RODDIO マッスルバックアイアン

ゴルフクラブ試打日記TOP > RODDIO
> RODDIO マッスルバックアイアン
2015年03月22日

RODDIO マッスルバックアイアン

RODDIO マッスルバックアイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは RODDIO マッスルバックアイアン の7番 です。



ダイナミックゴールド
シャフトは
ダイナミックゴールド です。

ロフトは34度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはS200、キックポイントは手元調子 です。



正面
思わず見とれてしまった、ロッディオのアイアンです。


とても美しくて、ゴルフクラブというカテゴリーだけに収まりきらず、『工芸品』といった感じさえします。


ロッディオのアイアンは初めてですが、ドライバーと同様、美的センスが飛び抜けているな・・・。と思いました。



側面
輪郭がとてもシャープです。


昨年試打したウェッジを思い出しました。


この輪郭だけで、大きな個性だと思いました。


他のメーカーのアイアンで、ここまでの物はなかなか出会えません。


『大量生産』ではないだろう・・・。ということが、見ているだけで伝わってきます。



フラットバック構造
シンプルでありながら、存在感のある形状です。


今は機能性あふれるアイアンがとても多く、中にはゴチャゴチャした感じの物もありますが、このアイアンはとてもシンプルです。


しかし、このシンプルさが却って目を惹きます。


『易しさ』というものに全く妥協していないのは一目瞭然ですが、目にすると手にとってみたくなる魅力的なアイアンです。



バックフェースのデザイン
RODDIOの『R』のマークと、ミツバチが描かれていて、とてもオシャレです。


以前RODDIOのドライバーを試打したときに目にしたヘッドカバーにもミツバチが描かれていたので、イメージキャラクターのようなものかもしれません。


どういう意味があるのか解りませんが、とてもオシャレだと思いました。



ソール幅
ソール幅はノーマルです。


しかし、今のアイアンの中では狭いほうだと思いました。


ワイドソールや、異材コンポジットタイプを好まれる方には、やや敷居が高く感じられるかもしれません。


こうして見ても、このアイアンの『一体感』といいますか、『削り出し感』がすごいな・・・。と思いました。


色々なパーツを付け合わせた感じはしません。



ネック長さ
ネックは思っていたよりは短めでした。


もっとロングネックを予想していたので、意外でした。


しかし、こういったところは、今のアイアンらしいのかな?と思いました。


昔はマッスルバックにはロングネックがセットのようになっていましたが、今は多様化が進んでいます。



ミーリング無し
フェース面にミーリングは見られませんでした。


しかし、こうして見ていても、とてもシャープでエッジが利いているのが分かります。


大量生産タイプの『つるつる感』ではなく、何ともいえない『ザラザラ感』のようなものがあります。


使い込んでいけば、間違いなくカッコ良さが増していくタイプのアイアンです。


『使い減り』するタイプではなく、使い込んでいけばいくほど新たな魅力が増していくタイプです。


私はそれほど頻繁にクラブを替えるほうではないので、大好きです。



バックフェースの細かな溝
フェース面にミーリングは無かったのですが、バックフェースには細かな線がいくつもありました。


『フェース面の代わり』ということではないと思うのですが、すごく丁寧に造られているな・・・。と思いました。


性能的には、おそらく何の意味もないと思うのですが、このように細かなところまで配慮されているクラブはとても魅力的です。


『雑』な感じは全くしませんでした。



リーディングエッジ
リーディングエッジは微妙に削られていました。


ただ『美』にこだわるのではなく、『使い勝手の良さ』にも配慮されているようです。


抜けも良さそうです。



トップライン
トップラインの厚さはノーマルだと思いました。


ちょうどいい厚さです。


今は丸っこいものが圧倒的に多いですが、この部分でも、このアイアンのシャープさが際立っています。



構え感
構えやすいです。


変なクセはありませんでした。


この構えやすさは、ある程度予想していました。


やはりシビアなマッスルバックは『構えやすさが命』といったところがあると思います。


構えづらいと、難易度はぐっと上がってしまいます。


ただ、やや面長な感じがしました。


私の好みでいえば、もう少し小顔がいいのですが、これくらいの面長な感じがあっても、全く問題ないと思いました。


マッスルバックということを忘れさせる顔をしているな・・・。と思いました。


普通のキャビティアイアンを構えているような感覚をもちました。


セミグースタイプです。


面長感があるせいか、ややオートマチックタイプに見えました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで、とても良いです。


フェースに乗せやすいです。



RODDIO マッスルバックアイアン
この『乗っかりの良さ』があるから、今でもマッスルバックの人気が衰えないのではないでしょうか?


乗っかりがいいからコントロールが利きやすいですし、イメージしたラインを描いていけます。


球離れが速く、弾きの強いアイアンでは、このような感じにはなりません。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、普通といいますか、『自然なあがりやすさ』だと思いました。


機能性を感じさせる上がりやすさではなく、あくまでも『自然』な感じがしました。


『易しさ』を感じさせるあがりやすさではないので、好みが分かれるかもしれません。



バックフェース
『安定性』という点では、正直なタイプだと思いました。


見た目通りの性能でした。


アイアンに、ミスヒットに対する寛容さを求めておられる方には合いづらいところがあるかもしれません。


イージー系のアイアンではありません。


そういった点でいえば、敷居の高いアイアンといえるのかもしれません。



飛距離性能
『飛距離性能』もノーマルです。


飛ぶタイプのアイアンではありません。


縦の距離感をきっちりと測って打っていけるタイプのアイアンです。


少しでも遠くに飛ばしたい・・・。と、飛びにこだわっておられる方には、合いづらいかもしれません。



操作性
『操作性』は、とてもいいです。


左右どちらにも易しく曲げることができました。


『オートマチックタイプ』ではなく、完全に『マニュアルタイプ』です。


『固定』でなく、『自在』といった言葉が似合うアイアンです。



ヒール側
今はアイアンにも、様々なハイテクが搭載されていて、人気があります。


『機能性アイアン』が多くなりました。


しかし、このアイアンは違います。


すごくシンプルで、易しさというものを全く求めていないように思います。



ロッディオ マッスルバックアイアン
しかし、『見た目もまた機能』だと思いました。


この美しさが、違った機能性を引き出しているように思いました。


それは物理的なことではなく、あくまでも感覚的なことなのですが・・・。



ロッディオ マッスルバックアイアン
これだけ美しいと、いつも以上に一球一球を大切に噛みしめるように打つようになります。


一球の効果や密度の濃さが違います。



ロッディオ マッスルバックアイアン
もちろんイージー系のアイアンを打つときでも、一球を無駄にして打つことはありませんが、今日はいつも以上に気持ちが入っていたような気がします。


このアイアンと共に、今いる『自分の打席』『自分の空間』を楽しめたように思います。



ロッディオ マッスルバックアイアン
昔は、このように『易しさ』を深く追求していなかったり、多くのプレイヤーのニーズにそれほど応えていなかったりするアイアンがたくさんありました。


しかし、今は多くのメーカーが、プレイヤーのニーズに応えるクラブを造っています。


そういった意味でいえば、このアイアンは古風といえるのかもしれません。


最低限度のものは搭載してあるから、あとはプレイヤーが使いこなして欲しい・・・。というメーカーの思いがあるような気がしました。



ロッディオ マッスルバックアイアン
マッスルバックアイアンなので、おそらく『数量限定』なのだろう・・・。と思っていたのですが、やはりその通りでした。


それがちょっと残念ではありましたが、仕方のないことかもしれません。


アイアンにイージーさを求めておられる方の為のアイアンではなく、『造形美』を求めておられる方に人気があるのではないかな?と思いました。


コースや練習場で使うのもいいですが、家に飾って『目の保養』にするのもいいだろうな・・・。と思いました。


また試打する機会があれば、是非試打してみたいと思いました。

RODDIO ヘッドカバー

FIDRA ヘッドカバー

FIDRA ゴルフグローブ

FIDRA キャップ

関連記事

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション ロッディオ RODDIO マッスルバックアイアン

コメント

かっこいいですね

ロッディオのマイスターC、いいですね。
ほしいのですが、ヘッドのみで3万円
それにシャフトを組み合わせつと…
でも、一度は所有して、ラウンドしたいですね。

勉強になりました

たん蔵様。こんばんは。golfdaisukiです。
いつもありがとうございます。

そうですか、このアイアンはマイスターCというのですか。
知りませんでした。勉強になりました。

そして、ヘッドだけで3万円ということで驚きました。
私には手が届かないアイアンだな・・・。と思いました。

しかし、何ともいえない魅力があるのも確かですね。

これからもよろしくお願いします。
それでは失礼いたします。

いいですね

いつも楽しく見させて頂いております。

実物を見る機会がありました。
これはいいなぁって感じで、目の保養になりました。
工房の方の話では、三浦技研製とのことです。
重量が完璧とお話しされていました。

いつからはこういうクラブを使いこなしたいですね。

勉強になりました!

としさん様。こんばんは。golfdaisukiです。
いつもありがとうございます。

このアイアンはいいですね。
そうですか、三浦技研製なのですか。

知りませんでした。
とても勉強になりました。
やはり三浦技研はいいアイアンを作りますね。

これからもよろしくお願いします。
それでは失礼いたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ オンワード・クローゼット MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ