ゴルフクラブ試打日記

ゴルフクラブ試打日記TOP
2017年05月25日

ロマロ i-Brid Chapter2

ロマロ i-Brid Chapter2
今日は、このゴルフクラブ試打しました。

試打クラブは ロマロ i-Brid Chapter2 の4番 です。



N.S.PRO MODUS3 TOUR 120
シャフトは N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 です。

ロフトは25度、クラブ長さは39インチ、シャフトフレックスはS、トルクは1.7、シャフト重量は114g、キックポイントは中元調子、クラブ総重量は406g です。



正面
ロマロの新しいユーティリティです。


一口にユーティリティといっても、アイアン型もあれば、ウッド型もあり、その中間型もあります。


このクラブは中間型のような感じがします。



側面
形状はオーソドックスで、奇をてらった感じはしません。


今はユーティリティも、ドライバーと同じようにラージサイズの物もありますが、このクラブは適度な大きさをキープしているので、好感がもてました。


ロマロらしい、高級感もありました。



ソール形状
ソールは微妙な凹凸がありました。


この凹凸にも、色々な意味があるのかもしれません。


ヘッドの外側というよりも、内側に色々な工夫がされているのかな?と思いました。



ネック長さ
ネックの長さは、充分ありました。


最近はショートタイプが多いですが、このユーティリティは違いました。


これだけロングタイプだと、上から打っていくイメージが出しやすいだろうな・・・。と思いました。


横からはらうイメージを出したい方は、もっと短いタイプを好まれる方が多いかもしれませんが、私は地面にあるボールは『基本上から』打っていきたくなるので、このようなロングタイプは好感がもてます。



セミディープ
セミディープタイプといっていいでしょうか?


シャローな印象はなく、コンパクトな感じがしました。


クラウンが2つに分かれているタイプで、カップフェース構造になっているのだろう・・・。と思いました。


これまでもよく目にしてきましたし、特にロマロはカップフェースのイメージが昔からあります。



i-BRID
トゥ側には『i-BRID』の文字がありました。


これは以前試打したモデルにもありました。


珍しい言葉だと思いましたが、アイアンの『i』と、ハイブリッドの『BRID』をかけ合わせた造語なのかな?と思いました。



顔
顔は予想していた通りでした。


大きさはそれほどなく、むしろコンパクトな顔をしています。


オフセットも利いていて、多少出っ歯タイプです。


正直、私の好みの顔ではないのですが、これまでたくさん出会ってきたので、気持ちが揺れ動くことはありませんでした。


淡々と見つめていました。



振り感
素振りをしてみた感じは、なかなかいいです。


タイミングもすぐに合いました。


スチールシャフトが装着されているからというわけではないのですが、アイアンの感じで振っていくことができました。


あくまでも『アイアンの延長』として球を打っていきたいと思いました。



構え感
ボールを前にして構えた感じは、まずまずでした。


コンパクトなのが良いと思いました。


出っ歯タイプなので、球を拾いやすそうです。


ティアップするよりも、そのまま直打ちのほうが易しそうな気がしました。


見とれるようなことは無かったのですが、これまでの経験が活かせそうだな・・・。と思いました。


今まで、たくさんUTを試打してきたけと、やはり『ロイコレのUT』の顔が、一番好きだな・・・。と、改めて思いました。




試打を開始しました。

フェース面
『打感』は、まずまずでした。


結構はっきりした感じですが、硬すぎず、適度な衝撃が伝わってきました。


すごくソフトという感じはしなかったのですが、特にマイナスに感じることはありませんでした。



打球音
『音』は静かで、好感がもてます。


いくら振っていっても、インパクトを邪魔することはなく、気持ちよく振っていけました。


集中力を途切れさせる音ではありませんでした。



トゥ側
『球のあがりやすさ』という点では、普通だと思いました。


コンパクトなタイプですが、タフな感じはなく、球をしっかりあげてくれました。


高さをしっかり出すことができました。



バックフェース
『安定性』という点でも、平均的な感じがしました。


これまでたくさん出会ってきた同様のUTとほぼ同じような感じがします。


特別直進性が高くなっていて、進化している・・・。という感じはしませんでした。



飛距離性能
『飛距離性能』も、普通だと思いました。


飛距離性能がすごく秀でていて、スプーンやクリークが要らなくなる・・・。というタイプではなく、確実に易しく狙ったところまで運んでいけるタイプのユーティリティだと思いました。


このクラブのロフトは25度ということなので、私の感覚では『4番アイアン』になります。


今はニューモデルの4番アイアンをあまり見かけなくなりましたが、その4番アイアンの距離を易しく打つ為のクラブだと思いました。


ウッド型は、球があがりやすいけど、狙いづらい、イメージが出しづらい。


できればアイアンで打っていきたいけど、球が浮ききらないので、ユーティリティを使って確実に運んでいきたい・・・。という方に合いやすいのではないでしょうか?



操作性
『操作性』は、なかなかいい感じでした。


構えたときの感じもそうでしたし、こういう長い番手なので、球は右に流していけそうだな・・・。と思っていたのですが、実際に打ってみても、その通りでした。


球は拾いやすくて、ソールも上手く滑ってくれました。


大きさがちょうどいいからかもしれません。


球もしっかりつかまってくれ、ラインも出しやすいと感じました。



ヒール側
ロマロらしい美しさがあって、いい意味で『穏やかな』印象をもちました。


尖った性格ではなく、『丸くて親しみやすい性格』をしているクラブだと思いました。



RomaRo i-Brid Chapter2
特別どこかが大きく秀でているという印象はありませんでしたが、上手くまとまっているな・・・。と思いました。


ニューモデルではありますが、これまでのモデルとの大きな違いは感じられませんでした。



RomaRo i-Brid Chapter2
変わらないといいますか、変えないのは、それだけいいということになるのかもしれません。


これがロマロの、ユーティリティに対する答えなのかもしれません。



RomaRo i-Brid Chapter2
また試打する機会があれば試してみたいですし、できれば他のメーカーのUTを打ち比べてみたいと思いました。


ロマロ i-BRID Chapter2/N.S.PRO ユーティリティ

ロマロ キャディバッグPro Model Premium Caddie Bag

ロマロ キャディバッグTour Model Caddie Bag 9.5

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

Tag : ゴルフクラブ 試打 感想 インプレッション RomaRo ロマロ i-Brid Chapter2

筆者

golfdaisuki

golfdaisuki

カレンダー
最近の記事
全記事表示(サイトマップ)

全ての記事を表示する

カテゴリ
最近のコメント
ゴルフクラブ試打日記

テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ オンワード・クローゼット MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
ゴルフ場予約




















ゴルフ用品
ゴルフギア
ゴルフアクセサリー
ゴルフウェア
ゴルフウェア ブランド
キャディバッグ