マルマン MAJESTY ROYAL BLACK UTILITY FAIRWAY WOOD&UTILITY

ゴルフクラブ試打日記TOP > マルマン
> マルマン MAJESTY ROYAL BLACK UTILITY FAIRWAY WOOD&UTILITY
2016年04月05日

マルマン MAJESTY ROYAL BLACK UTILITY FAIRWAY WOOD&UTILITY

マルマン MAJESTY ROYAL BLACK UTILITY FAIRWAY WOOD&UTILITY
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは マルマン MAJESTY ROYAL BLACK UTILITY FAIRWAY WOOD&UTILITY のU5 です。



MAJESTY LV510 for U
シャフトは MAJESTY LV510 for Uです。

ロフトは23度、クラブ長さは39インチ、シャフトフレックスはR2、シャフト重量は44g、トルクは4.6、バランスはD0、クラブ総重量は327g です。



正面
とても綺麗なマルマンのユーティリティです。


マルマンらしい高級感があります。


MAJESTYなので、かなり高価で敷居が高そうだな・・・。と思ったのですが、せっかく手にすることができたので、試打してみることにしました。



側面
形状的にはオーソドックスなユーティリティという感じがします。


最近はシャロータイプのユーティリティも多いですが、このクラブは適度な厚みもあります。


ゴチャゴチャしていなくてシンプルな分、高級感が増しています。


シンプルなのは、それだけメーカーが自信を持っているということではないでしょうか?



アクセサリー
バックフェース近くに美しいアクセサリーがありました。


この位置にあるということはウェイトでしょうか?



ネック長さ
ネックの長さはしっかりあります。



セミディープ
セミディープバック形状といっていいでしょうか?


最近のユーティリティの中では、結構厚みのあるほうだと思います。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップは、なかなかいい感じです。


マルマンのクラブを試打するときに、よく出会います。


これが『純正グリップ』なのでしょうか?


場所によって、パターンが違っているのが面白いと思いました。


最近は、このようなグリップが増えてきています。



綺麗なフェース面
マジェスティらしく高級感があり、とても美しいフェース面です。


スコアラインだけでなく、フェース中央にあるマジェスティのマークや、細かい線が描かれていました。


メーカーの、美に対するこだわりが感じられます。



顔
ユーティリティとしては、オーソドックスな顔をしています。


よく見られる顔です。


オフセットタイプで、ややつかまえ顔です。


私が好む顔とはちょっと違うのですが、これまでもたくさん経験していますし、苦手意識などは芽生えませんでした。



振り感
素振りをしてみると、かなり軽く感じました。


今のユーティリティの中でも、軽量タイプに入るような気がします。


できればもうちょっとしっかりした感じが欲しかったのですが、これがマジェスティらしいところかもしれない・・・。と思いました。


この軽量感に親しみをもたれる方も多いと思います。



構え感
ボールを前にして構えた感じは、まずまずでした。


オフセットになっていて、やや出っ歯なタイプです。


あまりイメージは出せないのですが、たくさん出会ってきたので、その経験を活かして打っていこう・・・。と思いました。


こういったタイプが多いということは、それだけメリットがあるからだと思います。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』はソフトで、とても良いと思いました。



打球音
『音』は大きすぎない、小気味いい感じの金属音でした。


好感がもてます。



トゥ側
球はあがりやすいです。


タフな感じは全くしませんでした。


マジェスティらしい、高級感と敷居の低さの両立ができているな・・・。と思いました。



バックフェース
『安定性』という点では、なかなかいい感じでしたが、ちょっとつかまり感が強いな・・・。と思いました。


私はフッカーなので、少し気になりましたが、これくらいが今の標準といえるのかもしれません。


逃がしやすいタイプのUTのほうが、今は少ないような気もします。



飛距離性能
『飛距離性能』は、まずまずだと思いました。


それほどよく飛ぶという感じはしませんでした。


平均的な飛びという感じでした。


ただ、それはこのUTが飛ばないというのではなく、今はハイレベルなUTが多いので、それほど目立たないということです。


今のハイレベルなUTと肩を並べる性能は充分持ち合わせていると思います。



操作性
『操作性』も、まずまずでした。


私はフック系のほうが打ちやすく感じましたが、スライスも打つことができました。


軽量タイプですし、あまり細工をしたいとは思えませんでした。


細工をせずに、なるべく無難に打っていきたいタイプのUTだと思います。



ヒール側
マルマンらしい、高級感があり、親しみやすいタイプのユーティリティです。


全てが上手くまとまっているな・・・。と思いました。



MARUMAN MAJESTY ROYAL BLACK UTILITY FAIRWAY WOOD&UTILITY
マジェスティは、かなり高価なイメージがあるので、試打するときは普段よりちょっと緊張してしまうのですが、性能的にはとても親しみやすいと思いました。


これからもマジェスティのクラブに注目していきたいです。








MARUMAN MAJESTY ROYAL BLACK UTILITY FAIRWAY WOOD&UTILITY

MARUMAN MAJESTY PUTTER MJ-142P

MARUMAN MAJESTY PUTTER MJ-143M

MARUMAN MAJESTY PUTTER SPI-3

MARUMAN MAJESTY PUTTER 101P

MARUMAN MAJESTY PUTTER 102LM

関連記事

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション マルマン MARUMAN MAJESTY ROYAL BLACK UTILITY

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ