ゴルフクラブ試打日記

ゴルフクラブ試打日記TOP > カテゴリー [RODDIO ]
2015年09月06日

RODDIO FAIRWAYWOOD SPOON

RODDIO FAIRWAYWOOD SPOON
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは RODDIO FAIRWAYWOOD のスプーン です。



ATTAS EE
シャフトは
ATTAS EE です。

ロフトは15.5度、シャフトフレックスはS、シャフト重量は64g、トルクは4.0、キックポイントは中調子 です。



正面
先日、このロッディオのクリークを試打することができたのですが、今日はスプーンを手にすることができたので、試打してみることにしました。


すごく変わった形をしていますが、その高性能はクリークで経験済みです。



側面
シャロータイプです。


スプーンではありますが、こういったところはクリークと変わりません。


最近は個性的なクラブが少なくなってきているように思いますが、このクラブはとても個性的です。


すぐにロッディオのFWだということが分かります。



ネック長さ
ネックは、やや短めです。



ソールの溝

ソールの溝

ソールの溝
このソールの溝もお馴染みです。


このような溝は今ではポピュラーになってきましたが、昔では考えられなかったと思います。


メーカーの深い研究がうかがえます。



ソールのパーツ
このソールのパーツもお馴染みです。


交換できるようになっているのだと訊きました。



クラウンの溝
クラウンの溝もお馴染みです。


この溝の効果がどれだけ大きいのかは、私は分からないのですが、いくつかのメーカーで見られるということは、それだけの理由があるからだと思います。


他のメーカーからも、同じようなタイプが発売されるかもしれません。



フェース面の模様
フェース面の模様も、個性的です。


雑な感じがなく、丁寧に仕上げられています。


チープさはありませんでした。



シャローヘッド
かなりのシャローヘッドです。


最近のFWはシャロー系が圧倒的に多いですが、このクラブもかなりシャローです。


スプーンだと、もうちょっとディープさがあってもいいのかな?と思いましたが、これにも大きな理由があるのだと思います。


クリークと殆ど同じに見えました。


ロフトが違うだけなのかもしれない・・・。と思いました。



顔
まずまずの顔です。


異型でなく、違和感などはありません。


見とれるような美顔とは、またちょっと違いますが、このような顔もアリなのだと思います。


機能性を感じさせる顔をしています。



振り感
素振りをしてみても、いい感じでした。


余計に暴れることもなく、タイミングもすぐに合わせることができました。


このロッディオのFWが飛距離性能に優れていることは、クリークを試打していて実感しているので、このしっかりとしたところに好感がもてました。


飛距離のでるクラブこそ、適度なしっかり感が欲しいです。


暴れてしまうようでは余計な気を遣ってしまい、気持ち良く振ることができません。



構え感
構えやすいです。


普通にリラックスして構えることができました。


クリークをそのまま構えているように感じました。


これまで経験してきたクラブの中には、番手によって顔の感じを少しずつ変化させてある物もありました。


フェースの被り具合なども違っている物がありました。


しかし、このクラブにはそのようなことは感じませんでした。


あくまでも他の番手との『共通感』を出しているように見えました。


実際に見比べてみないと詳しいことは分かりませんが、ヘッドの大きさもクリークとあまり変わらないのではないかな?と思いました。


これまではスプーンとクリークでは一目で大きさの違いが分かるものが殆どでした。


こういった大きさの違いをあまり感じさせないところも斬新だな・・・。と思いました。


クリーク同様、マニュアル感よりもオートマチック感がありました。


曲げるイメージはあまり出せなかったのですが、まずはこのクラブに任せる感じで振ってみよう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、なかなか良いです。


硬すぎないのがいいです。



打球音
『音』は、はっきりしているのですが、大きすぎないので好感がもてました。


甲高いタイプでもなく、落ち着いた感じの音です。


程良い感じの『金属音』です。



トゥ側
球はあがりやすいです。


最初は直打ちで試してみたのですが、充分あがってくれました。


このあがりやすさは、大きな武器になるな・・・。と思いました。


色々なシーンで活躍してくれそうです。



バックフェース
『安定性』も、いい感じでした。


オートマチック系の、いいところが充分感じられました。


寛容さがありますし、いい意味でアバウトに打っていくことができました。


ラインも出しやすいです。



飛距離性能
クリーク同様、飛距離性能はかなり優れています。


球はあがりやすいのですが、適度にスピンが抑えられているのだと思います。


ドーンという無機質的な感じといいますか、あまり感情を持たずに機械的に飛ばしてくれるような印象をもちました。


何となくではあるのですが、『熱さ』を感じさせる飛距離性能ではなく、『冷静さ』を感じさせるハイレベルな飛距離性能だな・・・。と思いました。


『HOT』ではなく、『COOL』な印象をもちました。


インパクトからフォローにかけて飛距離のイメージを出していきたいタイプのクラブだな・・・。と思いました。



ティアップ
ティアップしても試してみたのですが、いい感じであがってくれました。


クリークを試打しているのでは?と思えるほど、充分高さを出していくことができました。


これまで飛距離性能に優れたFWは、結構ハードな物が多く、使えるユーザーも限られていたところがあったと思います。


しかし、このFWには、そのような敷居の高さは感じられません。


この親しみやすさも、このクラブの大きな特長といえるのではないでしょうか?



操作性
『操作性』はまずまずでした、


やはりオートマチック系だと思いました。


球のつかまりがいいので、日頃球がつかまりきらない・・・。と感じておられる方にも、易しく感じられるのではないでしょうか?


『逃げる』というよりも、『つかまる』印象のほうが強いです。



ヒール側
ティショットでも、充分使っていけそうです。


ホールによっては、どうしてもドライバーではイメージが出しづらかったり、ハザードが気になってしまったりすることもあります。


そういったときはFWやUT。


場合によってアイアンでティショットを打つこともありますが、そういったときにも、このクラブは大活躍してくれそうだな・・・。と思いました。



ロッディオ フェアウェイウッド スプーン
飛距離よりも、方向性重視でいきたい。


いいところに置きにいきたい。


そういったことはラウンド中何度もありますが、このクラブだと、それが易しいように感じました。


飛距離をあまり求めていないときでも、しっかりと距離を稼いでくれるような感じがしました。


自然と飛んでくれるので、あまり力まず、運ぶ感覚で飛ばしていけるところがいいです。


15.5度というロフトも、絶妙な角度なのだと思います。



RODDIO FAIRWAYWOOD SPOON
以前試打したクリークが、他のクラブのスプーン並に飛んでくれるので、いわゆる『番手感覚』がズレる感じがします。


このスプーンも、ドライバーが不調なときに充分代役を果たしてくれそうだな・・・。と思いました。


方向性もオートマチックな感じがしましたし、飛距離もオートマチック的に稼いでくれるタイプだと思いました。


このクラブのハイテクさに委ねてみるのも面白いな・・・。と思いました。



RODDIO FAIRWAYWOOD SPOON
今年は、かなり優れたFWがたくさんあるように思います。


ロッディオはFWのイメージが無かったのですが、先日試打したクリークは強烈なインパクトを残しました。


今日はスプーンを試打してみて、その印象がさらに強くなりました。


このスプーンもいいですが、どちらかといえばクリークのほうを使ってみたいな・・・。と思いました。


クリークをクリークの感覚で振っていき、スプーンと同等かそれ以上の飛距離を稼いでいくのが面白いような気がしました。


まだコースで試していませんが、機会があれば是非コースでも試してみたいと思いました。


購買意欲が刺激されましたし、今年の『フェアウェイウッド・オブ・ザ・イヤー』の、候補のひとつであることは間違いありません。

RODDIO ヘッドカバー

ATTAS キャディバッグ

BioMECH パター

Calvin Klein キャディバッグ

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション RODDIO FAIRWAYWOOD SPOON

2015年05月19日

RODDIO DRIVER S-Tuning

RODDIO DRIVER S-Tuning
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
RODDIO DRIVER S-Tuning です。



RODDIO
シャフトは
RODDIO です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS です。



正面

とてもカッコいいロッディオのドライバーです。


ロッディオのドライバーは、これまでも何度か試打していますが、どれもカッコいいものばかりです。


カラフルなイメージもありますが、このドライバーは黒を基調としていて、シブさもあります。


私は黒いヘッドが大好きなので、このドライバーはとても魅力的に見えました。


打つ前に、まず目で楽しめるクラブです。



側面

今では少数派となっているディープタイプのヘッドです。


このディープなところも、ロッディオらしいところだと思います。


色などもそうですが、全体的な形状がとても美しいな・・・。と思いました。


高級感もあります。


色々なクラブを試打していると、時には質感がもうひとつ好きになれない物に出会うこともあり、テンションがあがりきらないこともありますが、このドライバーは違います。


目にしたら、思わず手に取ってみたくなる美しさがあります。



ソールのアクセサリー

このソールのアクセサリーも、すっかりお馴染みです。


見た目のインパクトが大きいですし、これを見ただけでロッディオのドライバーだと分かります。


今は個性的でないクラブも多いので、一目でそのメーカーが分かるデザインは魅力的です。


このアクセサリーは取り外しができるのだと訊きました。



ソールの溝

このソールの溝も、お馴染みです。


溝というよりも『レール』といったほうがいいかな?と思いました。


このレールのような溝は飛びの為の工夫なのでしょうか?


それともデザイン的なものに過ぎないのでしょうか?


これまでのモデルと、コンセプトは同じように思います。



S-TUNING

ヒール側には『S-TUNING』と記されていました。


どのようなチューニングができるのでしょうか?


こうして見たところ、ロフトやフェースアングルなどを変えられるようにはなっていないようですが、何か特別なチューニングができるのだと思います。


興味がありましたが、敢えて訊かないことにしました。



ディープヘッド

明らかにディープタイプのドライバーです。


シャロー系を好まれる方には、あまり魅力的には見えないかもしれません。


この何ともいえない『塊感』が、力強い弾道をイメージさせます。


色が黒いせいでしょうか?


少し小振りに見えました。



顔

黒く引き締まった顔をしています。


黒いヘッドと、小顔が好きな私にはたまりません。


今はシャロー系のほうが圧倒的に多いので、『今のスタンダード』という感じはしませんが、『ちょっとのスタンダード』といったところかな?と思いました。


『全体的な丸顔』という感じでもなく、ヘッド後方が少し伸びているように見えました。


こういったところは、昔のドライバーでは見られなかったところだと思います。



振り感

素振りをしてみた感じは、まずまずでした。


ヘッドの雰囲気から連想する振り感ではありませんでした。


全体的に軽さを感じました。


もうちょっと『どっしり感』があったほうがイメージも合いやすいような気もしたのですが、何度か素振りを繰り返してタイミングを計っていきました。


できれば、もうちょっとしっかりとしたシャフトで試してみたかったな・・・。と思いました。



構え感

ボールを前にして構えてみると、いい感じでした。


構えやすいです。


いいイメージが自然に湧いてきました。


左右に大きく曲げるよりも、どちらかといえば真っ直ぐなイメージがでました。


ヘッド後方の伸びが目に入ったからなのかもしれません。


少し軽く感じたので、最初は細工をせずに、おとなしく振っていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』は硬すぎず、しっかりめで良いと思いました。


あまりソフトな感じはしませんでしたが、好感のもてる打感です。



打球音

『音』は少し大きいですが、苦手に感じるほどではありませんでした。



トゥ側

『球のあがりやすさ』は、まずまずでした。


打つ前は、もっとライナー系の低い球がでるのかな?と思いましたが、実際はそうではありませんでした。


軟らかめのシャフトも大きく関係していると思いますし、ロフト(10.5度)ということもあるのだと思います。


これがもし一桁ロフトだったとしたら、もっとタフなドライバーになっていたと思います。


ヒッター向けのドライバーであることは間違いありません。



バックフェース

『安定性』という点では、それほど高いとは思いませんでした。


いわゆる『曲がりにくいタイプ』ではないと思います。


ただ、それほどシビアでもないですし、易しいところも感じました。


普通に打っている限り、大けがをしにくいタイプですし、予想もしていなかったような球がでることもありませんでした。



飛距離性能

『飛距離性能』は、なかなかいい感じでした。


しっかりとつかまった力強い球を打つことができました。


フェースの弾きとの相乗効果で飛ばしていけるタイプだと思いました。



操作性

『操作性』という点では、いい感じでした。


左右に曲げることも易しく感じました。


私がフッカーだということもありますし、構えたときに少しつかまりそうな印象もあったせいか、私はフックボールのほうが打ちやすかったです。


ただ、自然と球をつかまえてくれるタイプではないので、スライサーの方がスライスを抑制する為のドライバーではないと思います。


あくまでもスイングの中でつかまえる課程が必要になってくるように感じました。



RODDIO DRIVER S-Tuning

他のメーカーに比べ、あまり出会うことは多くないですが、やはりいいな・・・。と思いました。


『美』と『物理的な高性能』の両立が、良く出来ています。


美しいだけでなく、ただ飛ぶだけではありません。


その両方のバランスが上手くとれていると思いました。


特に先日試打したFWは素晴らしいクラブだと思います。



ロッディオ DRIVER S-Tuning

試打しているのが楽しくて、あっという間に予定の時間がきてしまいました。


美しさと高機能を楽しむことができました。


チャンスがあれば、また何度でも試打を楽しみたいドライバーです。

RUSSELUNO キャディバッグ

RUSSELUNO ヘッドカバー

RUSSELUNO キャップ

RUSSELUNO ゴルフグローブ

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション ロッディオ RODDIO DRIVER S-Tuning

2015年05月02日

RODDIO アイアン

RODDIO アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
RODDIO アイアン の7番 です。



ダイナミックゴールドCPT
シャフトは
ダイナミックゴールドCPT です。

ロフトは30度、クラブ長さは37ンチ、シャフトフレックスはS200、キックポイントは中調子 です。



正面
二度目のロッディオアイアンです。


先日、とてもカッコいいマッスルバックアイアンを試打することができたのですが、今日はキャビティアイアンです。


全く正反対のような感じもしますが、幅広いタイプのクラブを作ることが、今メーカーに求められているのだと思います。



側面
かなり大らかそうなアイアンです。


全体の輪郭も丸っこくなっています。


今はこういったタイプのアイアンをよく見かけます。


RODDIOは日本のメーカーだと訊いたことがあるのですが、こうして見ていると、海外メーカーのアイアンのように見えてきます。


シャープさはありませんが、この全体的な雰囲気を好まれる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



彫りの深さ
彫りの深さも、じゅうぶんあります。


オーソドックスなポケキャビといっていいように思います。



ソール幅
ワイドソールです。


このアイアンの形状に合った広さです。


これだけソール幅があると、ヘッドを急角度で下ろしていく・・・。というよりも、なだらかに滑らせてヒットするイメージも出しやすくなります。


今のアイアンの特徴といえるのではないでしょうか?


私はビギナー時代、アイアンでダフるくらいならはトップ球を打て・・・。と先輩から強く言われてきました。


それだけ当時のアイアンで、ダフりは禁物だったのだと思います。


しかし、今はアイアンが大きく変わって、多少ダフり気味でヒットしてもいいようになってきているのかもしれません。


アイアンの進化がダフりに寛容になってきたのだと思います。


このアイアンのソールを見ていたら、そのように感じました。



ネック長さ
ショートネックです。


この長さも、このようなタイプのアイアンの特徴のように思います。


ソール幅もそうですし、かなりの低重心に見えます。


おまけにポケット部分も大きいので、重心も深そうな印象を受けます。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。


ロッディオのアイアンは、まだ2つめなので、傾向なども解らないことが多いですが、比較的オーソドックスな印象をもちました。


このアイアンのように機能性に優れたアイアンもいいですが、先日試打したマッスルバックのカッコ良さも捨てがたいな・・・。と思いました。


『難しい』『易しい』は別にして、思わず見とれてしまうようなクラブを手にするのも、ゴルフの楽しみのひとつだと思います。


何かこう、気持ちの入り方が違います。


しかし、一般的にマッスルバックは敬遠されていると思いますし、イージー系のクラブのニーズのほうが高いのは事実だと思います。


ゴルファーは自分自身が使うクラブを選ぶ権利がありますが、大切なのは『惚れられるクラブを選ぶ』ということではないでしょうか?


惚れたクラブを使うからこそ、ゴルフがより楽しくなります。


長い時間を共有していると、そこから信頼感が生まれてきます。



構え感
ボールを前にして構えてみると、私が好むタイプとはちょっと違うところもあったのですが、この構え感はある程度想定済みでした。


見とれることは無かったのですが、これまでもたくさん経験しているので、強い苦手意識は芽生えてきませんでした。


ただ、グースの利きが強いので、そこに注意していこう・・・。と思いました。


ラージサイズなので、船に例えると『大船』のような印象をもちました。


左右に鮮明なイメージが描ける・・・。ということはなかったのですが、この大らかそうな雰囲気を活かしていけたらいいな・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はまずまずだな・・・。と思いました。


何といいますか、『ライト』な感じでした。


球を乗せて運ぶ・・・。というイメージよりも、バーンと弾く感じのようが強いな・・・。と思いました。


私がアイアンに求めたい打感とはちょっと違うのですが、このようなフィーリングのアイアンが今はとても多いですし、好感を持っておられる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。


弾道も高めでした。


かなりの低重心・深重心が上手く作用しているのではないでしょうか?


タフな感じは全くしませんでした。


これまでロッディオのクラブはドライバーなどもそうですし、ややしっかりめといいますか、タフなところもあったように思いますが、このアイアンにはそういったことは感じませんでした。


見た目通りのイージー系のアイアンです。



バックフェース
安定性も高いです。


ポケットキャビティらしい易しさが充分楽しめます。


慣性モーメントも、かなり大きいのではないでしょうか?


少々の打点のブレにも動じない、大らかさがありました。


私にはちょっとグースが利きすぎているところもあったのですが、ラージサイズがそれを上手く消してくれているのかもしれない・・・。と思いました。


ただ、もうちょっとグースが弱ければ、もっと楽に打っていけたように思います。



飛距離性能
『飛距離性能』も優れていました。


この飛びも、予め予想できていました。


同じようなタイプのアイアンに、これまでたくさん接してきたからだと思います。


今はこのように飛ぶタイプでないと、なかなか受け入れられないのかもしれません。


弾道も高く、弾きもいいので、かなり距離が期待できるアイアンです。



操作性
『操作性』という点では、普通だと思いました。


左右に曲げることもできたのですが、できればあまり細工をしたくないタイプのアイアンです。


このアイアンのもつ安定性の高さを武器にしていきたいと思いました。



ヒール側
ロッディオのキャビティアイアンは初めてだったので、どういったタイプなのか、よく解らず手探り状態で試打をしていったのですが、比較的オーソドックスなタイプだな・・・。と思いました。


ロッディオのクラブは大手有名メーカーと比べて、それほど多く出会うことはないのですが、特徴は似ているように思いました。


つまり今は、このようなタイプのアイアンが求められているのだと思います。


時が経てば、また違うタイプのアイアンが求められるようになるのかもしれません。



RODDIO アイアン
ロッディオのクラブはとてもオシャレなイメージが強いですが、このアイアンも同様で、しかも『洋風』な感じがしました。


私はオーソドックスで和風タイプの軟鉄アイアンを好むのですが、このようなアイアンもいいな・・・。と思いました。



ロッディオ アイアン
ロッディオのクラブは、かなり高価な物が多いので、このアイアンはどうなのかが気になります。


もちろん、クラブは装着されるシャフトによって値段が大きく変わってきますが、このアイアンの場合はどうなのでしょうか?


全体的な雰囲気からすると、何となくですが、そこまで高価ではないんじゃないかな?と思うところはありました。


これまで試打してきたドライバーやFWなどとは、少し違う印象がありました。



ロッディオ アイアン
ラージサイズでグースの利きも比較的強い。


打感もまったりとした感じではなく、どちらかというとバーンと弾いていく感じ。


『乗っかり感』よりは『弾き感』のある打感です。



ロッディオ アイアン
飛距離性能も高く、操作性よりも安定性が秀でている感じ・・・。


そんなタイプのアイアンでした。



ロッディオ アイアン
気むずかしさのようなものは全く感じなかったので、まだゴルフキャリアの浅い方やビギナーの方にも親しみやすいアイアンといえるのではないでしょうか?


中級者・上級車の方にも是非試していただきたいと思いました。


球を操作して攻めていく・・・。という感じではなく、どちらかというと大らかさがあって、いい意味での『アバウトさ』で攻めていけるタイプのアイアンだと思います。


ある程度の曲がり幅を想定しておいて、あとはオートマチック的にドーンと打っていけるように感じました。


細かいことを気にしなくていいので、ゴルフがシンプルになるように思いました。



ロッディオ アイアン
訊くところによると、ロッディオはまだアイアンを多く発表しているようではないのですが、これからも素晴らしいアイアンをたくさん発表して欲しいと思いました。


今回はポケットキャビティ。前回はマッスルバックだったので、次回はとてもカッコいいハーフキャビティがいいな・・・。と思いました。


ロッディオには、これからも注目していきたいと思いました。

Admiral GOLF キャディバッグ AUTHENTIC SPORTS CB

Admiral GOLF キャディバッグ FLAGSHIP MODEL CB

Admiral GOLF キャディバッグ DOUBLE GRAPHIC SPORTS MODEL CB

Admiral GOLF キャディバッグ POPULAR SPORTS MODEL CB

Admiral GOLF キャディバッグ モノグラム STAND BAG

Admiral GOLF キャディバッグ CAMO ジャガード STAND BAG

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション ロッディオ RODDIO アイアン

2015年04月19日

RODDIO FAIRWAYWOOD

RODDIO FAIRWAYWOOD
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは RODDIO FAIRWAYWOOD です。



ATTAS 5GoGo
シャフトは
ATTAS 5GoGo です。

ロフトは18.3度、シャフトフレックスは7S、シャフト重量は76g、トルクは2.9、キックポイントは中調子、クラブ総重量は336g です。



正面
初めて出会った、ロッディオのフェアウェイウッドです。


ロッディオはどちらかといえばドライバーやユーティリティのイメージがあります。


どれも好印象なので、このFWにも自然と期待感が高まりました。



側面
ロッディオらしい、ハイセンスなデザインです。


色々なパーツが付いているようですが、あまりゴチャゴチャした感じはなく、すっきりした印象を受けます。



ネック長さ
ネックは、やや短めです。


調整システムは搭載されていませんでした。



cleek
このFWはクリークということですが、『5』という数字ではなく、『cleek』と書かれているのがオシャレだな・・・。と思いました。


しかも手書き風です。



ソールのアクセサリー
このソールのアクセサリーも、ロッディオ独特な感じがします。


取り外しができそうです。


以前試打したドライバーにも見られました。



ソールの溝
ソールには溝がありました。


今は、このような溝有りFWが増えてきました。


結構深い溝です。


メーカーによって溝の深さにも、違いがあるようです。



シャローヘッド
今主流の、シャロータイプヘッドです。


イージーさが感じられます。



顔
顔はまずまずでした。


クリークということもあると思うのですが、適度に小顔感があっていい感じです。


シャロー感もあるので、球があがりやすそうです。



クラウンの溝
このクラウンの溝も、よく目立っていました。


ソールにもクラウンにも溝があるので、アダムスのクラブを思い出しました。


やはり溝の効果は絶大なのでしょうか?



クラウンの溝の深さ
クラウンの溝の深さも、結構あります。


おそらく、これが飛びに大きく影響しているのだと思います。



振り感
素振りをしてみると、すごくいい感じです。


しっかりと振っていくことができました。


タイミングも合いやすいので、いい感じで打っていけそうだな・・・。と思いました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、いい感じです。


構えやすいです。


球もあがりやすそうです。


やや出っ歯な感じで、球を拾いやすそうです。


『マニュアルタイプ』『オートマチックタイプ』でいうと、オートマチックタイプに見えました。


易しそうだな・・・。と思いました。


難しく感じさせる要素が全く見つかりませんでした。


『逃げる』『つかまる』でいうと、どちらかといえばつかまりそうな印象を受けました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、いい感じです。


しっかりとしていますが、硬くないのが良いと思いました。



打球音
『音』は、こもった感じがなく、はっきりとしていました。


インパクトの状態をイメージしやすい音だな・・・。と思いました。



トゥ側
球はあがりやすいです。


タフな感じは全くしませんでした。



バックフェース
『安定性』は、なかなか高いと思いました。


『曲がりにくい』と感じられるFWではありませんが、シビアさは全く感じませんでした。


方向性も出しやすく、易しいFWだな・・・。と思いました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、かなり優れているな・・・。と思いました。


今は飛び系FWがたくさんありますが、それらの中でも、確実にトップクラスといえるほどのポテンシャルの高さを感じました。


かなりシャロー感がありますし、クリークということで、ティアップせずにマットの上から直打ちしたのですが、とても飛距離性能の優れているFWだと思いました。


球はあがりやすいのですが、吹き上がることなく、グーンと力強く伸びていきました。


弱々しい弾道ではなく、とても力強い弾道でした。


クリークということを忘れ、スプーンを打っているのではないかな?と思えるほど、番手感覚が無くなっていました。


アイアンでは既に番手感覚が無くなっていると感じることも多いですが、今日はFWでそれを感じました。


ロッディオらしく、美しいデザインのFWだな・・・。と最初は思っていたのですが、飛びのほうがむしろ優れているように感じました。


軽く振って、かなり前に出るタイプです。



操作性
『操作性』という点では、最初に構えたときに、つかまるイメージが出たせいか、最初からフック系の球が出ました。


右に曲げてみることにもチャレンジしてみましたが、特に難しく感じることはありませんでした。


それほどクセのないヘッドですが、できればオートマチック的に打っていきたい感じがしました。



ヒール側
初めて手にしたロッディオのFWでしたが、一番大きく印象に残ったのが、その『飛距離性能の高さ』です。


しかも、『易しく飛ばせる』というところが、このクラブの大きなウリのように感じます。


他のメーカー(特に海外メーカー)からも飛び系FWが発売されていますが、どちらかといえば、やや敷居の高い物が多いように思います。


つまり『使い手を選ぶ』タイプのように思います。



ロッディオ フェアウェイウッド
しかし、このFWは違います。


かなりイージーな感じがします。


球もあがりやすく、飛距離性能と上手く結びついているように感じます。


タフな感じはしませんでした。


『イージーロングドライブ』といったらいいでしょうか?



RODDIO FAIRWAYWOOD
他のFWとは違い、このクラブは


『飛ぶには飛ぶけど、飛んだり飛ばなかったり・・・。』


だとか、


『今日はあまり上手く打てなかった・・・。』ということには、なりにくいような気がしました。


『安定して』飛ばせるということも、このFWの大きな特長のように思います。


さすがは日本のメーカーだな・・・。と思いました。


日本人ゴルファーの為に、日本人ゴルファーの傾向をすごく研究しているな・・・。と思いました。


質感も、すごくいいです。



RODDIO FAIRWAYWOOD
アイアンで飛びすぎるのは、私はあまり好まないのですが、ドライバーとスプーンは大歓迎です。


14本のクラブの中で、ドライバーとスプーンは飛ばす為のクラブだと思っているからです。


このクラブはクリークなので、飛びも欲しいけど、やや『止める感覚』も欲しいな・・・。と思うこともあります。


しかし、このFWはとてもよく飛ぶので、止めるというよりも、前にどんどん進む感覚のほうが強く出ました。


今日は練習場でしたが、実際にコースで試してみて、『止め感』『運び感』も試してみたくなりました。


飛距離については、全く問題ありません。


先ほども書きましたが、軽く振って距離を稼いでいけるタイプです。


歯を食いしばらなくても、肩の力を抜いて鼻歌交じりに飛ばしていけるイメージ・・・。といったらいいでしょうか?


かなり高いポテンシャルをもったFWだと思いました。



RODDIO FAIRWAYWOOD
とても気に入ったので、今日はクリークでしたが、違う番手(特にスプーン)を試してみたいと思いました。


購買意欲も強く刺激されましたし、すぐにでも実戦投入したいFWでした。

RODDIO ヘッドカバー

UST Mamiya オリジナルキャディバッグ

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション ロッディオ フェアウェイウッド RODDIO FAIRWAYWOOD

2015年03月22日

RODDIO マッスルバックアイアン

RODDIO マッスルバックアイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは RODDIO マッスルバックアイアン の7番 です。



ダイナミックゴールド
シャフトは
ダイナミックゴールド です。

ロフトは34度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはS200、キックポイントは手元調子 です。



正面
思わず見とれてしまった、ロッディオのアイアンです。


とても美しくて、ゴルフクラブというカテゴリーだけに収まりきらず、『工芸品』といった感じさえします。


ロッディオのアイアンは初めてですが、ドライバーと同様、美的センスが飛び抜けているな・・・。と思いました。



側面
輪郭がとてもシャープです。


昨年試打したウェッジを思い出しました。


この輪郭だけで、大きな個性だと思いました。


他のメーカーのアイアンで、ここまでの物はなかなか出会えません。


『大量生産』ではないだろう・・・。ということが、見ているだけで伝わってきます。



フラットバック構造
シンプルでありながら、存在感のある形状です。


今は機能性あふれるアイアンがとても多く、中にはゴチャゴチャした感じの物もありますが、このアイアンはとてもシンプルです。


しかし、このシンプルさが却って目を惹きます。


『易しさ』というものに全く妥協していないのは一目瞭然ですが、目にすると手にとってみたくなる魅力的なアイアンです。



バックフェースのデザイン
RODDIOの『R』のマークと、ミツバチが描かれていて、とてもオシャレです。


以前RODDIOのドライバーを試打したときに目にしたヘッドカバーにもミツバチが描かれていたので、イメージキャラクターのようなものかもしれません。


どういう意味があるのか解りませんが、とてもオシャレだと思いました。



ソール幅
ソール幅はノーマルです。


しかし、今のアイアンの中では狭いほうだと思いました。


ワイドソールや、異材コンポジットタイプを好まれる方には、やや敷居が高く感じられるかもしれません。


こうして見ても、このアイアンの『一体感』といいますか、『削り出し感』がすごいな・・・。と思いました。


色々なパーツを付け合わせた感じはしません。



ネック長さ
ネックは思っていたよりは短めでした。


もっとロングネックを予想していたので、意外でした。


しかし、こういったところは、今のアイアンらしいのかな?と思いました。


昔はマッスルバックにはロングネックがセットのようになっていましたが、今は多様化が進んでいます。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは見られませんでした。


しかし、こうして見ていても、とてもシャープでエッジが利いているのが分かります。


大量生産タイプの『つるつる感』ではなく、何ともいえない『ザラザラ感』のようなものがあります。


使い込んでいけば、間違いなくカッコ良さが増していくタイプのアイアンです。


『使い減り』するタイプではなく、使い込んでいけばいくほど新たな魅力が増していくタイプです。


私はそれほど頻繁にクラブを替えるほうではないので、大好きです。



バックフェースの細かな溝
フェース面にミーリングは無かったのですが、バックフェースには細かな線がいくつもありました。


『フェース面の代わり』ということではないと思うのですが、すごく丁寧に造られているな・・・。と思いました。


性能的には、おそらく何の意味もないと思うのですが、このように細かなところまで配慮されているクラブはとても魅力的です。


『雑』な感じは全くしませんでした。



リーディングエッジ
リーディングエッジは微妙に削られていました。


ただ『美』にこだわるのではなく、『使い勝手の良さ』にも配慮されているようです。


抜けも良さそうです。



トップライン
トップラインの厚さはノーマルだと思いました。


ちょうどいい厚さです。


今は丸っこいものが圧倒的に多いですが、この部分でも、このアイアンのシャープさが際立っています。



構え感
構えやすいです。


変なクセはありませんでした。


この構えやすさは、ある程度予想していました。


やはりシビアなマッスルバックは『構えやすさが命』といったところがあると思います。


構えづらいと、難易度はぐっと上がってしまいます。


ただ、やや面長な感じがしました。


私の好みでいえば、もう少し小顔がいいのですが、これくらいの面長な感じがあっても、全く問題ないと思いました。


マッスルバックということを忘れさせる顔をしているな・・・。と思いました。


普通のキャビティアイアンを構えているような感覚をもちました。


セミグースタイプです。


面長感があるせいか、ややオートマチックタイプに見えました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで、とても良いです。


フェースに乗せやすいです。



RODDIO マッスルバックアイアン
この『乗っかりの良さ』があるから、今でもマッスルバックの人気が衰えないのではないでしょうか?


乗っかりがいいからコントロールが利きやすいですし、イメージしたラインを描いていけます。


球離れが速く、弾きの強いアイアンでは、このような感じにはなりません。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、普通といいますか、『自然なあがりやすさ』だと思いました。


機能性を感じさせる上がりやすさではなく、あくまでも『自然』な感じがしました。


『易しさ』を感じさせるあがりやすさではないので、好みが分かれるかもしれません。



バックフェース
『安定性』という点では、正直なタイプだと思いました。


見た目通りの性能でした。


アイアンに、ミスヒットに対する寛容さを求めておられる方には合いづらいところがあるかもしれません。


イージー系のアイアンではありません。


そういった点でいえば、敷居の高いアイアンといえるのかもしれません。



飛距離性能
『飛距離性能』もノーマルです。


飛ぶタイプのアイアンではありません。


縦の距離感をきっちりと測って打っていけるタイプのアイアンです。


少しでも遠くに飛ばしたい・・・。と、飛びにこだわっておられる方には、合いづらいかもしれません。



操作性
『操作性』は、とてもいいです。


左右どちらにも易しく曲げることができました。


『オートマチックタイプ』ではなく、完全に『マニュアルタイプ』です。


『固定』でなく、『自在』といった言葉が似合うアイアンです。



ヒール側
今はアイアンにも、様々なハイテクが搭載されていて、人気があります。


『機能性アイアン』が多くなりました。


しかし、このアイアンは違います。


すごくシンプルで、易しさというものを全く求めていないように思います。



ロッディオ マッスルバックアイアン
しかし、『見た目もまた機能』だと思いました。


この美しさが、違った機能性を引き出しているように思いました。


それは物理的なことではなく、あくまでも感覚的なことなのですが・・・。



ロッディオ マッスルバックアイアン
これだけ美しいと、いつも以上に一球一球を大切に噛みしめるように打つようになります。


一球の効果や密度の濃さが違います。



ロッディオ マッスルバックアイアン
もちろんイージー系のアイアンを打つときでも、一球を無駄にして打つことはありませんが、今日はいつも以上に気持ちが入っていたような気がします。


このアイアンと共に、今いる『自分の打席』『自分の空間』を楽しめたように思います。



ロッディオ マッスルバックアイアン
昔は、このように『易しさ』を深く追求していなかったり、多くのプレイヤーのニーズにそれほど応えていなかったりするアイアンがたくさんありました。


しかし、今は多くのメーカーが、プレイヤーのニーズに応えるクラブを造っています。


そういった意味でいえば、このアイアンは古風といえるのかもしれません。


最低限度のものは搭載してあるから、あとはプレイヤーが使いこなして欲しい・・・。というメーカーの思いがあるような気がしました。



ロッディオ マッスルバックアイアン
マッスルバックアイアンなので、おそらく『数量限定』なのだろう・・・。と思っていたのですが、やはりその通りでした。


それがちょっと残念ではありましたが、仕方のないことかもしれません。


アイアンにイージーさを求めておられる方の為のアイアンではなく、『造形美』を求めておられる方に人気があるのではないかな?と思いました。


コースや練習場で使うのもいいですが、家に飾って『目の保養』にするのもいいだろうな・・・。と思いました。


また試打する機会があれば、是非試打してみたいと思いました。

RODDIO ヘッドカバー

FIDRA ヘッドカバー

FIDRA ゴルフグローブ

FIDRA キャップ

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション ロッディオ RODDIO マッスルバックアイアン

2014年12月22日

RODDIO ウェッジ

RODDIO ウェッジ
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
RODDIO ウェッジ です。



ダイナミックゴールド
シャフトは
ダイナミックゴールド です。

ロフトは52度、クラブ長さは35インチ、シャフトフレックスはS200、キックポイントは手元調子 です。



正面
初めて手にした、ロッディオのウェッジです。


今まで、ドライバーとユーティリティは試打したことがあるのですが、ウェッジ初めてです。


ロッディオには、いいイメージがあるので、自然と期待感も高まります。



側面
すごくシャープでカッコいいです。


『プレーン』な感じ・・・。といったらいいでしょうか?


これ以上ないくらいシンプルなウェッジです。


独特な削り出し感がたまりません。



ソール幅
ソール幅は、ノーマルです。


見慣れた幅です。


ロフトが52度なので、『AW』という認識でいいと思うのですが、どちらかといえば、アイアンに近い感じもします。



ロフト表示
ロフト表示が『手書き風』なのがオシャレだと思いました。


ほとんど見かけません。


こういった遊び心のようなものは、とてもいいことだと思います。



ネック長さ
ネックの長さは、しっかりとあります。


ウェッジにはもっていて欲しい長さをきちんと維持できているように思います。


この角度から見ても、グースが利いているのが解ります。



トップラインの厚さ
トップラインの厚さはちょうどいい感じです。


それにしても、輪郭がシャープなウェッジだな・・・。と思いました。



ミーリングあり
フェース面には独特のミーリングがありました。


このミーリングはゾディアのウェッジとそっくりだ・・・。と思いました。


見た目だけでなく、指で触れた感じもそっくりです。


ミーリングだけでなく、全体の輪郭のシャープさや、独特な削り出し感など、ゾディアのウェッジとイメージが被りました。


店員さんに訊いてみると、やはりゾディア製とのことでした。


ゾディアのウェッジはすごく気に入っているので、このウェッジにもすごく興味がもてました。



構え感
ボールを前にして構えた感じも、なかなかいいです。


丸顔です。


『和顔』といっていいように思います。


これまでたくさん見てきたように思います。


ゾディアのウェッジのいいところのひとつに、これだけミーリングが強烈に利いているのにもかかわらず、構えたときにそれが邪魔しないところがあります。


このウェッジも、まさにそんな感じです。


これまでミーリングが目立ちすぎて、構えづらく感じたウェッジには何度か出会ってきましたが、このウェッジにはそんなマイナス的なことは全く感じませんでした。


グースの効きが目立っています。


私はもっとストレートなタイプが好きなのですが、これくらいのグースの効きがちょうどいい・・・。という方も多いのではないでしょうか?


『セミグース』といえるのかもしれません。


私はグースタイプを苦手にしているのですが、これくらいであれば、何とか打っていけそうだな・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトですが、ボールへの『食いつき感』がすごいです。


やはりゾディアのウェッジだな・・・。と思いました。


フェースが仕事をしてくれているのがよく解ります。


強く擦られるので、ボールも痛いんじゃないかな?と思えるほど、高い摩擦力を感じます。


まさに『キング・オブ・食いつき』だな・・・。と思いました。


これまで、たくさんのウェッジに出会ってきましたが、ここまで食いつき感が鋭いのは、なかなか出会えません。


この食いつきの良さも、個性のひとつだと思います。



スピン性能
強烈なスピン性能です。


ボールには急ブレーキが掛かりました。


やはりゾディアのウェッジだな・・・。と思いました。


普通に球を拾っていくだけで、ボールはピタピタ止まります。



トゥ側
『球のあがりやすさ』は普通だと思いました。


グースは利いていますが、これくらいであれば、特に球を拾いづらいという感じもありませんでした。


ダフることもなく、自然に球を拾っていくことができました。



バックフェース
『安定性』という点では、まずまず・・・。といったところでしょうか?


特に難しく感じることもなく、普通に打っていくことができました。


あくまでも私の好みとしては、もっとグースが弱いほうがラインを出しやすいのですが、これは好みによるところが大きいと思います。



飛距離性能
距離感も出しやすいです。


かなりボールが止まるので、少し『足』を短めに計算して、突っ込み気味でいくのもいいんじゃないかな?と思いました。


私はまだゾディアのウェッジを購入できていないのですが、もしコースで使うことができたら、どんな感じだろう・・・?と思うだけでワクワクします。



操作性
『操作性』はいい感じでした。


色々と細工をしてみたのですが、上手く対応してくれました。


AWはSWほど細工をしないですが、このウェッジは変なクセがないので、上手く対応してくれました。


打感がいいので、落としどころも小さめに限定することができました。



ヒール側
いいウェッジだな・・・。と思いました。


軟鉄のソフトな打感も楽しめましたし、球を操る楽しさも味わうことができました。



ロッディオ ウェッジ
RODDIOのウェッジですが、ずっとゾディアのウェッジのつもりで打っていました。


ゾディアのウェッジは色々とバリエーションが豊富なようですが、RODDIOはどうなのでしょうか?


正直、もう少しグースが弱ければ、かなり購買意欲が刺激されたと思います。



RODDIO WEDGE

ロッディオ ウェッジ
特に強く印象に残ったのは、『食いつき感』と、それに伴う『スピン性能の高さ』です。


大きめ(粗め)のサンドペーパーに触れている感じ・・・。といったらいいでしょうか?


他のウェッジでは、なかなかここまで感じることができません。


練習場でなく、コースだったらすごく楽しいだろうな・・・。と思いました。



RODDIO WEDGE
ウェッジ好きの私は予定の球数と時間をオーバーして、このウェッジを楽しんでしまいました。


楽しんでいるときは、寒さも若干和らぎます。


色々な打ち方のイメージをしているだけでも楽しくなりました。



RODDIO WEDGE
RODDIOのドライバーは高価でしたし、このウェッジも『ゾディア』ということで、一応値段を訊いてみたのですが、やはり高価なクラブだと思いました。


ただ、とても優れているクラブなので、コストパフォーマンスが低いとは思いませんでした。



RODDIO WEDGE
今回はAWでしたが、もしまた試打する機会があればSWも試してみたいと思いました。


バンカーやアプローチグリーンでも試してみたいと思いました。


今年はたくさん素晴らしいウェッジに出会いましたが、間違いなく、このウェッジは強く印象に残るだろう・・・。と思いました。

RODDIO ヘッドカバー

RODDIO アイアン

ワンピース 15周年 ヘッドカバー

オデッセイ パターカバー 日本未発売

ダンスウィズドラゴン キャディバッグ

ダンスウィズドラゴン ヘッドカバー

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション ロッディオ RODDIO ウェッジ WEDGE

2014年08月03日

RODDIO DRIVER Type-S LOW (黒ヘッド)

RODDIO DRIVER Type-S LOW  
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
RODDIO DRIVER Type-M LOW です。



RODDIO S-6 PENTACROSS
シャフトは RODDIO S-6 PENTACROSS です。

ロフトは9度、クラブ長さは45インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は68g、トルクは3.7、キックポイントは中調子、クラブ総重量は321gです。



正面
ロッディオのとてもカッコいいドライバーです。


これまでも、ロッディオのドライバーは何本か試打したことがあるのですが、この黒くてカッコいいヘッドを目にして、思わず手に取ってしまいました。


美しいクラブを見て、そのまま素通りすることはできません。


黒いヘッドには、白いヘッドにはない『シブさ』があります。


この何ともいえない重厚感もたまりません。


私は白いヘッドも好きですが、どちらかといえば黒いヘッドのほうが好きです。



側面
この丸っこさと、適度な厚みも、いい感じです。


見とれるほど美しいドライバーです。



ネック長さ
ネックは、やや短めです。


これまでのモデルと同じ感じです。


この角度から見ても美しいですし、叩けそうな雰囲気が強く伝わってきました。




セミシャロー
今はシャローバック形状のドライバーが多いので、このドライバーは少し厚みを感じますが、どちらかといえばシャローな印象を受けます。


『頼れるシャロー』といったところだな・・・。と思いました。



フェース面のデザイン
このフェース面のデザインもいいです。


弾きが良さそうです。


ここ数年、よく見かけるようになった『IP加工』なのかな?と思いました。



ソールの溝
ソールにある、この2本の溝も、すっかりお馴染みになりました。


やはり、この溝の効果は大きいのでしょうか?


これまで何回か試打してきましたが、正直、この溝の効果を実感できていません。


しかし、物理的な効果が期待できるのかもしれません。



ソールのアクセサリー
このアクセサリーのようなものも、お馴染みです。


カラフルで、ハイセンスなデザインです。


色々なカラーが用意されているのであれば、チェンジして楽しんでみたいと思いました。



TRAJECTORY LOW
『TRAJECTORY LOW』という文字もお馴染みです。


『低弾道』ということでいいのだと思います。



顔
この美顔に、思わず目尻が下がってしまいました。


ホーッとため息が出てしまいました。


気持ちがどんどん盛り上がってきました。


黒い色ということもあると思うのですが、この適度に引き締まった顔に魅力を感じました。


すごく小さいとは思わなかったのですが、このコンパクト感は、最近のドライバーではあまり見られません。


大顔よりも、適度にシュッとしていたほうが私は好きなので、とても気に入りました。



振り感
素振りをしてみても、いい感じです。


適度にしっかりとしていながらも、シャフトが走る感じです。


タイミングも取りやすいです。



構え感
ボールを前にして構えてみて、さらに気持ちが盛り上がってきました。


とても構えやすいです。


目尻が下がりっぱなしです。


『ボールに合わせる』というよりも、『強く叩ける』インパクトのイメージが自然と出てきました。


ラインも出しやすそうだな・・・。と思いました。


フッカーの私が安心して構えられるドライバーです。


気分が楽になりました。


ヘッドにコンパクト感があり、あまりシャロー感も感じなかったせいか、『高~い弾道』というよりは『やや低めの弾道』がイメージできました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで、いい感じでした。


手にしっかりと残るフィーリングです。



打球音
『音』は、ややはっきりとしていて、爽快感があります。


気持ちよくインパクトを迎えることができます。


叩きにいっても、何の不満もありませんでした。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、今のドライバーの中では、明らかにタフな部類に属すると思います。


『あがりやすさ』を重視して開発されたようには思えませんでした。


球があがりやすくて、幅広い層に対応しているドライバーではないと思いました。


ある程度ユーザーを限定しているように感じました。


ある程度HSのある、『ヒッタータイプ』の方にお勧めしたいドライバーです。



バックフェース
『安定性』という点でも、今のドライバーの中ではシビアなほうだと思いました。


高い直進性やミスヒットに対する寛容さを、あまり感じることはありませんでした。


ある程度『正直』なドライバーだと思いました。



飛距離性能
『飛距離性能』という点では、好感がもてました。


弾きが強く、ライナー系の弾道で飛んでいきました。


私はこういった弾道が好きです。


高すぎず、適度にライナー系のほうが距離やラインも出しやすいので、このドライバーには好感がもてました。


叩いても吹き上がりにくいので、かなりランも期待できるだろう・・・。と思いました。



操作性
『操作性』という点では、高いと思いました。


左右に曲げやすいドライバーです。


『曲げやすさ』よりも『曲がりにくさ』を求めておられる方のほうが、今は多いと思いますが、私は曲げるのが好きなので、このドライバーの扱いやすさには好感がもてました。


コースでも、真っ直ぐなホールであれば、確かに直進性の高さが武器になることも多いですが、ドッグレッグホールなどでは、自分の持ち球で勝負していきたくなります。


ボールの後ろに立ってラインをイメージするときや、アドレスしたときに強くイメージできるのは、真っ直ぐな球よりも、自分の持ち球だと私は思います。


このドライバーは、左につかまり過ぎるイメージも出ず、楽に構えることができたので、その安心感からか、とてもいい感じのドローボールを打たせてくれました。


左右にも大きく曲げることも、易しくできました。



ヒール側
全体的なカッコ良さと、しっかりとした設計が上手くかみ合ったドライバーだと思いました。


ロッディオのクラブに出会うことはあまり無いのですが、すっかりファンになってしまいました。


これまでもロッディオのドライバーに出会うたびに、見とれてしまうことが多かったのですが、このドライバーも見とれてしまいました。


いい目の保養ができました。



RODDIO DRIVER Type-S LOW
今は『46インチ以上』のクラブも多いですし、47.5インチといった長尺ドライバーも多く見かけるようになりました。


45インチ台のモデルよりも、今はそういった長さのほうが多いような気がします。


長尺ドライバーも昔に比べ、今はとても打ちやすくなっています。


それは主に『シャフトの進化』が大きいのだと思います。


そういった『道具の進化』を感じながらも、私はどちらかというと長すぎるドライバーよりも、『45インチ台』のドライバーを使いたくなります。


勿論45インチも、昔からすれば、かなりの長尺ということになると思うのですが、ヘッドの進化とシャフトの進化が上手くマッチングしているのだと思います。


45インチ台が私にとって『安心して振れる長さ』のような気がします。



ロッディオ ドライバー Type-S LOW
練習場では長尺ドライバーを試打することもありますが、コースでは少し躊躇してしまうところもあります。


試打するドライバーも、できれば短めのモデルを選ぶことが多いです。


クラブの長さやヘッドの大きさもルールによって上限が定められているので、これ以上驚くようなスペックのクラブは出てこないと思いますが、ルールの範囲内で、まだまだ色々なクラブが登場してくると思います。



RODDIO DRIVER Type-S LOW
ヘッドの高性能と、シャフトの高性能が上手くマッチしていると思いました。


今はヘッドのメーカーとシャフトのメーカーが違うことのほうが圧倒的に多いと思いますが、シャフトメーカーがラインアップさせるヘッドは、そのシャフトに合うように作られているところもあるのだと思います。


これまで、シャフトメーカーが発売するドライバーを何度か試打してきましたが、好感度の高いものが多いです。


クラブはどうしても、ヘッドに注目が集まってしまうところもあると思いますが、まずは『シャフトありき』なのではないでしょうか?



RODDIO DRIVER Type-S LOW  
この黒くてカッコいいヘッドにも魅力を感じましたが、装着されているシャフトにも魅力を感じました。


ヘッドとシャフトの相性はとてもいいと思いました。


この2つを組み合わせると、かなり高価になってしまうので、私には敷居の高いドライバーではありますが、性能的にはすごく好感がもてました。


コースでも、是非試してみたいと思いました。


今夜の素振りは、このドライバーのことを思い出しながらになるな・・・。と思いながら、練習場を後にしました。

オークリー バッグ

オークリー キャップ

オークリー ヘッドカバー

マイノリティコレクション B/M ヘッドカバー

マイノリティコレクション キャップ

マイノリティコレクション キャディバッグ

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション RODDIO DRIVER Type-S LOW

2014年06月29日

RODDIO DRIVER Type-M LOW

RODDIO DRIVER Type-M LOW 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
RODDIO DRIVER Type-M LOWです。



RODDIO SHAFT M-5

シャフトは
RODDIO SHAFT M-5 です。

ロフトは9度、シャフトフレックスはS、シャフト重量は59g、トルクは4.5、キックポイントは中元調子 です。



正面

とてもカッコいいロッディオのドライバーです。


以前、赤いヘッドや同じ黒いヘッドのドライバーを試打したことがあるのですが、このドライバーはまたちょっとタイプが違うようです。



側面

形状自体は立体感があってオーソドックスに見えるのですが、そのあまりにも美しいデザインにため息が出てしまいました。


以前試打した黒いヘッドのドライバーも美しかったのですが、このドライバーはまた格別です。


何といいますか、『程良い艶消し感』が美しさを際立たせているように感じます。


しばらく見とれてしまいました。


ここまで見た目だけで魅了されたドライバーは、最近ではちょっと記憶にありません。


私はクラブをまず目で楽しみたい・・・。と思っています。


打つ前に、目でそのクラブの美しさを堪能したいという思いがあります。


今はレベルの高いクラブも多くなりましたが、このドライバーの美しさは群を抜いています。


このクラブをデザインしたクラブデザイナーの方は、とてもセンスのある方だと思いました。


試打する前に、そのクラブの外観に魅力を感じないとテンションが上がらないこともよくありますが、今日は一気に上がってしまいました。


気持ちが盛り上がってきました。



ネック長さ

ネックは短めですが、これはこれまでのロッディオのドライバーと共通するところだと思います。


この角度から見ても、すごく美しいです。


目尻が下がりっぱなしです。


適度な立体感もたまりません。



TRAJECTORY LOW

ヒール側には『TRAJECTORY LOW』と記されていました。



ソールのパーツ

このソールにある『パーツ』も、すっかりお馴染みです。


取り外しができるのだと聞きました。


調整機能が付いているタイプのクラブでも、私はあまり調整したいとは思わないほうなのですが、このドライバーはいろいろとパーツを交換してみたいな・・・。と思いました。


それは性能云々というよりも、このドライバーの美しさに魅了されたからなのかもしれません。


ずっとため息が『出っぱなし』です。


いい意味でのため息です。



ソールの溝

ソールにある細い溝も、すっかりお馴染みです。


2本あるタイプと、この1本あるタイプがありますが、どのような性能の違いがあるのでしょうか?


とても興味深いです。



セミディープバック形状

セミディープバック形状といっていいと思います。


シャロー過ぎると『形状美』が損なわれてしまうこともありますが、このように適度に厚みがあると、とても美しく見えます。


ディープバックタイプのドライバーに苦手意識をもっておられる方の中にも、これくらいの厚みであれば好印象をもたれる方も多いのではないでしょうか?



顔

とても精悍な顔をしています。


引き締まった男前です。


ますます、このドライバーのことが気に入りました。


打つ前から、どんどん好感度がアップしていきました。



フェース面のデザイン

フェース面のデザインもオシャレです。


このデザインも、お馴染みになりました。


いかにも弾きが良さそうな雰囲気があります。



構え感

ボールを前にして構えてみても、いい感じです。


すごく構えやすいです。


フェースも被っているようには見えなかったですし、ヘッドも適度に締まっているので、クリアな感じがしました。


とても楽な気分で構えることができました。


ラインも自然にイメージできました。


イメージを出そうと、こちらから働きかけるのではなく、あくまでも『自然発生的』にイメージが浮かんできました。


このように感じさせてくれるドライバーは、最近では珍しいです。


構えづらいクラブだとイメージを出していくのに必死になりますし、それが余計な緊張感を生んだり、力みにつながったりすることもあります。


イメージが充分に出ないまま、あやふやな感じで打たなければならないときもあります。


そういったときは、なかなかいいショットが打てません。


しかし、今日はすごくいいフィーリングが出せました。


オーソドックスな黒も、いい感じです。


以前、赤いヘッドを試打したのですが、私はこのオーソドックスな黒のほうが好きです。


しかし、色の好みは人によって違いますし、このドライバーは他の色もラインアップされていると聞き、いいことだと思いました。


自分の好きな色やラッキーカラーなどを、クラウンの色にするのはいいことだと思います。


私はヘッド(クラウン)やグリップはもちろん、できればシャフトも黒か、それに近い色を好みます。


カラフルなデザインも好きですが、できれば『クラブの黒』と『ボールの白』『芝生の緑』という『三色』を基準にしたいと考えています。


それが私にとっての『普段着感覚』といえるのかもしれません。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』は良いです。


しっかりとしていながら、決して硬くありません。


手に心地いい感じの『球の重さ』が伝わってきました。


『分厚い打感』といったらいいでしょうか?


『打点の上下』を意識することができました。


こういったところは、『シャローフェース』ではなく『ディープフェース』の特権のような気がします。


シャローだと確かに球があがりやすいですが、『上下の幅』は限定されてしまいます。


しかし、ある程度上下に幅があると、いい意味で『遊ぶ』ことができます。


もちろん、普段はフェース中央部付近で打つのがいいのかもしれませんが、コースではいろいろな状況があり得るので、フェースの上下が使えると、対応の幅が広がるように思います。


ディープ系のヘッドを好まれる方の多くが、フェースの『上下の幅』を上手く使いこなしておられるのではないでしょうか?


シャローフェースにはない長所だと思います。



打球音

『音』ははっきりめですが、いい感じだな・・・。と思いました。


いいインパクトを迎えられる音です。


緩んだり、ぼやけたりすることはありませんでした。



トゥ側

『球のあがりやすさ』という点では、結構しっかりとしている感じがしました。


装着されているシャフトによるところもあり、それほどタフな印象はなかったのですが、最近のドライバーの中では、明らかにタフなほうだと思います。


ドロップする感じはしなかったのですが、自然と弾道を低く抑えていける感じがしました。


私が好きな『ライナー系』の球を打ちやすいドライバーだと思いました。


高弾道なビッグキャリーを打ちたい方には、やや合いづらいところがあるかもしれません。


ヒッター向きのドライバーといえるような気がしました。



バックフェース

『安定性』という点では、今のドライバーの中でも、それほど『易しい』とはいえないのかもしれません。


今は寛容なドライバーがたくさんありますが、このドライバーは『正直』といいますか、ある程度の『ショットの成否』は感じやすい気がします。


今はミスを感じにくいドライバーも多くなりましたが、このドライバーだと、それを感じ取ることができます。


球が自然につかまってくれる感じはあまりしなかったので、スライサーの方には、やや合いづらいところがあるかもしれません。


私は左へのミスが怖いので、このドライバーは易しく感じるところもあるのですが、これは人によって好みが大きく分かれるところかもしれません。


気持ちよく叩いていくことができましたし、自然発生したラインに乗せやすい感じがしました。


シャフトがややソフト過ぎる感じもあったのですが、今日はなかなかいい感じで打つことができました。



飛距離性能
 
『飛距離性能』はいい感じです。


『押し』の効いた、強い球を打つことができました。


『低スピン性能』も、結構高いと思いました。


吹き上がる感じもなく、確実に前に押し進めてくれるドライバーだと思いました。



操作性

『操作性』はとても良いです。


構えたときの好印象のまま・・・。といった感じでした。


左右どちらにも易しく打てました。


素直な反応をするドライバーだと思いました。



ヒール側
聞くところによると、このドライバーは『長尺仕様』として開発されたそうなのですが、私は短尺といいますか『オーソドックスな長さ(45インチ前後)』でも面白いんじゃないかな?と思いました。


私は長尺タイプがあまり得意ではないので、そう感じたのかもしれませんが、このドライバーはあまり長くせず、振り切りやすい長さで、思いっきり飛ばしてみたい・・・。と思いました。


勿論、人によって振り切りやすい長さも違ってくるとは思うのですが・・・。



RODDIO DRIVER Type-M LOW

最初のほうでも書きましたが、このドライバーの美しさに終始圧倒されっぱなしでした。


惚れ惚れするほど美しいと思いました。


以前試打した赤いヘッドのドライバーは『オシャレ』だと思いましたが、このドライバーはオシャレだけでなく、『美しさ』と『カッコ良さ』が付け加えられているように感じました。


ここまで魅了されたドライバーは最近ではあまり無いような気がします。


とても美しくて高級感がありますし、丁寧に作られている感じがすごく伝わってきました。


ヘッドだけの価格もかなり高価なので、日本製なのだろうと思っていたのですが、海外製ということでした。


海外製というと、リーズナブルな価格のイメージがありますが、最近では必ずしもそうだとはいえないのかもしれません。


このドライバーには特別な素材などが使われているのかもしれないですし、他にもいろいろな理由があるのかもしれません。



RODDIO DRIVER Type-M LOW

クラブの持っている『美』と、『基本性能のバランス』が上手くとれているドライバーだと思いました。


最近はイージー系のドライバーのほうが多いですし、そういった点でいうと、このドライバーはそれほど敷居が低いとはいえないのかもしれませんが、ロフトなどを選べば多くの方に対応できているように思います。


シャフトも含めると、かなり高価なドライバーではありますが、このように美しいクラブを多くの方に試していただきたいと思いました。



ロッディオ ドライバー Type-M LOW

いつも、ドライバーの練習はあまり多くしないのですが、今日はついつい多く打ってしまいました。


すごく楽しめました。


弾きの良さなどもありましたが、このような美しいクラブを手にしているだけで、気持ちも盛り上がりましたし、飛んでいくボールも嬉しいんじゃないかな?などと勝手に思ってしまいました。


私の心に強いインパクトを残したドライバーです。


またチャンスがあれば何度でも試打してみたいと思いましたし、是非コースでも試してみたいと思えるドライバーでした。


購買意欲も刺激されましたが、できれば違うタイプのシャフトで・・・。と思いました。


明日、早速仲間たちにも、このドライバーのことを紹介しよう・・・。と思い、練習場を後にしました。

RODDIO ヘッドカバー

CALLAWAY June Major Cap

CALLAWAY June Major Staff Bag

CALLAWAY June Major Stand Bag

数量限定 SRIXON GGC-S075L キャディバッグ

Vokey Alignment Sticks 2014

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション ロッディオ RODDIO DRIVER Type-M LOW

2014年05月10日

RODDIO DRIVER Type-S

RODDIO DRIVER Type-S 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
RODDIO DRIVER Type-S です。



RODDIO SHAFT M-6
シャフトは
RODDIO SHAFT M-6 です。

ロフトは10.5度、クラブ長さは45.75インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は66g、トルクは3.8、キックポイントは中元調子、クラブ総重量は311gです。



正面
二度目のロッディオのドライバーです。


先月試打した赤いヘッドのドライバーの印象がとても強いですが、このドライバーはオーソドックスな黒が特徴です。


思わずハッとするような美しさがあります。



側面
丸っこいヘッドです。


何といいますか、『高級感を感じさせる丸っこさ』といった感じがします。


『曲線美』を目で楽しめるドライバーです。


思わず目尻が下がってしまいました。


ダフってしまったら、クラブに申し訳ない・・・。と思わせるほど、美しいソールです。



ネック長さ
ネックは、やや短めです。


重心の低さを感じさせます。



シャロー系
ヘッドのサイズは、ややコンパクトでまとまっていますが、こうして見ると、ややシャローな印象を受けます。


『超シャロー』というよりも、『セミシャロー』といったところでしょうか?



ソールの溝が2本
ソールには、溝が2本ありました。


以前試打した赤いヘッドは1本でしたが、どのような変化が見られるのでしょうか?


2本にすることのメリットは、どのようなものがあるのでしょうか?


それとも、見た目やデザインによるところが大きいのでしょうか?



ソールのアクセサリー
ソールにある、このアクセサリーのような物も、とてもカッコいいです。


固定してある『ビス』が、色違いになっていて、それぞれ『太陽』『月』『星』になっているのがオシャレです。


こういった遊び心があるのも、ロッディオの特徴といえるのかもしれません。


目で楽しむことのできるドライバーです。


私は、こういったドライバーが大好きです。


クラブデザイナーさんのセンスの良さが光ります。



TRAJECTORY Mid
ヒール側には、赤いヘッドと同様に『TRAJECTORY Mid』と記されていました。


『中くらいの軌道』ということでいいのでしょうか?



ソケット
ソケットの部分にも『RODDIO』の文字が入っています。


こんな細かいところまで、配慮が行き届いていて、メーカーのこだわりが感じられます。


RODDIOファンの方には、たまらないのではないでしょうか?



顔
なかなかいい顔をしています。


とてもカッコいい黒です。


引き締まって見えます。


先月試打した『赤』もインパクトがありましたし、印象深いですが、私はやはりこの色がしっくりきます。


赤いドライバーもオシャレでしたが、このドライバーは、そのオシャレにナチュラルさが加わったような気がします。


シャローな感じもするのですが、薄くて平べったい感じではありませんでした。


適度な厚みもあるように見えました。



RODDIOマーク
シャフトに記されていた『RODDIO』のマークも、オシャレです。


ヘッドだけでなく、シャフトにもおしゃれ感覚がいっぱいです。


都会的な洗練されたデザインのように見えます。



振り感 
素振りをしてみても、まずまずです。


タイミングも取りやすい感じがしました。


やや軽めではありますが、頼りない感じはあまりしませんでした。



構え感
ボールを前にして構えてみても、なかなかいい感じです。


ヘッド後方の伸びが少し目に入るので、ややシャローな感じもするのですが、不自然さはありませんでした。


強くフェースが被っているようには見えなかったのですが、『つかまえ顔』だと思いました。


構えづらくならないような配慮がなされているのではないかな?と思いました。


逃がしていくよりも、自然とつかまるイメージが湧いてきました。


『左注意報』が発令されることはなかったのですが、気持ちを引き締めていこう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はしっかりとしていて、いい感じでした。


すごく柔らかいというよりは、しっかりとしている感じがしました。


手に嫌な衝撃が残ることもなく、気持ちよくボールを送り出していくことができました。


ヘッドの上品さに見合う、打感の良さだと思いました。



打球音
『音』は、やや大きめではありますが、全く問題ないです。


インパクトが緩むこともなく、気持ちよくフィニッシュまで振り切ることができました。


やはり、品のあるドライバーだな・・・。と思いました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』も、いいです。


黒いヘッドで、とてもカッコいいので、タフな印象をもたれる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はそんなタイプのドライバーではないと思います。


幅広い層に対応しているドライバーだと思います。


外見的に、『ヒッター向け』に見えますが、スインガータイプの方にも親しみやすさを感じやすいのではないでしょうか?


高めの弾道で飛んでいきました。


しっかりとキャリーをかせいでいけるタイプのドライバーです。


装着されているシャフトも、この弾道の高さに大きく影響しているように感じました。



バックフェース
『安定性』という点でも、なかなかいい感じでした。


球のつかまりも良く、ラインも出しやすい感じがしました。


ただ、絶対に右に行かないというドライバーではないので、日頃スライスに悩んでおられる方には、しっかりとつかまえていく意識が必要になってくるのかもしれません。


フッカーである私は、ややつかまりやすい感じがするので、少し左を警戒しないといけないと思いましたが、一時期よく見られた『スライス撲滅ドライバー』ではないと思いました。


ヘッドのサイズは、ややコンパクトに見えますが、スイートエリアはそれほど狭い感じはしませんでした。


ルールギリギリの大型ヘッドを好まれる方には、やや親しみづらいかもしれませんが、大きすぎないヘッドで、程良い易しさを求めておられる方には、とても魅力的なドライバーといえるのではないでしょうか?



飛距離性能
『飛距離性能』も、なかなかいい感じです。


『弾道の高さ』『弾きの良さ』『球のつかまりやすさ』で飛ばしていけるタイプだと思います。


ボールの初速も、速い感じがしました。


このドライバーのポテンシャルの高さは充分に感じるのですが、今は高性能なドライバーがたくさんあるので、それほど大きな優位性は感じませんでした。


しかし、優れていることは確かだと思いました。



操作性
『操作性』は、なかなかいい感じです。


一見、直進性のほうが高そうな感じもしたのですが、曲げることも難しくありませんでした。


左右にも、いい感じで対応してくれました。


大きなクセのないドライバーだと思いました。



ヒール側
率直に、いいドライバーだな・・・。と思いました。


『ディープ系』というよりは『シャロー系』の印象が強いですが、親しみやすさを感じました。


とても上品といいますか、上質な感じがしました。


今はシャローヘッド全盛の時代なので、それらと比べると、このドライバーはどちらかというとディープなほうに入るのかもしれません。



ロッディオ ドライバー タイプS
基本的な性能の高さは、しっかりと維持しながらも『外観の良さ』にすごくこだわっている感じがします。


クラブは、まず目で楽しみたいと思っているので、今日は思う存分堪能することができました。


やはり美しいクラブはいいものです。


こちらのやる気を高めてくれます。



RODDIO DRIVER Type-S
日頃、あまり美しくなかったり、時にはチープな印象をもってしまうクラブに出会うことも少なくありません。


そんなときは、あまり両目が見開かず、淡々と見つめていることも多いです。


気持ちが盛り上がらないまま試打することもあります。


ロッディオというメーカーのクラブに、私はまだたくさん出会ってきたわけではないのですが、いい印象が残りました。



ロッディオ ドライバー タイプS
赤いヘッドを試打したときも値段が気になったので、一応尋ねてみたのですが、やはりとても高価でした。


私には敷居の高いドライバーだと思いました。


いいドライバーだと思いますが、私が購入することはないだろうな・・・。と思いました。


というか、購入できないだろう・・・。というのが正直なところです。



RODDIO DRIVER Type-S
外見の美しさが一番印象に残ったのですが、ヘッドもシャフトもかなり研究されているのだと思います。


それが、この価格になっているのではないかな?と思いました。


かなり高価なので、『コストパフォーマンス』という点では、それほど高いとは思わなかったのですが、すごく気になるクラブです。


先月赤いヘッドのドライバーを試打しましたが、私はこの黒い色のほうが魅力的に思えました。


またロッディオのクラブに出会うことができたら、是非試打してみたいと思いました。


『カッコいい』という言葉が似合うドライバーです。

CREATIVE RECREATION ゴルフシューズ

ミズノ バイオギア アイスタッチ アームガード

アドミラル トラベルカバー

アドミラル キャディバッグ

アドミラル ヘッドカバー

アドミラル 傘

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション ロッディオ RODDIO DRIVER Type-S

2014年04月20日

RODDIO DRIVER Type-M

RODDIO DRIVER Type-M 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
RODDIO DRIVER Type-M です。



RODDIO DRIVER SHAFT M-Series

シャフトは RODDIO SHAFT M-5 です。

ロフトは10.5度、シャフトフレックスはS、シャフト重量は59g、トルクは4.5、キックポイントは中元調子、クラブ総重量は299gです。



正面

初めて試打するロッディオのドライバーです。


先日UTを試打することができたのですが、今日はドライバーを試打する機会に恵まれました。


いつもそうですが、やはり初めてのときはワクワクします。



側面

丸みを帯びた形状になっています。


カラーリングが目立つデザインではありますが、シャロー感よりもディープ感があります。


このハイセンスなデザインは印象に残りますし、好感度も高いです。



顔

真っ赤な顔をしています。


すごく目立ちます。


赤いヘッドは最近よく見かけるようになりましたが、『好感のもてる赤』と『そうでない赤』があります。


この赤は好感がもてる赤です。


赤色以外にも、色々なカラーがラインアップされているのだと聞きました。


この赤もいいですが、できれば美しいブルーも見てみたいな・・・。と思いました。


形状自体は奇をてらった感じはしません。


すごくオーソドックスな感じがします。



ネック長さ

ネックはやや短めに見えますが、今はこれくらいの長さのドライバーもたくさんあるように思います。


この立体的な形状に、思わず見入ってしまいました。


今は『薄さ』を感じさせるドライバーが多いです。



ソールのパーツのような物

ソールには、この赤いパーツのような物がよく目立っていました。


よく見ると、取り外せそうです。


代わりのパーツも用意されているのでしょうか?


ウェイトの役割を果たしているのでしょうか?


3つの丸いビスのような物も、それぞれ色が違っているので、オシャレだな・・・。と思いました。


こういったオシャレなところは、とても好感がもてます。



ソールの溝

ソールには、とても小さな溝がありました。


これも性能に関係しているのでしょうか?



TRAJECTORY Mid

『TRAJECTORY Mid』と記されていました。


どういった意味があるのでしょうか?


そのまま『中くらいの軌道』ということでいいのでしょうか?



フェース面のデザイン

フェース面のデザインもオシャレです。


今はスイートエリアのところにスコアラインが入っていない物が多いですが、このドライバーはしっかりと入っています。


すごくオーソドックスな感じがします。


フェース面のデザインは、フィーリングを予感させたり、センスを感じさせたりする部分だと思います。


私はあるメーカーのフェース面のデザインがあまり好きではないのですが、このドライバーのデザインは好感がもてました。



セミディープバック形状

セミディープバック形状といっていいでしょうか?


意外なほど厚みがあります。


今はシャローな物が多いので、この厚みは珍しく見えました。


第一印象はヒッター向けではないような気がしていたのですが、実際はそうでもないのかな?と思いました。


結構叩けるドライバーなのかもしれない・・・。と思いました。



振り感

しかし、素振りをしてみて、また考えが変わりました。


かなりの軽量感があります。


装着されているシャフトのフレックスは『S』ということですが、かなり軟らかく感じました。


ロッディオのドライバーは初めてなので、特徴のようなものがよく解らないところもあるのですが、これがこのメーカーの『スタンダード』なのでしょうか?


装着されているシャフトもロッディオなので、『純正』ということでいいのかもしれません。



構え感

ボールを前にして構えてみても、いい印象をもつことができました。


形状に大きなクセがないので、構えやすいです。


ほんの少しだけフェースが被っているかな?と思ったのですが、気になるほどではありませんでした。


私自身に、だいぶ免疫ができてきたのかもしれません。


ただ、できればもう少し『バルジ』が効いていてトゥ側が逃げていると、もっと楽な気分で構えることができたような気もします。


ヘッドの色は独特ですが、構えやすさを邪魔する感じはしませんでした。


色はともかく、形状自体は、これまでたくさん出会ってきたような気がします。


できれば違う色で試してみたい・・・。と思いましたが、今日はこの一本しか無かったので、またの機会にしよう・・・。と思いました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』はソフトで、とてもいい感じです。


フェース面のデザインに好感がもてていたのですが、そのイメージ通りのフィーリングでした。



打球音

『音』は、はっきりとしているのですが、高すぎたり大きすぎたりすることもなく、心地いいです。


インパクトを邪魔しないので、気持ちよく振り切っていくことができました。



トゥ側

球はとてもあがりやすいと感じました。


タフな感じはしませんでした。


ヘッドの形状自体は、ややディープ系なので、もう少しタフなのかと思っていましたが、実際はそうでもありませんでした。


敷居も高いとは思わなかったですし、親しみやすい部類のドライバーだな・・・。と思いました。


装着されていたシャフトの影響も大きいように感じました。



バックフェース

『安定性』という点では、決してシビアなタイプではないのですが、ある程度の『正直さ』はあると思います。


『曲がりにくい』『ミスヒットを感じさせない』というタイプのドライバーではありません。


こういったところは『厚みのあるヘッドの特徴』なのかな?と思いました。


ミスには、それなりの答えを返してくれるドライバーだと思います。



飛距離性能

『飛距離性能』はまずまずだと思いました。


ある程度イメージしていた通りの飛び性能だと思いました。


球の高さ・勢い・・・。


予想の範疇に入っていました。


結構厚みのあるヘッドなので、ヒッター向けなのかな?と思っていましたが、スペックを選べば、スインガータイプの方にも合いやすいのではないかな?と思いました。


今日試打した、このスペックも、かなり敷居が低いほうだと思います。


今はシャローヘッドのドライバーが多くなり、ディープ系ヘッドを敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、このドライバーは性格的に尖っている感じがしないので、多くの方に試していただきたいと思いました。



操作性

『操作性』という点では、なかなかいい感じでした。


ソフトスペックに感じられましたが、結構シャフトもついてきてくれました。


イメージした種類の球は打ちやすいと思いました。


変な動きをして『逆球』が出る感じはしませんでした。



ヒール側

見た目の色はインパクトがありましたが、全体的な印象としてはクセがなくて、親しみやすい感じがしました。


オシャレなデザインで、そのデザインに相応しい、グッドフィーリングなドライバーだと思いました。



RODDIO DRIVER Type-M
 
毎年、『ドライバー・オブ・ザ・イヤー』を考えたりしているのですが、このドライバーは『オシャレ部門』で栄冠に輝くのではないかな?と思いました。


基本的な性能も高いですが、外見の美しさ・センスの良さが際立っていました。



ロッディオ ドライバー タイプM

今は性能だけでなく、外見的なデザインという点でも、個性的なクラブが少なくなったような気がします。


その点、このドライバーはオシャレで個性的です。


一目でロッディオと分かりますし、一度見たらなかなか忘れません。


こういった個性が感じられるクラブは大好きです。



ロッディオ ドライバー Type-M

オシャレなドライバーだな・・・。とは思ったのですが、正直それほど高価な印象はありませんでした。


しかし、このドライバーの値段を聞いて驚きました。


ヘッドだけで6万円以上するのだそうです。


シャフトだけでも、かなり高価なのだそうです。


EPONなどと同じような価格設定になっているんだな・・・。と思いました。


外見や性能には親しみやすさを感じたのですが、価格的に敷居の高さを感じずにはいられませんでした。


私には手が届きにくいドライバーだな・・・。と思いました。



RODDIO DRIVER Type-M

チープな感じはしなかったのですが、正直ここまで高い価格設定になっているとは思いませんでした。


何か高級な材料でも使われているのでしょうか?


見えないところに、色々な工夫が組み込まれているのでしょうか?


それともデザイナーの『デザイン料』が高いのかな?と思いました。



RODDIO DRIVER Type-M

初めて出会ったロッディオのドライバーだったのですが、他のモデルもこのように高価なものばかりなのでしょうか?


全体的な印象という点では、いい感じだったのですが、特別ここが凄い・・・。という感じはしなかったので、『コストパフォーマンス』という点では、どうなのかな?と正直思いました。


しかし、これはあくまでも私がこのドライバーの性能を感じ取れていないだけなのかもしれません。


このドライバーで凄いパフォーマンスを発揮しておられる方もたくさんいらっしゃるのかもしれません。



RODDIO DRIVER Type-M

最初はデザインに目が行って、試打している途中に値段を聞いて、やや腰が引けてしまったのかもしれません。


どうも『総額10万円以上』になってしまうと、遠慮がちになってしまうようです。


リーズナブルなドライバーでも、大切に試打しているつもりですが、このように高価だと、より神経質になってしまうような気がします。


すごく気を遣ってしまいました。


正直、購買意欲が刺激されることはなかったのですが、また試打する機会があれば、試打してみたいと思いました。


赤い色のドライバーの中でも、カッコいい部類のドライバーなので、これがもしブルーやブラックだったら、もっとカッコ良くなるだろう・・・。と思いました。

RODDIO シャフト

RODDIO ヘッドカバー

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション ロッディオ RODDIO DRIVER Type-M

2014年01月12日

RODDIO UTILITY

RODDIO UTILITY 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
RODDIO UTILITY です。



20140112131458

シャフトは RODDIO SHAFT I-6 です。

ロフトは27度、クラブ長さは39.5インチ、トルクは4.0、シャフト重量は67g、キックポイントは中調子、クラブ総重量は350gです。



正面

初めて手にしたロッディオのクラブ(ヘッド)です。


これまでシャフトは何度か試したことがあるのですが、ヘッドは初めてです。


このクラブはユーティリティで、とてもカラフルでオシャレなデザインになっています。



側面

個性的なデザインですが、こうして見る限り、形状はオーソドックスな感じがします。



ネック長さ

ネックの長さも、しっかりとあるので好感がもてます。



顔

顔も独特な感じがしますが、これまでたくさん出会ってきたように思います。


いわゆる『ウルトラマン系の顔』といったらいいでしょうか?


銀色のヘッドと流線型の形状が上手くマッチしています。



独特な構造

このような見え方をするので、おそらくツーピース構造なのだろう・・・。と思いました。


あくまでも私の好みとしては、クラウン部分は『ワンピース感』が欲しいので、実際はツーピース構造であっても、それを感じさせないようなデザインであって欲しいと思っています。


そういったときには、黒いヘッドのほうが作る側も易しいのではないかな?と思いました。


しかし、このシルバーの顔とツーピース感に違和感を感じず、むしろ好感をもたれる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



ウェイト

ソールにひとつだけ、ウェイトが配置されていました。


何gのウェイトなんだろう?と思い、よく見てみたのですが、刻印などは見られず、重さが解りませんでした。



ソールの構造

ソールの構造も、全くのフラットではなくて、微妙に凹凸が付いています。


この青い部分もウェイトの役目を果たしているんじゃないかな?と思いました。


『パーツ感』が感じられます。


絶妙な重量バランスが実現できているのかもしれません。



シャローバック

シャローバック形状であり、今のクラブらしいところだと思います。


シャロー感が強すぎないので、上からつぶしていけそうです。



振り感

素振りをしてみても、なかなかいい感じです。


ハードな印象は全く無いのですが、いわゆる『ヤワ』な感じもしません。


とても『中立的』な感じがしました。


頼りない感じがしなかったので、緩めずに振っていくことができました。



構え感

ボールを前にして構えてみると、かなりの『出っ歯タイプ』だと思いました。


グースタイプを好まれる方には構えづらいかもしれません。


正直、ここまで出っ歯でなくても・・・。と思ったのですが、グースがきついタイプよりは構えやすく感じます。


これまでの経験から、UTは顔がいまひとつであっても、易しいタイプが多いように感じます。


このクラブも、そんなタイプじゃないかな?と思いました。




試打を開始しました。

トゥ側

まず感じたのが、その『球のあがりやすさ』です。


かなりイージーなクラブだな・・・。と思いました。


一球目から高めの真っ直ぐな球を打つことができました。


球がとてもあがりやすいです。


このクラブのロフトは27度ということで、私の感覚としては『5番アイアン』であり、アイアン好きの私としては、これからも5番アイアンを使っていきたいと思うのですが、今は5番アイアンをバッグに入れておられない方もたくさんいらっしゃいますし、そういった方々に支持されやすいのではないでしょうか?



ヒール側

グースがきついクラブだと、何とか上手くヒットしていこう・・・。とか、つかまり過ぎに気をつけよう・・・。引っ掛からないように・・・。ダフらないように・・・。などと『注意事項』が増えすぎてしまって、それがプレッシャーにつながっていくこともあるのですが、今日はそれがありませんでした。


リラックスして打つことができました。


ソールを利用して、ボールの少し手前に着地させるだけでいいんだ・・・。と思えるところがいいな・・・。と思いました。


それが結果的に、すごくいい球を打つことができた原因のような気がします。


『5番アイアン』を難しく感じておられる方もたくさんいらっしゃると思いますが、こういった優れたユーティリティの登場で、無理して使わなくてもいいような時代になりました。


この弾道の高さは『5番アイアン』とは思えませんでした。



フェース面

『打感』も、しっかりと手応えがあって、いい感じでした。


打っている・・・。と感じることができました。


UTの中には、結構打感が『あやふや』な物も多いのですが、このクラブの打感は好感がもてました。



打球音

『音』も、はっきりとしていて良いと思いました。


ボヤけた感じはしません。


この音のおかげで、インパクトが揃えられるような気がしました。



バックフェース

『安定性』という点でも、高いと思いました。


シビアな感じはしませんでした。


イージーなクラブです。


このような易しいUTが大活躍するから、ますますロングアイアンの居場所が無くなるような気がします。


構えたときは少しだけ違和感があったのですが、実際に打ってみると、ラインも出しやすいクラブだと思いました。



飛距離性能

『飛距離性能』という点では、なかなかいい感じでした。


『200Y以上』が易しいと感じますし、狙っていける感じがしました。


いわゆる『置きに行く』ことも容易にさせてくれるクラブです。


『攻め』だけでなく、守っていきたいときにも活躍してくれそうです。


打っている感じは『7番アイアンの気分』だったのですが、球はとてもよく飛んでいってくれました。



操作性

『操作性』という点でも、いい感じでした。


左右にも上手く反応してくれました。


出っ歯系のUTは球がつかまりづらそう・・・。と感じておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、私はそうは思いません。


勿論、人によって好みも違いますし、私がフッカーだからそのように感じるのかもしれないのですが・・・。


このクラブは左右のクセがなく飛ばしていけるタイプですが、私の感覚ではフェード系よりはドロー系のほうが出しやすい感じがしました。



RODDIO UTILITY

顔は独特ですし正直美顔だとは思わなかったのですが、いいUTだな・・・。と思いました。


初めてのロッディオのクラブだったのですが、とてもいい印象が残りました。


『易しい』ということが、このクラブの一番の特長だと思います。



ロッディオ ユーティリティ

今はドライバーに限らず、UTでも『ハイテク化』が進んでいて、様々な機能が付け加えられています。


そういったことを考えると、このクラブが他のクラブには見られない『特異性』のようなものは感じられず、比較的オーソドックスな感じもするのですが、とても期待できるクラブだと思いました。


性格的にも尖ったところが感じられず、とても丸みのあるクラブだと思いました。



ロッディオ ユーティリティ
 
できれば違うロフトでも試してみたいと思いました。


私はこのロフト(27度)でユーティリティを使うことは、おそらくこれからも無いと思います。


ずっとアイアンを使い続けていくと思います。


ただ、とてもいい印象が残りましたし、このクラブを使うことの有利さを是非コースで実感してみたいと思いました。

RODDIO ヘッドカバー

RODDIO シャフト

ふなっしー ヘッドカバー

ふなっしー ゴルフボールポーチ

くまもん ヘッドカバー

くまもん マーカー

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション ロッディオ RODDIO UTILITY

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記
テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ