ダンロップ スリクソン Z565 アイアン

ゴルフクラブ試打日記TOP > ダンロップ
> ダンロップ スリクソン Z565 アイアン
2016年08月09日

ダンロップ スリクソン Z565 アイアン

ダンロップ スリクソン Z565 アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
ダンロップ スリクソン Z565 アイアン の7番 です。



N.S.PRO 980GH D.S.T.
シャフトは N.S.PRO 980GH D.S.T. です。

ロフトは31度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は99g、トルクは2.4、バランスはD2、キックポイントは中手元調子 です。



正面
2年振りになるスリクソンのニューモデルです。


今年は2年に1度のスリクソンのニューモデルに出会える年なので、ずっと楽しみにしていました。


来年はゼクシオのニューモデルに出会えると思います。



側面
オーソドックスなタイプのポケキャビです。


スリクソンは三兄弟になっていて、この500番台が一番易しいモデルだと思います。


前のモデルも好感がもてましたが、このモデルもいい感じがします。



彫りの深さ
彫りの深さは充分あって、特に変わったところは見られません。



ソール幅
ソール幅は、やや広めですが、極端に広いという感じはしません。


今のアイアンの中では標準的なほうだと思います。



リーディングエッジ
リーディングエッジが大きく削られているのが分かりました。


前のモデルもそうでしたが、よく目立っています。


かなり抜けが良さそうです。


ここまで大きく削られているのは、あまり見ません。



ネック長さ
ネックの長さは、今のアイアンの中でも普通といっていいと思います。


なかなかいい雰囲気があります。



ミーリングあり
フェース面にはミーリングがありました。


スリクソンのアイアンなので、予想していました。


クリーブランドのウェッジを思い出させるミーリングでした。


パッと見ただけでミーリングがあるのが分かりましたが、構えたときに邪魔にならないだろう・・・。と思いました。



トップライン
トップラインは少し厚く見えましたが、気になるほどではありませんでした。


薄いと不安に感じられる方もいらっしゃると思いますし、そういった点では、いい『さじ加減』ができているといえるのかもしれません。



オリジナルグリップ
このオリジナルグリップはとても良いです。


私が大好きなベルベットタイプです。


このしっとりとしたフィーリングがたまりません。


繊細さ・そして微妙なフィーリングを出していくには最適のグリップだと思います。


今はグリップも色々なパターンがありますが、このグリップはとてもシンプルです。



構え感
ボールを前にして構えてみると、とてもいい印象をもちました。


小顔ということはないですが、精悍さがあり整った顔をしています。


これまで出会ってきた数多くのポケキャビとは一線を画す男前だと思いました。


マッスルバックやハーフキャビティとも充分渡り合っていける顔をしているな・・・。と思いました。


大味な感じが全く無いです。


グースは多少効いていますが、きつすぎず、普通に構えることができました。


とても易しそうな印象を与えてくれました。


リラックスできましたし、いいイメージを描くことができました。


前のモデルも良かったですが、男前度が少しアップしたように感じました。




試打を開始しました。

フェース面
打感は、なかなかいい感じでした。


中空のようなペチャっとした感じがあったのですが、適度にソフトさもあって、好感がもてました。


『乗っかり感』よりは『弾き感』がありました。


ディスタンス系アイアンの特徴といっていいと思います。



トゥ側
球はあがりやすくて親しみやすい感じがします。


スリクソンの名に相応しいカッコいいアイアンですが、ハードなタイプではありません。


球を拾いやすくて、充分浮いてくれます。


キャリーをしっかり出していけるタイプです。



バックフェース
『安定性』も、高いと思いました。


ポケキャビ特有のブレにくさといったらいいでしょうか?


セミオートマチックタイプだと思いました。



飛距離性能
『飛距離性能』も、なかなか優れているな・・・。と思いました。


今のアイアンに求められている飛距離性能を、このアイアンは持っていると思いました。


バーンと弾く感じがありますし、弾道も強いです。


高弾道で攻めていけるタイプだと思いました。



操作性
『操作性』は、まずまずでした。


どちらかといえばオートマチック性のほうが勝っているように感じたのですが、左右へも対応してくれました。


変なクセは無く、ニュートラルな印象をもちました。



ヒール側
構えやすさと易しさの両立ができているアイアンです。


構えたときにはマッスルバックのような構えやすさがありながら、実際はポケキャビの特長でもある易しさが充分感じられました。



DUNLOP SRIXON Z545 アイアン
見た目との、いい意味でのギャップがあるアイアンです。



DUNLOP SRIXON Z545 アイアン
他にも色々な機能が組み込まれているようですが、ゴチャゴチャしていないのがいいと思いました。



DUNLOP SRIXON Z545 アイアン
スリクソンらしい、機能性とカッコ良さのバランスがとれているアイアンです。


スリクソンはカッコいいけど難しそう・・・。と敬遠しておられる方にも、是非試していただきたいと思いました。

























ダンロップ スリクソン Z565 アイアン

関連記事

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション ダンロップ スリクソン Z565 アイアン

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ オンワード・クローゼット MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ