ゴルフクラブ試打日記

ゴルフクラブ試打日記TOP > カテゴリー [朝日ゴルフ用品 ]
2018年02月17日

朝日ゴルフ用品 メタルファクトリー FX-936 アイアン

01METAL FACTORY FX-936
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは METAL FACTORY FX-936 アイアン の7番 です。



02NSPROMODUS3.jpg
シャフトは N.S.PROMODUS3 です。

ロフトは32度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS です。



03正面
メタルファクトリーのカッコいいアイアンです。


記事には書いていないですが、これまでメタルファクトリーのアイアンは試打したことがあって、とてもいい印象をもっています。


今日は久し振りに手にすることができて、嬉しく思いました。



04側面
オーソドックスでとてもカッコいいキャビティアイアンです。


キャビティの易しさを醸し出しながらも、形が崩れていなくて、整っています。


輪郭がシャープで美しいです。


大きさは標準的です。


他のメーカーでは見られない、独特の質感が美しいです。


私はどちらかというとウッド系よりも、アイアンやウェッジが好きなのですが、このアイアンのもつ魅力にすっかりハマってしまいました。


打つ前に目で楽しむことができました。


目尻が下がりっぱなしでした。



05彫りの深さ
彫りの深さは標準的といっていいでしょうか?


最近はポケットタイプが圧倒的に多いので、このようなノーマルなキャビティを見ると新鮮に感じます。


形状自体は昔からあるタイプで、ヒッティング部分が少しだけ肉厚になっています。


易しそうな雰囲気がありますが、重心が深すぎないように見えました。



21トップライン
トップラインの厚さは標準的でした。


薄いという感じはなく、見慣れた厚さです。



06ソール幅
ソール幅も標準的でした。


ただ、ワイドソールに慣れておられる方には、多少狭く見えるかもしれません。


トゥからヒールにかけて『テーパー』になっているアイアンは多いですが、このアイアンはストレートに近いタイプです。


こういうアイアンも多いです。


こういったところは、今のアイアンの特徴といえるでしょうか?



11リーディングエッジ
リーディングエッジは削られていました。


こういったところも、今のアイアンの特徴といえるように思います。


昔のアイアンには見られなかった工夫です。



07ネック長さ
ネックの長さはノーマルです。


長くもなく短くもなくという感じでした。



25鉄
トゥ側にある、この『鉄』の文字が輝かしく見えました。


クラブにはアルファベットが使われることが多く、漢字はとても少ないですが、だからこそ見た目のインパクトがあり、記憶に残りやすいです。


鉄のもつ、いい雰囲気を上手く表現しているように見えました。


この『鉄』を見たから・・・。というわけではないのですが、何となく温かみを感じていました。


今日の天気が良くてお日様に照らされていたといこともあるのですが、神々しくて目で見た温かさのようなものを感じました。


もちろん実際に触ってみると、鉄らしい温度なのですが、ステンレス系には感じられない温かみといいますか、質感のようなものを感じました。



26FORGED.jpg
ヒール側にある『FORGED』の文字もインパクト大です。


それほど大きくはなく、控えめな大きさなのですが、存在感がありました。


いつになっても、フォージドアイアンが最強だな・・・。と思います。


ドライバーなどと比べると、アイアンは昔とそれほど大きく変わっていません。


もちろん、ソール幅や形状、ネック長さなど、今風に変化(進化)しているのですが、大部分は変わらず昔のままです。


時々アイアンといえないのではないか?と思えるような変わったアイアンに出会うこともあるのですが、そういうクラブはすぐに見なくなります。


やはりオーソドックスなのが一番なのかもしれません。


アイアンに限らずどのクラブでもそうなのですが、試打をするときに、このクラブは自分の思いやフィーリングを伝えていきやすいかな?と思うことがよくあります。


中には伝えづらくて、意思の疎通ができないまま予定よりも早く試打を終えてしまうクラブもありますが、逆に初対面とは思えないほどの『情報交換』や『意思の疎通』ができるクラブに出会うこともあります。


このアイアンは後者のタイプで、『手の延長』として期待できそうだな・・・。と思いました。



08MADE IN JAPAN
ホーゼルにある『MADE IN JAPAN』の文字がキラキラ輝いています。


好感度がさらにあがりました。


今は海外製のクラブが圧倒的に多いですが、やはり日本製となると好感度は急上昇します。


ゴルフクラブに限ったことではありませんが、海外製品は『値段の安さ』が最大のウリだと思うのですが、最近では国産品とあまり価格が変わらなくなってきているように感じます。


メイドインジャパンを使わない理由はありません。



12ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでしたが、とても美しいです。


丁寧に仕上げられているのが分かりました。


こういったところを見ると、さらに好感度が高まりました。


フェース面の仕上げに気を遣っていないな・・・。と思えるメーカーのアイアンはいくつかありますが、そういうクラブには魅力を感じません。


フェース面はボールとの唯一の接点でもあるので、ハイテクではなくてもいいから、『丁寧さ』が欲しいです。


スコアラインもしっかりしていましたが、普通のアイアンよりも、ほんの少しだけ深く見えました。


昔はよく見られましたが、今は浅く見えるアイアンが多いせいか、このアイアンの溝が深いといいますか、奥行きがあるように見えました。


大きな差ではないのですが、そのように見えました。


この美しいフェース面を見ているだけで、やる気が増してきます。


『淡々と』とか『クール』ではいられませんでした。


気持ちの中で燃え上がるものがありました。


このアイアンを手にしているだけで、とても贅沢に思えてきました。



20振り感
素振りをしてみても、いい感じです。


タイミングも取りやすいです。


軽量タイプではなく、標準的なアイアンだな・・・。と思いました。



22構え感
ボールを前にして構えてみると、いい感じです。


オーソドックスな顔つきでシャープなところもあるのですが、シャープ過ぎず丸みもあるので、易しさも醸し出しているように見えました。


整った顔ですが尖った印象はなく、どこか親しみやすいところもありました。


グースタイプを好まれる方には構えづらいところがあるかもしれませんが、私はこれくらいが好きなので、とても構えやすいです。


ラインのイメージも出やすいです。


イメージしやすいとリラックスできるので、今日はすごくリラックスして臨むことができました。




試打を開始しました。

19フェース面
『打感』は良いです。


ソフトなフィーリングです。


このアイアンのもつ質感にマッチした打感で、予想していた通りのグッドフィーリングでした。


『球の乗っかり感』は、それほど無かったのですが、手に心地良い感触が残りました。


色々なアイアンを試打していると、時には、このアイアンは『スカスカ』だな、中身が詰まっていない・・・。と感じることがあります。


もちろんこれはあくまで感覚的なことで実際に中身がないということではないのですが、今でもそのように感じることは普通にあります。


そういったアイアンには魅力を感じませんが、このアイアンは違いました。


キャビティタイプのアイアンではありますが、中身がギュッと詰まっているように感じました。


ヘビーというよりはライトな感覚ですが、決して『エンプティ(empty)』ではなく、『フル(full)な打感』だな・・・。と思いました。


しっかりと伝わってくるものがありました。


好感のもてるフィーリングです。


球を打っていて楽しいので、飽きが来ません。



13トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、普通だと思いました。


ややロフトが立っているので、少しタフに感じる方もいらっしゃるかもしれません。


とはいっても、今の7番アイアンは、これくらいが『ノーマルロフト』といえるような気もします。


ロフトが立っていても、様々な『ハイテク』が組み込まれたアイアンならば、もっとあがりやすくなっていると思うのですが、このアイアンは『ハイテク』というよりは『ベーシック』なタイプなので、どちらかといえばヒッター向けといえるのかもしれません。


しかし、タフなタイプのアイアンではないですし、昔からこのようなタイプはたくさんあるので、あくまでも『普通の範囲内』という印象をもちました。



15バックフェース
『安定性』は、いい感じです。


キャビティらしい易しさを充分感じることができました。


ベーシックタイプらしく、どこでヒットしたのかも把握しやすいですし、安定した動きをしてくれるので、安心感があります。


いわゆる『物理的な易しさ』という点で考えると、今のアイアンの中では、普通といえるのかもしれません。


それほど『易しさ』『寛容さ』がずば抜けて優れているとはいえないのかもしれませんが、『フィーリングを邪魔しない易しさ』というものがあるように感じました。



24飛距離性能
『飛距離性能』という点では、なかなか優れているな・・・。と思いましたが、今のアイアンでは普通といっていいのかもしれません。


私の感覚では『6番アイアン』くらいに感じるのですが、今は『5番アイアン以上』のアイアンもたくさんあるので、それらと比べると、飛びの性能は優れていないのかもしれません。


飛びよりも、距離感を大切にしたいけど、少しだけ飛ばしていければいいな・・・。という方には、ちょうどいい『さじ加減』ができているといえるのではないでしょうか?


『飛びすぎない』というのもアイアンの大切な性能だと私は思うのですが、今は『飛び』が求められている時代なのかもしれません。


少しでも飛ばしていきたい。易しく自動的に飛ばしていきたい・・・。という方には、合いづらいところがあるような気もします。



23操作性
『操作性』は、なかなかいい感じでした。


マッスルバックのような敏感さはなく、大らかな感じもあるのですが、左右に曲げるのも易しく感じました。


グースタイプではないですが、適度な大きさなので、フェースターンが易しいですし、自然につかまえてくれました。


クセの無いアイアンなので、ストレートネックを好む、ドローヒッターの方にもフェードヒッターの方にも合いやすいように思います。



17ヒール側
第一印象から、ずっと惹かれるものがあったのですが、実際に球を打ってみて、さらに惹かれてしまいました。


ゴルフクラブは料理などと同じように、まず『目で楽しみたい』と私は思っているのですが、今日はそれができました。


目で楽しみ、打感を手から伝わって全身で楽しみ、音を耳で楽しみ・・・。といった具合に、いろいろと楽しむことができました。



14METAL-FACTORY FX-936
キャビティアイアンにも色々とありますが、このカッコいいバックフェースのデザインに魅力を感じられる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?


非常にメカニカルでカッコいいアイアンですが、決して冷たいタイプではなく、こちらの思いに応えてくれ微笑みかけてくれるような温かみのあるアイアンだな・・・。と思いました。



16METAL-FACTORY FX-936
先ほども書きましたが、このアイアンのもつ『質感』もすごく魅力的です。


他のメーカーではなかなか見られない、個性的な質感です。


『雑さ』『チープさ』を感じてしまうクラブは今でもありますが、このアイアンは全く違いました。


すごく丁寧な感じがしますし、メーカーのこだわりが感じられました。



18METAL-FACTORY FX-936
『ミスに易しい』とか『飛ぶ』『あがりやすい』ということも大切な性能だと思いますが、そういった事とは別に、このアイアンのような『作り手の熱意・誇り』のようなものが感じられるアイアンを使っていきたいな・・・。と私は思います。


このクラブには正直、それほど『お助け機能』はないかもしれません。


そういったところは、今の『ハイテクアイアン』のほうが遥かに優れていると思います。


なので、このアイアンは『流行タイプ』というよりは、ややクラシカルなタイプといえるかもしれません。


しかし、そこに魅力を感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?



09METAL-FACTORY FX-936
美的なところも含めて、基本的な性能は全て持ち合わせていますが、クラブ自身が主張していないので、あくまでもこちら側(ゴルファー)がイニシアチブをもってショットに臨むことができます。


クラブとの『共同作業』でナイスショットを連発し、スコアを作っていけそうです。


ポケットキャビティは確かに易しくていいけど、ノーマルなアイアンに戻してみようかな。難しいのは嫌だけどフィーリングが良くて適度な易しさのあるアイアンを使いたいな・・・。という方。


また、今はステンレス系のアイアンを使っているけど、易しめの軟鉄キャビティを使いたいな・・・。という方にも、是非試していただきたいと思いました。


決して難しいタイプのアイアンではなく、キャビティアイアンらしい大らかさもありますが、こちらのイメージも伝えやすいので、球を打つのが楽しくなって、結果的にそれが上達につながってくるということもあるように思います。



10METAL-FACTORY FX-936
私が今使っているアイアンはキャビティタイプではないのですが、もしキャビティを購入するとするならば、このアイアンも候補のひとつに入れたいと思いました。


ただ、ロフトは少し寝かせるのは間違いないと思います。


ライ角やロフト角を簡単に調整できるのも軟鉄アイアンの特長です。


数年前から、調整機能付きドライバーが大流行しましたが、もっと前から既に調整機能付きクラブは存在していました。


それが軟鉄アイアンです。


見た目を変えることなく、ほんのちょっと調整するだけで、その人に合いやすくて使えるクラブに変身します。


それが世界にひとつだけの『その人に合うクラブ・その人の為のクラブ』ということになります。


そういったこともあり、私は友人や後輩達にも軟鉄アイアンを勧めています。


カッコいいだけでなく、親しみやすい軟鉄アイアンが今はたくさんあります。


このアイアンはとても気に入ったので、早速友人達にもこのアイアンを紹介してみようと思いました。




テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション METAL FACTORY FX-936 アイアン

2016年06月15日

朝日ゴルフ用品 メタルファクトリー GT-3000Hi ドライバー

朝日ゴルフ用品 メタルファクトリー GT-3000Hi ドライバー
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは メタルファクトリー GT-3000Hi ドライバー です。



MOTORE Speeder MF
シャフトは MOTORE Speeder MF です。

ロフトは11.5度、クラブ長さは46インチ、シャフトフレックスはR、クラブ総重量は298gです。



正面
久し振りに出会った、メタルファクトリーのドライバーです。


以前試打したモデルはとてもいい印象が残っています。



GT-3000Hi
全く同じモデルなのかな?と思っていたのですが、このドライバーは高反発モデルなのだそうです。


最近は、色々なメーカーから高反発モデルが発売されています。


以前も書きましたが、競技に出ないでプライベートでゴルフを楽しまれる方もたくさんいらっしゃるので、ルール非適合モデルがあってもいいと、私は思っています。


全てのクラブがR&Aの決めたルールに則る必要はないと思います。


ここ最近、高反発モデルの売り上げも伸びてきているのだそうです。


これからは、もっと多くのメーカーが高反発モデルを発売するのではないでしょうか?



鉄
この『鉄』と書かれた、ウェイトのような物も懐かしいです。


これ以外は特に変わったところはなく、とてもシンプルです。



側面
しっかりと厚みのあるドライバーです。


高反発はシャローのイメージもありますが、このドライバーは違っていました。



ネック長さ
ネックの長さは、しっかりとありました。


調整機能がついていないので、すっきりしています。



顔
いい顔をしています。


奇をてらったところがなく、正統派といった感じがします。


日本メーカーらしい男前なドライバーです。



ディープバック
ディープバックタイプです。


この独特の厚みがたまりません。



振り感 メタルファクトリー GT-3000Hi ドライバー
素振りをしてみると、フレックスがRということもあり、軟らかく感じました。


かなり動く感じがしたので、とにかくタイミングを合わせることだけを意識しました。


おそらく、このシャフトが純正なのだと思います。



構え感
ボールを前にして構えてみると、いい感じでした。


構えやすいです。


リラックスして構えることができました。


『ハイロフト(11.5度)』らしい、フェースの見え具合でした。


ボールがあがりやすそうです。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はしっかりめでした。


手に少し衝撃が残りましたが、特に苦手に感じることはありませんでした。



打球音
『音』は大きすぎず、いい感じでした。



トゥ側
球は予想していたよりも、あがりやすい感じがしました。


ロフト(11.5度)らしいといえるかもしれません。


ディープなタイプですが、見た目ほどタフではないように感じました。


見た目とのギャップが面白いと思いました。



バックフェース
『安定性』という点では、それほど高くなく、どちらかといえば正直なタイプといえるかもしれません。


シビアな感じはしませんが、今は寛容なドライバーが多いので、それらと比べると正直なところがあるように思います。



飛距離性能
『飛距離性能』は、いい感じでした。


高反発モデルということもあるのかもしれませんが、高いパフォーマンス力を感じました。


以前、適合モデルを試打したときも、飛距離性能に優れているな・・・。と思ったのですが、このモデルも好感がもてました。


この高反発モデルもいい感じですが、適合モデルのほうが、かなり高反発モデルに匹敵する実力をもっているんじゃないかな?と思いました。


今度機会があれば、打ち比べてみたいと思いました。



操作性
『操作性』は、なかなかいい感じでした。


左右どちらにも対応してくれました。


シャフトが少し動き過ぎる感じだったので、もっとしっかりしたシャフトだと扱いやすさが上がっていたと思います。



ヒール側
最近では11.5度のドライバーは殆ど見なくなりました。


ブラッシーに近いといえるかもしれません。



メタルファクトリー GT-3000Hi ドライバー
しかし、構えたときのフェース面の見え具合は、これまでもよく目にしてきたように思います。


9.5度と表示されているドライバーでも、実際に計測したら11度以上だったということは珍しくないですが、今日は『表示ロフト』に対する違和感がなかったところも印象に残りました。



メタルファクトリー GT-3000Hi ドライバー
ゴルフクラブで、派手さのないデザインの物の中には、高い実力をもった物が少なくないように思います。


調整機能が付いていないドライバーにも、ハイスペックな物が多いように思います。


クラブの『性能』や『精度の高さ』で勝負できているのだと思います。



メタルファクトリー GT-3000Hi ドライバー
今回はロフトやシャフトが私には合いづらいところもあったのですが、好感がもてましたし、もっと多く接していきたいと思いました。


『後を引く良さ』のあるドライバーだな・・・。と思いました。







テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション メタルファクトリー GT-3000Hi ドライバー

2014年04月12日

朝日ゴルフ用品 メタルファクトリー GT-3000 ドライバー

メタルファクトリー GT-3000 ドライバー 
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
メタルファクトリー GT-3000 ドライバー です。



GRAPHITE DESIGN Tour AD MT-6

シャフトは
GRAPHITE DESIGN Tour AD MT-6 です。

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は64g、トルクは3.3、キックポイントは中調子、クラブ総重量は310gです。



正面

初めて試打する、メタルファクトリーのドライバーです。


目にしたのは初めてではないのですが、そのときは試打することができなかったので、今日はようやく試打することができて嬉しいです。


初めて目にしたときから、すごく気になっていました。


初めて出会って強く印象に残るものと、そうでないものに分かれますが、このドライバーは完全に前者です。



側面

結構厚みのあるヘッドです。


ソールの形状が、やや個性的ですが、すごくシンプルなヘッドだな・・・。と思いました。


『メタルファクトリー』という名前の通り、とても金属的な感じがします。


結構光沢感もあって、『黒光り』する感じです。


このドライバーは『ミラーブラック』というのだと教えてもらいました。


他にも違う仕上げのものがラインアップされているそうです。



鉄

ソールには『鉄』と漢字で記されたアクセサリーのようなものがありました。


ここの位置にあるということはウェイトの役目を果たしているのでしょうか?


『鉄』の文字の周りには、小さな文字で『METALFACTORY TETSUMARU JAPAN』と記されていました。



ネック長さ

今のドライバーにしては珍しく、ネックも長めです。


ちょっと前まではよく見られた長さだと思うのですが、今はショートネックが多くなりました。


これだけ長いと、とても魅力的に見えます。


今流行の『調整機能』も付いていません。


すごくシンプルです。


ネックの周りもゴチャゴチャした感じが無いので、とても好感がもてます。


調整機能付きのドライバーを『指名買い』される方もいらっしゃると思いますが、昔ながらのこのようなクラブを好まれる方も多いのではないでしょうか?


中途半端な調整機能を付けて、フィーリングが悪くなるよりも、こういったシンプルさに魅力を感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?


ゴルフクラブはどうしても『流行』といったものに流されやすいところがありますし、そこがまたいいところなのかもしれませんが、敢えてそういった流れとは逆行している感じのクラブを目にすると、思わず手にとって試したくなります。


きっと大きな自信があるに違いない・・・。と思います。



顔

オーソドックスで、いい顔をしています。


奇をてらった感じはしません。


初めて手にしましたが、とても親しみやすさを感じることができました。


この独特な光沢感も、他のメーカーのクラブでは、なかなか見られません。



ディープバック形状

ディープバック形状といっていいと思います。


こういったところも、今のドライバーではあまり見られないところです。


ヘッド後方が少し伸びているように見えるので、すごくディープという感じもしなかったのですが、今のドライバーの中では、明らかにディープなほうだと思います。


今はシャロー系でも、いいドライバーがたくさんありますが、やはりこういったディープ系を手にすると、こちらのテンションも自然と上がってきます。



ディープフェース

フェースの高さもしっかりとあります。


このディープフェースと、黒い金属的な感じがよく似合っていました。


今はディープフェースのドライバーも増えてきましたが、それらの多くが『シャローバック』です。


しかし、このドライバーのように『ディープフェース&ディープバック』は珍しいと思います。


昔は、これが当たり前のようなところもあったのですが・・・。


フェース面のヒッティングポイント周辺にも溝がありません。


これは少しでも強度を保つ為なのでしょうか?


こういったフェース面はたくさん見てきましたし、今でも多いです。



振り感

素振りをしてみた感じも、なかなかいい印象をもちました。


見た目以上に重く感じませんでした。


ヘッドの印象から、もう少し全体的な重さがあるような気もしたのですが、実際はそれほどでもありませんでした。


あくまでも私の好みとしては、もう少し重量のあるシャフトで試してみたい・・・。というのがあったのですが、試打クラブはこの1本しかなかったので、このまま試打することにしました。


このグラファイトデザインの黄色いシャフトも、よく出会うせいか、馴染みやすい感じがします。


ハードな印象は全くありません。



構え感

ボールを前にして構えてみても、好感がもてました。


とても構えやすいです。


リラックスして構えることができました。


マイナス的なイメージは全く出てきませんでした。


ミスよりも、成功のイメージばかりが膨らんできました。


呼吸も深く、自然に行うことができました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』はイメージとちょっと違っていましたが、好感がもてました。


しっかりとした打感なのですが、硬くはありません。


手に嫌な衝撃も残りません。


打つ前は、この全体的な雰囲気や金属的なところなどから、もう少し硬くて重い打感をイメージしていたのですが、実際はそんなことはありませんでした。


ストレスを感じさせない打感です。


このフィーリングのミスマッチ感が面白いと思いました。


かなり弾き感が強く感じられます。



打球音

『音』も、いい感じです。


何といいますか、『落ち着いた感じ』の音といえる気がします。


金属的な甲高い音ではありませんでした。


インパクトが緩むこともなく、しっかりとフィニッシュまで振り切ることができました。



トゥ側

『球のあがりやすさ』という点でも、思っていたよりも高く上がっていきました。


打つ前は、もう少しライナー系で飛んでいくのかな?と思っていたのですが、予想以上に弾道は高い感じがしました。


しかし、他のメーカーのドライバーのような『超・高弾道』という感じではなく、高さも出しながら、しっかりと前に進んでくれる弾道です。


『頼もしい弾道』といったらいいでしょうか?


装着されているシャフトによるところも大きいと思うのですが、タフすぎて球が上がらない・・・。という感じは全くしませんでした。


どちらかといえばヒッタータイプの方に合いやすいと思いますが、その敷居は決して高すぎないと思いました。



バックフェース

『安定性』という点では、まずまず・・・。といったところでしょうか?


普通に打っている限り、大きく暴れることはありませんが、今は『超』が付くほどの高い安定性を誇るドライバーがたくさんあるので、そういった物と比べると、少し『正直』といいますか『自然』のような気がします。


しかし、シビア過ぎる感じはしなかったので、敬遠するようなタイプではないと思いました。



飛距離性能

『飛距離性能』は、かなり優れていると思いました。


予想していたよりも、ずっと前まで進んでいきました。


弾きがすごく良くて、初速が速いです。


ひょっとしたら『高反発モデル』なのかな?と思ったのですが、このドライバーはれっきとした『ルール適合モデル』なのだそうです。


だとしたら、かなりギリギリまで反発力を高めているのではないかな?と思いました。


このメーカーが『地クラブメーカー』といえるのか、私には分かりませんが、少なくともこのように感じられるのは大手有名メーカーのドライバーではなかなかありません。


野球のピッチャーには『速球派』と『技巧派』に分けられると思うのですが、このドライバーは明らかに前者です。


飛距離はボール初速だけで決まるものではありませんが、大きな要素のひとつです。


あまり比べられたことは無いと思うのですが、各メーカーのルール適合モデルドライバーの『ボール初速』を計測してみると、このドライバーはかなり速い部類に属するのではないでしょうか?



操作性

『操作性』という点では、まずまずだな・・・。と思いました。


左右どちらにも打っていくことができました。


私の持ち球ではない、フェード系のボールも打ちやすいと感じました。


それほど敏感に反応するようには感じなかったのですが、今日は黄色いシャフトのおかげもあったのか、扱いやすい印象が残りました。


しかし、できればある程度の方向性を保ちながら、思いっきりぶっ飛ばしていきたいタイプのドライバーだと思います。



ヒール側

とてもクリアで美味しい、『ブラックコーヒー』といったところかな?と思いました。


私は練習中、よく缶コーヒーを飲んでいるので、このドライバーを試打しながら、クリアなブラックコーヒーとイメージが重なってしまいました。


余分なものは何も足さない代わりに、必要なものは全て取り込まれているように感じました。


まさに『男のブラック』といったところかな?と思いました。



ASAHI Golf METAL FACTORY GT-3000 ミラーブラックドライバー

先ほども書きましたが、このドライバーには『速球派』というイメージがピッタリだと思いました。


大手有名メーカーのドライバーの多くは、これほど弾きがいいものをあまり見かけないですし、『易しさ』に特化しているように感じることも多いので、『速球派』というよりは『安定派』といいますか『技巧派』に感じられるのですが、このメタルファクトリーのドライバーには『速さ』と同時に『パワー』も感じられました。


こういったところは『他のいくつかの地クラブメーカー』にも共通していえるところです。



ASAHI Golf METAL FACTORY GT-3000 ミラーブラックドライバー

これまでたくさん出会ってきた『メイド・イン・ジャパンの美しさ』とはまたちょっと違った雰囲気もあったのですが、このドライバーはどうなのでしょうか?


地クラブメーカーだから、必ずしも日本製だとは限らないと思いますが、『こだわり』のようなものが感じられました。


『鉄のマーク』の周りに『JAPAN』の文字がありましたが、もしこのドライバーは日本製なのであれば、どこかに『MADE IN JAPAN』の文字を入れて欲しいと思いました。


日本製でなければならない・・・。ということはないですし、今のクラブの殆どが海外製ですが、『日本製』というだけで、そのクラブに対する信頼性がアップするのは間違いないと思います。


日本製で精度が高いのであれば、たとえ高価であったとしても、それは仕方のないことだと思えてきます。



ASAHI Golf METAL FACTORY GT-3000 DRIVER

ヘッドのほぼ全体といえるほどの『ミラー仕上げ』もありますし、精度も高そうなので、値段を尋ねてみたのですが、やはりヘッドだけでも、かなり高価でした。


大量生産されて精度にバラつきのあるクラブと違うのであれば、それは仕方のないことかな?と思いました。


品質の高さもそうですが、この精度の高さが価格に反映されるのは仕方のないことなのかもしれません。



メタルファクトリー GT-3000 ドライバー

すごくシンプルですが、かなり性能が高くて、魅力的なドライバーでした。


『黒』と『ミラー仕上げ』という組み合わせも珍しくて印象に残りました。


ドライバーに調整機能を求めておられる方には、あまり魅力的には感じられないかもしれません。


調整機能よりも、『ヘッド本体の性能』に魅力を感じられる方は、試してみられる価値は大いにあるのではないでしょうか?


『叩ける方』には、大きなパフォーマンスを発揮してくれるドライバーであることは間違いないです。


飛距離性能は、今のドライバーの中でも、かなり高いほうだと思います。



メタルファクトリー GT-3000 ドライバー
 
初めて試打したメタルファクトリーのドライバーでしたが、とてもいい印象が残りました。


初対面で、これだけ出来がいいと、また次のモデルにも期待したくなりますが、できればこのドライバーをまた何度も試してみたいと思いました。


購買意欲が強く強く刺激される・・・。というほどではなかったのですが、刺激されたことは確かです。


今は高機能なドライバーに溢れているので、久しぶりにシンプルでいいドライバーに出会うことができたな・・・。と思いました。


調整機能は時に『迷い』を誘ってしまうこともあると思いますし、あまり使えていない・・・。という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?


調整機能はとても素晴らしいシステムですが、それはあくまでも『自分に合ったヘッドとシャフトの組み合わせ』があってのことだと思います。


自分に合わないヘッドやシャフトで、いくら調整しても、それは上手くいかないと思います。


これからも調整機能付きドライバーは登場してくると思いますが、その一方でこういったシンプルで高性能なドライバーの登場にも期待していきたいと思いました。


このドライバーは強く印象に残ったので、今年上半期の印象深いドライバーに間違いなく入るだろうと思いました。


いいドライバーに出会うことができた一日でした。


清々しい気分のまま、練習場を後にしました。

朝日ゴルフ キャディバッグ

朝日ゴルフ ボストンバッグ

朝日ゴルフ クラブケース

朝日ゴルフ シューズケース

朝日ゴルフ ゴルフグローブ

朝日ゴルフ ゴルフシューズ

朝日ゴルフ ゴルフボール

朝日ゴルフ イーグルビジョン


テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション METALFACTORY 朝日ゴルフ用品 メタルファクトリー GT-3000 ドライバー

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
new balance プーマオンラインストア
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ