フェアウェイウッド・オブ・ザ・イヤー 2013

ゴルフクラブ試打日記TOP > クラブ・オブ・ザ・イヤー
> フェアウェイウッド・オブ・ザ・イヤー 2013
2014年01月14日

フェアウェイウッド・オブ・ザ・イヤー 2013

今日は、いつもと様子を変えまして、昨年2013年に出会ったフェアウェイウッドの中から、フェアウェイウッド・オブ・ザ・イヤーを発表させていただきたいと思います。


ドライバー・オブ・ザ・イヤーとアイアン・オブ・ザ・イヤーは毎年考えていたのですが、フェアウェイウッドはドライバーやアイアンと比べても試打する数が少ないので、敢えて考えないようにしていました。


本当は、フェアウェイウッド・オブ・ザ・イヤーを発表させていただく予定は無かったのですが、読者の方からリクエストを頂戴したので、今回は発表させていただくことにしました。


『あるメーカーのFW』の登場で、ここ数年、FWの性能が飛躍的にアップしたように思います。


毎年印象に残るFWはたくさんありますが、昨年も素晴らしいFWにたくさん出会うことができました。


これからご紹介するFWは『印象に残る』ではなく、『試打した全て』です。


こうしてリストを挙げてみると、結構たくさんのFWを試打してきたことに気づかされます。


尚、掲載順は好感度の高い順だとか、性能の高い順ではありません。


あくまでも『試打した順番』です。



タイトリスト 913F・d LOW SPIN フェアウェイウッド
タイトリスト 913F・d LOW SPIN フェアウェイウッド



JBEAM BM-TiR フェアウェイウッド
JBEAM BM-TiR フェアウェイウッド



ブリヂストン ツアーステージ X-FW
ブリヂストン ツアーステージ X-FW



JUSTICK PROCEED TOUR CONQUEST R-TITANIUM FW
JUSTICK PROCEED TOUR CONQUEST R-TITANIUM FW



キャロウェイ X HOT フェアウェイウッド
キャロウェイ X HOT フェアウェイウッド



テーラーメイド ROCKETBALLZ STAGE2 フェアウェイウッド
テーラーメイド ROCKETBALLZ STAGE2 フェアウェイウッド



テーラーメイド ROCKETBALLZ STAGE2 ツアー フェアウェイウッド
テーラーメイド ROCKETBALLZ STAGE2 ツアー フェアウェイウッド



ナイキ VR_S コバート フェアウェイウッド
ナイキ VR_S コバート フェアウェイウッド



キャロウェイ X HOT PRO フェアウェイウッド
キャロウェイ X HOT PRO フェアウェイウッド



キャロウェイ X HOT PRO 3DEEP フェアウェイウッド
キャロウェイ X HOT PRO 3DEEP フェアウェイウッド



muziik On The Screw フェアウェイウッド
muziik On The Screw フェアウェイウッド



ロマロ Ray FW Type R
ロマロ Ray FW Type R



プロギア NEW egg SPOON フェアウェイウッド
プロギア NEW egg SPOON フェアウェイウッド



ADAMS GOLF SPEEDLINE SUPER S Fairway Wood
ADAMS GOLF SPEEDLINE SUPER S Fairway Wood



ロイヤルコレクション BBD 306V フェアウェイ
ロイヤルコレクション BBD 306V フェアウェイ



ルーツゴルフ The ROOTS KEI フェアウェイウッド
ルーツゴルフ The ROOTS KEI フェアウェイウッド



ADAMS GOLF TIGHT LIES Fairway Wood
ADAMS GOLF TIGHT LIES Fairway Wood



マルマン ZETA フェアウェイウッド
マルマン ZETA フェアウェイウッド



テーラーメイド SLDR フェアウェイウッド
テーラーメイド SLDR フェアウェイウッド




こうして見ていても、やはり秀作揃いです。


ドライバーの飛距離が伸び悩むなか、FWの飛距離は明らかに進化したように思います。


以前も書きましたが、14本のクラブの中でドライバーとスプーン(あるいはブラッシー)だけは飛距離を追求していくべきクラブだと思っています。


そういったことを考えてみても、昨年のFWはハイレベルな物がとても多かったように思います。



飛距離性能が特に優れているな・・・、と思ったのが、試打した順に

タイトリスト 913F・d LOW SPIN フェアウェイウッド
タイトリスト 913F・d LOW SPIN フェアウェイウッド


ブリヂストン ツアーステージ X-FW
ブリヂストン ツアーステージ X-FW


テーラーメイド ROCKETBALLZ STAGE2 ツアー フェアウェイウッド
テーラーメイド ROCKETBALLZ STAGE2 ツアー フェアウェイウッド


キャロウェイ X HOT PRO 3DEEP フェアウェイウッド
キャロウェイ X HOT PRO 3DEEP フェアウェイウッド


プロギア NEW egg SPOON フェアウェイウッド
プロギア NEW egg SPOON フェアウェイウッド


ロイヤルコレクション BBD 306V フェアウェイ
ロイヤルコレクション BBD 306V フェアウェイ


テーラーメイド SLDR フェアウェイウッド
テーラーメイド SLDR フェアウェイウッド


です。


ドライバーは『1番ウッド』ですが、フェアウェイウッドは『2番』であったり、『3番』『4番』『5番』・・・。などとつながっていきます。


番手が違うこともあるので、単純な比較はできませんが、ここに挙げさせていただいたクラブは距離の印象がとても強いです。


この中で、どれがMVPにするか、正直とても悩みました。


いくつかはコースで試してみた物もあり、好印象をもっています。


『ベスト』が決められなかったので、以前と同じように『四天王』ということにさせていただきました。


飛距離だけでなく、球のあがりやすさや寛容さ、実戦で使いたいか?なども考慮に入れています。






2013年のフェアウェイウッド四天王は


キャロウェイ X HOT PRO 3DEEP フェアウェイウッド
キャロウェイ X HOT PRO 3DEEP フェアウェイウッド


プロギア NEW egg SPOON フェアウェイウッド
プロギア NEW egg SPOON フェアウェイウッド


ロイヤルコレクション BBD 306V フェアウェイ
ロイヤルコレクション BBD 306V フェアウェイ


テーラーメイド SLDR フェアウェイウッド
テーラーメイド SLDR フェアウェイウッド


の4本です。


どれもとても魅力的ですし、キャロウェイ X HOT PRO 3DEEPやロイヤルコレクション BBD 306V フェアウェイ、テーラーメイド SLDR フェアウェイウッドはコースでも試してみたのですが、とても大きなパフォーマンスを発揮してくれました。


こういった飛びに優れたFWが登場してくると、敢えてドライバーを使う必要がなくなってきます。


それくらい、よく飛びます。


本当はもっと色々なクラブを選びたかったのですが、敢えて4つを選ばせていただきました。


尚、四天王に入っていないクラブが優れていないのではありません。


高性能なクラブがたくさんありました。


今年も、メーカーが素晴らしいFWを発表してくれると思います。


素晴らしいクラブに出会うことができたら、また記事に書かせていただきたいと思います。


次回から、また普通の記事に戻らせていただきます。

関連記事

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション フェアウェイウッド・オブ・ザ・イヤー 2013

コメント

No title

いつも楽しく拝見しております。

私も、ティーショットでドライバーを選択しないことが多くなりました。
使用クラブは、いずれもヨネックスで、ドライバーはEZON type 380 ツアーAD di7s、 FW EZONE type st13°ツアーAD di7sとEZONE type st 21°ツアーAD di7x です。
飛距離も重要ですが、安定性、操作性を求めるとFWを手に取ってしまいます。申し訳程度にドライバーを使うのですが、ミスショットを出すと残りのラウンドをFWしか使わない場合があります。

ドライバーの腕を磨くことにも取り組んでおりますが、FWの使用率が高いこのごろです。
特に21°は一番得意で、200y以上稼げて、楽にボールを曲げられるのが楽しくてしょうがないです。

乱文、失礼しました。

御礼

フェアウェイウッド四天王発表ありがとうございました。

私は年明け、3w EPON AF-202を
スピーダー757にリシャフトした結果

方向性、飛距離ともに大満足しております。

が、他人が使ってるニューモデルを見ると...
つい浮気心が...

こんな私ですが
今後も色々と勉強させて下さいませ。

今は素晴らしいクラブがたくさんありますね!

Nagase様。こんばんは。golfdaisukiです。
いつもありがとうございます。

ティショットでは、ドライバーを使うことは少なくなりましたね。
コースの距離は変わらないのに、クラブの性能ばかりが向上したからなのかもしれないですね。

今は高性能なFWが増えてきたことも関係していると思います。

200Y以上の距離が楽になると、スコアメイクにおいて、とても有利になりますね。
今は素晴らしいクラブが増えてきましたし、難しいクラブを敢えて使う必要もないのだと思います。

これからもよろしくお願いします。
それでは失礼いたします。

AF-202はとてもいいFWですね!

アルバトロス様。こんばんは。golfdaisukiです。
いつもありがとうございます。

こうして記事を書かせていただくと、昨年もいいFWにたくさん出会うことができたんだな・・・。と実感することができました。

AF-202はとても素晴らしいFWですね。
私の周りでも人気が高いです。
過去の記事にも書いておりますが、とても飛距離性能が高いFWですね。

私はまだEPONのクラブを所有できていないので、とても羨ましく思います。

これからもよろしくお願いします。
それでは失礼いたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記
テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ