jBEAM  FX BM-435 ドライバー & jBEAM  CRZ-435II ドライバー

ゴルフクラブ試打日記TOP > jBEAM
> jBEAM FX BM-435 ドライバー & jBEAM CRZ-435II ドライバー
2012年04月28日

jBEAM FX BM-435 ドライバー & jBEAM CRZ-435II ドライバー

jBEAM FX BM-435 ドライバー & jBEAM CRZ-435II ドライバー 
<左>CRZ-435II <右>FX BM-435

今日は、この2本のドライバーを試打しました。

試打クラブ
jBEAM FX BM-435 ドライバーjBEAM CRZ-435II ドライバー です。




CRAZY BLACK50

<上>Black CB-50(CRZ-435II)
<下>CB-50(FX BM-435)

シャフトはどちらも
CRAZY BLACK50 です。





<左>CRZ-435II のスペック

ロフトは10度、クラブ長さは45.25インチ、シャフトフレックスは7.4、シャフト重量は68g、トルクは3.3、キックポイントは中調子、クラブ総重量は322gです。





<右>FX BM-435 のスペック

ロフトは10度、クラブ長さは45.25インチ、シャフトフレックスは7.4、シャフト重量は66g、トルクは3.3、キックポイントは中調子、クラブ総重量は321gです。






正面

<左>CRZ-435II <右>FX BM-435

どちらもとても高性能なjBEAMのドライバーです。


特に私は前のモデルである、BM-435がすごく気に入っています。


以前、クレイジーのヘッドである、CRZ435とCRZ435IIを比較したのですが、今日はJBEAMモデルを試打する機会に恵まれました。



側面

<左>CRZ-435II <右>FX BM-435

色の違いこそあるものの、ヘッドの形状的には、全くといっていいほど同じです。


BM-435が、いかに優れたヘッドであるかが伺えます。



ネック長さ

<左>CRZ-435II <右>FX BM-435

ネックの長さも、ほぼ同じです。


どちらも試打したことのあるドライバーなので、その時のいい記憶がどんどん蘇ってきます。


性能的にもかなり近い、『マイナーチェンジ』といえるのだと思います。



ヒール側のウェイト

<左>CRZ-435II <右>FX BM-435

しかし、このウェイトの向きが一番の大きな違いです。


聞くところによると、ウェイトが斜めになったことでスイートエリアが広くなり、多少易しくなっているのだそうですが、それはあまり大きな違いではないような気がします。


普通に打つ限り、BM-435も、それほどシビア過ぎるドライバーではありません。



顔

<左>CRZ-435II <右>FX BM-435

『顔』は、どちらも丸っこくて、とてもいい印象です。


この顔を見慣れているせいか、とても安心できます。


初めて出会ったクラブならば、いったいどういった性能があるんだろう?と思うこともあるのですが、この2つのドライバーは顔を見ているだけで、既に弾道のイメージが出来上がっていました。



FX BM-435

FX BM-435

CRZ-435II

CRZ-435II

ボールを前にして構えてみても、やはりどちらも叩いていけそうな雰囲気が伝わってきます。


友人の話によると、JBEAMのドライバーも白いヘッドが登場したらしいので、今度機会があれば試打してみたいと思っています。


白いヘッドには『残像効果』の他にも、軽く見えるので速く振れるイメージが出しやすいという効果があるのだそうです。


私は白いヘッドも好きですが、やはりこういった『重量感』が感じられるヘッドのほうが飛ばせそうな印象があります。


ボールは同じでも、そのボールにエネルギーを与える素材が『白くて軽いプラスチック樹脂』のイメージか、『黒くてやや重さを感じさせる金属』のイメージの二種類があるとするならば、やはり後者のほうが大きいような気がします。


ただ、それが重すぎてスピードが上がらないのであれば、逆効果かもしれないのですが、実際のドライバーは重すぎることはないので、マイナスに感じることはありません。


『重さ』をマイナスに感じられる方もいらっしゃると思いますが、私はプラスに感じるほうです。


これまで、軽すぎるクラブを使って、距離が落ちたことを何度も経験しています。


『振りきれる範囲での重さ』が武器になることを私はこれまで何度も実感しています。


それと黒い色のほうが『ボールに当たり負け』しないイメージが持ちやすいです。


しかし、今の白いヘッドの『弾き性能』も高いですし、やはりプレイヤーによる『イメージ』や『好み』によるところが大きいのかもしれません。


今年はさらに色々なカラーのドライバーが登場してくるかもしれないのだそうですが、今からとても楽しみです。




試打を開始しました。

フェース面

<左>CRZ-435II <右>FX BM-435

『打感』は、どちらもいい感じですが、私はBM-435のほうがいいかな?と思いました。


しかし、CRZ-435IIのほうも、大きな不満はありません。



FX BM-435&CRZ-435II

<左>CRZ-435II <右>FX BM-435

『音』も、どちらも叩いていけるいい音ではありますが、CRZ-435IIは時々、変な音がしたので、やはりBM-435のほうが安心して聞いていける音だと思いました。



バックフェース

<左>CRZ-435II <右>FX BM-435

『安定性』という点では、少しCRZ-435IIのほうがイージーなのかもしれませんが、それほど大きな差ではないように思いました。


それほど極端にスイートエリアが広がったような印象は受けません。


ただ、BM-435が難しく感じられた方には、CRZ-435IIに親しみやすさを感じられるのかもしれません。



トゥ側

<左>CRZ-435II <右>FX BM-435

『球のあがりやすさ』という点では、あまり差がないように感じたのですが、敢えていうならばCRZ-435IIのほうが、少しあがりやすくなっているのかな?と思いました。


しかし、これもかなりの微差だと思います。



ヒール側

<左>CRZ-435II <右>FX BM-435

『飛距離性能』という点では、私はBM-435のほうが少しリードしているのではないかな?と思いました。


CRZ-435IIも優れてはいますが、前に進む力はBM-435のほうが強いのではないか?と思いました。


CRZ-435IIは易しくなった分、ほんの少し飛距離が犠牲になっているのでしょうか?


アイアンで例えると『マッスルバック』と『キャビティ』の違いかもしれません。


同じ『ロフト』『長さ』で、『真芯』を喰ったときは『マッスルバック』のほうがエネルギー効率が高いので、力強く飛んでいくのと同じような理屈ではないかな?と思いました。


しかし、最近のキャビティは、すごく易しくして『長さ』と『ストロングロフト』で飛ばしているので、マッスルバックのほうが飛ばない・・・。と感じられる方もいらっしゃるのかもしれません。


しかし、昔ながらのマッスルバックが『本来の飛距離』であり、今のアイアンの流れは、決してプラスばかりではないと思っています。


飛び過ぎるアイアンを使い続けていると、やがてプレイヤー自信のポテンシャルが下がってしまうのではないか?と思っています。


BM-435がとてもいいヘッドなので、これを凌駕する物を作ることはとても難しいと思います。


ニューモデルは、その前のモデルの『改良版』であることが多いと思いますが、今回のこの『新旧』2つのドライバーについては、『旧モデル』に軍配をあげたいと思いました。

クリーブランド CG Black Driver

フォーティーン RM-11 ノーメッキ黒染め仕上げ

PUMA 2012 Formation キャディバッグ

OGIO Chamber Cart Bag Limited Edition Chrome Collection

ヤマニ クイックマスターシリーズ パーフェクト・ローテーション

ヤマニ スライス・エリミネーター

AX
関連記事

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ ドライバー 比較 jBEAM FX BM-435 CRZ-435II

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ オンワード・クローゼット MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ