのですが、一応トライしてみました。


変なクセがないので、左右同じように反応してくれました。


ただ、あまり極端に曲がる感じはしなかったですし、やはり真っ直ぐに近い感じで打っていきたい・・・。と思いました。


『セミ・オートマチックタイプ』だと思いました。



ヒール側
ゴチャゴチャした感じが全くなくて、シンプルな構造になっています。


しかし、とても優れたFWだな・・・。と思いました。


おそらく見えないところに、様々な工夫が組み込まれているのだろうと思いますし、表面で見えるところにも、微妙な工夫がされているのだと思います。



PRGR iD nabla RS FAIRWAY WOOD
プロギアはウッド系が得意なメーカーというイメージがありますが、このFWを試打してみて、そのイメージがますます強くなりました。


『秀作』といっていいと思います。



PRGR iD nabla RS FAIRWAY WOOD
海外メーカーのFWは、かなり機能性が重視されているようで、少しゴチャゴチャした感じの物も見られます。


調整機能も、『当たり前』のように付いています。


性格的に尖った感じの物も多いです。



PRGR iD nabla RS FAIRWAY WOOD
しかし、このFWはすごくシンプルでありながら、機能性でも全く引けをとっていないと思います。


むしろ、親しみやすい・・・。という方も多いのではないでしょうか?


安定性も高いですし、球もあがりやすいです。


キャリーをしっかりと稼いでいけるタイプなので、好感をもたれる方も多いのではないでしょうか?


FWを作るのが得意なメーカーが、研究に研究を重ねて開発したFWという印象をもちました。



PRGR iD nabla RS FAIRWAY WOOD
クラウンに見られた『カーボン模様』が懐かしく感じられました。


初めて出会ってから、かなりの年月が経っていますが、今でも採用されているということは、それだけ優れた構造だということではないでしょうか?


PRGRが『TR DUO』を発表してから、かなり多くのメーカーが後を追いました。


まさに『ブームの火付け役』といっていいと思います。


いいFWだと思ったので、今度はコースでも試してみたいと思いました。


敷居も高くないので、かなり多くの方の支持を集めるのではないでしょうか?


日本人ゴルファーのことを、よく知っているメーカーが作ったクラブだな・・・。という印象をもちました。

PRGR キャップ PRCAP-142

PRGR キャップ CAP-143

PRGR キャップ CAP-134N

PRGR キャップ CAP-144L

PRGR キャップ CAP-145

PRGR キャップ PRCAP-147

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア iD nabla RS フェアウェイウッド

2014年10月19日

プロギア iD nabla RS DRIVER 02

プロギア iD nabla RS DRIVER 02
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア iD nabla RS DRIVER 02 です。



MITSHUBISHI RAYON M-43

シャフトは M-43 です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.25インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は53g、トルクは5.1、バランスはD1.5、キックポイントは中調子、クラブ総重量は305gです。



正面

プロギア ナブラのドライバーです。


先日『01』を試打しましたが、今日は02を試打する機会に恵まれました。


こうしてパッと見る限り、すごくよく似たデザインになっています。



側面

01同様、シャローな形状です。


01の印象がすごく良かったので、この02にも期待できそうだな・・・。と思いながら見ていました。


機能性を感じさせながらも、全体的な美しさがあります。


さすがはプロギアだと思いました。


『造り』が雑でなく、すごく丁寧な感じがします。


ゴルフクラブにも色々とあって、『初見』で興味がもてなかったり、テンションが上がらなかったりする物もあります。


対して、すごく興味を抱く物もあります。


このドライバーは興味がもてるタイプです。


これまでプロギアのクラブには、いい思い出がたくさんあるので、その過去の記憶も影響しているのかもしれません。



ネック長さ

ネックの長さは、標準的な感じがします。


01と同じ印象を受けます。



調整システム

01同様、調整システムが搭載されていました。


プロギアは、この調整機能については後発的なイメージもありますが、これからも継続していくのでしょうか?


もし、そうだとしたら、『プロギア独自のシステム』を開発して欲しいと思いました。


プロギアはいつでも『先駆者』であって欲しいと、私は勝手に思っています。



Nポジション

試打するのは、この『N』ポジションです。



シャローヘッド

シャローバック形状です。


重心深度もしっかりとあって、直進性も高そうです。


今はディープバック形状が少ないですし、そういった形状のドライバーに苦手意識をもっておられる方もいらっしゃると思います。


このようなシャロータイプのほうが親近感をもちやすい・・・。という方も多いのではないでしょうか?


今は構えやすくなった、高性能シャローヘッドドライバーがたくさんあります。



ヘッド後方の出っ張り

このヘッド後方の『出っ張り』が目に入りました。


01はもう少し控えめだったように思います。


おそらく重心位置などを計算してのことだと思いますが、今度機会があったら見比べてみたいと思いました。



ウェイト

ソールには2カ所ウェイトが配置されていました。


01と同じ位置にあります。



コンポジット

01同様、コンポジットタイプであることが解ります。


クラウンがコンポジットされているのは、プロギアではすっかりお馴染みですし、プロギアの『得意分野』といえるのではないでしょうか?


かなりの低重心化が図られているんだろう・・・。と思いました。



顔

顔も、なかなかいい感じです。


ちょっとクセがあるのかな?と思っていましたが、実際はそうでもありませんでした。


最近のドライバーの傾向のような気がします。


クセをなるべく排除して、打ちやすさを追求しているドライバーが多くなったように思います。


いくら機能が向上しても、構えづらくなったら台無しになってしまうので、そういったところにも配慮されているのではないでしょうか?


ヘッド後方が少し伸びていますし、『つかまえ顔』ではありますが、変なクセのようなものは感じませんでした。


黒の引き締まった感じと、シャロー感が上手く組み合わさっています。



振り感

シャフトは軟らかめです。


ヘッドの印象からすると、もう少ししっかりとしているのかな?と思いましたが、結構な『ソフトスペック』です。


ヘッドもよく走る感じがします。


同じ『M-43』でも、01のシャフトよりも、こちらのほうがもっと軟らかいような感じもします。


ナブラシリーズは、どちらかというと『アスリート仕様』のイメージがありますが、このドライバーはある程度敷居を低くして、幅広い層をターゲットにしているのではないでしょうか?


もちろん、違うタイプのシャフトもラインアップされているそうです。



構え感

ボールを前にして構えた感じは、まずまずでした。


シャロー感がありますが、それがあまり強調されていないのが、いいと思いました。


私はシャロー系のヘッドに苦手意識をもってしまうこともあるのですが、このドライバーにはあまり感じませんでした。


左につかまりそうだったのと、『シャフトの動き』に少し気をつけなければいけないな・・・。と思ったのですが、こういったタイプはこれまでもたくさん経験しているので、ある程度出球を予想することができました。


あくまでも私の好みとしては、もう少し『逃がし顔』のほうがいいのですが、この『つかまえ顔』に好感をもたれる方は多いのではないでしょうか?


少し『開き気味』で構えたくなりました。


まずは『右から回すイメージ』で打っていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』は、すごくソフトでいい感じです。


先日試打した01同様、グッドフィーリングのドライバーです。


やはりメーカーが、この打感にも、すごく力を入れているのが解りました。



打球音

『音』は、やや高めで小気味いい感じです。


好感のもてる音です。



トゥ側

球はかなりあがりやすいです。


弾道も高めでした。


タフな感じは全くありません。


ロフトは9.5度ではありますが、はっきりとした『高弾道系ドライバー』といっていいと思います。


ヘッドもそうですが、シャフトも球をあがりやすくしているのではないでしょうか?


先端が動きやすい感じがします。


今は海外メーカーのドライバーでロフトを寝かせるようになってきていますし、それはいいことだと思いますが、このドライバーは敢えてそのようなことをしなくてもいいと思いました。


これまで通りのロフトで、まずは試してみるのが一番だと思います。



バックフェース

『安定性』は、なかなかいい感じでした。


球もつかまりやすいですし、スイートエリアも広そうです。


昔の大型ヘッドは、球がつかまりづらい物が多かったですが、最近のドライバーは全く違うような気がします。


構えづらくないように配慮されていながらも、『つかまり性能』はアップしているように思います。


これは『ヘッドとシャフトの共同作業』のところもあると思いますが、すごく易しくなっているように思います。


フッカーである私は、いつもの感じで振ってしまうと、つかまり過ぎる感じがあったので、意識的に逃がして打つ感じでちょうどいいかな?と思いました。



飛距離性能

飛距離性能は高いと思いました。


グーンと力強く飛んでいって、なかなか落ちてきません。


球のつかまりもいいので、それがこの高い飛距離性能につながっているのではないでしょうか?


最近は『低スピン性能』や『弾きの良さ』などに加え、『つかまりの良さ』で飛ばしていけるドライバーが多くなったように思います。


『ライナー系』というよりは、明らかに『ビッグキャリー』で飛ばしていけるドライバーです。


これまでの『キャリー系』のドライバーは、弾道の力強さが足りないと感じる物も多かったですが、このドライバーはとても力強い感じがします。


このドライバーは、見るからに機能的な感じがしますが、その機能が性能アップに充分活かされているように感じました。


PRGRの高い技術が組み込まれているのだろう・・・。と思いました。



操作性

『操作性』という点では、最初は少し難しく感じたのですが、だんだんと慣れてきて、曲げることもできるようになりました。


基本的には球がつかまりやすいクラブですし、シャフトが『動くタイプ』なので、少し気を遣わなければならないところもありましたが、何とか反応してくれました。


つかまりやすいドライバーですが、決して右に曲がりにくいドライバーだとは思いませんでした。


私は左方向へのミスをすごく怖く感じています。


スライスが出てもすぐに修正することができますが、フックは続いてしまうこともあるので、いつも注意しています。


このドライバーは『スライス撲滅ドライバー』だとは思いませんでしたが、日頃、球のつかまりをもっと良くしたい・・・。という方には、とても合いやすいのではないでしょうか?



ヒール側

先日試打した『01』と、この『02』の、どちらかひとつを選ぶとするならば、私は迷わず01を選びますが、この02のほうがいい・・・。という方はとても多いのではないでしょうか?


球がよりつかまりやすくなっていますし、高さも充分に出せます。


見た目はシュッとしていてカッコいいですが、敷居の低さもあります。


『構えやすいハイドロー仕様ドライバー』といえるのではないでしょうか?



PRGR iD nabla RS DRIVER 02 DRIVER

PRGRはアイアンやウェッジ、パターも素晴らしいクラブがありますが、やはりFWやUTのイメージが強いです。


ドライバーも優れた物をたくさん発表してきました。


なので、どちらかといえば『ウッド系』が得意なメーカーというイメージがあります。


今日試打した、この iD nabla RS DRIVER 02 というドライバーも、プロギアらしい性能の高さを感じることができましたし、『得意分野』の強みが、いかんなく発揮されたように思います。



PRGR iD nabla RS DRIVER 02 DRIVER

先日試打した01もそうでしたが、このドライバーはとても機能的であり、『理にかなった物理的性能』をもっていながら、『フィーリング性能』もアップしているのが、大きなウリのように思います。


すごくフィーリングがいいです。


メーカーが、かなり研究しているのではないかな?と思いました。



PRGR iD nabla RS DRIVER 02 DRIVER

ドライバーは、ただ飛べばいい・・・。曲がらなければいい・・・。という方もいらっしゃるかもしれませんが、やはりフィーリングにはすごくこだわっていきたいと私は思っています。


やはり『打感』や『音』が良くないと、たとえナイスショットしても、高い満足度は得られません。


球を打っていても楽しさが半減してしまいます。


いいフィーリングが得られるからこそ、そこからまた新たなインスピレーションが湧いてくるような気がします。



PRGR iD nabla RS DRIVER 02 DRIVER

そういった点でも、このドライバーはとても好感をもつことができました。


フィーリングがいいから、また打ちたくなりますし、必然的に球数をこなしていくことになるので、練習にもなりますし、そのクラブに馴染むのも早くなります。


コスリ気味の打感はあまり良くないですが、このドライバーのようにしっかりとつかまったときの打感はすごくいい感触が残ります。


とてもカッコいいですし、本格的な感じのするドライバーですが、球はあがりやすくてつかまりやすいので、敷居の低いドライバーだと思います。



PRGR iD nabla RS DRIVER 02 DRIVER

装着されている2つのウェイトを交換できるのであれば、今度交換してみたいと思いました。


どれくらい、弾道やフィーリングが変わってくるのか、興味があります。


私は今のままでは、ちょっとつかまり過ぎる感じもするので、ウェイトを変えて逃がしていきやすくなるのか、機会があれば試してみたいと思いました。



PRGR iD nabla RS DRIVER 02 DRIVER

スリクソンなど、他のメーカーでは『三兄弟』もポピュラーになってきましたが、このPRGRのニュードライバーは『二兄弟』なのだそうです。


つまり、01と02で、多くのゴルファーをカバーできるというメーカーの自信の表れではないかな?と思いました。


タイプ的には『アスリートモデル』といえると思うのですが、親しみやすいタイプなので、多くの方に試していただきたいと思いました。

PRGR ドライバー用ヘッドカバー PRHC-151

PRGR フェアウェイウッド用ヘッドカバー PRHC-152F

PRGR ユーティリティ用ヘッドカバー PRHC-153U

PRGR アイアン用ヘッドカバー PRIC-151

PRGR パター用ヘッドカバー PRPC-151

PRGR マレットパター用ヘッドカバー PRPC-151M

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア iD nabla RS DRIVER

2014年10月08日

プロギア iD nabla RS DRIVER 01

プロギア iD nabla RS DRIVER 01
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア iD nabla RS DRIVER 01 です。



M-43
シャフトは M-43 です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.25インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は56g、トルクは4.2、バランスはD1.5、キックポイントは中調子、クラブ総重量は308gです。



正面
プロギアのニュードライバーです。


最近はeggタイプのドライバーが多かったので、このようなアスリート色の強いドライバーは久しぶりな感じがします。


PRGRのことだから、おそらく今回もすごい機能が満載されているんだろう・・・。と思いました。



側面
アスリート系な感じはしますが、それほどディープさはありません。


こういった形状は今の主流だと思います。


今は昔のようなディープタイプは殆ど見かけなくなりました。



ネック長さ
ネックの長さは標準的でしょうか?


それほど長くはありません。



ネックの調整システム
ネックには調整システムが搭載されていました。


意外でした。


PRGRには調整システムのイメージが無かったので、ちょっと意表を突かれた感じです。


PRGRは『先駆者』で、他のメーカーの後追いはしないイメージがあったのですが、このシステムを搭載しないと売れにくいのでしょうか?


こうして見る限り、それほど複雑な調整はできないようですが、このシステムがあったほうがいい・・・。という方も多いのかもしれません。


多くのPRGRファンの要望に応えた形になっているのかな?と思いました。



Nポジション
試打するポジションは、この『N』です。


ネック周りは腫れぼったくないのがいいな・・・。と思いました。



2つのウェイト
ソールには2つのウェイトが搭載されていました。


バックフェース寄りは『15』、ヒール寄りは『5』となっていました。


つまり、バックフェース寄りには『15g』、ヒール寄りには『5g』のウェイトが組み込まれているということなのでしょうか?


専用の工具を使えば交換できそうです。


色々な重さが用意されているのでしょうか?



丸いアクセサリー
ウェイト以外にも、この丸いアクセサリーのような物も気になります。


これにはどのような効果が期待できるのでしょうか?


それとも単なるアクセサリーに過ぎないのでしょうか?



フェース面のデザイン
フェースのデザインも独特です。


フェースの中央付近に『ナブラマーク』のようなものが見られます。


プロギアらしいアスリート色は残しながらも、何か大きな変化をしていこう・・・。というメーカーの狙いがあるように感じられます。



クラウンの盛り上がり
フェース自体は結構なディープフェースだと思うのですが、フェースの中央部分が少し膨らんでいるのが、少し目立っていました。


『なだらかな曲線』というよりは、少しだけプクッと膨らんでいるように見えました。


これにはどのような効果が期待できるのでしょうか?


こうして見る限り、弾きが良さそうな感じがします。



セミディープ形状
『セミディープ形状』といっていいでしょうか?


あくまでも私の感覚では『シャロー』になるのですが、今はシャロー系がとても多いので、それらと比べると多少の厚みがあるので、『セミディープ』といっていいのかな?と思いました。


今は『叩けるシャロー』が増えていますし、このドライバーにも、その雰囲気が漂っています。



トゥ側の凹み
トゥ側は一カ所小さく凹んでいて、『iD』のマークが記されています。


これも絶妙な重量配分によるものなのでしょうか?


PRGRのことだから、おそらく何らかの技術が組み込まれているのだろう・・・と思いました。



コンポジットタイプ
クラウン部分が、いわゆる『コンポジットタイプ』であるのが解ります。


今ではとてもポピュラーな構造です。


クラウン部分を軽くして、かなりの低重心化が図られているのでしょうか?



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップも、ソフトなフィーリングで好印象でした。


手にしっとりと馴染みます。



顔
顔の印象は、まずまずでした。


それほど小顔感はありませんでした。


ヘッド後方が少し伸びていました。


よく見かける形状ですし、『今風(いまふう)』の形状だな・・・。と思いました。


直進性が高そうです。



振り感
素振りをしてみた感じは、ヘッドの印象に対して、シャフトが少し物足りない感じもしたのですが、これは仕方のないことなのかな?と思いました。


結構軟らかめのシャフトです。


ヘッドは叩けそうな雰囲気があったのですが、シャフトには少し気を遣う必要があるかな?と思いました。


タイミングを計りながら振っていくことにしました。


今日出会ったモデルは『M-43』が挿してあったのですが、他のシャフトもラインアップされているそうなので、もし出来れば次回はそちらを試してみたいと思いました。



構え感
ボールを前にして構えた感じは、まずまずでした。


見とれるようなことはなかったのですが、特に違和感もなく、普通に構えることができました。


ヘッド後方の伸びもありましたし、フェース面がよく見えたので、球があがりやすそうな印象をもちました。


左右に曲げるイメージはあまり出せなかったのですが、まずは真っ直ぐ振り抜いていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』がすごくいいことに、少し驚きました。


このソフトな打感は予想していませんでした。


もちろん、プロギアのこれまでのドライバーの打感が良くなかったわけではないのですが、どちらかといえば硬いイメージがありました。


しかし、今回のニューモデルはすごくソフトです。


ソフトでありながらも、『球の重さ』も充分感じ取ることができました。


『ガツン』という感じではなく、どちらかといえば『しっとり』という言葉が浮かびました。


嫌な衝撃が残ることもなく、すっきり感があります。


後味がいい感じです。


ディープフェースらしい『トランポリン効果』も感じられました。


フェースが一旦ボールを吸収して、そこから一気に押し出していく感じ・・・。といったらいいでしょうか?


シャローフェースのドライバーでは、なかなか得られないフィーリングです。



打球音
『音』も、すごくいい感じでした。


少し高めですが大きすぎず、心地いい感じがしました。


すごく品(ひん)のある音でした。


まさに『チタンらしい打音』だな・・・。と思いました。


この音を聞いているだけで自然と集中力も増してきますし、気持ちも盛り上がってきます。


ショットが良くなるのを後押してくれているように感じました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、ある程度予想していた通りでした。


『中高弾道』といったところでしょうか?


タフな感じは全くしませんでしたが、ヒッター向けのドライバーであることは確かだと思いました。


このドライバーは、私の中では『シャロー系』のイメージなのですが、最近多くなった『しっかりしたシャロー』といいますか、『叩けるシャロー』だと思いました。


高く上がりすぎて頼りなく感じることはありませんでした。



バックフェース
『安定性』という点では、今のドライバーの中では普通かな?と思いました。


それほど高い直進性がある・・・。という感じはしませんでした。


もちろん、すごくシビアで難しい・・・。というタイプではないのですが、ある程度正直なところはもっているように感じました。


ヒール側にウェイトもありましたし、もっとつかまりがいいのかな?と思っていましたが、実際に打ってみて、それほどつかまり過ぎる感じはしませんでした。


左へのミスが怖い私には楽に感じるところもあったのですが、日頃スライスに悩んでおられる方には、少し難しく感じられるかもしれません。


しかし、決して敬遠すべきではないと思いましたし、調整システムを使えば、もっと球がつかまりやすくなるのかもしれません。


あくまでも私の好みとしては、このノーマルな感じで充分かな?と思いました。


これ以上球のつかまりを良くしたくない感じがしました。



飛距離性能
『飛距離性能』という点では、PRGRらしいハイレベルなドライバーだと思いました。


すごく研究されているな・・・。と思いました。


タイプは違いますが、今年の3月に試打した『egg1』というドライバーは本当に素晴らしいと思っています。


形状などは独特なのですが、すごく性能が高いドライバーです。


理にかなっているな・・・。と思うところがいくつかありました。


今日出会った、この iD nabla RS DRIVER 01 というドライバーは、egg1とはタイプが異なりますが、打ち比べてみたい・・・。と思えるほど、このドライバーのレベルの高さも感じることができました。


フェース面がすごく仕事をしてくれている感じがしました。


初速が速く、あっという間に消え去っていくような感じがしました。


ヘッドがもつパワーを、ボールに伝えやすい感じがしました。


打感や音がすごくいいので、どんどんショットの精度を上げていけるように感じました。


ある程度の低スピン性能もあるとは思いますが、敷居が高くなるような低スピン性能ではないと思いました。


ドロップ感は全くありませんでした。



操作性
『操作性』は、まずまずだと思いました。


左右にも普通に曲げることができました。


ただ、シャフトのしなりのタイミングを計りながらだったので、最初は少し気を遣うところがあったのですが、何とか曲げることもできました。


左右曲げられましたが、どちらかといえばフェード系が打ちやすいのかな?と思いました。


つかまりが抑えられていたので、気持ちよく振り抜くことができました。



PRGR iD nabla RS DRIVER 01 DRIVER
プロギアらしい、レベルの高いドライバーだと思いました。


昔から、プロギアのドライバーは『飛ぶ』というイメージが私の中に強くあります。


『TR DUO』や『銀チタン』という素晴らしいドライバーに出会えたことが、その大きな要因のような気がします。


他のメーカーがやらないことを先にやる『先駆者の飛び』を、いつも感じていたように思います。



PRGR iD nabla RS DRIVER 01 DRIVER
ネックに調整システムが搭載されているのが、はじめは意外な感じがしていたのですが、球数を重ねていくうちに、それはあまり考えなくなりました。


『基本性能の高さ』を満喫していました。


飛びの性能も高かったですし、難しすぎないところも印象的でした。



PRGR iD nabla RS DRIVER 01 DRIVER
しかし、何といっても強く印象に残ったのが、このドライバーのもつ『フィーリング性能の高さ』です。


打感や音がすごくいいです。


先ほども書きましたが、プロギアはそれほどフィーリングが悪いイメージはないのですが、ここまでソフトな印象はありませんでした。


メーカーがかなり研究したのではないでしょうか?


PRGRの『iD』は『インスピレーションとデータ』だったように思うのですが、まさにその両立が出来ているように感じました。



PRGR iD nabla RS DRIVER 01 DRIVER
ドライバーは飛ばないとつまらないですが、ただ飛ぶだけでは物足りないです。


打感や音が良くないと、せっかくの飛距離性能もかすんでしまいます。


気持ちよくインパクトを迎えられるからこそ、さらに飛ばすことができます。


そういった点で、このドライバーにはレベルの高さを感じました。


飛びの性能が良くて、フィーリングもいいので、まさに『いいとこ取り』といったところかな?と思いました。



PRGR iD nabla RS DRIVER 01 DRIVER
最近はエッグシリーズの印象が強かったプロギアですが、ようやくナブラのニューモデルに出会うことができました。


いいドライバーに仕上がっているので、メーカーもかなり努力したんだろうな・・・。と思いました。


私はこのままで充分だと思いましたが、調整システムを使ったり、ウェイトを交換できれば、どのような飛びやフィーリングになるのか、興味が湧きました。



PRGR iD nabla RS DRIVER 01 DRIVER
アスリート色の強いドライバーなので、『誰にでも』という感じはなかったですし、敷居が低いタイプでもないのかもしれません。


ある程度ユーザーは絞られるかもしれませんが、その範囲におられる方にはたまらない魅力があるのではないでしょうか?


プロギアらしい『男前』なドライバーだと思いました。

プロギア キャディバッグ PRCB-151

プロギア キャディバッグ PRCB-152

プロギア スタンドバッグ PRCB-153

プロギア ボストンバッグ PRBB-151

プロギア NEW REDEYES POCKET

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア iD nabla RS DRIVER

2014年06月15日

プロギア SUPER egg IRON

プロギア SUPER egg IRON 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア SUPER egg IRON の7番 です。



FORCE OF egg original flex shaft

シャフトは FORCE OF egg original flex shaft です。

ロフトは26度、クラブ長さは38.25インチ、シャフトフレックスはM-40、クラブ総重量は341gです。



正面

PRGRエッグシリーズのニューアイアンです。


先日、iDシリーズの素晴らしいアイアンを試打することができたのですが、今日はeggシリーズです。


『対極』といってもいいほど、個性の違うクラブですが、それぞれがブランドとして確立しているので、いいと思っています。


私はあまりeggシリーズを手にすることはないのですが、高い人気を得ているようですし、愛用しておられる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



側面

独特な形状です。


このクラブは一応『アイアン』という名称が使われていますが、アイアンというよりは『ハイブリッド(ユーティリティ)』に近い形状です。


ちょっと変わった感じもしますが、このように思い切った設計ができるところも、プロギアのいいところだと思います。


プロギアには『革新的』という言葉がよく似合います。



彫りの深さ

かなり彫りが深いです。


この膨らみを見て、普通のアイアンヘッド何枚分だろうか?などと考えてしまいました。


初めてポケットキャビティアイアンを見たときに、ある種の『衝撃』のようなものが感じられたことをよく覚えているのですが、この最新モデルも、かなり個性があります。



かなり大きなポケット
 
とても大きなポケットです。


このポケットがあるからこそ、eggシリーズといえるのかもしれません。


eggアイアンらしい感じもしますが、おそらく、egg史上最大ではないのかな?と思いました。



ソール幅

ソール幅も、かなり広いです。


こうして見ても、やはりアイアンというよりは『ハイブリッド』に近い印象をもってしまいます。


いずれ、アイアンとハイブリッドがボーダレス化してしまうのかもしれません。



ネック長さ

予想通り、ネックも短いですが、しっかりと長さがキープされているところに好感がもてました。


ヘッドが大きく分厚いので、『頭でっかち』に見えてしまいます。


『首長美人(くびながびじん)』というよりも、明らかに『寸胴』的な感じがします。



FORCE OF egg

バックフェースには『FORCE OF egg』と記されていました。


そのまま訳して『卵の力』ということでいいのでしょうか?


『FORCE』という言葉は、映画『スターウォーズ』を思い出します。



バーのような物

このバーのような物は何なのでしょうか?


重心深度が深くなるようにウェイトの役目を果たしているのでしょうか?


これまでもエッグシリーズのアイアンは高機能なイメージがありますが、このニューモデルはさらに拍車が掛かったように見えます。


これも、PRGRの深い研究によるものでしょうか?



オリジナルグリップ

このオリジナルグリップは、とてもいい感じです。


握り心地がソフトですし、やや太めなところがすごくいいです。


最近では珍しい太さだと思いました。


私は手が大きいほうなので、太めのグリップだと安心できます。


このグリップがすごく太いということはないですが、今のアイアンのグリップの中では太いほうだと思います。


グリップは細めがいい・・・。という方もたくさんいらっしゃると思いますが、私はこのアイアンのグリップの太さには好感がもてました。


『テーパー感』は、あまり感じませんでした。



ミーリング無し

ハイブリッドではなく、あくまでも『アイアン』という位置づけなので、ミーリングがあるかな?と思い、近くで見てみたのですが、ありませんでした。


やはり、性格的にはハイブリッドに近いような気がします。


『スピン性能』よりも『飛距離』に重点をおいて開発されたクラブではないかな?と思いました。



振り感

素振りをしてみても、やはりアイアンのフィーリングというよりは、ハイブリッドに近い感じがします。


重量感を感じないですし、軽く振っていけます。


ヘッドが大きいのでバランス的に、かなりヘッドが利いているのかな?と思っていたのですが、実際に振ってみると、そうでもありませんでした。


外見は重量感を感じさせるのですが、実際はそうでもないところが面白いと思いました。


なかなかイメージがつかみにくいところもあったのですが、何故か面白そうだな・・・。と、このクラブに興味が湧いてきました。



構え感

独特な構え感です。


アイアンには見えません。


バックフェースの膨らみが見えすぎだと思いました。


やはり、アイアンというよりは、ハイブリッドに近い構え感でした。


自分が今、一体何番のクラブを握っているのかが、よく解りませんでした。


しかし、これがeggらしいところでもありますし、これまでも何回か経験しているので、ある程度予想の範囲内でした。


アイアンではターゲットに対して狙いを、より絞り込んでいきたいですが、こういうタイプのアイアンだと、そのエリアを広めに設定していく必要があるように感じました。


かなりラージサイズのアイアンですが、グースがきつくない・・・。といいますか、むしろ『ストレート』といっていいと思います。


左を怖がらず、ラインを出していけそうだな・・・。と思いました。




試打を開始しました。

飛距離性能

まず感じたのが、その強烈な飛距離性能です。


想像以上に飛んでいくので少し驚いてしまいました。


エッグアイアンは初期のモデルから、その飛距離性能の高さがウリのひとつだと思いますが、このニューモデルは、その『最たるもの』といってもいいのではないでしょうか?


いくら何でも『7番アイアン』というカテゴリーには入らない飛び性能だな・・・。と思いました。


構えたときから、いったい何番のクラブを手にしているのかが解らなかったのですが、実際にこの飛びを見ると、それが余計顕著に感じられました。


完全に『ハイブリッドの距離』だと思いました。


なかなか距離感が出せませんが、アイアンに飛距離性能を求めておられる方には、かなり魅力的なクラブといえるのではないでしょうか?


今は『飛び系アイアン』がたくさんありますが、このPRGRのニューモデル『SUPER egg アイアン』は、その『最たる物のひとつ』といっていいのではないかな?と思いました。


プロギアは元々、ドライバーやFWの飛距離性能に長けたメーカーだと思いますし、その技術が、このアイアンにギュッと詰め込まれているように思います。


正直、私はアイアンにここまでの飛距離を求めていませんが、PRGRははっきりしていていいと思いました。


貪欲に距離を求めて開発されているということが、弾道を見ていてよく解ります。


曖昧さが無く、狙いがはっきりしているところが、PRGRの魅力のひとつだと思います。



フェース面

『打感』はまずまずだと思いました。


柔らかいというよりは『バチーン』とくる感じ・・・。といったらいいでしょうか?


アイアンの打感という感じはしなかったのですが、これも、このクラブの特徴だと思いました。



トゥ側

球はとてもあがりやすいと思いました。


かなりロフトは立っていますが、タフな感じは全くしませんでした。


球があがりやすくなるような工夫が随所に見られます。


『はらい打ち』したい方にも、易しく感じられるのではないでしょうか?


少々ダフり気味にヘッドが入っても、広いソールが上手く滑ってくれるので、かなりイージーに感じられるのではないでしょうか?


普通のアイアンはダフると、かなり距離が合いにくくなりますが、このアイアンはいい意味で『アバウト』に打っていける感じがしました。


『ソールの滑り』を利用できるのも、こういったタイプのクラブの特長のひとつといっていいように思います。



バックフェース

『安定性』も高いです。


かなり寛容なタイプです。


シビアさはなく、少々のブレにも影響されにくくなっています。


何といっていいのか、よく解らなかったのですが、採掘現場で活躍する、大型の運搬車をイメージしました。


普通の自動車の何倍もある、その車は一度走り出したら、なかなか『止まらない』『曲がらない』というイメージと少しダブってしまいました。


ボールに対して『正確にコンタクトする』というよりも、『だいたいのところにヘッドを落としていけばいい』といった感じがしました。


ちょっと極端かもしれませんが、フェース面のスコアラインのあるところにさえ、ボールが当たれば、あとは自動的に運んでくれるように感じました。



操作性

『操作性』という点では、とりあえず左右に曲げることもできたのですが、あまり大きくは曲げられませんでした。


何といいますか『急ハンドル』『急ブレーキ』を掛けづらく、そのまま『惰性』で打っていく感じ・・・。といったらいいでしょうか?


かなりオートマチックなクラブだと思いました。


私が愛用しているアイアンとは、まるで『真逆』に感じるようなところもあったのですが、これはこれで『アリ』なのだと思いました。



ヒール側

最初に見たときの印象のまま、このクラブは『アイアン』というよりは『ハイブリッド』に近いクラブだと思いました。


しかも、かなり『ウッド系』といっていいと思います。



プロギア SUPER egg IRON

私はウッド系のクラブよりも、アイアンやウェッジのほうが好きなので、必然的にそういったクラブを多くバッグに入れていますが、アイアン型のクラブは苦手で、ウッド系のほうが好きだ・・・。という方もたくさんいらっしゃると思います。


『ソールの広さ』に安心感をもたれる方も多いと思います。


このクラブは、そういった方に合いやすいのではないでしょうか?



プロギア スーパー エッグ アイアン

このアイアンの長所はたくさんあると思いますが、その最たるものはやはり『飛距離性能』だと思います。


ずば抜けていると思います。


私には『縦の距離感』が合いづらいので、慣れるまでには、かなりの時間と球数が必要だと思いましたが、この飛びの凄さは、多くのゴルファーを笑顔にしてくれるのではないかな?と思いました。



PRGR SUPER egg IRON

ヤングゴルファーの方よりも、ベテランゴルファーの方のニーズに合いやすいような気がしました。


7番で、これだけ遠くに飛ぶのだから、これよりも上の番手はいったいどうなっているんだろう?と思いました。


『飛び系のアイアン』が登場してきて、セッティングも大きく変わってきたように思います。


以前も書きましたが、今は『6番』から入れておられる方もたくさんいらっしゃいます。


私のセッティングは、圧倒的にアイアンやウェッジのほうが多いのですが、ウッドやハイブリッドをたくさん入れておられる方も多くなったように思います。


アイアンの本数が減ってきたように思います。



PRGR SUPER egg IRON

昔はクラブセッティングは、それほど違いは無かったように思うのですが、今は人によってかなり違いが見られるようになりました。


『14本以内』という制限があるので、自分が使いやすいクラブを入れるべきだと思います。


アイアンを少なくして、FWやハイブリッド、ウェッジを増やすのも有効だと思います。


大切なのは『14本(以内)』のクラブを使いこなす・・・。ということだと思います。


使わないクラブをバッグに入れていても仕方ありません。


そういった意味でも、このような新しい発想のクラブは大活躍してくれるような気がします。



PRGR SUPER egg IRON

私がアイアンに求めるものが、このクラブにギュッと凝縮されている感じはしなかったのですが、今はゴルファーのニーズも多様化していますし、PRGRもそのニーズに対応する為に開発したのだと思います。


eggシリーズは、それほど多く接するわけではないのですが、すっかり市民権を得ていると思います。


このアイアンもそうですし、ドライバーもかなりの高性能です。


こういった『思い切った設計・開発』ができるところが、プロギアの優れているところだと思います。


オリジナリティがあって、好感がもてます。


私はeggシリーズよりも、iDシリーズのほうが親しみやすい感じがしますが、これからもeggシリーズには注目していきたいと思いました。


昔からそうですが、最近のPRGRは『ホット』なメーカーだな・・・。と思いました。


これからもPRGR独自の開発設計を進めて欲しいと思いました。

PRGR egg キャディバッグ EC-01

PRGR 軽量キャディバッグ RP-01CB

PRGR キャディバッグ スタンダードモデル PRCB-144

PRGR ボストンバッグ PRBB-144

PRGR ボストンバッグ PRBB-141

PRGR スポーツバッグ PRT-122

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア SUPER egg IRON

2014年06月08日

プロギア iD ナブラ ツアー ウェッジ

プロギア iD ナブラ ツアー ウェッジ 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
プロギア iD ナブラ ツアー ウェッジ です。



ダイナミックゴールド

シャフトは ダイナミックゴールド です。

ロフトは58度、クラブ長さは35インチ、シャフトフレックスはS200、シャフト重量は118g、トルクは1.4、バランスはD3、キックポイントは元調子、クラブ総重量は466gです。



正面

PRGRの、とてもカッコいいウェッジです。


この軟鉄特有の美しさと、PRGRの技術が結集された雰囲気がたまりません。


一目見て、気に入りました。


まだ打つ前ですが、好感度がどんどん増していきました。


昨年、私は iD ナブラ ウェッジ を試打したのですが、このウェッジのほうが、いい雰囲気があります。



側面

シャープでありながら、適度に丸みもあるウェッジです。


輪郭に丸みがあります。


PRGRのウェッジには馴染みがあり、TRウェッジを使っていた時期があります。


とてもいいウェッジでした。


このウェッジにも、同じようないいイメージをもつことができました。



ソール幅

ワイドソールです。


ロフトが58度ということで、SWという認識でいいと思うのですが、SWとしては普通なのかもしれません。


こうして見る前は、もう少し狭い幅を予想していたので、少し意外でした。



バンス

バンスも、結構効いています。


私はバンスが効きすぎているモデルは苦手に感じることも少なくないのですが、このウェッジには苦手意識は芽生えてきませんでした。


丸みがあるので、『滑り』が良さそうです。


バンスが効いているウェッジにも、それぞれ特徴があって、『滑り』を連想させる物と、『跳ね』を連想させる物があります。


『跳ね』を連想させる物には苦手に感じることも多いのですが、『滑り』を連想させる物はとても親しみを感じます。


このウェッジのバンスは『滑り』を連想されるので、好感がもてましたし、易しそうだな・・・。と思いました。



ネック長さ

ロングネックです。


この『首長具合』を見て、思わず顔がほころんでしまいました。


ウェッジには、やはりこのロングネックが似合います。


スピンも掛けやすそうな感じがします。


この『美しい後ろ姿』に、しばらく見とれていました。



TypeA

ホーゼルには『TypeA』と記されていました。


どういう意味だろう?と思いました。


『TypeB』もあるのかな?と思いました。



彫りの深さ

全体的な彫りも、かなり浅くノーマルなウェッジといっていいと思います。


今はウェッジにも『キャビティ化』が進んでいるように思いますが、私はあまり求めていません。


キャビティにすることによるメリットも大きいと思うのですが、どちらかというと昔ながらの『フラットな感じ』といいますか、『プレーン』なタイプのウェッジに惹かれます。


このウェッジは厳密に言えば、『ハーフキャビティ』に見えなくもないのですが、このすっきりとした形状であれば、全く問題ありません。


薄くするところは薄くし、厚みが必要なところには、しっかりと厚みがキープされています。


どこでヒットしたらいいのかが、すぐに解る形状になっています。


クラブから伝わってくるものがありました。



オリジナルグリップ

この『ベルベットタイプ』の、オリジナルグリップも、すごくいいです。


グッドフィーリングです。


私はベルベットタイプのグリップが大好きなので、まさに至れり尽くせりだな・・・。と思いました。


繊細なフィーリングを求めたいとき、このグリップは大活躍してくれます。


まさに『皮膚感覚』で馴染んでいるグリップです。


このグリップを採用してくれているPRGRの好感度が、さらに上昇しました。



ミーリング有り

フェース面にミーリングがあるか、確認しましたが、しっかりとありました。


いわゆる『ハの字タイプ』です。


これは、昨年試打したモデルと同じような感じです。


『プロギアオリジナル』といっていいでしょうか?


ウェッジにはミーリングがあることも多いですが、メーカーによって個性があるので、面白いです。


『角溝』が禁止されたので、ルールに抵触しない範囲で、もっともっと高性能なミーリングを開発して欲しいと思っています。


『フライヤー』を軽減させてくれ、計算できるスピンを、いつも求めています。


スピンが掛かりすぎたり、逆にほどけてしまったり・・・。といったことは避けたいです。



トップラインの厚さ

トップラインはすごく厚いというほどではありませんでしたが、結構厚く見えました。


昔からの経験で、トップラインが厚すぎるウェッジやアイアンを苦手にしているのですが、これくらいの厚さであれば、何の問題もありません。


PRGRのことだから、この厚みも計算され尽くしてのことだろう・・・。と思いました。


これまでたくさんの優れたクラブを発表しているメーカーなので、PRGRのクラブにはいつも『明確な理由』があるように思っています。


一部の他のメーカーのクラブでは『何となく』とか『曖昧さ』を感じることもあるのですが、PRGRのクラブにはそういったマイナス的なことは感じません。


とても信頼できるメーカーです。



構え感

ボールを前にして構えてみても、かなりいいです。


すごく構えやすいです。


やや出っ歯で、『逃がし顔』といえるのでしょうか?


とてもいい顔をしています。


バンスは効いていますが、開きやすい顔です。


すごくいいイメージが湧いてきました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』はとてもソフトで、好感がもてました。


見た目の印象通りのグッドフィーリングです。


打つ前から、この打感の良さを信じていましたが、その信頼を裏切ることなく、素晴らしい感触を私に与えてくれました。


ウェッジに限らず、ドライバーからパターまで全ていえることですが、やはりフィーリングが良くないと、球をコントロールしづらいですし、雑になりアバウト感がでてしまいます。


対してグッドフィーリングだと、すごく気持ちが伝わりやすいですし、繊細さを楽しむことができます。


このウェッジはまさにそんな楽しいウェッジだと思いました。



トゥ側

球もあがりやすいです。


ソールもよく滑ってくれ、抵抗感を感じさせません。


今日は練習場のマットの上からでしたが、今度は実際の芝の上から試してみたいと思いました。



スピン性能

スピン性能は、なかなかいい感じだな・・・。と思いました。


フェース面のミーリングは、昨年試打したモデルと同じようですが、こちらのツアーモデルのほうが、いい感じで押し込んでいけたような気がします。


なので、多少食いつき感もアップしたのかもしれません。


すごい激スピンだとは思いませんでしたが、計算の立ちやすい『適スピン』だと思いました。


今日は練習場のマットの上からの試打だったので、余計なものがボールとフェースに挟まることなく、スピンがよく効いていたのかもしれません。


ミーリングの効果もあると思いますが、『抜けの良さ』も、このウェッジの大きな魅力のひとつだと思います。



バックフェース

『安定性』という点でも、いい感じです。


『TOUR』という名前が付いていますが、シビアな感じは全くしません。


これまでたくさん出会ってきた、カッコ良くてグッドフィーリングなウェッジです。


構えやすさもありますし、自分の好むネック形状なども、この易しさに大きく関係しているように思います。


私はこのウェッジのようなストレートネックが好きです。



距離感

距離感も、すぐに合いました。


最初は30ヤードのピッチショットから始めたのですが、とてもいい感じで運んでいくことができました。


構えたときに、いいイメージがたくさん出せたので、それがこの距離の合いやすさにもつながっているのだと思います。


今日は初対面でありながら、すぐに『手の延長』として使っていけるウェッジだと思いました。



操作性

『操作性』も、いい感じでした。


バンスが邪魔することもなく、いろいろな球を打たせてくれました。


最初にソールを見たときは、どちらかというと『オートマチックタイプ』なのかな?と思っていたのですが、実際はマニュアルタイプだと思いました。



ヒール側

バンスは多少効いていますが、丸みがすごく印象に残ったので、今度機会があったら、バンカーでも試してみたいと思いました。


どのような砂の弾き方をするのか、興味があります。


ライなどにもよりますが、私はできれば砂を薄くカットして距離感を出していきたいタイプです。


なので、あまりラウンドがついていないソールを好みます。


しかし、このウェッジのソールにも興味をもちましたし、バンカーでも活躍してくれるのではないかな?と思いました。



PRGR iD nabla TOUR WEDGE
 
機会があれば、また何度でも試打してみたいと思いましたし、購買意欲も刺激されました。


今日は練習場の打席からの試打だったので、思うように楽しむことができませんでしたが、次回はアプローチグリーンやバンカーで楽しい時間を過ごしたいと思いました。



PRGR iD nabla TOUR WEDGE

私がウェッジ練習が一番好きだから・・・。というわけではないのですが、ウェッジ好きの方には、是非試していただきたいと思いました。


コースでも大活躍してくれそうなウェッジだな・・・。と思いました。

PRGR ゴルフグローブ ドライハンド DH-143

PRGR  アームカバー ARM-140

PRGR サポート機能付ソックス SOCKS-200

PRGR 足底サポートクルーソックス SOCKS-101

PRGR 足底サポート5本指ソックス SOCKS-120

PRGR NEW REDEYES POCKET

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション プロギア iD ナブラ ツアー ウェッジ

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記
テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ