ゴルフクラブ試打日記

ゴルフクラブ試打日記TOP > 月別アーカイブ [ 2017年03月 ]
2017年03月12日

プロギア RS ドライバー & フォーティーン DT112 ドライバー

プロギア RS ドライバー & フォーティーン DT112 ドライバー
今日は、この2本のドライバー試打しました。

試打したドライバーは
プロギア RS ドライバーフォーティーン DT112 ドライバー です。



MD-350ZD&Speeder 661 EVOLUTION III
<上>MD-350ZD  フォーティーン DT112 ドライバー

<下>Speeder 661 EVOLUTION III  プロギア RS ドライバー






<左>プロギア RS ドライバー のスペック

ロフトは9.5度、クラブ長さは45.25インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は66.5g、トルクは3.8、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は311g です。




<右>フォーティーン DT112 ドライバー のスペック

ロフトは9度、クラブ長さは46.5インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は55g、トルクは4.2、キックポイントは中調子、クラブ総重量は300gです。





正面
プロギアとフォーティーンの高性能ドライバーの打ち比べです。


どちらも、かなりハイレベルなドライバーです。


以前試打したことがあるのですが、とても気に入っています。



側面
ハイレベルであることは共通していますが、ヘッド形状の違いは一目瞭然です。


シャロー系のプロギアは、今の主流といってもいい形状です。


対してフォーティーンのドライバーはディープタイプです。


今は少しずつ増えてきていますが、まだまだ少数派といっていいと思います。


今はタフなシャロータイプのドライバーもありますし、易しい感じのディープヘッドもあるので、外見だけでは判断がつきにくいところがあります。



ネック長さ
<左>PRGR RS  <右>FOURTEEN DT112

ネックの長さは違いが見られました。


シャロータイプであるPRGR RSのほうが長いです。


調整機能の有無も関係しているのかもしれません。



顔
<左>PRGR RS  <右>FOURTEEN DT112

顔も違いました。


クセのない、オーソドックスな感じのDT112に対して、プロギアのRSは『今風(いまふう)の顔』といいますか、個性的な感じがします。


ヘッド後方の伸びが、かなり目立っています。


初めて見たときは驚きましたが、今はずいぶん見慣れた感じがします。



シャロー&ディープ
<左>PRGR RS  <右>FOURTEEN DT112

シャローバックタイプのRSとディープバックタイプのDT112です。


『形の違う美人』といったらいいでしょうか?


どちらも違う個性があり、美しさがあります。



構え感 フォーティーン DT112 ドライバー
フォーティーン DT112 ドライバー


構え感 プロギア RS ドライバー
プロギア RS ドライバー


ボールの前にして構えた感じも、違いがありました。


球があがりやすそうで、つかまりが良さそうなRSと、ライナー系をイメージしやすく逃がすイメージの出しやすいDT112の違いです。


今の主流といえるのはRSだと思いますが、DT112もすごくいい感じがします。


つかまり過ぎ、上がりすぎを気にせず打っていける顔をしているのは、DT112だと思いました。


球があがりやすそうな印象が欲しいという方はRSのほうが好感をもちやすいかもしれません。


好みが分かれると思います。


どちらも、方向性への不安を感じさせることはありませんでした。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、どちらも好感がもてましたが、敢えていうならDT112のほうがソフトでした。



打球音
『音』は、どちらも遜色ない感じです。


少しだけDT112のほうがおとなしい音だと思いました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、少しRSのほうが勝っているように感じました。



バックフェース
『安定性』という点では、RSのほうが高いと思いました。


寛容さがありました。



ヒール側
『飛距離性能』という点では、どちらもかなりのハイレベルでしたが、あえていうなら少しだけRSのほうが勝っているかな?と思いました。


しかし、それはDT112が劣っているのではなく、RSがそれ以上の高いパフォーマンスを発揮してくれたということです。


どちらもかなり飛距離に優れたドライバーであることは間違いないです。



プロギア RS ドライバー & フォーティーン DT112 ドライバー
『操作性』という点では、DT112だと思いました。


私は左へつかまり過ぎるのが嫌なので、楽な気分で打てるのはDT112でした。


RSはオートマチック的につかまる感じがしました。


こういう特徴は、今の多くのドライバーに見られます。



プロギア RS ドライバー & フォーティーン DT112 ドライバー
かなりハイレベルなドライバーの競演でした。


試打しながらずっと贅沢だな・・・。と思いました。


どちらもかなり購買意欲を刺激してきます。


できれば、両方とも購入できればと考えていますが、なかなか思うようにいかないので残念でなりません。



PRGR RS DRIVER&FOURTEEN DT112 DRIVER
それぞれ違うコンセプトで開発されていると思いますし、共通する部分もありました。


このようなハイレベルなドライバーに出会うと、今年も飛ばしにこだわっていこう・・・。と思えてきました。










プロギア RS ドライバー

フォーティーン DT112 ドライバー

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション プロギア RS ドライバー & フォーティーン DT112

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ