キャロウェイ APEX アイアン & ひだまり(インナー)

ゴルフクラブ試打日記TOP > キャロウェイ
> キャロウェイ APEX アイアン & ひだまり(インナー)
2014年02月07日

キャロウェイ APEX アイアン & ひだまり(インナー)

寒さ厳しい日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?


全国的に雪が降る予報になっていて、積もるところも多いようです。


皆様、どうかくれぐれもお気を付けくださいませ。


そして、寒さが厳しいということで、今日はゴルフクラブとは違いますが、とても優れたインナーをご紹介させていただきたいと思います。


それは、


ひだまり ラ・ビセーヌの箱

『ひだまり ラ・ビセーヌ』です。


このインナーは友人から勧められて購入したのですが、とても気に入りました。


予想以上に優れものです。


私はこれまで、あまりインナーというものをあまり身につけたことがなく、適当にセーターなどを重ね着していたのですが、インナーひとつで暖かさが大きく変わるんだな・・・。と思いました。


とても人気が高いのだそうで、既に愛用しておられる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?



ひだまり ラ・ビセーヌ 説明

同封されている説明書きには、このウェアの特長などが記されていました。



あるメーカーのダウンジャケット

『ひだまり』を購入する前に、この、ある有名スポーツメーカーのダウンジャケットを購入しました。


『ゴルフのスイングを妨げない』という説明があったので、購入したのですが、フォローからフィニッシュにかけて『腕のたたみ』を邪魔する感じがして、練習やラウンドでは使わなくなりました。


ゴルフ用として購入しましたが、今では『外出用』として着用しています。


普通の『軽量ダウンジャケット』という位置づけです。



左袖のほつれ

それともうひとつ残念だったのが、袋から出してすぐに、この『ほつれ』があったことです。


中の素材が出てしまっています。


これは左袖なのですが、よく目立っています。


もちろん、保温性などに影響があるようには感じないのですが、とても残念です。


日本のメーカーですが、やはり『海外製』でした。


海外製が全て悪いのではなく、素晴らしい物もたくさんありますが、こういったことは仕方のないことなのかもしれません。


『生産工程』などもそうですし、出荷前の最後の『検品』なども日本国内のようにはいかないのかもしれません。


『検査の目』が届かず、緩くなってしまっていることもあるのかもしれません。


このダウンジャケットは、あるスポーツ店で友人と一緒に購入したのですが、友人の物には特に不具合は見られませんでした。


やはり『当たり外れ』はあるんだな・・・。と思いましたし、外出するときに、あまり気にせずに着用しています。


メーカーがいうほど保温性が高いとは正直思いませんが、『軽量感』はとても高いです。



あるメーカーのインナー

それと、これはダウンジャケットと同じメーカーのインナーなのですが、このインナーも、予想していたよりも暖かくないと思いました。


それ以上に『締め付け感』があって、私はあまり気に入っていません。


これも『ゴルフ用』ということなのですが、窮屈でスイングしづらいので、ゴルフで使うことはありません。


日常生活でも、あまり着用しません。



ひだまり ラ・ビセーヌ

そうしているうちに、このインナー『ひだまり ラ・ビセーヌ』のことを教えてもらいました。


紹介してくれた友人の言葉を信じ購入したのですが、とても気に入りました。


前のインナーと違い、窮屈感は全くないですし、とても保温性が高いです。


べたべたした感じもしなくて、サラサラしています。


スイングも妨げません。


ゴルフメーカーも、このようなインナーを発売してくれたらいいな・・・。と思いました。


すごく人気が出ると思います。



ひだまり ラ・ビセーヌ 表の生地

これは表の生地なのですが、とても丁寧に編み込まれているのがよく解ります。



ひだまり ラ・ビセーヌ 裏の生地

裏の生地も、とてもソフトな肌触りで着心地がいいです。


着ていてとても暖かいので、あまり重ね着をしなくて済みます。


先日も練習場で着用していたのですが、しばらくするとポカポカと暖かくなって、一枚脱いでしまいました。


ラウンド中でも試してみたのですが、とても役に立ってくれました。


その日の気温などにもよると思いますが、厚着をしなくていいので、スイングしやすいです。


『冬のゴルフの難しさ』は、風やライなど色々とあると思うのですが、寒さで感覚が出しづらいとか、着ぶくれしてスイングしづらい・・・。というのがあると思います。


そういったときに、この『ひだまり』はとても威力を発揮してくれます。



タグ(表面)

裏面に付けられているタグの表面には


表側   アクリル     70%
       毛       30%
中糸   ナイロン    100%
裏側 ポリ塩化ビニル 100%

と記されていました。



タグ(裏面)

裏面には洗濯方法などが記されていたのですが、特に目を引いたのが一番下にあった『MADE IN JAPAN』の文字です。


これが『全て』のような気がしました。


勿論、日本製の全てがいいとは思いませんが、日本製だからこそ信頼が増すのは間違いないところだと思います。


もっとたくさんのメイドインジャパンに囲まれて生活したいと考えています。


『ひだまり』というインナーを作っているメーカーのことは、正直全く知らなかったのですが、『メイド イン ジャパン』こそが『ブランド』といえるような気がしました。


縫製の仕方も、とても丁寧でした。


『ほつれ』などは見られませんでした。


『ひだまり 極』というインナーも購入したのですが、この『極』のほうが保温力がさらに高いような気がします。


いずれにせよ、とてもいい買い物をすることができました。


この『ゴルフクラブ試打日記』は、ゴルフクラブをご紹介するブログですが、このウェアをとても気に入り、気に入ったものは紹介したくなるので、今回は記事に書かせていただきました。


今はとても優れたウェアなどがたくさんありますが、この『ひだまり』は、そのトップクラスといっていいと思います。


ある有名な衣料品メーカーのインナーも着用したことがありますが、『暖かさ』という点で全く性能が違うと強く感じました。


あくまでも『インナー』として着用して、その上に防風性の高いものを着ておけば、かなり心強いのではないでしょうか?


これ一枚あれば完璧だとは思いませんが、この『ひだまり ラ・ビセーヌ』や『ひだまり 極』を着るのと着ないのでは大きな違いがあるのは間違いありません。


ゴルフ用として着用されるのもいいですし、普段着として着用されるのもいいのではないでしょうか?


部屋の暖房費も節約できると思います。



キャロウェイ APEX アイアン

さて長くなりましたが、今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブ
キャロウェイ APEX アイアン の7番 です。



N.S. PRO 950GH

シャフトは N.S. PRO 950GH です。

ロフトは31度、クラブ長さは37インチ、シャフトフレックスはS、トルクは2.1、バランスはD1、キックポイントは中調子 です。



正面

これまでのキャロウェイのアイアンらしい外見をしています。


特に大きな変化は見られませんでした。



側面

厚ぼったいタイプのアイアンではありませんが、『シャープ』というよりは『丸っこさ』が印象的です。


キャロウェイらしいアイアンです。



彫りの深さ

彫りの深さも結構ありますし、色々な工夫が施されているようです。



バックフェースの黒い部分

バックフェースにある、この黒い物がどんな役目を果たしているのでしょうか?


インパクトの衝撃を緩める働きがあるのかな?と思いました。



ソール幅

ソール幅は、ややワイドです。


こうして見ても、グースが効いていますし、直線的でなく曲線的なアイアンだということがよく解ります。



ネック長さ

ネックは短めです。


最近のアイアンらしいところだと思います。



構え感

ボールを前にして構えてみると、このグースネックがとてもよく目立っていました。


正直、やや苦手に感じるタイプです。


トップラインはやや厚めですが、厚すぎないので、特に違和感はありませんでした。


それにしても、この『メッキの仕上げ方』が、キャロウェイらしいな・・・。と思いました。


グースの効きは強いですが、これまで出会ってきたキャロウェイのアイアンらしい感じがします。


見とれるようなことはなく、淡々と見つめていました。


まずは無難に打っていければ・・・。と思いました。




試打を開始しました。

Callaway Golf APEX IRON

最初の2球は、ちょっとダフり気味にヘッドが入ってしまいました。


構えたときの印象が、そのままショットに影響したのかもしれません。


もう一度呼吸を整えて打ち直しました。 



フェース面

『打感』はソフトな感じでした。


バックフェースにある黒い物が効いているのかは、よく解りませんが、好感のもてる打感でした。



トゥ側

『球のあがりやすさ』は今のアイアンの中でも、比較的普通に感じられました。


特に難しい印象はありませんでした。



バックフェース

『安定性』は、まずまずです。


キャビティらしい易しさは感じますが、易しすぎない感じがしました。



飛距離性能
 
『飛距離性能』は優れていると思いました。


ロフトも立っていますし、アイアンに距離を求めていきたい方には、とても魅力的なのではないでしょうか?



操作性

『操作性』という点では、私にとってグースが効き過ぎているので、やや難しく感じるところもあったのですが、一応左右にも曲げてみました。


あまりイメージが出せなかったせいか、曲球で勝負したい感じはしませんでした。



ヒール側

おそらく色々な工夫が、このアイアンに組み込まれているのだろうと思いますが、一番強く残った印象は『グースネック』です。


あとは『メッキの仕上げ方』でした。


それ以外は、特に変わった印象はありませんでした。


本当はもっとたくさんの工夫があるのかもしれませんが、気持ちが盛り上がらなかったからでしょうか?


このアイアンに対する『センサー』が、あまり働かなかったような気もします。



キャロウェイ APEX アイアン

軟鉄アイアンを使いたいけれど、ストレートネックではなく、グースネックを使いたい・・・。という方には、とても合いやすいのではないでしょうか?



Callaway Golf APEX

距離も稼いでいけるタイプなので、多くのニーズに応えていると思います。



Callaway Golf APEX アイアン

私の好みとはちょっと違うタイプのアイアンですが、これからのモデルに期待したいと思いました。

キャロウェイ Travel Cover 14 JM

キャロウェイ Sport Boston 14 JM

キャロウェイ Sport Shoe Case 14 JM

キャロウェイ Sport Pouch 14 JM

キャロウェイ Sport Bottle Holder 14 JM

キャロウェイ Sport Utility Case 14 JM
関連記事

テーマ : ゴルフクラブ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション キャロウェイ APEX アイアン

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ オンワード・クローゼット MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ