FC2ブログ

ホンマ Be ZEAL 535 フェアウェイウッド

ゴルフクラブ試打日記TOP > ホンマ
> ホンマ Be ZEAL 535 フェアウェイウッド

2017年12月11日

ホンマ Be ZEAL 535 フェアウェイウッド

ホンマ Be ZEAL 535 フェアウェイウッド
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブホンマ Be ZEAL 535 フェアウェイウッド の5番です。



VIZARD for Be ZEAL 535
シャフトは VIZARD for Be ZEAL 535 です。

ロフトは18度、クラブ長さは42.5インチ、シャフトフレックスはSR、バランスはD1、キックポイントは先中調子、クラブ総重量は314g です。



正面
ホンマBe ZEALシリーズのフェアウェイウッドです。


ホンマらしい美しいデザインです。


先日試打したアイアンは赤が目立っていましたが、このフェアウェイウッドはブルーが印象的です。



側面
こうして見ていても、かなりシャローな感じがします。


ここまで薄さを感じるFWは、最近では珍しいです。


薄いタイプではありますが、何ともいえないシャープな形状で、しばらく見つめてしまいました。



ネック長さ
ネックの長さは標準的です。


調整機能は搭載されていませんでした。



MADE IN JAPAN SAKATA
ホンマのクラブには見られる『MADE IN JAPAN SAKATA』の文字が、好感度をさらに上げます。


きちんと製品管理されているんだろうな・・・。と思いました。


設計やデザインだけでなく、最終的な検品がとても大切ですが、メーカーによっては、その最終的なところが少し疎かに感じることがあります。


いわゆる『当たり外れ』があるように思います。


それは、ゴルファーならば誰もが知っている有名メーカーです。



ソールの溝
ソールのフェース寄りには溝がありました。


よく目立っています。


深さも結構ありました。


テーラーメイドのRBZが登場してから、この溝を多くのメーカーが採用してきているので、特別珍しい感じはしませんが、ついにホンマも採用したんだな・・・。と思いました。


多くのメーカーが採用しているのだから、高い効果が期待できると思うのですが、できればホンマが先陣を切って世に送り出して欲しかったな・・・。と思いました。


私が夢中になっていた頃のホンマは『唯一無二』といいますか、他のメーカーには無い独特なものがあり、そこが魅力的だったのですが、今は多くのメーカーと肩を並べているように思います。


昔のようなホンマの優位性を今は感じません。


しかし、それは他のメーカーのレベルも上がってきているともいえるのですが・・・。



GROOVE POWER AREA
溝には『GROOVE POWER AREA』の文字がありました。


やはり、大きな理由があるのだと思います。



ウェイトのような物
バックフェースの近くには、とても美しいアクセサリーがありました。


位置から、おそらくウェイトだと思うのですが、そう見せないように工夫されています。


こういった工夫は、これまでも見られました。



シャローヘッド
シャローバックタイプのFWです。


クリークということもありますが、かなり球があがりやすそうです。


ドライバーに限らず、今はディープなFWを探すのも難しくなりました。



顔
なかなかいい顔をしていました。


少しつかまえ系の顔に見えました。


このブルーが美しいです。


『ゼクシオブルー』を思い出しました。


メーカーは違えど、色が似てくるということは、それだけ色のバリエーションが限られているということなのかもしれません。


無難な色だと思いましたし、ブルーは集中力を高めてくれる色なので、クラブには適していると思います。



フェース面のデザイン
フェース面のデザインも美しくて好感がもてます。


丁寧さもあって、ホンマらしいな・・・。と思いました。


メーカーによっては、フェース面にあまり魅力を感じないものもあるのですが、このFWは好感がもてました。


打感も柔らかそうで、弾きも良さそうです。



オリジナルグリップ
装着されているグリップは、機能性の高いタイプです。


シンプルな模様ではなく、場所によって、色々とパターンが違っています。


グリップ力もあって、滑りにくいタイプです。


しっとりした感じは無いですが、しっかり振って強いインパクトを迎えられそうな感じがしました。



振り感
素振りをしてみた感じは、まずまずでした。


クリークにしては、かなり軽量タイプだと思いますが、このBe ZEALシリーズでは普通といえるでしょうか?


男性の方は勿論ですが、女性の方でも振りやすいと感じられる方はいらっしゃるのではないでしょうか?


最近は男性用のクラブを使っておられる女性の方も多くなってきました。


もちろん、シャフトなどを変えていることも多いですが、そのままで使っておられる方も普通に見かけます。


逆に、私たち男性ゴルファーが女性用のクラブを使うのは難しい面が多いように思います。



構え感
ボールを前にして構えてみると、なかなかいい感じでした。


少しつかまりそうな感じがしましたが、苦手意識のようなものは芽生えませんでした。


そのまま普通に打っていけそうな感じがしました。


シャロー感はありますが、形が崩れていないですし、ヘッドも大きすぎないので、イメージは出せました。


あまり振ってしまうと暴れる感じがしたので、まずはタイミングを重視してコンパクトに振っていくことにしました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、ややしっかりめでした。


外見の印象から、もっとソフトで軽めの打感を予想していたのですが、ちょっと違いました。


しかし、特に不満は無いですし、手に嫌な衝撃が残ることもありませんでした。



打球音
『音』は、はっきりしていますが、大きすぎず高すぎず、なかなかいい感じでした。


『聞き惚れる』音ではなかったのですが、不満はありませんでした。



トゥ側
球はとてもよくあがりました。


クリークということもあると思いますし、この形状なので、フェース面のどこでヒットしても球が浮いてしまう・・・。といった感じでした。


少々薄めにヒットしても、しっかりと上げてくれました。


かなりの低重心化が図られているのでしょうか?


直打ちの場合、FWはボールの手前から滑らせて打つ打ち方が求められますが、このFWはそれがとても自然にできました。


弾道はかなり高く、正直高過ぎだな・・・。と思えるほどだったのですが、パー5のセカンドなどでグリーンを直接狙うとき、この高さは武器になるし、勇気をもらえるような気がしました。


私のホームコースは砲台グリーンが多いせいか、どうしても上から落とすイメージが欲しくなります。


センスのいいデザインでカッコ良さもありますが、決してハードルが高いタイプではなく、幅広い層に対応しているFWであることは間違いありません。



バックフェース
『安定性』も高く、シビアさは全く感じませんでした。


寛容なところもあって、ラインも出しやすいです。


装着されているシャフトがマッチする方には、かなり心強い相棒になってくれるのではないでしょうか?


私は振りすぎてしまうと暴れる感じがしたので、タイミング重視でコンパクトに振っていくことを心がけました。



飛距離性能
『飛距離性能』は、普通だと思いました。


なかなかいい感じではありますが、特別秀でているとは思いませんでした。


しかし、それはこのFWの飛距離性能が劣っているというのではなく、今はそれだけ優秀なFWがたくさんあるということです。


レベルの『底上げ』が今はできていると思います。



操作性
『操作性』は、まずまずでした。


球はつかまりやすいですが、右にも曲げることができました。


もうちょっとしっかりしたスペックだったら、もっと遊べたような気もしたのですが、それは仕方ないことだと思いました。


寛容さのあるクラブですが、扱いづらさのようなものはありませんでした。



ヒール側
このクラブを初めて見たときから、美しいな・・・。と思っていました。


打つ前に目で楽しむことができました。


センスのいいデザインは、いい目の保養になります。



ホンマ Be ZEAL 535 フェアウェイウッド
基本性能もしっかりしていて、デザインに見劣りしません。


今は『ゴチャゴチャ系』のFWも見られますが、このクラブはシンプルなので、そこにも魅力を感じました。



ホンマ Be ZEAL 535 フェアウェイウッド
ホンマといえば、最後までパーシモンにこだわり続けたメーカーなので、あの頃からタイムスリップして今のクラブを見たら、きっと驚くだろうな・・・。と思いました。



ホンマ Be ZEAL 535 フェアウェイウッド
今のホンマは『契約プロの数』がおそらく一番多いと思いますし、来シーズンもTVでたくさんホンマのロゴが見られるのではないでしょうか?
















ホンマゴルフ BeZEAL 535 フェアウェイウッド

関連記事

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション HONMA ホンマ Be ZEAL 535 フェアウェイウッド

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記
プーマオンラインストア テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ
new balance プーマオンラインストア
ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
ウェッジ
キャディバッグ