ゴルフクラブ試打日記

ゴルフクラブ試打日記TOP > 月別アーカイブ [ 2017年08月 ]
2017年08月12日

エポン AF-Tour CB アイアン & grindworks CB1-FORGED Cavity Back アイアン

エポン AF-Tour アイアン & grindworks CB1-FORGED Cavity Back アイアン
今日は、この2本のアイアンを試打しました。

試打したアイアンは EPON AF-Tour CB アイアン と grindworks CB1-FORGED Cavity Back アイアン の7番 です。



ダイナミックゴールド
シャフトはどちらもダイナミックゴールドS200です。





<左>エポン AF-Tour CB のスペック

ロフトは34度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはS200、キックポイントは手元調子 です。





<右>grindworks CB1-FORGED Cavity Back アイアン のスペック

ロフトは34度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはS200、キックポイントは手元調子 です。





正面
どちらも、とてもカッコいい軟鉄キャビティアイアンです。


その何とも言えない雰囲気がたまりません。


落ち着いた感じがして、思わず手に取ってしまいました。


grindworksのアイアンは、まだ試打した経験が少ないのですが、今日は運良く借りることができ、同時にエポンのアイアンも借りることができたので、打ち比べてみることにしました。


いいアイアンに出会えて、ウキウキした気分になりました。



側面
メーカーは違いますが、すごく似た感じがします。


それはバックフェースのキャビティ形状が似ているということもありますが、それ以外にも共通点があるような気がしました。


エポンのアイアンが美しいのはもう当たり前のように思いますが、それに負けない美しさがある、このgrindworksのアイアンも凄いな・・・。と思いました。


メーカーの有名・無名は関係ないんだということが分かります。


そう思わせてくれる日本に住んでいて、私は本当に幸せ者です。


大手有名メーカーのクラブも素晴らしいですが、有名ではなくても素晴らしいメーカーが日本にはたくさんあります。



ソール幅
<左>EPON AF-Tour CB  <右>grindworks CB1-FORGED Cavity

ソール幅は、エポンのほうが少しだけワイドでした。



ネック長さ
<左>EPON AF-Tour CB  <右>grindworks CB1-FORGED Cavity

ネックの長さはほんの少しですが、エポンのほうが長いです。


しかし、これは大きな差ではありませんでした。



顔
<左>EPON AF-Tour CB  <右>grindworks CB1-FORGED Cavity

顔はどちらもとても良くて、似たようなところもあるのですが、あえて選ぶなら、grindworks CB1を選びます。


より自然といいますか、クラシカルな雰囲気があって好きです。


少しシャープな印象もありました。


どちらもセミグースタイプのアイアンですが、グースがそれほど強調されていない感じがして、grindworksに好感がもてました。



トップライン
<上>grindworks CB1-FORGED  <下>EPON AF-Tour CB

トップラインもほぼ同じで、肉眼ではなかなか違いが見分けられませんでした。


ノギスで測ってみたくなりました。



構え感 grindworks CB1-FORGED Cavity Back アイアン
grindworks CB1-FORGED Cavity Back アイアン


構え感 EPON AF-Tour CB アイアン
EPON AF-Tour CB アイアン

どちらも、かなり構えやすいです。


いい雰囲気があり、イメージがどんどん出てきます。


いい顔をしているのですが、どこか柔らかそうといいますか、ふんわりとしたものを感じました。


ナイスショットのイメージしか浮かんできませんでした。


気持ちもどんどん盛り上がってきました。




試打を開始しました。

フェース面
<左>EPON AF-Tour CB  <右>grindworks CB1-FORGED Cavity

『打感』はどちらもとても良いです。


軟鉄アイアンのグッドフィーリングを楽しむことができました。


優劣はつけられませんでした。



側面
『安定性』も同じような感じです。


どちらも『易しさ最優先』のアイアンではありませんが、そういうアイアンだからこそ味わえる扱いやすさといいますか、反応の良さを楽しめます。


何球打っても飽きがこないタイプです。



ヒール側
<左>EPON AF-Tour CB  <右>grindworks CB1-FORGED Cavity

『球のあがりやすさ』もほぼ同じでした。


ほんの少しだけエポンのほうがあがりやすいかな?と思いましたが、大きな差ではありませんでした。



EPON AF-Tour アイアン & grindworks CB1-FORGED Cavity Back アイアン
<左>EPON AF-Tour CB  <右>grindworks CB1-FORGED Cavity

『飛距離性能』も同じような感じで、優劣がありませんでした。


どちらもディスタンス系のアイアンではなく、『ナチュラル系』といいますか、アイアンが本来もっている『距離の打ち分け』『コントロール性』に長けたアイアンです。



EPON AF-Tour アイアン & grindworks CB1-FORGED Cavity Back アイアン
<左>EPON AF-Tour CB  <右>grindworks CB1-FORGED Cavity

『操作性』も同じような感じでした。


すごく反応がいいので、球を打っていても楽しいです。


今はアイアンもドライバーのように曲がりにくいタイプが多くなってきましたし、それだけニーズがあるのだと思います。


クラブの好みは多様化していますが、私はそういうオートマチック的なアイアンよりも、この2つのアイアンのようにマニュアルタイプのほうが好きです。


どちらも反応が良く、左右同じように対応してくれました。



EPON AF-Tour アイアン & grindworks CB1-FORGED Cavity Back アイアン
<左>EPON AF-Tour CB  <右>grindworks CB1-FORGED Cavity

エポンのアイアンが素晴らしいのは、私は身をもって体感しているのですが、このgrindworksのアイアンもすごくいいな・・・。と思いました。


あっと驚くような性能があるわけではないのですが、この『スタンダード感』といったらいいでしょうか?


いい意味で『予想の範囲内』であることがいいな・・・。と思いました。


カッコいいですし、フィーリングもすごくいいです。


バックフェースのデザインもオシャレだと思いました。


大手有名メーカーのように、周りにあまり使っている人がいないというのもプラスの材料といえるのかもしれません。


エポンのアイアンもいいな・・・。と思いましたが、このgrindworksの CB1-FORGED Cavity Back というアイアンは魅力的でした。


アイアン好きの私は購買意欲が刺激されてしまいました。


機会があれば、また何度でも試打して楽しみたいです。


今日は思わぬところで、いいクラブに出会い、その幸運に感謝しました。

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 EPON AF-Tour アイアン grindworks CB1-FORGED Cavity

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ