キャロウェイ APEX PRO アイアン

ゴルフクラブ試打日記TOP > キャロウェイ
> キャロウェイ APEX PRO アイアン
2015年11月16日

キャロウェイ APEX PRO アイアン

キャロウェイ APEX PRO アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャロウェイ APEX PRO アイアン の7番 です。



ダイナミックゴールド

シャフトは
ダイナミックゴールド です。

ロフトは34度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS200 です。



正面

キャロウェイ APEXシリーズの新しいアイアンです。


APEXのアイアンといえば、私は昨年試打したモデルを思い出します。


このアイアンも前のモデル同様、軟鉄がベースになっているようです。



側面

軟鉄タイプでありながら、かなり機能性も感じさせるデザインになっています。


打ちやすくなるように、色々な工夫がされているのでしょうか?


メカニカルな印象のアイアンです。


同じ海外メーカーのアイアンでも、タイトリストはシンプルでカッコいいですが、キャロウェイは機能性を重視したモデルが多い印象があります。


キャロウェイのアイアンは昔、かなり苦手にしていたのですが、『X フォージド』というアイアンに出会って以来、すごく親しみをもつようになりました。



彫りの深さ

彫りの深さも、結構あります。


不格好で構えづらくなってしまうと魅力が半減してしまいますが、これくらいで抑えられていれば、おそらく構えづらくはないだろう・・・。と思いました。



ソール幅

ソール幅は標準的です。


トゥからヒールにかけて、大きな丸みがありました。


キャロウェイのアイアンらしい感じがします。


タイトリストはもっと直線的でシャープな印象がありますが、これもメーカーによる『特色の違い』といえるのではないでしょうか?


人によって、好みが分かれると思います。



ネック長さ

ネックは平均的な長さだと思いました。


よく見かけます。



91

ホーゼルに『91』となっていたので、どんな意味があるんだろう?と思っていたのですが、よく見てみると『’』があったので、逆さにして『’16』なのだということが分かりました。


つまり『2016年モデル』ということでいいのだと思います。


4年に一度のオリンピックイヤーです。



ミーリング無し

フェース面にミーリングはありませんでした。


普通のフェース面です。



オリジナルグリップ

このベルベットタイプのオリジナルグリップがとてもいいです。


すごくソフトで、このしっとりとした感じがたまりません。


このアイアンに対する親近感が増してきました。



構え感

ボールを前にして構えた感じは、まずまずでした。


グースが少し利いていましたが、苦手意識が芽生えるほどではありませんでした。


私はもう少しグースが弱いほうが好きなのですが、このようなタイプはよく見かけますし、一番支持されているのではないでしょうか?


つかまりが良さそうな顔をしています。


何となく『ドライな気分』で見つめていました。




試打を開始しました。

フェース面

『打感』は、なかなかだな・・・。と思いました。


ソフトな感じもしますが、どちらかといえば『人工的な柔らかさ』といった印象をもちました。


ピュアでシンプルな軟鉄アイアンが『自然な柔らかさ』だとしたら、このアイアンは様々な工夫が組み込まれた『機能的』といいますか『人工的』な柔らかさだと思いました。


『深み』はあまり感じないものの、『当たりの柔らかさ』のようなものがあるな・・・。と思いました。


『そつなく無難な感じ』といったらいいでしょうか?



トゥ側

『球のあがりやすさ』は、いい感じでした。


タフなタイプではありません。


バックフェースの工夫が、よく効いているのだと思います。


打つ前は、もう少し抑えめな弾道を予想していたのですが、それよりも高くあがっていきました。


上から落としていくイメージが出せました。



バックフェース

『安定性』は、まずまずでした。


難しいタイプではないと思いました。


名前に『PRO』という文字が入っていますし、形状などから見て、おそらく『アスリートモデル』という位置づけのアイアンだと思うのですが敷居は高くなく、親しみやすい印象をもちました。


こういったところは他のメーカーも含め、今の傾向といえると思います。


シビアな感じは全くしませんでした。



飛距離性能

『飛距離性能』は、まずまずでした。


今のアイアンの中では、それほど飛距離を追求したタイプではないと思いますが、キャリーもしっかり稼ぐことができましたし、『予想の範囲内』での飛びが期待できるアイアンだな・・・。と思いました。


飛距離を追求しておられる方には、やや物足りないところがあるかもしれません。



操作性

『操作性』は、いい感じでした。


バックフェースの形状などから、オートマチック系かな?と思っていたのですが、結構素直に反応してくれました。


左右にも同じように曲げていくことができました。


見た目以上に扱いやすいアイアンだと思いました。



ヒール側

APEXシリーズは、これからもどんどんニューモデルが登場してくるのでしょうか?


キャロウェイは、色々な名前のクラブが出るので、よく分かりません。



キャロウェイ APEX PRO アイアン

このアイアンはなかなかいい感じだな・・・。と思いましたが、打感や顔などの印象から、私は昨年試打したモデルのほうが好きです。


もし機会があれば同時に打ち比べてみたいと思いますが、おそらく印象は変わらないように思います。


ただグリップは圧倒的に、このアイアンのほうが好きです。



Callaway APEX PRO アイアン

これからのモデルにも期待していきたいと思いました。

Callaway Tour Shoe Case 15JM

Callaway Force Shoe Case 15 JM

Callaway Sport Shoe Case 15 JM

Callaway Sport Travel Cover 15 JM

Callaway Sport Club Case 15 JM

Callaway All Weather Case 15 JM

関連記事

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション Callaway キャロウェイ APEX PRO アイアン

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記
テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ