プロギア RS FORGED アイアン

ゴルフクラブ試打日記TOP > プロギア
> プロギア RS FORGED アイアン
2016年07月20日

プロギア RS FORGED アイアン

プロギア RS FORGED アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブプロギア RS FORGED アイアン の7番です。



N.S.PRO
シャフトは N.S.PRO です。

ロフトは32度、クラブ長さは36.75インチ、シャフトフレックスはM-43 S、シャフト重量は94g、トルクは1.9、バランスはD1、クラブ総重量は420gです。



正面
PRGRのニューアイアンです。


ニューモデルが登場するのを、ずっと待っていました。


PRGRは、いつも気になっているメーカーのひとつです。


これまでPRGRのクラブを愛用してきて、いい思い出がたくさんあるということもありますし、PRGRは『意味のあるクラブ造り』をしているという印象があるからです。


私の中でのメーカーの『信頼度』や『貢献度』というものがあるのですが、プロギアはとても高いです。


プロギアのクラブは優れた物が多いですし、PRGRによってクラブが進化していったのは事実だと思います。


『先進性』をもったメーカーだと思います。


時代を造ったところもあると思います。



側面
形状はオーソドックスな感じです。


最初、マッスルバックかな?と思いましたが、少し膨らんでいるように見えたので、中空かな?と思いました。


これまでたくさん中空タイプのアイアンやユーティリティを試打してきているので、それと似た雰囲気がありました。



彫りの深さ
彫りは浅く、マッスルバックのような形状ですが、こうして見てもやはり『中空感』がありました。


アイアンの形状をキープしながら、ユーティリティのようなあがりやすさを追求しているのかな?と思いました。



ソール幅
ソール幅は少し広く見えましたが、今ではノーマルといえるのかもしれません。


トゥからヒールにかけて微妙にカーブしているので、包み込むイメージが出せるのではないかな?と思いました。



リーディングエッジ
リーディングエッジには削りが入っていました。



トレーリングエッジ
トレーリングエッジは、それ以上に削りが目立っていました。


最近は、こういうタイプのアイアンが増えてきました。


今のトレンドは『抜けの良さ』でしょうか?


多くのメーカーの共通点といっていいと思います。


昔のアイアンには見られなかった工夫です。



ネック長さ
ネックは、やや短めでした。


もっと長いと予想していたのですが、そうではありませんでした。


低重心を感じさせます。



ミーリング無し
フェース面にミーリングはありませんでした。


ノーマルなフェース面です。



トップライン
トップラインは、やや厚めでしたが、目立つほどではなく、適度な範囲に収まっています。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップは、なかなかいい感じです。


最近は色々なパターンのグリップが増えてきていますが、このグリップはシンプルです。



構え感
ボールを前にして構えてみると、なかなかいい感じでした。


整った形ですが、それほどシャープさはなく、むしろマイルドな感じの構え感でした。


グースがきついのかな?と思っていたのですが、そうではありませんでした。


逃がすイメージも出しやすいです。


小顔というタイプではないですが、大顔ではないので、ボールとの大きさの相性もいいと思いました。


リラックスして構えることができました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、なかなかいい感じでした。


適度なソフト感がありました。


しかし、実際に球を打ってみて、やはり中空ではないかな?と思いました。


『無垢』といいますか、中味がギュッと詰まってはいないように感じられました。


マッスルバックやハーフキャビティの『詰まったフィーリング』とは、ちょっと違うな・・・。と思いました。


『厚みで押していける』タイプではないと思いました。


これまでの経験から、そのように感じました。


何といったらいいでしょうか?


独特の『振動数』だな・・・。と思いました。


『フェースの振動数』を感じました。


普通、振動数というと、シャフトの硬さを表す目安となるものですが、ヘッド(フェース)にもインパクトの時の振動数があると思っています。


マッスルバックやハーフキャビティのような厚みのあるアイアンだと、その振動の幅が小さいといいますか、きめ細かくて速い感じがします。


対して、薄いタイプのアイアンはペチャッとした打感が多いですし、振動といいますか、揺れの幅が大きいように感じることがあります。


このアイアンは、それに近い打感でした。


それはあくまでも私の感覚的なことに過ぎないのですが・・・。


最初に予想していた打感とは違いますが、好感がもてました。



トゥ側
『球のあがりやすさ』は、なかなかいい感じでした。


見た目より、あがりやすいアイアンだな・・・。と思いました。


こういったところが、プロギアのクラブのいいところだと思います。


見た目の良さを維持しつつも、易しさも兼ね備えているという感じがしました。



バックフェース
『安定性』という点では、どちらかといえば正直なタイプだと思います。


寛容さは、それほど大きくないと思いました。


見た目の印象と、ある程度同じでした。



飛距離性能
『飛距離性能』は、それほど飛びを求めているタイプではないと思いました。


標準的という感じがしますが、今は飛び系アイアンが多いので、飛ばないほうといえるのかもしれません。


アスリートモデルらしい見た目ですが、その見た目通りの飛距離性能だと思いました。


『飛びすぎない易しさ』といったらいいでしょうか?


まとめやすい感じがしました。



操作性
『操作性』は良いです。


左右に、いい感じで対応してくれました。


クセのようなものは無く、ニュートラルな印象をもちました。



ヒール側
カッコ良さと易しさのバランスが取れているアイアンだと思いました。


球もあがりやすく、タフな印象はありませんでした。



PRGR RS FORGED アイアン
試打しながらずっと、『アイアン9割・ユーティリティ1割』という印象をもっていました。


そういった意味での『ハイブリッド』的なところを感じました。



PRGR RS FORGED アイアン
もちろん、実際はアイアンの要素が圧倒的に強いのですが、そう感じるくらい、このアイアンが見た目以上に易しく仕上がっていると思いました。


マッスルバックのような外見でありながら難しすぎず、親しみやすさも兼ね備えていると思いました。



PRGR RS FORGED アイアン
PRGRは同時に複数のモデルを発表してくるので、他のクラブもどのようなタイプなのか、とても楽しみです。


見とれてしまうようなマッスルバックやハーフキャビティも登場するのでしょうか?



PRGR RS FORGED アイアン
プロギアは、アイアンよりはドライバーやFW・UTが得意という印象がありますが、このアイアンはカッコ良さと易しさのバランスが取れているのでいいな・・・。と思いました。


見た目は難しそうに見えるかもしれませんが、実際は易しさも充分兼ね備えているので、敬遠すべきアイアンではないと思いました。



PRGR RS FORGED アイアン
フルキャビティやポケットタイプのアイアンではなく、マッスルバックやハーフキャビティのような外観の美しさをもちながら、神経質なタイプではなく、大らかさも持っていて欲しい・・・。という方には、是非試していただきたいと思いました。


見た目の印象以上に易しいな・・・。と感じられる方も、結構いらっしゃるのではないでしょうか?



PRGR RS FORGED アイアン
シンプルな外見ですが、見えないところにメーカーの様々な工夫がされているのだと思います。


こういった細かいところまで技術が行き届いているのも、日本メーカーの特長だと思いました。


今年もプロギアから、いいクラブがたくさん出てくるような予感がしました。


このアイアンは好感がもてたので、また何度でも試打してみたいです。



















プロギア RS FORGED アイアン

関連記事

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション PRGR プロギア RS FORGED アイアン

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ オンワード・クローゼット MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ