ダンロップ NEW ゼクシオ フォージド アイアン

ゴルフクラブ試打日記TOP > ダンロップ
> ダンロップ NEW ゼクシオ フォージド アイアン
2016年12月06日

ダンロップ NEW ゼクシオ フォージド アイアン

ダンロップ NEW ゼクシオ フォージド アイアン
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
ダンロップ NEW ゼクシオ フォージド アイアン の7番 です。



N.S.PRO 930GH DST
シャフトは N.S.PRO 930GH DST です。

ロフトは30度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS、シャフト重量は93g、トルクは2.7、バランスはD2、キックポイントは中調子 です。



正面
ゼクシオの新しいフォージドアイアンです。


ダンロップでは、今年はスリクソンのニューモデルが発表されましたが、同じ年にゼクシオフォージドも発表されるイメージがあります。


ゼクシオ7や8・9などとは違うフォージドモデルですが、私はいい印象をもっています。


私の中では、こちらのほうが、存在感が大きいです。



側面
オーソドックスなポケットキャビティです。


ヘッドは大きすぎず、いい感じです。


それほどシャープな感じはしませんが、これがゼクシオの特徴といえるでしょうか?



彫りの深さ
彫りは深いです。


かなりオートマチックな印象を受けます。



トップライン
トップラインはほんの少し厚く見えましたが、問題ない範囲内でした。


これくらいであれば、イメージも出やすいだろうな・・・。と思いました。



ソール幅
ソール幅は平均的な感じです。


それほどワイドだとは思いませんでした。


こういったところは、フォージドモデルの特徴のように思います。



リーディングエッジ
リーディングエッジが大きく削られていて、ソール全体を『二分』しているかのようです。


今年出会ったスリクソンのアイアンも、同じようなソール形状でした。


ブランドは違っていても、同じメーカーによる統一ができています。


ここまではっきり削りが入っているということは、それだけ効果が大きいのだと思います。


このソール形状は、メーカーによって大きな違いが見られます。



ネック長さ
ネックは、やや短めでした。


細いというよりは、太めで重心の低さを感じさせます。



バックフェースのアクセサリー
バックフェースには、アクセサリーのような物が見られました。


これは打感を良くする為のものでしょうか?



ミーリング無し
フェース面にミーリングは見られませんでした。


ゼクシオらしい、綺麗なフェース面です。



オリジナルグリップ
オリジナルグリップは、いい感じでした。


ラバータイプらしいソフトなフィーリングです。


『機能性グリップ』といったらいいでしょうか?


場所によってグリップのパターンが違っています。


素手で握る右手と、グローブをはめて握る左手の違いを、このグリップが表していました。


こうすることで、どのような効果が得られるのでしょうか?


どれくらいスコアに影響するのか分かりませんが、いいものはどんどん取り入れて欲しいと思っています。



振り感
素振りをしてみると、ゼクシオらしい軽量感がありましたが、これまでもたくさん経験していますし、これくらいであれば『想定内』といったところです。


タイミングもすぐに合いました。


いきなりフルスイングするのではなく、最初は小さめで少しずつ大きくしていこうと思いました。



構え感
ボールを前にして構えてみても、好感がもてました。


グースの効きも強すぎず、クセのある顔ではありませんでした。


オーソドックスなタイプです。


フォージドモデルらしい美顔といったらいいでしょうか?


親しみやすさを感じました。


球がつかまりやすそうだな・・・。と思いました。


それは『グースの度合い』によるものではなく、『シャフトの挿し方』によるものです。


結構左から挿しているように見えました。


私はもう少し右からのほうがいいですが、これは好みが分かれると思います。


プル角が効いているように見えました。


グースのきついタイプは苦手だけど、つかまるイメージが欲しい。右へのイメージを消したい・・・。という方には易しく感じやすいのではないでしょうか?


ターゲットに対してトップラインを合わせていきたい方にも、構えやすさがあるかもしれません。


私はリーディングエッジを合わせるタイプでして、スクエアか少し開き気味に構えたいほうです。


なので、このアイアンは少しつかまりそうでしたが、左がすごく怖いというほどではありませんでした。


何とか対処できそうだな・・・。と思いました。


『つかまえ顔の男前』といったらいいでしょうか?




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は好感がもてました。


これまでのフォージドモデルらしいソフトなフィーリングでした。


ボヤけた感じではなく、結構しっかりとしていました。


『球の抵抗感』を感じることができました。


球持ちが良く、しっかり乗ってくれるというよりは、球離れの速い弾く感じの打感でした。



トゥ側
球はとてもあがりやすいです。


弾道も高いです。


タフな感じは全くしません。


敷居が低く、多くの方に支持されるのではないでしょうか?



バックフェース
ポケキャビらしい安定性の高さもありました。


シビアなところはあまり感じず、かなり大らかなタイプだと思いました。


フォージドアイアンといえば、『マニュアルタイプ』を想像しますが、このアイアンは、はっきりとした『オートマチックタイプ』です。



飛距離性能
『飛距離性能』も優れていました。


これまでのモデルと共通します。


前のモデルもよく飛ぶタイプだったので、このニューアイアンの飛びが、さらに進化したとは思いませんでしたが、高い飛距離性能をもっていました。


いつも思うことですが、自分がいったい何番のアイアンをもっているのか、分からなくなります。


『距離の番手ずらし』が、今は当たり前になってきました。



操作性
『操作性』という点では、大らかさのほうが勝ってしまうので、微妙なタッチは出しづらかったのですが、左右に曲げることもできました。


大らかさがありますが、『顔の良さ』が操作性につながったのかもしれません。


左右どちらかにクセがある感じはしなかったので、ドローヒッターの方もフェードヒッターの方にも合いやすいのではないでしょうか?



ヒール側
ダンロップのクラブは昔から好きですし馴染みがありますが、どちらかというとゼクシオよりはスリクソンのほうが手にする機会が多いように思います。


ゼクシオのニューモデルは一度試打して、それからあまり試打しないこともありますが、スリクソンは何度でも試打して楽しんでいます。


しかし、このゼクシオのフォージドモデルは好感がもてます。



ダンロップ NEW ゼクシオ フォージド アイアン
名前こそゼクシオとなっていますが、スリクソンとゼクシオのちょうど中間くらいに位置しているでしょうか?


どちらかといえばスリクソン寄りといえるかもしれません。



DULOP NEW XXIO FORGED IRON
大らかさのあるスリクソンといえばいいでしょうか?


もともと高い性能を誇るダンロップのクラブなので、あまりブランドは意識しなくてもいいのかな?と思いました。



DULOP NEW XXIO FORGED
また何度でも試打したいですし、機会があればスリクソン Z565 アイアンと打ち比べてみたいと思いました。
























ダンロップ NEW ゼクシオ フォージド アイアン

ダンロップ ゼクシオ キャディバッグ GGC-X079

関連記事

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション ダンロップ NEW ゼクシオ フォージド アイアン

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記
テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ